August 18, 2015

ブルックナーはお好き その7


8月9日(日)

「ファンミーティング in 東京」3日目のあと、

しばらく夏休みをいただきました。


というより、

勝手に夏休みにしただけの話ですが…。


親父の墓参りをした後は、

IMG_4123

もっぱら、

IMG_4250

そう、甲子園!

今年も熱戦続きで最高に面白かったです。

(まだ終わってませんが…)


そんな毎日を送っているうちに、

なんとなく身も心もリフレッシュできました。


ということで、

そろそろ仕事に戻るとしますか。


ええ…。

名残惜しいですが…。

(なにが!)



さて、そんな夏休み。

海に山にレジャーに里帰りに、
みなさんそれぞれに、
楽しまれたことと思いますが、

ブルックナーの音楽は、
まさに「山登り」と言ってもいいでしょうね。


事実、世界中の登山家の間でも、

大人気なんだそうです。


というわけで、ここからは、
僭越ながらブルックナーの楽しみ方を、
私なりに伝授してみようかと思います。

(大きく出たな)


では、まず手始めに、
「You Tube」で、
「交響曲第6番」を検索してみて下さい。

ブルックナーの巨大交響曲の中にあって、
この曲は比較的演奏時間が短いので、
入りやすいかもしれませんから。

演奏はもちろん、
「チェリビダッケ指揮 ・
 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団」


冒頭から、
バイオリン・セクションが、
高音で2拍3連のリズムを刻んでいますね。

「チャッチャチャチャチャ チャチャチャチャ〜」

そこに、低弦(チェロ、ダブルベース)が、
なにやら不穏なメロディーを静かに奏でていきます。


まるで「樹海をさまよってる」かのようです。

一体この旅人は、
目的地にたどり着けるのでしょうか…。


と、そこに、突然、

強烈なブラス・セクションが、

先程の低弦のメロディーを高らかに奏でます。


そう、それはまさに、

雄大なアルプスの景色が、

突然眼前に広がって見えた瞬間。


yjimage-6

うわあ、感動だ!

がんばってここまで歩いて来た甲斐があった!

yjimage-1

しかし、登山はこれからです。

あの山頂を目指す、
艱難辛苦が待ち構える山登りが、
これから始まるのです。


で、ベートーヴェンやブラームスなら、
ここから類い稀なるアレンジ力と、
見事な構成力でグイグイと進んでいくところを、

ブルックナーは決して、
そうはなりません。

「山登り」とはそういうものだからです。


「盛り上がっていくのかな」
と期待したら、
突然優しい弦楽器の掛け合いになったり、

「そろそろ盛り上がるかな」
と思ったら、
今度は木管楽器が「鳥のさえずり」…。

「ううむ、なんかかったるくなってきたぞ」
と、とりとめのない構成に戸惑ってる矢先、

突然眠気を吹き飛ばすがごとく、
金管楽器が大音量で、
ブワ〜〜〜〜〜〜〜〜ッと迫って来たり…。


これがブルックナーの音楽です。


私は登山家ではありませんが、
登山とはそういうものではありませんかね。

順調に登っていたら、
突然山の天気が急変して、
近くの岩場に非難したり。

逆に、道ばたの綺麗な草花や、
鳥のさえずりに心癒され、
少し立ち止まって休息したり。

決して計算通りにはいかない。


それでも、

「自然の美しさ」と「自然の脅威」
を幾度となく味わいながら、
大変な艱難辛苦の中、

頂上を目指す。

yjimage-3


これって「人生」に置き換えても、
当てはまるかもしれませんね。

プラン通り、計画通り、
順風満帆にいく人生なんて、
そうあるもんじゃありませんし…。


とまあ、

そんなことまで考えさせられるような音楽。


流れるような、華麗な構成力とは無縁の、
ごつごつとした、
一見不器用とも言える音楽。

しかし高い精神性に支えられた、
極めてスケールの大きい世界観。


そして最後はいつも、

「圧倒的」です。


圧倒的な勝利、圧倒的な達成感、

圧倒的な人生讃歌。


この辺はベートーヴェンにも、

相通ずるところがあるかもしれませんね。

yjimage-4


そんなブルックナーさんの人生もまた、

波瀾万丈、

決して順風満帆とはいかなかったようです。

220px-Anton_Bruckner


求婚した多くの若い女性にも、

ことごとく断られたようだし…。


関係ないか。


あははは。



(つづく)




みなさ〜ん、

クイズの出来はいかがでしたか?


おっと、名古屋はこれからでしたね。

どうぞお楽しみに。


さて高校野球。

ズバリ優勝校は?


本命は東海大相模、

対抗は仙台育英でしょうが、

早実は清宮フィーバーもあって乗ってるし、

関東一高のオコエ君もがんばってるし、


いやあ、わかりませんね。


と、後ろ髪引かれる思いで、


仕事に戻る私…。


(ちょっとだけ見ようかな…。)


(おい!)


……。



SHUN MIYAZUMI

woodymiyazumi at 16:31コメント(10)トラックバック(0) 
2015 エッセイ 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 粋酒酔音   August 19, 2015 12:31
こんにちは〜
暑さも少し和らいで来ましたねぇ。

早とちりの私、お墓参りの後、おぉっ?! 甲子園行かれたんだ...??
ん...もっぱら甲子園〜?

あっ、テレビですね(笑)
はい、私ももっぱらテレビで甲子園楽しみました。今日、準決勝は観ごたえありますね。

You Tube 見、聴きましたよ!
最初から引き込まれました。次どうなるんだろう?

あのチェリビ・ダッケさんも椅子に座り、「静」の全くじゃまにならない指揮で演奏其のものに集中して聴けました。
派手さはないものの、何か印象に残る方ですね。
山登り、スイスの山々、人生、ブルック・ナー、そしてチェリビ・ダッケさん
ぴったり。

貧相なコメントですみません...
聴きながらドラマを感じてしまうのは年のせいでしょうか(笑)
音楽って...本当に素晴らしいですね。

今週末の日比谷公会堂でのJAZZ、楽しみです。

2. Posted by Tomomi   August 19, 2015 22:53
宮住先生

甲子園。。やはり東海大相模と仙台育英が決勝に進みましたね
(早稲田実と関東第一は残念でしたが、清宮君とオコエ君はU-18W杯代表メンバー内定とニュースで言っております。)

よくブルックナーの交響曲は
”難しい”とか”
”どこに行きたいのか分からない”とか
”(神から)降りてきた音楽”。。。とか
言われていますが、、、

な〜るほど。。。「登山」だったんですね

聴いてみます。。。

先ほど9月の京都・名古屋のチケットが届いたとゼブ友からお知らせがあり、日々暑いですがちょっとやる気になってきました〜。(笑)

楽しみです

では、甲子園も明日で終わり。。。
観ちゃって下さい

夏もそろそろおわりですので。。。

.....
3. Posted by 粋酒酔音   August 20, 2015 15:45
本命の東海大相模、優勝!!!しましたね。

勿論、ご覧になって??(笑)ました?
決勝戦にふさわしい、素晴らしい試合でしたね。両校の選手にエール、感動をありがとう!!  ウルウル...
4. Posted by SHUN MIYAZUMI   August 21, 2015 00:18
みなさん>

こんばんは。

残念ながら今日の高校野球・決勝戦、
ジャミン・ゼブのリハーサルのため、
リアル・タイムで観ることは出来ませんでした。

しかし、時々、
スマホで試合経過はチェック。

そして、東海大相模が優勝を決めた瞬間、
「おお! 相模(さがみ)勝った!」
と私。

するとレンセイが、こっちを振り向き、
「エッ? サラミ買ったの?」

すかさずスティーブが、
「サラミ買ってないから。」

みな、どっと大笑い。

こんなジャミンですが、
いよいよ後半戦の始まりです。

みなさま、どうぞよろしくお願い申し上げます。
5. Posted by Smile♡   August 21, 2015 12:33
ははは

おもしろ過ぎです

皆さんのやりとりが眼に浮かんできます(゚▽゚)/

さがみ勝って、おめでとうございます。

明日、あさってとジャミンを聴きに行けてしあわせです

たのしみ、たのしみ
6. Posted by すーさん   August 22, 2015 22:07
チェリビダッケさん指揮のブルックナー交響曲第六番、検索出来ず、まだ聴けてませんT_T
がんばります(°_°)
7. Posted by SHUN MIYAZUMI   August 28, 2015 13:26
こんにちは。

昨夜、佐久平から帰って来たと思ったら、
今日はこれから金沢です。

ふ〜…。

でも、もうひとふんばり。

がんばってきます。

というわけで、
毎月恒例の「A'TRAIN」ライブは、
今月はお休みです。

みなさま、お間違えのないように。

では、行ってまいります。

ふ〜…。。。
8. Posted by 26.5   August 29, 2015 12:25
クラシックとジャズを比べるのはナンセンスかも知れませんが…。クラシックはカデンツァの部分とか現代音楽以外は即興的要素が無いでしょう?
演目もキチッと発表した通り。ジャズだと、リクエストに応えるとか、その場でアレンジを変えてみるとか。
クラシックは予定通りの進行が前提ですから。
次に、クラシックは楽団員がほぼ揃いのタキシードとかドレス。
ジャズは洗いざらしのシャツとジーンズの人が結構いる。特にライブハウス・ツアーの場合。
音を間違わない事とか、きれいな音を出す事より、間違ってもいいから自分の出したい音をリアルタイムで表現する世界=ジャズの方が好きですね。
9. Posted by kuromame   September 01, 2015 21:35
宮住様こんばんは。
遠征から帰京されて、暫しの休日?とはいかないんでしょうか。お疲れ様です。
ゼブログで披露して頂いた写真の数々、皆さんの活動が想像できます。ありがとうございました。
行く先々での風景、人たち、物、食べ物に触れて、素直に楽しまれている皆さんが素晴らしいですね。
まだまだ遠征は続くということですが、お体に気を付けられて楽しんでください。

ブルックナーの交響曲は山登りにたとえられるのですね。一見淡々と、しかし感覚は研ぎ澄まされて進行していくような感じでしょうか。
ブルックナーさん、チェリビダッケさんに思いを馳せながら、もう一度ユーチューブを見てみます。

10. Posted by KAGOME   September 02, 2015 12:34
宮住様

こんにちは

金沢の2日間とても楽しかったです。(雨は大変でしたけど。)
そして今週末は、京都、名古屋があって、ずっと幸せな気分が続いているのですが・・・名古屋が終わったら、抜け殻になってしまいそうです。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星