January 25, 2017

私の映画ベストテン 2016


『私の映画ベストテン』

今年で10年目となります。


よく続いたもんですね。

私にしては上出来です。(笑)


最初のうちは、
映画のタイトルと、
簡単な紹介だけだったのが、

いつしかポスター写真を入れたり、
長めの感想を書いたりで、
けっこう手間のかかるものになってしまいました。


でも、これはこれで、

年の始めの楽しみでもありますかね。


というわけで、

今年もまた、独断と偏見に満ちた、
自己中心的なベストテンではありますが、

みなさんの鑑賞の手引きにでもなれば、
幸いでございます。

……。


昨年もいい映画いっぱいありましたよ。


では、まずはこれから…。




『私の映画ベストテン 2016』



1.黄金のアデーレ〜名画の返還〜
 (WOMAN IN GOLD)

_SL1500_


 ナチスに略奪された、
 世界的に有名なクリムトの名画を取り戻すため、
 オーストリア政府を相手に返還訴訟を起こす、
 ロス在住の老婦人。

 実はこの絵のモデルになっているのは、
 実在した自分の伯母なんですね。


 あの過酷な戦争の時代と、
 ナチスの魔の手から命からがら逃げ出すシーンなど、
 忌まわしい過去を振り返りながら、

 「自分こそがこの絵画の正当な所有者である」
 と、果敢に奇跡を起こしていく、
 一人の女性の数奇な運命を描いた大作です。


 恐れを知らずに突き進む、
 オスカー女優ヘレン・ミレンと、

 それをサポートする、
 若き弁護士ライアン・レイノルズ、
 のやりとりが、
 
 なんともユーモラスで微笑ましいんですね。


 実話をもとにしたお話ですが、 
 最近のハリウッドは、フィクションよりも、
 こうした実話を映画化するケースが多いですね。

 まさに「事実は小説より奇なり」ですか…。


 何はともあれ見応えのある映画でした。




2.靴職人と魔法のミシン
 (The Cobbler)

512MQRwEjUL


 これは昨年度最高の掘り出し物でした。

 最高に楽しいヒューマン・コメディー。


 何世代にもわたって、
 ニューヨークで靴の修理を営む家に生まれた、
 毎日が退屈で仕方がない主人公。
 
 ある日、客から預かった靴を、
 何気に履いてみたところ、
 鏡に映ったその姿は…、、、

 わ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!


 最後に登場するダスティン・ホフマンが、
 これまた格好いいんですね〜。
 
 と、これ以上話すのはネタバレになるので、
 ここは、じっと、がまんがまん…。


 とにかくご覧になって下さい。

 大きな「TSUTAYA」だったら、
 必ずあるはずです。


 「笑いあり 涙あり 笑い過ぎて涙あり」

 (ん…? どこかで聞いたフレーズ…??)


 心がほっこりすること請け合いです。




3.マリーゴールド・ホテル 〜幸せへの第二章〜
 (The Second Best Exotic Marigold Hotel)

_SL1500_


 実はこれ、
 かつて「私の映画ベストテン 2013」でご紹介した、
 『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』
 の続編なんですね。
 
 いやあ嬉しいなあ。。。
 これ見つけたときには小躍りしました。
 (と、すぐさま籠に入れる。)


 ジュディ・デンチや、マギー・スミスなど、
 イギリスを代表する名優たちが、
 インドのジャイプールで織りなす、
 ユーモアたっぷりの人間模様。
 
 前回のこのブログを見て、
 「観ました、教えてくれてありがとう!」
 と、何人かの方から感謝されましたが、

 それほど目立たないイギリス映画なので、
 まさか「続編」が出来るとは…。


 しかも今回は、あの大スター、
 リチャード・ギアまで登場するのですから、
 前作もそこそこの反響だったようですね。

 これまた嬉し…。


 私もこの人たちの気持ちがわかるシニア世代に突入。

 ま、それはそれでいいではありませんか。

 人生まだまだこれからですよ〜。

 (と、自分に言い聞かせる…。)




4.マネーモンスター
 (Money Monster)

_SL1500_


 ジョージ・クルーニー扮する司会者の、
 軽妙なトークと財テク情報で、
 好視聴率を稼ぐ人気テレビ番組、
 『マネーモンスター』

 その生放送中、突然ひとりの若者が現れて、
 番組がジャックされてしまい、
 おまけに爆弾を装着された司会者が、
 人質になってしまう。 
 
 視聴者はこのなまなましい緊迫の一部始終を、
 テレビの前で固唾をのんで見守る、


 さあ、番組の敏腕女性ディレクター、
 ジュリア・ロバーツと、
 人質となったジョージ・クルーニーは、
 この難局をどう切り抜けるのでしょうか…。

 ……。

 とまあ、そんなお話です。
 

 テンポのいい、スリル満点の娯楽映画ですが、

 よくよく考えれば、こうしたことは、
 今の世の中では、
 いつ起こっても不思議ではないかも…。
 
 そう思うと、
 いささかゾッとさせられる映画ではありましたね。


 監督もジュリア・ロバーツ自身だそう。

 なかなかやりますなあ…。

 うんうん…。




5.スポット・ライト〜世紀のスクープ〜
 (Spotlight)

_SL1500_


 2016年度「第88回アカデミー賞」で、
 最優秀作品賞を受賞した、
 これまた実話に基づく社会派サスペンス映画。

 ボストンで蔓延していた、
 カトリック司祭による性的虐待をスクープした、
 「ボストン・グローブ」紙の記者たちの、
 獅子奮迅の活躍を描いたものです。


 配役が良かったですねえ。

 特にマーク・ラファロは、
 「この人、本物の新聞記者ではあるまいか…?」
 と思わせるような快演!

 マイケル・キートンも、
 レイチェル・マクアダムスちゃんも、
 リーヴ・シュレイバーも、

 みなみな演技をみているだけで楽しかったです。


 監督はトム・マッカーシーという人。


 おや?

 待てよ?

 もしかして?


 ああ、やっぱり…。

 今回2番目に紹介した、
 「靴職人と魔法のミシン」も彼の監督作品でした。


 片やメルヘン・タッチのほんわかコメディ。

 こっちは社会派ヒューマン・サスペンス。
 

 まったく違ったスタイルの映画を、
 立て続けに発表できるとは、
 なかなかの手腕とお見受けしました。

 まだ50才ですか…?


 いやあこれから、どんな作品を提供してくれるのか、
 大いに楽しみです。




6.マイ・インターン
 (The Intern)

51UCwr7M-iL


 名優ロバート・デ・ニーロには、
 いくつもの顔があります。

 そして、どんな役を演じても、
 すぐさま視聴者を自分の世界に引き込んでしまう。


 この私の「ベストテン」にも、
 幾度となく登場してきました。

 2014年の「マラヴィータ」では、
 引退したマフィアの親分を。

 2015年の「ラストベガス」では、
 いい年をして、
 ラスベガスでハチャメチャな夜を演出する、
 悪ガキがそのまま大きくなったようなオヤジを。

 
 そんな名優デニーロが今回演じるのは、

 若者ばかりの、
 活気溢れるファッション通販サイトの会社に、
 「シニア・インターン制度」で採用された、
 誠実で穏やかな70才の地味な老人の役。

 
 がんばれオヤジ!

 負けるなオヤジ!


 ああ、やっぱりデニーロですね。

 同世代の私たちにも元気を与えてくれる。


 何をやらせても上手い役者ですな…。




7.007スペクター
 (Spectre)

_SL1378_


 昨年もたくさんのアクション映画を、
 楽しむことが出来ました。


 トム・クルーズ
 『ミッション・インポッシブル』の最新作、
 「ローグ・ネイション」

 あの「ナポレオン・ソロ」誕生のいきさつを、
 新解釈でリ・メイクしてくれた、
 『U・N・C・L・E』

 ショーン・ペン
 『ザ・ガンマン』

 今やNo.1アクション・スター、
 ジェイソン・ステイサムの、
 『SPY』


 いずれも手に汗握るアクションの連続でしたが、
 「アクション」といえば、
 やはりコレですね!

 『007 スペクター』


 私、ショーン・コネリーの頃から、
 このシリーズの大ファンなのですが、

 ダニエル・クレイグに変わってからは、
 今回の「スペクター」が、
 一番面白かったです。


 金に糸目をつけない、
 豪華絢爛なエンターテインメントの王者ですね。

 やっぱりコレは…。




8.Re:LIFE〜リライフ〜
 (THE REWRITE)

_SL1168_


 私、この俳優も大好きです。

 ヒュー・グラント。
  
 イケメンなのに、
 さえない役で面白可笑しく笑わせてくれる、
 なんとも微笑ましい存在ですね。


 「親の著作権を食い散らかすだけの遊び人」
 「ヒットに恵まれない作曲家」

 ダメダメじゃ〜んの典型のような男が、
 子供や、ふと知り合った女性の励ましで、
 なんとか希望を見いだして行く。

 とまあ、そんな役が多いですかね。(笑)
 

 たまにイギリス首相なんか演じてると思ったら、
 これがまたエッチでC調なプライム・ミニスター。
 (『ラブ・アクチュアリー』)

 「やっぱりダメじゃ〜ん!」
 

 で、この作品もまた、
 かつてオスカーを取ったものの、
 今では鳴かず飛ばずの脚本家が、
 生活のため仕方なく受けた、
 とある地方大学の先生という役。

 でも、見終わったあとは、
 なんかほのぼのとした気持ちにさせられる。

 これも、いつも通りの展開。(笑)


 次回作も楽しみです。




9.キングスマン
 (KINGSMAN)

_SL1500_

 
 「ブッ飛んだ!」

 「ハチャメチャの!」

 「キレッキレッの!」

 「常識破りの超過激、
  ノンストップ・スパイ・アクション!」
 

 こんなキャッチ・フレーズを並べられたら、
 誰でも観たいと思うはず。

 しかも普段は渋い、
 あるいはコミカルな演技で定評のある、
 名優コリン・ファースが、
 ジェームズ・ボンドさながらの、
 派手なアクションを展開するとあっては、

 映画ファンなら「一度は観てみたい」
 と思うはず。


 やっぱり「ハチャメチャ」でした。(笑)

 もうCG使いまくり。

 「そんなバカな!?」アクションの連続。


 で、普段はこうしたCGを駆使したものは、
 あまり好きではない私…。


 でもね、
 ここで武器となったのが、
 「ブルー・レイ」なるもの。

 そう、昨年から私の部屋にも、
 「Blu-Ray」の受信機が登場。

 美しい画面は見惚れてしまうほど。


 特に大作やアクションものは、
 もうこれ以外では観る気がしませんね。


 ゴージャスな映像を部屋で楽しむ。

 これもまた、映画鑑賞の醍醐味ではないかと、
 考える今日この頃です。

 ええ。



10.帰ってきたヒトラー
 (Er ist wieder da)

_SL1136_


 さあ、最後は迷ったあげくにコレです。
 
 あのヒトラーが、
 タイム・スリップして現代に現れるという、
 ドイツで制作されたコメディ映画。


 よくこんな映画が配給できましたね。

 いくら「民主主義の国」といっても、
 「言論の自由」の世の中といっても、
 この題材は危険すぎませんか?

 
 そう、危険も危険、

 バカバカしいコメディ映画なのに、
 観終わったあと、
 なんだか背筋が寒くなってしまいました。


 最初はヒトラーにそっくりの、
 ただのコメディアンだと思ってた人たちも、
 ひとたび彼の演説を聞き始めると、
 「なるほど」「彼の言うことは正しい」

 かく言う私ですら、
 次第に彼の言うことに、
 真剣に耳を傾けようとしている…。


 いけない!

 と思っても、次第に引き込まれようとしている、
 自分がいる…。


 そして、今、
 世界はこんな危険な指導者ばかりが、
 それぞれの国でもてはやされようとしている。

 おお、こわ…。

 ……。


 そういう意味で言えば、
 これは、とんでもない風刺映画です。

 今の世界に対する、
 強烈な警鐘ともいえますかね。

 バカにするどころか、
 ぜひ観なくてはいけない映画なのでは…。


 人類が起こした過ちを、
 二度と繰り返さないためにも…。

 ……。




はい、今回はこんな10本でした。


えっ…?

「シンゴジラ」と「君の名は」が、
入ってないじゃないか。

ですって…?


ですよね。


「TSUTAYA」に入ったら、

観ようかなとは思っておりますが…。


映画館に行くのはちと恥ずかしくもあり…。


私のテイストに合うのかなという不安もあり…。


あはは。


……。。。



SHUN MIYAZUMI


woodymiyazumi at 19:01コメント(3)トラックバック(0) 
2017 エッセイ 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by kuromame   January 25, 2017 21:44
宮住様こんばんは。
ニューアルバム完成おめでとうございます。先日ハーモニカの西脇さんが、ジャミンのアルバムには欠かせないドラムの山木さんとの収録の様子を、伝えられていましたが、プロの方も感動の制作現場なんですね。やはり何かが違います!
私はずっと前に、とりあえず早く聴きたいがために山野楽器に予約しました。とても楽しみです。

「私の映画ベストテン2016」のアップ、ありがとうございました。私は3「マリーゴールドホテル」6「マイインターン」7「007スぺクター」が視聴ずみでした。紹介頂いた映画も、観たいです。
「君の名は」は観ていませんが、「シン・ゴジラ」は3回観ました。宮住さんもはまること間違いなし!です。
2. Posted by Tomomi   January 27, 2017 00:52
宮住先生

今晩は

おっと、油断していたらブログ更新されているではありませんか!(笑)

私は紹介されている映画の1.2.3.以外はみましたよ〜

スパイ物のアクション映画はシリアスなもの喜劇もの含めて面白いえすね〜。
何といってもスケールが大きい!!
物語の舞台は国をまたぐのは当たり前

トム・クルーズの「M.I.」シリーズやダニエル・クレイグの「007」シリーズはテーマ音楽を聴くだけでワクワクしてきます。無条件で観てしまいます。。(笑)

「U・N・C・L・E」も面白かったですね。随所に笑いの洒落が効いていて。。。
出てくる俳優さんも若い世代の品の良い美男美女。。

まだご覧になっていない「シン・ゴジラ」。。

庵野監督のウルトラマン好き、ゴジラ好きがうかがえるかと思います。特撮ヒーロー物をリアルタイムで見ていた世代の男子には、たまらないと思います。今回はCGバリバリですが。そして、日本にゴジラが現れたら。。。「あ〜、そうなるのね、なんとなくわかる。。」と思わせるような、色々なメッセージがありますね。

ま、私なんかよりお近くの?ゴジラ博士におたずね頂くとより詳細かと思いますが。。爆

さて、もうすぐ1月もおわり。。
あと1か月ちょっと、3月1日のNEWアルバムリリースまで楽しみに待ってま〜〜〜す

....
3. Posted by SHUN MIYAZUMI   January 28, 2017 18:00
みなさん>

こんばんは。

kuromameさん、Tomomiさん、
さっそくのコメントありがとうございます。

そして、昨夜の「A'TRAIN」にお越しの皆様も、
ありがとうございました。

盛り上がりましたね〜。
楽しかったです。

今日はボロボロですが。(笑)

次回は2月24日(金)の開催です。


さあ、明日はマスタリング。

名手原田さんが、
どのような技を見せてくれるのでしょうか。

これまた楽しみ楽しみ。

ということで、
今日は早めに休むことにします。

zzz…。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星