February 24, 2018

Night & Day


すべてはここから始まりました。


左が私がアレンジした、
「Night & Day」のオリジナル手書きスコア。

右が、それを耳でコピーした、
アメリカの高校生のスコアです。


そして、その高校の合唱部の生徒達が歌っている動画を、
たまたまジャミン・ゼブのメンバーが、
You Tubeで発見!

昨年の6月のことでした。

Night&Day_Score1


ことの経緯はこういうことだったようです。

カリフォルニア州ロス・アンジェルス近郊にある、
「ノースウッド高校」音楽部のピアニストKai Ono君が、
数年前に遊びに行った日本で、
偶然ジャミン・ゼブのアルバム「Dream」を見つけた。

アメリカに持ち帰って、
音楽部の先生、Mr.Zach(ザック氏)に聞かせたところ、
彼もそのクォリティーにビックリ仰天!

中でもこの「Night & Day」は、
彼が知る同曲のアレンジでは史上最高、
とまあ、そんな、もったいないお言葉まで頂戴するほど、
気に入ってもらえた。

光栄です…。


さあそれから、メールによる交流が始まり、
半年後には、なんとジャミンが、
アメリカで公演するところまで、
トントン拍子に話が進んでいきました。

「Let's go to America!」


というわけで、
2018年2月9日の羽田空港。

「おや、シモン、どこ行くの?」

「いや、ちょっと、ロスまで。」

IMG_6242

日本から、なんと120人のファンの方も参加される、
ジャミンの歴史では前代未聞の一大プロジェクトです。

もうドキドキです。

ということで今回は、
人手も足りないことから、
息子の裕介君にも同行してもらいました。

(Nさん、Kさん、お見送りありがとうございました。)

IMG_6240

飛行機も2便に分かれての移動。

私は後発のアメリカン航空で向かいます。

「さあ皆さん、いよいよ出発ですよー。」

IMG_6243

10時間後、ようやくロス・アンジェルスに到着。

IMG_6247

「うわっ、でっかいバスだなあ…。」

(こんなバスも3台チャーター。)

IMG_6248

ここからアナハイムのホテルまで約1時間。

IMG_6249

私が初めて渡米した1970年代は、
リンカーン、キャデラック、ポンティアックといった、
いわゆるバカでかいアメ車ばかりでした。

巨人の長嶋選手が初渡米のとき、
「おお、こっちは外車ばっかりだなあ。」
と言ったそうですが(笑)、

今は日本車ばかりですね。

いくらトランプさんが、
「みんなアメ車に乗ろう!」と言っても、
燃費のいい、小回りの効く日本車は、
まだまだ人気のようです。

IMG_6250

そしてホテルに到着。

全員無事に到着ということで、
まずは一安心。

IMG_6254

早速「ファン・ミーティング」を兼ねて「食事会」。

レンセイ君はアメリカでも別メニューです。(笑)

IMG_6256

感謝の意味を込めて、数曲のミニ・ライブ。

上々のスタートが切れました。

(ホッ)

IMG_6261


2月10日。

いよいよアメリカ公演の当日。

朝9時にホテルを出発。

「みんな、調子はどう?」

「バッチリですよ〜。」

(あら、たのもしいお言葉。)

IMG_6278

やって来ました、ノースウッド高校。

「おや、今日のコンサートのチラシが、
 貼ってありますね。さりげなく。(笑)」

IMG_6296

最初に、Zach先生と奥様のKeiko先生が、
ジャミン・ゼブの紹介と、
ここに至った経緯などを話す。

「みなさん、期待していて下さいね。
 本当に素晴らしいグループですから。」

IMG_6297

そして、ものすごい歓声と拍手の中ジャミンが登場。

IMG_6299

アメリカのお客さんもノリノリで、
まるでいつもの日本でのコンサートのよう。

いや、それ以上かも…。

IMG_6317

レンセイを中心に英語の MCも上々の出来。

IMG_6311

最後はスタンディング・オベイションの、
大盛況のうちに終わりました。

(ああ、良かった…。)

IMG_6323

持って行ったCDもあっという間に完売。

IMG_6328

Zachさんの希望で実現した「Workshop」。

高校生たちの演奏も素晴らしかったです。

IMG_6331

コンサートが終わってもジャミンは、
高校生たちに質問攻めの大人気。

音楽に対する彼らの熱い想い、姿勢が、
清々しかったですねえ。

最高の1日になりました!

IMG_6334

というわけで、みんなで打ち上げ。

今宵はメキシコ料理ですよー。

(それにしても、すごい量だな…。)

IMG_6339


夜が明けて、2月11日。

今日もいい天気です。
連日、日中は23°という暖かさ。
いいなあロス。


今日は待望のオフ。

私たちはホテルから歩いて、
「ディズニーランド」に遊びに行きました。

コンサートが大成功して、
この人の表情にも安堵が伺えますね。

IMG_6351

こうした、通りで演奏している人たちの、
演奏水準の高さも日本とは比べものになりません。

IMG_6353

こんな駅員のおじいちゃんが絵になるのも、
本場ならでは。(笑)

IMG_6372

今のアメリカ(特にロス)は、
どこもかしこも禁煙だらけですが、
「ディズニーランド」に喫煙スペースがあったのには、
驚きでした。(笑)

IMG_6392

日曜日ということもあって、
お昼頃には、もうすごい人、人、人。

IMG_6394

このレストランも、
なんだかんだで40分くらい並びました。

IMG_6398

お船が苦手なこの人も、
ここの船なら大丈夫ですね。(笑)

IMG_6403

それにしても、よく歩きました。

足がパンパンです。

IMG_6417

ということで、
もう疲れたので早めに切り上げて、
ホテルのバーで冷たいビールをグイッ。

「く〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。」

至福のひと時でした。

IMG_6413

こうして全ての行程を無事に終えた私たちは、
翌朝ロス・アンジェルス空港を後にしました。

みなさん、お疲れ様でした。

おかげさまで、素晴らしい旅になりました。

IMG_6426


すべてはここから始まりましたね。

『Night & Day』♪


Kai Ono君のコピーは本当に素晴らしく、
どのパートもほぼ完璧に聞き取っていました。

なんと、私がCDで弾いてる間奏のピアノ・ソロまで、
完璧にコピーしてありました!


なんだか照れくさいけど、
嬉しかったですねえ。(笑)

若い頃、必死でジャズの勉強をしてる頃、
ビル・エヴァンスやオスカー・ピーターソンの演奏を、
一生懸命コピーしていた頃の自分を思い出し、
思わず微笑んでしまいました。

まさか自分がコピーされる時代が来るとは…。

それも海の向こうで…。


彼は今ニューヨークで、
ジャズ・ピアニストを目指していて、
今回ジャミンのコンサートに来れなかったのを、
とても悔しがっていたそうです。

Kai君、今度はニューヨークで、
ジャミンを広めてねー。

Night&Day_Score2

そして帰国したら、
こんなサンプル盤が届いていました。

『Your Songs Vol.2』

IMG_6431


春はもうすぐですね。


SHUN MIYAZUMI


woodymiyazumi at 13:53コメント(10) 
2018 エッセイ 

コメント一覧

1. Posted by pat   February 25, 2018 23:30
宮住さま

こうやって振り返ってみると、こんなにも楽しくて感動して充実したアメリカツアーに同行できたこと、心から嬉しく思います。

コンサートやワークショップでのジャミンの皆さんが見せた、自分達がが経験してきたこと、学んできたことを、若い世代へ引き継ごうというアツい想いには、心打たれるものがあり、ステージは涙で滲んでしまいました。"jammin' Zeb"は、高校生の皆さんにとって良い"role model"となったことでしょうね。

あの"Night & Day"からはじまった夢のような3泊5日、コンサートで自然と起きたあのスタンディングオベーションも、あのスタジアムを訪れたことも、あのステーキの味も、ロサンゼルスでのどの"Night"も"Day"も、一生忘れることのない、キラキラした想い出です。

本当にありがとうございました。

次は、Kai君のいるニューヨークに行かなきゃ!ですかね?笑

明後日『Your Songs Vol.2』を、フライング・ゲットしてきます♪
2. Posted by kuromame   February 27, 2018 18:00
宮住様

早速「your songs vol2」聴いています。クリアーなサウンドが部屋中を満たし、とても幸せな気分です。
awesome!! perfect!! amazing!! febulous!! outstanding!!

ありったけの称賛を!
3. Posted by mariko   February 28, 2018 14:02
宮住さんのblogを読んでCA ツアーを反芻しております。
ジャミンメンバーや宮住さんたちとまさか同じ飛行機、バスに乗るとは思ってもいなくて空港でお姿を見かけたときはビックリ!
行きは10時間、帰りは12時間の長いフライトでしたが、誰かが言ってたように一緒に同じ空間に長くいられて幸せでした。

「Night & Day」は私の大好きな曲の一つです。単調なピアノの伴奏に乗ったスティーヴさんの甘いセクシーなイントロが徐々に曲を盛り上げて他の三人と合流し溢れだすハーモニーがたまりません。
アメリカの高校生が耳コピーで演奏するのをYOU TUBE で見て驚きました。レベル高い!!

現地で本物(?)の彼らの演奏を聴いて高校生離れしたその実力に感心させられました。

次はニューヨーク? 
そだね〜実現するといいな。



4. Posted by 高橋新子   March 05, 2018 14:15
宮住様

"Anything goes"
雨上がりのミナック・シアター、大西洋を背景に断崖の席から観ました。カーテンコールでの一番人気は名優ワンコでした。ツアーの一曲目に選んでくださってありがとうございます。

バリー・マニローが世界の杉様的存在だと知ったのもこの頃でした。清潔感溢れるコージローさんの歌声。"I write the songs"大好きです。
5. Posted by うたかた   March 05, 2018 17:31
宮住様

3月4日の最終公演も素晴らしかったことでしょう。
私は、3日の2回公演のチケットを購入していましたが、事情があって1度は諦めるべきと新幹線チケットをキャンセルしました。が、諦めきれない、2ndだけなら何とか行けそう。CDも購入したい。……行ってしまいました。無理してでもライヴに行って良かった!

Anything Goesを歌うジャミンを客席のはじでご覧になっている宮住様の横顔をちらっと拝見。きりっとかっこ良かったです。CDの仕上がりとライヴ内容に絶対の自信をもっていらっしゃるからなのでしょうね。
本当に魅力満載のライヴ。何と贅沢!で濃密!な時間だったことでしょう。
今後のライヴに行かれる方々が羨ましいです。

昨日は辻井伸行さんの演奏会に行って来ました。ジャズが昔から好きだったという辻井さんの カプースチン「8つの演奏会用練習曲 作品40」は圧巻。こちらもとっても贅沢なひとときでした。
6. Posted by Tomomi   March 05, 2018 23:53
宮住先生

「Your Songs 2 SESSION」
素敵でしたね〜〜〜
ありがとうございました。

確実に何かが変わりましたね
スケールアップしていて、しかもとても丁寧..。
感動です

いい仕事してますね〜〜!って、古美術鑑定士の某先生のようなコメントになってしまいました。。Haaa

昨日とは打って変わって春の嵐の今日。。戻りながらも日に日に確実に暖かくなってきました。🌸🌸🌸🌸

本格的な春と共にやって来る西日本ツアーを楽しみに待ってま〜す

See you....
7. Posted by SHUN MIYAZUMI   March 06, 2018 13:10
みなさん>

コメントありがとうございます。

ニュー・アルバムの評判も上々。
(ですよね。笑)
「半蔵門 Your Songs 2 Session」も、
つつがなく終了し、やれやれ…。


そんな今日、
イチローが古巣シアトル・マリナーズに復帰ですと!?

わーい!
またまた気分のいい電撃ニュース!

大谷といい、また楽しみが増えました。
球春も間近で、浮き浮き気分です。


さあ、
今週末は、成城、相模大野と、
フリー・ライブが2本もありますね。

そして、25日は久しぶりに札幌です。

いろいろ楽しみです。

もうすぐ春本番!

むふふ。
8. Posted by 粋酒酔音   March 07, 2018 11:04
 おはようございます。今日は又寒さが戻って来てしまいましたねぇ。。。

でも私の心の中はまさに春爛漫〜
リリースライブの余韻に浸ってニューアルバムを堪能させていただいてます。一曲一曲の完成度に感激しながら自分なりに、「Your songs vol.2」を100倍楽しむ方法(笑)!? で聴いております。

なにもかも美しく、ドラマチック、メンバーの持ち味を駆使した素晴らしいハーモニーetc...最高の音楽をありがとうございます。

次の作品づくりに凄いプレッシャーを感じる〜と仰ってましたがそれを跳ね除けるパワーがファミリーにはありますから。。。
新しいアルバムが出るたび ゛わぁ〜いい!!これは最高ねぇ" と10年間、感激、感動、感涙? して来ましたから。

今回のアルバムが最高峰!! うなづけますよね。積み重ねの実力そのものです。

だってこんなにも素晴らしい世界に連れて行ってくれるんですから!!

改めて、jammin'Zebに出会えて本当に幸せです。

最後になってしまいましたが....イチロー選手、おめでとうございます!! 古巣マリナーズに戻れて好かったですねぇ。まだまだ野球が出来る幸せを噛みしめていることでしょう。
楽しみがまた増えましたね(笑)


成城は残念ながら行かれませんが、相模大野のフリーライブ楽しみにしていま〜す!!

9. Posted by kaoruko   March 11, 2018 07:13
宮住さま

先日は、またまた思いっきり楽しいライブ、そしてほんとに美しく素晴らしいアルバムを
ありがとうございます。
もう、毎日毎日ノンストップです。
なんて美しい…なんて素晴らしい…なんて感動的…

…とそちらは、また書かせていただきますね。

そして、洋行帰りの宮住さまにもお会いできて、嬉しかったです。
とてもお元気そうで、とてもゴキゲンで…(*^▽^*)
鮮やかなブルーのセーターがとってもお似合い♪
と思ったら、こちらでも着てらっしゃいましたね。
ほんと素敵です〜♪

さて…アメリカ公演実現の経緯、驚きました。
てっきり、どなたかのCA在住のご親戚がジャミンを紹介して…
などかと思っていたら…
学生さんが日本で偶然CDを見つけて、先生に紹介して…だったんですね〜。
偶然見つけたCDがジャミンのだったのがまずすごい!!
きっと神さまが引き寄せてくださったんですね〜。
CDが光って見えたのかも!!
そして、Kai君も先生も感激してくださったのもほんとに嬉しい!!ですが…
うふふ、当然といえば当然!!って思っちゃうけど、
でも、ジャミンの、宮住さまの音楽が、アメリカの専門の方にも伝わったというのが…
やっぱり本物なんだな〜…ってあらためて感激してしまいました。
でもでも、ジャミンのCDには、宮住さまの音楽人生が詰まってますものね。
これらの偶然は、これまでの宮住さまやジャミンや個々の積み重ねてきたものが
引き寄せた偶然、縁…なんだろうなとすごく思います。
そして、これまでの全部を見守ってきた神さまがプレゼントしてくれたんだろうなぁとも思います。
きっかけを作ってくれたKai君にも、生ジャミンを聴かせてあげたいですよね〜。
NYですね!!
Kai君のピアノも聴きたいです。
10. Posted by kaoruko   March 11, 2018 07:14
…続きです…

それから…
CAツアーに同行したファンが、ひゃ、ひゃくにじゅうにん!?
こちらもほんとに驚きました。
「大型バス3台を貸し切って…」というのを知って、
え!?ファンいったい何人!?と、その時点でも驚いて試算(?)してはいましたが…
120人かぁ…。すごい!!ジャミン、すごい!!
私もその120人の1人になりたかったです…。
でもでも、行かれた120人の皆さんが、行けなかった私たちの分まで
応援してくださったんですものね。
感謝感謝です。
そして、ジャミンも、そんなたくさんのファンに見守られて…
幸せですよね〜…ほんとに…。
ってつくづく思っちゃいました(*´艸`*)♪

このアメリカ公演は、ジャミンにとって、大きな自信になったことでしょうね。
そんな経験を得た彼らの、今後がますます楽しみです♪
そして、「宮住さまの音楽人生の詰まった音楽」に私が出会えたこと、
あらためて嬉しく…感謝しています♪

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星