February 22, 2019

私の映画ベストテン 2018


毎年この時期に、

飽きもせず続けている、

独断と偏見に満ち溢れた、
「私の映画ベストテン」


今年もやります。
今年で12年連続となります。

私にしてはすごい!

この持続力!

褒めてください。(笑)



さて、昨年は、
「黒澤明パーフェクト・コレクション」の影響で、
(26本も観ましたよ)

例年に比べると、
洋画を観る機会が少なかったのですが、
それでも充実した作品がたくさんありましたね。


映画は永遠に不滅ですね。

な〜んちゃって。(笑)


では早速、いってみましょう。



『私の映画ベストテン 2018』


1. ドリーム
 (Hidden Figures)

81zvRUwM5XL._SL1378_

 私の昨年度No.1は、
 文句なくコレ!

 人種差別が横行していた1960年代初頭に、
 NASAの頭脳として、
 アメリカ初の友人宇宙計画に尽力した、
 素晴らしい黒人女性たちを描いた伝記ドラマです。


 施設内の「黒人用トイレ」に行くのに、
 800メートルも歩かなくてはいけないなんて、
 冗談じゃありませんが、

 なぜかそこをユーモラスに描いたりして、
 笑あり、涙ありの、
 娯楽大作に仕上げたあたり、
 映画大国アメリカの底力を見せて頂きました。
 
 まだの方、ぜひ!



2. 僕のワンダフル・ライフ
 (A Dog's Purpose)

619Xr4vRBhL

 私は大の「犬好き」です。

 犬もよく知ってるとみえて、
 公園なんかで散歩中の犬が私を見つけると、
 すぐさま近づいてきて、
 あちこちペロペロ舐め回します。(笑)


 そんなわけで、
 この映画は「犬好き」にはたまりません。

 立て続けに3回観ましたが、
 ラスト・シーンでは毎回号泣。。。

 あははは。

 笑えば笑え。


 だから映画は家で一人で観るんですよ…。
 


3. 人生はシネマティック
 (Their Finest)

81wYp53+xiL._SL1441_

 第二次世界大戦中のイギリスを舞台に、
 コピーライターの女性秘書が、
 映画の脚本家として活躍していく様を描いた、
 NHKの朝ドラを重厚にしたような映画。


 これまた涙あり、笑あり、感動あり。

 CGが主流の今と違って、
 当時の映画製作は大変だったんだなあ、
 と、そんな当時の撮影シーンを見るだけでも楽しい、
 人間ドラマでした。


 そういえば、昨年もそうでしたが、
 ここんとこ女性の活躍を描いた映画、
 多いですね。

 今も昔も、

 女は強し!

 ですね。

 (たじたじ…)



4. スリービルボード
 (Three Billboards Outside Ebbing,Missouri)

71d2TjLf1TL._SL1351_

 強い女性と言ったら、
 この人の右に出る人はいませんね。

 娘を殺害された母親が、
 一向に犯人を逮捕できない警察に苛立ち、
 警察を批判する3枚の広告看板を設置。

 そこから町中あげての騒動に発展していく。


 2018年度の、
 「アカデミー賞主演女優賞」に選ばれた、
 フランシス・マクドーマンドの演技は秀逸。
 
 脇を固める役者さんも、
 みな素晴らしい演技で、
 最初から最後まで画面に釘付けでした。

 母は強し!

 女は強し!

 (たじたじ、たじたじ、たじたじ……)



5. カフェソサエティ
 (Cafe Society)

71HorkELlDL._SL1002_

 色々お騒がせではありますが、
 私の大好きなウディ・アレン監督の新作。

 で、観ていくうちに、
 ほぼ同じ頃に製作されたであろう、
 「ラ・ラ・ランド」にタッチが似てることに、
 気がつきました。
 
 ストーリーもなんとなく似てるし、

 黄金期のハリウッドを再現した、
 美術や衣装も魅力的だし、

 お洒落なジャズが基調になってるあたりも、
 そっくりなんですね。

 
 ま、私的には、こちらの方が、
 「大人の映画」の風格を感じて好みですが。

 もう映画を作れなくなっちゃうんですかね、彼。

 ううむ…。
 


6. ペンタゴン・ペーパーズ
 (Pentagon Papers)

516ZKI3+ohL

 ハリウッドで一番ギャラの高い女優、
 メリル・ストリープと、
 一番ギャラの高い男優トム・ハンクスの初共演!

 この二人の出演料だけで、
 楽に一本の映画が作れそうです。(笑)

 しかも監督が巨匠スピルバーグと来れば、
 これは観ないわけには行きませんね。

 これも実話に基づく社会派ドラマです。


 最高秘密文書のスクープに立ち向かう、
 「ワシントン・ポスト」紙と、
 「ニューヨーク・タイムズ」紙。

 それを揉み消そうとする政府との戦い。


 いやはや、
 なんともタイムリーな内容ですが(笑)、
 堂々と公開出来るところを見ると、
 まだまだ「言論の自由」は大丈夫みたいですね。

 アメリカ…。
 


7. ウインストン・チャーチル
 (Darkest Hour)

51+eC7bn5DL

 日本向けサブ・タイトルが、
 「ヒトラーから世界を救った男」

 言わずと知れた、
 第二次世界大戦中のイギリスの宰相、
 ウインストン・チャーチルを描いた、
 歴史ドラマです。


 アカデミー賞主演男優賞を獲得した、
 ゲイリー・オールドマンのメイクが、
 話題になりましたよね。

 いやあ、今の技術って凄いですね!

 これが、あのゲイリー・オールドマン???
 て感じでしたから…。


 それにしても、チャーチルって、
 凄い酒飲みだったんですね。

 朝っぱらから酒も葉巻もガンガン。

 それで激動の中、91歳まで生きた。。。

 負けてはいられませんね…。

 (ん?)


 
8. スクランブル
 (Overdrive)

81sesAurFoL._SL1500_

 社会派ドラマが続いたので、
 息抜きの意味も込めて、
 こんなアホ映画もよろしいのではないかと…。

 高級クラシック・カー泥棒専門の兄弟が、
 マルセイユを舞台に、
 大富豪やマフィアから名車を盗み出す、
 という痛快丸かじりなお話。


 オースティン・ヒーレー、ジャガー、
 アストン・マーティン、アルファ・ロメオ、
 1962年型フェラーリなど、

 カー・マニアにはよだれの出そうな名車が、
 次から次へと登場。

 カー・マニアではなくとも、
 高価な美しいクラシック・カーを見るのは、
 楽しいもんです。


 そんな実物の高級車を乗り回しての、
 カー・アクションは、
 一般庶民から見れば、
 違う意味でヒヤヒヤの連続でした。(笑)

 イケメン・ファンにもオススメですよ。(笑笑)

 

9. バッド・バディ / 私とカレの暗殺デート
 (Mr.Right)

81x3erZ5NNL._RI_SX300_

 もう一つ、おバカなアクション映画をご紹介。

 つきあう男が、ことごとくダメ男くんばかり。
 そんな彼女が、ついに惹かれた男が、
 なんと凄腕の殺し屋!

 もっとも彼のターゲットが、
 みな悪い奴ばかりなので、
 ある意味これも勧善懲悪の映画で、
 見終わったあとはスカッと爽やか。

 ま、そんな内容です。


 「そんなバカな〜」シーンの連続ですが、
 仕事や恋愛でストレスを抱えるアナタ、
 たまにはこんな映画もいいですよー。

 思ってたよりも当たりでした。



10. シェイプ・オブ・ウォーター
 (The Shape Of Water)

71w32W+7TjL._SL1351_

 前にも言いましたが、
 私はSF映画、ホラー映画など、
 あまりに現実離れした作品は、
 まず観ることはありません。

 どちらかというと、
 リアリティーのある人間ドラマが好み。


 したがって、
 いくら2018年度のアカデミー賞総ナメとはいえ、

 「半魚人と人間女性の恋」
 などという作品に手を出したのは、
 自分でも驚きでした。

 もちろんのことながら、
 ギレルモ・デル・トロという監督作品を観たのも、
 これが初めての体験です。

 
 ただし、ネタバレになるので、
 これ以上は言えませんが、
 なんだか分からないのに、
 不思議な感動があったのは事実です。

 「大人のファンタジー」という表現でくくるのも、
 申し訳ないような力作であることは、
 間違いありません。

 「アカデミー賞最優秀作品賞」

 納得です。
 

 💚💚💚
 

こんなところでしょうか。


おや?

あの話題の作品が入ってませんね?


そうなんです。

「ボヘミアン・ラプソディ」

まだ見れてないのです。


11月7日の封切りを楽しみに、
予定を組んでいたのですが、
体調不良のため断念。

そのあとアルバム制作やら何やらで、
急に忙しくなって、
完全に遅れをとってしまいました。

ま、来年のこの特集までには、
なんとか。。。

(気の長い話だこと…)



さ、そろそろ今年の「アカデミー賞」が、
発表になりますね。

毎年WOWOWの実況中継を、
楽しみに見てるのですが、

今年は、どんな作品に巡り会えるのでしょうか。


わくわく。


楽しみ。


……。。。



SHUN MIYAZUMI

woodymiyazumi at 14:01コメント(4) 
2019 エッセイ 

コメント一覧

1. Posted by lilac   February 22, 2019 19:50
宮住様

今も昔も、女は強し!(たじたじ…)
母は強し!女は強し!(たじたじ、たじたじ、たじたじ……)

の所、私㋱大爆笑してしまいました♪(笑)

宮住様の文章は音楽と同じで、温かさとユーモアと流れがあって本当に楽しいので、今回ご紹介して下さった映画はどれも「何かすっごく面白そう!」という感じがビンビン伝わって参ります。

ちなみに最初は可愛かった女性を強くしてしまうのは、いつも男性なのではありませんか〜?(笑)なんちゃって♪(笑)

そういう私もかつては「可愛い」とか言ってもらえた時代もそれなりにありましたが、人生の荒波に揉まれて、いつの間にか強く逞しく生きざるを得ない女になっておりました。(笑)

この年になると、段々おばさんのおじさん化になりつつあるのが、自分では非常にヤバい感じです。(笑)

あ、宮住様、涙もろいというのはとってもとっても素敵な事だと私は思います〜☆彡

それだけ感受性が豊かであるという証拠でございます故、だからこそあの様な素敵な音楽を、今日までずっと生み出し続けていらっしゃるのでございます!
☆_(_☆_)_☆

…と、私の今日の褒め殺しは如何でしたでしょうか?(笑)
(^^ゞ
2. Posted by kuromame   February 22, 2019 22:39
宮住様 こんばんは。

私は連日残業の日々で、疲れ果てていましたが「私の映画ベストテン2018」がアップされているのを拝見して、俄然元気がでできました。ベストテンとのことですが、年間何本くらいみられているのでしょうか。お忙しい中すごいです。

今回のラインアップで私は、「ドリーム」だけ見ました。一緒に仕事をしている友人が映画館に行こうと、中野まで行ってみてきました。
後の作品も観たいと思います。

黒沢作品では、「椿 三十郎」がとても印象的で、この監督は色彩にこだわられてる方だなと感じました。
表現者のこだわりやテーマを少しでも感じることができたら自分にとって、印象深い
作品になりますね。いろいろな出会いに乾杯!

3. Posted by mariko   March 01, 2019 17:35
シリーズも12年連続とは恐れ入ります。褒めてあげなくちゃパチパチ👏。
映画とは関係ない話ですが、犬好きの宮住さまに寄ってくるワンちゃんの件で思い出したことがありました。
昨年のアメリカツアーの帰りの羽田空港で麻薬犬のビーグルがなぜか宮住さまの脚下をクンクンして離れようとしませんでしたね?
もしや?と疑惑を持ちました(笑)が、あれはなついていたんですね。
とても可愛いワンちゃんと宮住さまのツーショットでした。
4. Posted by Tomomi   March 03, 2019 14:58
宮住先生

こんにちは

私もまだ「ボヘミアン・ラプソディ」を観ておりません。。
(早く観なくちゃ。。。
僕のワンダフル・ライフ、ウインストン・チャーチル 、シェイプ・オブ・ウォーター
は観ました。

僕のワンダフル...は、私も号泣。。動物と子供にはやはり無条件お手上げ状態の結果です。(笑)

ウインストン・チャーチル は、特殊メイクのゲーリーオールドマンが、エネルギッシュな演技でしたね。

シェイプ・オブ・ウォーターは、研究がらみの国際利益や、生まれ持った障害や、セクシャリティー、人種差別を最大限デフォルメしたような(笑)背景のなかで、ファンタジーがありましたね(恋をすると、乙女は赤いハイヒールをはくのです。。。→ジャミンのライブには可愛いヒールを履いて行こっと

あっという間に3月になりました。
あと2〜3週間で桜🌸も咲くという予報もちらほら。。

アルバムリリースとライブももうすぐですね

楽しみに待ってま〜〜す

....

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星