March 12, 2019

本日の1曲(その5)


いよいよ明日(3/13)発売ですね。

ジャミン・ゼブのニュー・アルバム、
♪『Your Songs Vol.3』♪


本日、私のところにも、
たくさんのCDが送られて来ました。

IMG_2333

そして、週末の名古屋(3/16)を皮切りに、
このCDを携えての、
各地での怒涛のライブ・ステージが始まります。

わくわくしますねえ。

ドキドキですねえ。


ということで本日は、爽やか気分で、
久しぶりの「本日の1曲」を、
やってみたいと思います。

まさに、
今の季節、今の心境にピッタリのタイトルですね。

♪「春よ、来い」♪

IMG_0704


今を去ること45年前。

私が大学を卒業して入社した、
「アルファ&アソシエイツ」という会社は、
まだ小さなレコード原盤会社でした。

「赤い鳥」「ガロ」がピークを過ぎ、
なんとかユーミン(荒井由実)を売り出そうと、
みんな一生懸命だった頃ですね。


駆け出しの私も、
テレビ局にマネージャー代わりに一緒に行ったり、
コンサートのチケットのモギリをやったり、
筆跡を真似してサイン色紙に代わりにサインしたり、

おっと、これは内緒、内緒だった、、、

あははは。。。


その後彼女は、
アルバムを4枚(かな?)残してアルファを去り、
松任谷由実と名前を変え大ブレーク。

それ以降の作品はあまり知りませんから、
私にとってのユーミンの想い出は、
全て「荒井由実」時代のものばかりです。

けっさくな裏話もたくさんありますが、
ま、それはまた別の機会に。(笑)


でも、この曲は、
まるで「荒井由実」時代の彼女の作品みたいで、
すごく好きでしたね。

ドラマは観てませんが(汗)、
この曲だけはNHKのTV画面を通して、
よく聞いていました。

(いい曲だなあ…)


かつて、このブログでも書きましたが、
私は父の転勤で、
中三から高一の2年間、
山形に住んでいました。

したがって、北国の情景や、
遠い春を待ちわびる雪国の人達の気持ちは、
よ〜くわかります。

私はこの曲を聴くと、
なぜかその頃を懐かしく思い出してしまうのです。


ま、これは、
私の個人体験がそうさせるのでしょうが、、、
それにしても彼女の才能は凄いですね。

改めて感服した次第。


で、いずれジャミンでもやってみようと思っていたら、
幸いにもファンの方数人から、
リクエストがありました。

オリジナルの良さは活かしつつも、
ジャミンらしい味もしっかり出せたのでは、
と、勝手に自己満足しております。


ということで「本日の夕食」私編は(笑)、

学大某鉄板焼きレストランで、
ちょっぴり贅沢をしようかな。。。

自分で作ったCDをかけてもらいながら、

IMG_2303

美味しいエビや、

IMG_2304

ハンバーグ目玉焼き乗せに舌鼓を打つ。

IMG_2305

至福の時…。


ま、今日くらいは、

そんな贅沢も、

よろしいんじゃないでしょうか。


ね、ショーちゃん。


(今日くらいは、だと!?)



いやいや。


あははは。


あははははははは。


……。



SHUN MIYAZUMI

woodymiyazumi at 18:00コメント(4) 
2019 エッセイ 

コメント一覧

1. Posted by kuromame   March 13, 2019 19:24
宮住様
「your songs vol3」リリースおめでとうございます。
私は5時半ころ山野楽器に行ってきました。なんと、売り切れ!でも私は予約してあったので頂いてきました。今早速爆音?で聴いています。より多彩なジャミンのハーモニーに浸っています。
まさにジャミンはどんなジャンルでも歌いこなすスーパーヴォーカルグループ、グレゴリオ聖歌から童謡まで??たとえがよくない?中でも私はジャミンのジャズが好きです。

半蔵門ライブ、心待ちにしています。
2. Posted by lilac   March 13, 2019 20:09
宮住様

(※長いので二回に分けてコメント致します)

本当に宮住様の文章は、いつもユーモラスで大爆笑してしまう私㋱でございます♪

そして若かりし頃のユーミンとの思い出話も、ユーミンが好きな私㋱には興味津々でございます♪(笑)

ユーミンの「春よ、来い」は本当に素敵な曲ですね〜♡

ユーミンの歌声はとてもクールで、乾燥した様なドライな感じの独特な歌声ですが、ご本人も自覚されておられるみたいで「自分の声はパイプオルガンの響き」と自称されているのをテレビで観た事があります。

彼女の歌声は感情的でないから、逆に聴き手が邪魔をされずに個々の感情移入ができる歌声とも言われたり、

シンガーとしては正直とても下手くそで、(ご本人もコンサートでそれを良く自虐ネタにして話されている様ですね〜)

彼女の歌声は決して「美声」ではないのですが、以前NHKで彼女の歌声を科学的に分析する番組を観た時に、「ホーミーや仏教の声明のように、物凄い癒しの効果がある宇宙的な声質」との結果が出ていました♪
3. Posted by lilac   March 13, 2019 20:10
(※先ほどの続き)

ユーミンの作る曲は、どれも時代を越えて通用する様なテーマ、人間の心の機微や琴線に触れる普遍的なテーマで歌を作られているので、どの世代にも受け入れられ、不動の人気がある様な気が致しますし、後世に残って行く様に思います。

「春よ、来い」には、私も個人的なノスタルジーな思い出を持っておりますが、現在の私はこの曲には「死生観」の様な宇宙的広がりをも感じてしまいます。

ちなみに昨年jamminのライブで、この曲を初めて彼らの歌声で聴かせて頂いた時には、普段滅多に泣く事がない私㋱なのに、自分でもビックリするほど泣かされました!(笑)本当に罪な4人&宮住様でございまするッ。(笑)

これはユーミンのクールな歌声では味わえなかった感覚でもあり、「自分の中にまだ癒し切れていない部分があるのだなぁ」とも自覚させられ、私に取ってはとっても印象に残ったjamminのコンサートでもありました♪

その「春よ、来い」も収録されている待望のニューアルバムは、ライブ会場で購入させて頂きたいと思いますので、それまではまだ私には我慢我慢が続きます♪(笑)
(^^;
4. Posted by 粋酒酔音   March 13, 2019 21:56
ニューアルバムリリースおめでとうございます!!

今日は六本木で「新・北斎」を観て、銀座山野楽器に向かいました。ありましたありました! 我らがジャミン Your Songs Vol.3ディスプレイ、お昼過ぎでしたがその場所にすでにCDは二枚しかありませんでした。即、購入!!
ワクワクしながら近くでお茶しながら、持参したCDウォークマン(笑)で早速視聴....わぁ〜これぞ!至福のひととき!!
素晴らしい絵を観、素晴らしい音楽を聴き、今日はなんて素敵な日!!

本日の一曲(その5)、「春よ、来い」なんか〜心の琴線に触れる歌ですよね。。。懐かしさを探すような..これって年せい? なんですかねぇ(笑)

素敵なアルバムをありがとうございました。楽曲解説を読み返しながらじっくり楽しみたいと思います。

桜の開花?と共に半蔵門でジャミンも開幕、満開のステージを心待ちにしています。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星