June 24, 2019

伊東ゆかりさん


かつて、

2009年の8月に、
「夏の6週間」というお話を、
長々と連載したことがあります。


私が1983年にアルファ・レコードを辞め、
フリーになって、
初めていただいたプロデュースの仕事が、
伊東ゆかりさんのアルバム制作。

その時の所属事務所の小澤社長(故人)や、
ゆかりさんとのいろんなエピソードを、
面白おかしく書き綴ったもので、
プッと吹き出した方も、
たくさんいらっしゃったのではないでしょうか。(笑)


結局、ゆかりさんとのお仕事は、
アルバムにして7枚。

初期の頃はアナログなので、
1枚を除いて見つけることが出来ませんでしたが、
(多分家のどこかにはあると思います。笑。)

ロサンゼルス録音の2枚を含め、
私にとってはかけがえのない思い出です。

IMG_3454


さて、伊東ゆかりさんと言えば、
私が小学生高学年から中学生の頃は、
(1962年〜66年)
紛れもなくスーパー・スター。

コニー・フランシスや、
リトル・エヴァのカヴァーを歌って、
テレビの歌番組やドラマ引っ張りだこの、
大人気スーパー・アイドル。

「シャボン玉ホリデー」「スパーク・ショー」
「ザ・ヒットパレード」
なんて、毎週のように観てました。


さらには、
日本人として初めて「サンレモ音楽祭」に出演。

和服でステージに立ち、
大変な話題を呼びました。

ジリオラ・チンクェッティのカヴァーも、
素敵だったなあ。。

「愛は限りなく」「ナポリは恋人」。。。

ああ、キュンキュンしますねえ。(笑)


時は流れて、、、


そんなゆかりさんに、
ジャミン・ゼブと一緒に歌おう企画、
「L-O-V-E」の模範歌唱をお願いしたところ、
心良くOKして下さいました。

60'sの香りそのままに、
ジャミンとブレンドしてくれるのは、
彼女しかいないと思ったからです。

その動画もすでにアップしてありますので、
まだの方は是非どうぞ。



さらに私は、厚かましくも、
どんどんエスカレート(笑)。

7/13に「よみうり大手町ホール」で開催する、
「ウィー・ゲット・リクエスト 総集篇」にも、
ゲストとして参加をお願いしたところ、

「あたしでいいの〜?」
とか言いながら、
これも心良く引き受けて下さいました。


ということで、
先週は共演曲のアレンジも頑張ってやりました。

IMG_3501


かつてブラウン管の前で憧れていた、
同時代のスーパー・スターと、

今の私が精魂傾けているジャミン・ゼブの、
時空を超えた共演。

こんなことが出来るだなんて、
プロデューサー冥利に尽きますね。

やっぱり私は、
お調子者の幸せ者です。


昼の部は満席みたいですが、
夜はまだチケットあるみたいです。

こんなこと、
次はいつ出来るかわかりませんからね。

たくさんの方に見ていただきたいものです。


ウンウン。


……。



というわけで、

今日はオチ無しです。(笑)



そうそう、今週の金曜日(28日)は、
「A'TRAIN」ですよー。

こちらもお待ちしております。


では今週も頑張っていきましょうー!


ハッスルハッスル!!!


(植木等さんを見習って。笑。)



いい時代だったなあ。。。


しみじみ…。


…。。。



SHUN MIYAZUMI


woodymiyazumi at 15:33コメント(12) 
2019 エッセイ 

コメント一覧

1. Posted by lilac   June 24, 2019 20:54
宮住様

伊東ゆかりさんは私の子供時代、とても好きな品のある実力派シンガーのお一人でした♡

彼女は本当に素敵な大人のシンガーです!今回の動画からも知性的で女性らしい魅力的なお人柄がこちらにビンビン伝わって参りますし、jamminとの共演は世代を超えて共鳴し合っている様に感じます。

私はそこに伊東ゆかりさんという方のアーティストとしての懐の大きさと、そして大先輩と共演しても違和感を感じさせないjamminの皆様のアーティストとしての真摯さと力量を感じます。

ですので私は「よみうり大手町ホール」での宮住様の演出が、これ又本当に楽しみです♪(きっと客席から私達も一緒に歌わせて頂けるのですよね?♪笑)

ちなみに昨日のモーションブルー横浜での“JAZZ & DANCE” 公演は、思わず沢山ウルウルしてしまった浦安のライヴとは全然違う演出で、私は本当に楽しかったです♪

私はファンになってまだ2年程、舞台でのjammin'Zebしか存知ませんので、初期の頃には多かったとお聞きする昨日の様なライヴハウスでの公演は逆にとても新鮮に感じました♪

舞台のライヴとは又全然違う雰囲気が、jamminの皆様にも客席にも生まれていた様に思います♡(※長くなるので2回に分けます)



2. Posted by lilac   June 24, 2019 20:55
(先ほどの続き♪)

シモンさん振付であろうステージでのDanceにはとてもセンスがあり、

又レンセイさんが客席から観客の方をスマートに優しくエスコートされて、舞台で一緒にダンスされたシーンも、ライヴハウスならではの演出で、とてもチャーミングで魅力的でした♪

あと、私が会場に着いてチェックイン待ちをしている時に、フラリとエレベーターから降りて来られた私服のコージローさんに偶然至近距離でお会いできたのも新鮮でしたし、

一時声にパワフルさを失った様に感じたスティーヴさんも、最近はすっかり回復された感じで私は安心致しました。

ストイックな彼ですので、きっと食生活を節制し過ぎた事から来たコンディションだったのかもしれませんね。(スティーヴさん、お肉も食べや〜♪笑)

…という事で、今度のMIYAZUMIライヴにも又お邪魔する予定のlilacで・し・た♪
(^^✿
3. Posted by asammin   June 24, 2019 22:28
宮住さん🍀

こんばんは
私が高校生の頃、確か1979年頃の伊東ゆかりさんのカバー曲で「あなたしか見えない」が大好きで、日本語の歌詞もとても控えめな可愛らしい女心の歌で、キュンキュン💓しながら聴いていました。
リタークーリッジさんもカバーしていて、当時流行っていたと思います。

7/13よみうり大手町ホール、昼の部に駆けつけます🙋‍♀️この曲を歌ってくださると嬉しいです。
この曲、ゆかりさんだけでなく、ジャミンの皆さんに歌ってもらえたら、宮住さんアレンジでどんな風になるんだろう〜♬と勝手に妄想しイメージを膨らませています 笑笑(^^)

LOVE❤️も一緒に参加できそうなので、今からとっても楽しみです。ワクワクドキドキ💓

これからも、いろんな素敵な企画、コラボなどを楽しみにしています。
益々ハッスルハッスルの宮住さんで、若々しく輝いていてくださいね〜🍀

お忙しいと思いますがお身体をご自愛なさってください😊
4. Posted by 粋酒酔音   June 27, 2019 21:43
こんばんは!
今日、よみうり大手町のチケットが届きました。お待ちして居りました(笑)。
そして、今回のブログ、はい!私も胸キュンの青春時代。今風に言えば、ラジオのリスナー(笑)時代です。
洋楽にカブれていた私、洋楽を日本語で歌う歌手を毛嫌い(笑)…でも、伊東ゆかりさんだけは違っていました。
ジリオラ.チンクエッティみたいに素敵!
そう!サンレモ音楽祭に日本人で初めて参加🇯🇵。ワクワクしましたね❗何とも言えない憧れ、すごいなぁ〜
そして今、第二の我が青春のジャミン時代にその伊東ゆかりさんが彼らと一緒のステージで歌って下さるなんて〜正に夢の実現です❗大きな縁を感じ本当に幸せです。
勿論、当日はダブルで楽しませて頂きますよ。
アハハ〜お調子者の幸せ者の社長さま、調子こいてる!とも仰ってましたね(爆)
それって、持ってる!って事ですねー
素晴らしいです。
楽しみにして待っていま〜す!
5. Posted by ベル   June 28, 2019 11:07
5 こんにちは。
宮住先生、いつも素敵なアレンジと選曲をして下さり、ありがとうございます😊
今回のライブは、子供の頃、よくTVで拝見していた伊東ゆかりさんとの共演ライブとの事で、大変楽しみにしております💞
サンレモ音楽祭にご参加されたこともあったと、こちらの記事で、初めて知り、イタリア好きな私としては、この上なく嬉しいです😆
昔、サンレモ音楽祭で、大賞を受賞し、日本でも流行ったpirov『日本名 チャオチャオバンビーナ』は、大好きな曲です🎶
ゆかりさんとジャミンと歌ってくれないかしら⁉️💖

6. Posted by kuromame   June 29, 2019 16:19
宮住様

昨夜もエロールな演奏をたっぷり楽しませて頂きありがとうございました。立ち見席もいっぱいの盛況でしたね。
ラストに「Misty」素敵な曲をしっとりとした歌で聴けて最高でした。

伊東ゆかりさんとのコラボ、楽しみにしています。ゆかりさんのスーッと通った綺麗な声が好きです。アップして頂いた楽譜を拝見して、あの曲をコラボされるのかなと
想像しながら、13日を楽しみにしています。
7. Posted by lilac   June 29, 2019 20:04
宮住様、こんばんは〜☆彡

昨夜のA-TRAIN、宮住様のお洒落で軽やかなピアノ演奏と共に、スペシャルシンガーの方含めて、いつにも増してとても華やいで賑やかな雰囲気だった様に思います♪

ちなみに昨日は、宮住様が休憩中に私達にお話しして下さった伊東ゆかりさん絡みのエピソードからの「小指の思い出&思い出の小指」が私のツボにハマり、今日も思い出しては未だに一人で爆笑してしまう私㋱であります♪(笑)

そしてこれも毎度の事ながら、宮住様とレンセイさんの音楽性は勿論言わずもがな、それぞれのウィットに富んだ会話のやり取りにも、お二人の相性の良さと素敵な知性が感じられて、それも毎回私は本当に楽しませて頂いております♡(笑)

これは私が常々感じる事なのですが…。
予め計算されていない会話から生まれる臨場感や楽しさという魅力に勝るトークはないですね!

でもそれは阿吽の呼吸で、同じ感覚を共有できる知性とハートを持った者同士でないとなかなか成立しませんし、

そういう洗練された言葉のやり取りは、本当の意味での頭の良さと柔軟性、そしてお互いの人生経験から来るそれぞれの繊細な感性が在るからこそ生まれるものなのですよね〜☆彡

お二人の会話から「お互いを生かし合う」という愛の阿吽の呼吸が感じられるので、皆が楽しく気持ちが解れて行くのだと思います♡

お二人の会話を聞いていると、何か知性的な外国の方達同士の会話を聞いている様で、私はとても好き♡なのでございます♪
(*^^*)〜☆彡



…と宮住様、今回の私の褒め殺しはお気に召して頂けましたでしょうか?(笑)
(^^♪





8. Posted by SHUN MIYAZUMI   June 30, 2019 18:59
みなさん>

こんばんは。

毎日、ジメジメとした梅雨空、
なんだか憂鬱になってしまいますね。

体にカビが生えそう。。。

そんな中、
金曜日の「A'TRAIN」にいらして下さったみなさん、
ありがとうございました。

おかげさまで今回も、
楽しく演奏することができました。

次回開催は7/26(金)です。

そしてlilacさん、
いつも素敵な誉め殺しありがとうございます。(笑)

調子こきまくって、
7月のビッグライブも頑張ります。(笑笑笑)

まずは7/6の名古屋ですね。

梅雨明けはまだなのかなあ。。。

……。
9. Posted by lilac   July 01, 2019 22:30
宮住様

是非生涯調子こきまくっちゃって下さいませ♪(笑)

ちなみに私は名古屋は伺えませんが、13日のよみうり大手町ホールを楽しみに参ります〜♫

あと梅雨に体調不良になる方は多い様ですが、それは汗が体にこもるからと言われます。

これは私の健康法なのですが、この季節に汗をかき切れていると夏バテもありません。

運動でもサウナでも半身浴でも良いのですが、汗を先に目一杯かいてしまうと梅雨も結構快適に過ごせますので、もし良かったらお試しを♪

(私的にはぬるめのお湯に長めに浸かる、体に優しい半身浴がお薦めでございます♪)
☆_(_☆_)_☆
10. Posted by mariko   July 08, 2019 14:49
伊東ゆかりさんを間近にみられる日を楽しみと言うか、ドキドキして待ってます。 

夢のようなジャミンとのコラボ。
こんな企画は宮住さんならではですね。ありがとうございます。
11. Posted by lilac   July 14, 2019 08:10
宮住様

昨日のライヴ拝見しました!
伊東ゆかりさんの何とチャーミングで素敵な事!私が目指したい女性のお手本の様な方でした!

歌声には大人の女性の深みと味わいが有って、いつも自然体でありながら、生まれ持った華と存在感、そしてそのお人柄=人としての優しさが、観ている側を心から寛がせ、そして楽しませて下さいました。

それはjamminの皆様にも共通するものがあるので、今回の共演では世代を超え、全然違和感の無い一体感が感じられる素晴らしい空間がステージから生み出されておりました♪

ゆかりさんは国際的にも活躍された方ですから、ステージでの立ち居振る舞いもマナーも非常に洗練されておられて、

それでいて全然気負わない余裕=エレガンスを持っていらっしゃるので、久々に私は正に大人のスターとしての本物の風格を感じさせて頂きました♪

改めてシンガーとしても、一人のチャーミングな女性としても大ファンになりましたし、又是非これからもjamminとの共演を拝見したいと思う一人です♪

(※長くなるので分けます)
12. Posted by lilac   July 14, 2019 08:14
(※先ほどの続きです)

ちなみに私は昼の部だけを観るつもりが、あまりに素晴らしいステージだったので、夜の部も当日券で拝見致しましたが、

昼の公演が素晴らしかっただけに、30曲を一日に二回公演にするスタイルは、少々jamminnの皆様にはオーバーワークではないかと夜の部を拝見して感じてしまいました。

多分今回が初の試みという事もあったと思われますし、今しかできない事というものもありますから、その常に新しい事に挑戦されるアーティストとしての姿勢は本当に素晴らしいと私は感じますが、

今後この様な過酷な挑戦にトライされるのであれば、本番までのリハーサルや、本番当日の休憩時間(サイン会が長引けば、それだけ休憩時間も短くなりますから)も含めて、

テンションやコンディションを夜の部までキープできる様な持って行き方というのが、今後の彼らの課題になるのかなぁという気が私は致しました。

やはり人間ですから、出し切りながら長時間テンションを保つというのは、限界がある時があります。(あ、今回は褒め殺しではなくてすみません。笑)

これは夜の部だけ観た方は、もしかしたら感じなかった事かもしれませんけれど、今回は昼の部の盛り上がりが凄かっただけに、私は個人的にそう感じてしまったという事をご了承下さいませ〜。
☆_(_☆_)_☆


コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星