October 17, 2020

筒美京平さんのお話 その2


筒美京平さんの訃報を聞いてから、
5日めになります。

そして、私の中では、
日を追うごとに悲しみが広がっています。


今、私の手元には、
こんな8枚組のCDがあります。

『HISTORY
 Kyohei Tsutsumi 1967〜1997』

私が筒美京平さんから、
直々にいただいたものです。

今となっては、
大切な宝物ですね。

サイン貰っとけば良かった…。


彼が活躍した頃は、
アナログの時代。

いわゆる「ドーナツ盤」と言われた、
シングル盤が全盛の頃でした。


しかし、今はCD、デジタルの時代。

そこで、
彼の偉大さをもっともっと知ってもらおうと、
各レコード会社が協力し合って、

彼が残した膨大なヒット曲を8枚のCDにまとめ、
新しくマスタリングをほどこし、
(つまり発表当時よりも音質を良くし)
後世に伝えようと企画されたものです。

IMG_6189


今も各テレビ局は、
彼の追悼特集を組み、
彼の残した作品を紹介し続けています。

一緒に仕事をされた方や、
音楽業界の人ならば、
とっくに分かっていたものの、

こうして改めて紹介されることによって、
世間一般にもその凄さが分かって頂けたかなと思うと、
これはこれで嬉しくなってしまいます。


「え〜? これもそうだったの?」
「これも筒美さんの曲?」
「うわあ、あれも、これも、それも、そうなの?」
「凄すぎますね〜」


今週は、行く先々で、
会う人、会う人、
みな同じような反応をされておりました。

今更ながら、本当にそうですね。

「ブルーライト・ヨコハマ」に始まる
これら膨大なヒット曲の数々は、
もうこれだけで立派な「昭和歌謡史」とも言えます。

IMG_6191

全盛期には、
月に40曲もの作曲をし、
しかもアレンジも全部手掛けていたんだそうですから、

すごい働き者ですね。


そして、どっちゃり稼いで、
立派に二人の息子さんを育てられた。

すごいお父さんです。


1970年代の中頃、
萩田光雄さんが登場してからは、
アレンジこそ信頼できる萩田さんに任せたものの、

「ヒットを作るんだ」と作曲に向かうあくなき執念は、
おそらく病に倒れるまで、
ずっと持ち続けてらっしゃったのではないかと思います。


おそらく、世界を見渡しても、
こんなに働いた音楽家は、
そうはいないのではないでしょうか。

ジョージ・ガーシュイン、
コール・ポーター、
クインシー・ジョーンズ、

ううむ……。


彼をそこまで突き上げた原動力とは、

何だったんでしょうね?


そんなことを考えながら、

先日改めて、
これらの楽曲を次から次へと聞くうちに、
涙が溢れて止まらなくなってしまいました。

(先生、頑張りましたね。
 いや、頑張りすぎですよ〜。)

……。



2002年に「筒美京平さんのお話」というのを書いて、
このブログには2006年の7月に掲載しましたが、
http://blog.livedoor.jp/woodymiyazumi/archives/50410196.html

そこにも書いた通り、
先生には、本当に可愛がってもらいました。

今でも「なぜなんだろう?」
と不思議に思うことがよくあります。

「なぜ私が?」

…。


歌謡曲とは一線を画していた私とは、
音楽のジャンルも違うし、
一緒にお仕事なんかほとんどしなかったのに、
なぜかしょっちゅう呼び出されていましたね。

「宮住君、今日◯◯軒のローストビーフ食べに行かない?」
「今日は◯◯でお寿司食べようか?」
「◯◯の中華はどう?」
「あそこのステーキ美味しんだよ。」


そして会話の内容は、ほとんど音楽談義です。

学生時代、
ジャズ・サークルでピアノを弾いてたあたりは、
私とおんなじ経歴だから、
親近感があったのでしょうか。

私がいたアルファの制作方針などの話や、
いろんな洋楽曲の解釈などが、
面白かったのでしょうか。


私がフリーになって、
ソニー・レコードとプロデュース契約を交わし、
宮沢りえさんやTOKIOの仕事をするようになると、
それこそ親身になって、
芸能界のいろんなことを教えていただきました。

「あの事務所はこうやると上手くいくよ。」
「ああいった歌手は、こういう点に気をつけて。」


このセーターも先生から頂いたものです。

「GIORGIO ARMANI」

もう、もったいなくて着れないな…。

IMG_6193


訃報を知った10/12(月)の夕方には、
テレビ朝日から電話があって、
「羽鳥慎一モーニングショー」に、
お恥ずかしながら、コメント出演してまいりました。

これも、私の書いたブログを見ての、
出演依頼だったようです。

ネット時代。

すごいですね。

IMG_6180


先生との思い出話は山ほどあるのですが、

最後にひとつだけ。


「また逢う日まで」「ブルーライト・ヨコハマ」
「木綿のハンカチーフ」「魅せられて」
といったメガヒットに隠れながらも、

私が愛してやまない、
3つの筒美作品をご紹介したいと思います。


「粋なうわさ」(ヒデとロザンナ)
「雨だれ」(太田裕美)
「あなたを・もっと・知りたくて」(薬師丸ひろ子)


こうした、
コケティッシュな小歌にこそ、
筒美京平の真髄がより発揮されてると思うのは、
私だけでしょうか。

甘酸っぱくて、可愛くて、
そしてほんのちょっぴり、
オシャレ。。。

この3曲は、
筒美京平でなくては書けませんね。


そう言えば、

この薬師丸ひろ子さんの曲が発表された直後、

ニコニコしながらこう話されてましたよ。


「宮住君、あれ聴いてくれた?
 よく出来てるでしょ。
 うふふふ。」

謙虚な先生にしては珍しく、
「ほめて」と、ドヤ顔をされていました。(笑)


本当にお疲れ様でした。

ゆっくりお休み下さい。


そして、私がそちらへ行っても、

また誘って下さいね。


まだ、ずっと先でしょうが…。


合掌。。。



SHUN MIYAZUMI



と、そうこうするうちに、

今日10月17日は、

ジャミン・ゼブ13回目の誕生日!


さあ、そろそろ気持ちを切り換えて、


来週はいよいよ西日本ツアーです。


GO! GO! GO!


(わくわく…)



SHUN MIYAZUMI

woodymiyazumi at 15:08コメント(7) 
2020 エッセイ 

コメント一覧

1. Posted by スヌーピーママ   October 17, 2020 21:47
ジヤミン誕生日 おめでとうございます‼️
宮住さんの 経歴もへぇーと 続きを
聞かせてもらいたいですね。
2. Posted by lilac   October 18, 2020 10:53
宮住様

テレビ拝見致しました。テレビ局の方で短く編集されていたであろう中でも、宮住様の筒美京平様へのとても深い思いと、音楽に対する造詣がこちらに伝わって参りました。

本当に私も「え〜〜〜っ!この曲も、えっ!この曲もだったのかぁ!!」と子供の頃から親しんで来た名曲の数々に物凄いノスタルジーを覚えました。

音楽の力って凄いですね!一瞬でその頃の自分に戻れますから…。

そして「こんなに沢山の素敵な名曲の数々を私達にありがとうございました」と思いました。心からご冥福をお祈り致します。

そしてその筒美様からプレゼントされたというアルマーニの素敵なセーターは、宮住様のイメージそのもの!きっと凄くお似合いだと感じます。筒美京平さんも分かってらしたのですね!

個人的には、是非どこかで着ているお姿を拝見させて頂きたいと思いました。

そしてjamminの結成13年記念、本当におめでとうございます!公演前にお伝えしました様に、今回関内で行われたライヴの感想を、又「専門家プロファイル」のコラムに書かせて頂きましたので、皆様にお読み頂けると幸いです。

「コロナ禍のお陰で、皆が今までにない新たな感覚と感動に包まれたjammin'Zebの生ライヴ 」 銑

https://profile.ne.jp/pf/erika-brand/c/c-214949/

https://profile.ne.jp/pf/erika-brand/c/c-214971/

https://profile.ne.jp/pf/erika-brand/c/c-215014/

朝夕めっきり冷え込んで参りましたので、皆様体調にはくれぐれもお気を付けて、久々のツアーライヴでも輝きまくって来て下さい〜☆彡☆彡☆彡☆彡
(^^✿
3. Posted by Tomomi   October 18, 2020 22:45
宮住先生☀️

筒美京平さんとの思い出。。
沢山思い出されますね✨✨

宮住先生が、筒美京平作品の真髄と推奨される3曲。。
フランス🇫🇷っぽい!雰囲気が絶妙に香る日本歌謡ですね。。。ブリジット・バルドー、カトリーヌ・ドヌーブ、グレース・ケリー(🇺🇸?モナコ王妃になる前も、ニースの海辺が似合いそうなので。。笑)それぞれの曲中に主人公で登場しそうな。。😍

私は沢山さん知っている曲の中で、大橋順子さんの黄昏マイラブ、岩崎ひろみさんのロマンス、稲垣潤一さんのドラマティックレインや夏のクラクションなどのチョット大人でお洒落な胸キュンsongが好きです❣️♬ 🤗笑

偉大な作曲家 筒美京平さんのご冥福をお祈りします。


今週はいよいよ西日本ツアーですね‼️
そして、ジャミンのデビュー13周年おめでとうございます㊗️🎉🍾
お会い出来る事を楽しみに、ツアーの成功をお祈りしております❣️♬😊

....🐥





4. Posted by 栞   October 19, 2020 14:27
お母さまに続いて、筒美京平さんも。。
大切な方を亡くされた深い哀しみ、お察しします。

筒美さんのヒット曲の数々は、先生がご出演された番組を拝見し、まさに「この曲も、あの曲もそうだったんだ💡」と、曲数の多さもそうですが、そのバラエティの豊かさにも大変驚かされました。

先生が仰るように、「絶妙なさじ加減」がわかる方が、どの世界でも活躍していらっしゃるように思います。

都会的で、知的で、ロマンティックで、
そして、ふんわり漂うオシャレ感。。

こちらは、先生とジャミンの世界から受ける印象✨

晴れの日ばかりでなく、嵐の日々も乗り越えて、13回目の誕生日を迎えたジャミン・ゼブ号が再び旅立つ西日本ツアー、長引くコロナ禍で疲れた方たちを目一杯癒やして、元気づけてきてくださいね!

GO! GO! GO!

ツアーのご報告を、楽しみにお待ちしています😊
5. Posted by mariko   October 20, 2020 15:34
筒美さんのあんな曲、こんな曲は私が唯一カラオケで歌えるほとんどです。
同世代の方たちは皆さんおなじ思いではないかしら。

あらためて宮住さんの幅広い交流と親しまれていたお人柄の魅力を知りました。
ご自身では"なんちゃって"的なキャラを前面に出していらっしゃいますが、本当は凄い方なんだと認識いたしました。
でも、そんなパーソナリティが若いジャミンと私たちのような中高年のファンを無理なく結びつけて下さってる気がします。

長い自粛期間を耐えて再活動するミヤズミファミリー。
筒美さんはお亡くなりになりましたが新ジャンルのブームが静かに巻き起こることを願っています。
6. Posted by mariko   October 20, 2020 15:51
私がカラオケで歌えるのはほとんど筒美さんの作品だと知りました。それほどポピュラーで歌いやすい曲だったんですね。

改めて宮住さんの交友の広さと親しまれていらしたお人柄を認識しました。

筒美さんはお亡くなりになりましたがジャミン・ゼブという新ジャンルのブームが音楽界に起きることを願っています。

いよいよライブツアーの始動ですね。眠っていた獅子、じゃなかったシマウマ達が日本全国を駆け抜けますように‼
7. Posted by mariko   October 20, 2020 15:52
5、6のコメントがダブってしまいました。
送信エラーです。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星