2009年10月

2009年10月28日

中高年登山隊 夏山シーズン納会


雨にたたられて満足に登れなかった今年の夏山シーズンも終了して恒例の納会を行う。
今年はパークゴルフ発祥の地である幕別町のサーモンパークゴルフコースで36ホール回ってから

P1110832












いつものコリンゴの丘にあるFさんの別荘で宴会。





P1110879










特大毛蟹や有名日本酒を差し入れた  ママさんご馳走様でした。


P1110875 

























虹鱒とアメマスの燻製と側打ち名人の手打ちそばとメニユーいっぱい  泊まり込みでゲームやカラオケに楽しい一時を過した。

 

P1110871











Aさんが1年掛けて釣り揃えたアメマスと虹鱒の燻製も美味く出来ました。






P1110883










Yさんの手打ちそば腕前3段とか...打ちたて10割蕎麦は美味いね~
アット言う間に無くなります。











P1110867












ストーブ用の薪作りを買って出たGさん  当店販売中のスマートスプリッターで難なくパッコンパッコンと割っていました。


スマートスプリッターはこちらのページへ  販売しています。

薪ストーブのページ




ブログランキング参加中 にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ
にほんブログ村
メデア山遊会のメンバーは必ず押して頂戴




2009年10月20日

ナツキーも冬支度に忙しい日々

10月も1/3過ぎた 紅葉も山から里の平野部に下りて来た。
町内会のフラワーロードの花の方付けが終わり 久しぶりに温泉にでもと女房を誘う。

十勝には結構温泉が多い 近間のモール温泉は飽きたので今回は糠平源泉郷に向かう。

車のトランクにはルアー用の釣具を積んでいたので糠平湖で振ってみる。

やたら水量が多くダムもダイナミックに放水しているし、いつもは水内際の草原まで水没していた。釣れたのは間抜けなウグイ1尾 食いついたのでなく尾びれ付近に引っ掛かって上がって来た。


温泉は糠平館観光ホテルの日帰り入浴 付近の日帰り入浴に比べると200円高い700円 ただ、ホテルの大浴場だけあって設備も露天風呂からの眺めも糠平で一番かな〜 

日中なので他にお客さんはいない 貸切状態でほとんど落葉した森とウペペサンケ側から流れる糠平川の渓流を見ながら まったりとした時間を過す。たまに温泉もエエもんだ。

 帰りはスキー場から幌鹿峠を越えて然別湖へと向かう 然別湖周辺の紅葉もすっかり終わって早くも晩秋の様子である。

ここは何度も来ているのでスルーする。
 
しばらく走ると駒止湖 そう言えばナキウサギの住みかが有ったっけーなー
車が一台止まっている ちょつくら行って見るベーと5分くらい歩くと住み家のあるガレバに到着 

先客のお姉さんが三脚を立てて撮影の最中だ。

岩の上にチョコンと座っている。 ラッキーだねーすぐに遭えるなんて、
5分ほどの間に3回姿を見せてくれた。

ナキウサギは氷河期から住んでいるらしくこのガレバは永久凍土が3700年も残っているというからすごい ナキウサギにはベストの環境なんだろうな〜
冬眠しないと言うから冬場の食料集めに大忙しの様子で有った。 
口に低木の葉っぱを銜えています。

P1110774sr
















P1110784sr















P1110780sr

ブログランキング参加中




にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ
にほんブログ村




2009年10月14日

鹿部町でミニログハウスのセルフビルド 続編

ミニログハウスのセルフビルド続編 NO3

セルフビルドでメリーA50を建て始めてから20日 努力の甲斐があって99%完成したらしい。
と、言う事で写真を頂いた。
最初とは思えない出来栄えであります。
BIGBOX社製のフインランドパインの本格ログハウスのミニ版はセルフビルド対応としてこの業界ではTOPを独走中の逸品です。

しかし、セルフビルド対応品でほぼ全ての部材がセットされてるとは言え、多くは造る人の技量が第一なんですが、鹿部町のYさんとKさんのコンビは技量と情熱を持って完成させました。
セルフビルドは楽しかったみたいですぞ〜

元々 大人たちは大工仕事が好きな人たちが多いのです。
 
団塊世代のお父さん達よ ミニログハウスのセルフビルドに挑戦しょう。

BIGBOX芽室北海道ウツデイハウスでは北海道内全ての地域でセルフビルドのサポートを致します。

どんどんお問い合わせください。

ではその後の組立て風景から
CAZ399VU
一段目を組立てました。













CAXN321V
8段目を組み立て中














CAIYG317
母屋まで上がりました。











CAHDUPS4
野地板兼用天井板を張り始めました。











CA492X6T
積雪に対応するように屋根下地を強化する為38*89の垂木を取り付けます。
ここに断熱材を入れて屋根断熱もあわせて完成











CAIU49M7
窓 ドアも取り付けて塗装をしました。













CA4OULU7
作業は順調に進んで床板貼りも完了間近 この床板パイン材で厚みは28ミリ
頑丈そのものです。











CAVWRKX3
塗装工事もウエーブ破風板もアクセントを付けて完成











CA66ZXNJ
ミニログセルフビルド 最初は不安だったYさん 出来栄え満足でセルフビルダーと成りました。 建築中ダイエットも出来て良かったみたいです。

この後トイレの間仕切りを作り設備工事をしてあるビジネスの舞台となるそうな...

次回の続編を期待しましょう。


北海道内でのミニログハウスのセルフビルドはBIGBOX芽室北海道にお任せください。

ホームページはこちら

BIGBOXログハウスの円高還元割引セールは延長中 10月31日まで5〜20%を割引しています。
ご検討中の方 是非この機会を活用ください。

問い合わせは 
 BIG BOX代理店芽室北海道ウッデイハウスまで
 ウッデイハウス
0155-62-0814
090-4877-7795 
 
ミニログハウス取り扱いページ




ブログランキング参加中 押して頂戴
にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ
にほんブログ村




2009年10月13日

道東釧路釣り日記

毎年恒例となった道東釧路 別寒辺牛川のアメマス釣り 今年は25日も早く実行。
しかしながら我輩の釣り針には1尾の魚も掛かりませんでした。
丸ボウズだったのでアリマス。
なんとも情けないやら悔しいやら... と思いがちなのですが今回なぜだか
そう思わないので有りマス。
最も今回は掛かったらリリースする予定でいたので釣った後の後始末をしなくても良かったし、魚臭さも無縁だったし、それよりも好天に恵まれてこれまで見た事のなかった釧路湿原のパロラマを見れたのが何よりの記念に成りました。
去年に続きシラルトロ湖畔のかや沼温泉で宿泊
湯温の管理が行き届いていて良い温泉です。
ホームページはこちら
かや沼温泉


以下 写真を見てもらいマス。


P1110662


















P1110667
Fさんもゴボウ抜きしマスた。








P1110673
Aさんニンマリ しマスた。







初日 別寒辺牛川では我輩を除く3人は大漁 次々と良型をヒツト こちらはもっぱらカメラマン。
2日目 Aさんとアチコチの川に立ち寄りながら最後は地元の十勝川でチャレンジ もう後が無い...でも釣れませんでございマス。

それよりこちらの写真の方が良いでございマス。
P1110699
朝霧のシラルトロ湖


















P1110739

細岡展望台からみた釧路湿原と阿寒の山並  雄阿寒岳









P1110732

湿原と雌阿寒岳







P1110703
かや沼温泉からみたシュラルトロ湖






















池田町に住むタンチョウ鶴のツガイ>
最近十勝にもタンチョウ鶴のツガイが住むように成りました。
池田町のデントコーン畑で



ブログランキング参加中 
にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ
にほんブログ村


2009年10月09日

鹿部町でミニログハウスのセルフビルド 続編

ミニログハウスのセルフビルド続編

 鹿部町のYさんのお手伝いを終えて夕闇の迫る国道を鹿部町市街地へと進む。
鹿部町はいたる所に温泉が出るらしく温泉宿が沢山有る。
初めての場所だったのでネット予約しておいた鹿の湯と言う旅館にチェツクイン
時刻は6時 予定時間を1時間もオーバーしたがお宿の方は快く迎えてくれた。
早速 食事前にと温泉にドボン このお宿、源泉の湯元が3箇所も有り90度近い高温と豊富な湯量なうえ 連休明けとあって貸切状態でした。

泉質も源泉掛け流し 残念な事に熱すぎてゆっくり入ってられないのが心残りでした。
窓を開けると鹿部漁港でイカ釣り船が出港の準備中 そろそろ出て行きそうな感じ...


食事も港町の温泉宿らしく海の幸がどっさりと、しかも部屋まで運んできてくれて美味しい料理で満足しました。

明けて翌日 9時にログキツトが到着するので、その前に土台を引いておこうと
急ピッチで作業。

P1110614










土台と大引き梁 角度と高さを決めてとりあえず完了。

程なく予定通り部材が到着 荷降ろしを終えて一通り組立ての説明する。
P1110603











時間はアット言う間に過ぎて帰る時間となり、今後のサポートは電話やメールでする事にして大沼公園の観光ルート回りで帰路に就いた。
ただ、家まで400キロ以上もあり、当日中の到着を諦め 洞爺湖温泉に向かった。

結局 洞爺湖温泉で飛び込みで宿泊 帰りは支笏湖回りで家に着いたのは3時半
2泊3日の仕事を兼ねた温泉旅行でした。
走行距離870キロ 北海道は結構広いね〜 



大沼公園から P1110618
















鹿部漁港から見た駒ケ岳 登山は出来ないらしい

P1110598













ブログランキング参加中 
にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ
にほんブログ村


2009年10月04日

鹿部町でミニログハウスのセルフビルド

北海道茅部郡鹿部町
道南駒ケ岳の裾野 渡島半島の東側に位置している主産業は漁業の町である。
有名なのは鹿部温泉 
鹿部漁港付近国道を挟んでこじんまりとした温泉宿が軒を連ねる。

鹿部町の中心部から2〜3キロ 森町側に走ると鹿部カントリーゴルフ場や
一大別荘地が広がる。
道内でも温暖な地域で、バブル全盛の頃温泉付き分譲地として話題になった所だ。
函館中心部からも60キロ程度 函館本線も通り比較的交通の便は良い。

この別荘地には移住者が多く、400名近くも移住していると聞く ここに今年3月に那須高原から移住してきたSさんからミニログハウスの注文を頂き、部材の納入と組立てサポートに行ってきた。
いわゆるセルフビルドで近所の移住者お仲間と2人で建てられています。
完成後はあるビジネスを始められるらしい。
(その時は改めて紹介とPRをさせて頂きます) 


当店では道内のミニログハウス フアンにはセルフビルドを念頭に寒冷地用にアレンジしたオプション部材の提供と組立てサポートを含めて対応しています。

今回は十勝から遠く離れた地域でトラックにオプション部材を満載して7時間掛かった。
片道400キロを越えているので東京から大垣ぐらいの距離だから北海道の大きさが結構広い事を実感する。

早朝5時過ぎに家を出て現場に着いたのは12時30分過ぎ、早速荷物を下ろして基礎工事の手伝いに移る。

P1110593











駒が岳の裾野で数センチの表土の下は軽石で、すでに穴掘りは済んでいて直接設置して行く。


P1110594











結局、駒ケ岳に陽が沈む5時半頃にようやく作業は終了 予約して有った鹿部温泉鹿の湯に向かった。

続く

BIGBOXログハウスの円高還元割引セールは延長中 10月31日まで5〜20%を割引しています。
ご検討中の方 是非この機会を活用ください。
ログハウスセール


ミニログハウスマンシッカ 50ミリ
限定2棟 特別セール
bnr_top_sale_02






問い合わせは 
 BIG BOX代理店芽室北海道ウッデイハウスまで
 ウッデイハウス
0155-62-0814
090-4877-7795 
 
ミニログハウス取り扱いページ









ブログランキング参加中 押して頂戴
にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ
にほんブログ村


メッセージ

名前
メール
本文
livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
訪問者数