この一年近く、フラグが立ったり折れたり又立ち上がったりと激しいシナリオフロチャートの持ち主である片思い相手の外部モジュールNから最近さっぱり連絡がありません。死にたいです。時折忘れた頃に、しかも夕方頃に、「今日ヒマ?」的な社会人としてどうかと思うスケジュール感覚の無茶振りをしてくる女性ですが、そういう超マレな突発イベントが発生したときに限って二進も三進もいかない事が多いモリサコです。皆様、こんばんは。

あー、もうこれは惚れたモンの負けだ。又、イベント発生待ち待機モーションを2000回位ループさせる以外に手は無い。こういうケースにおいては、恋しさ募るあまり想いが溢れてこちらから連絡を取ってしまうと、まず大抵は相手の負の感情を助長する事になる。仮に押しの一手を決めると本気で決意していたのであれば、もうコレが最後の攻撃のつもりで一切未練残さず絶え間なく行うべきであろう。だが、俺はそのスタンスを余り好まない。あくまでも向こうが好きになる状態を作りたい派だ。(そんな派があるのかどうかはともかくw)
漸く幸せなゴールを遠く地平線に見出していたこの長かった戦いは、どうやら更に長引きそうである。ちくしょう蜃気楼女め・・・くやしいなぁ切ないなぁ。

しかし俺の人生の傾向として、こういった時期にはまたDLL的な割とそこまで胸が苦しくなる程では無いパートナーがちょこちょこ表われるされる。今現在がまさにそうなのだが、、

恋愛においてもまた、投資と同じスタンスが普通に通用する点こそが俺の様な博愛主義者のセオリーである。要するに、誰か一人にだけ全力投球してしまっては大損こく可能性が高すぎる。分散投資が基本中の基本なのだ。但し、どの彼女にたいしても軽薄であってはならない。獣では無いのだ。まあイイワケだけれども、本音でもある。

自身の感情コントロールが大切である点もまた、実際の投資と同様である。異性を好きになる事はエネルギーになるし、幸せな事である。だけれども、感情の赴くまま一辺倒に全力疾走する事は投資においても危険なスタンスであるのだ。
好きな気持ちに0.8を掛けて日々生きていく事が大切なのだ。これは俺の様な博愛変態に限らずとも広く有効な恋愛運用法である。
まあこれは30代から特に効果を発揮する話であって、若者にはまた別の形がある。それはまたお話しよう。
ともあれ「大人」としては気持ちを8割に抑えているスタンスは、社会人成人男性としては女性の心理的天秤に上手に乗れるベストな重心であると俺は感じている。

「ガツガツしていない。バカみたいではない。しかし冷静一辺倒でもなく熱い時もある。気持ちを抑えて大人として行動している?。好きな気持ちに変わりはない?」
こんなキーワードをごくごく自然な形で相手の脳内へ不規則コールバックさせる感じだ。決して自分からその言葉を掲げてはいけない。相手に感じさせるのだ。

はい。ワケ判りませんね。同感です。
「ゲームの話しろよカス」、この様な気持ちでブラウザのタグ×ボタンを叩き押し、本blogを忘却の彼方へと不法投棄された方がどれ程いらっしゃったのだろうと想うとやりきれない感がありますが、一切構わず続けます。

いや、この病気恋愛観バカ話を更に続けたい所なのですが、変に筆が暖まってきてしまっているので、傾向的に恐らくどこまでも止まらない事が予想されるので今夜は一端ここで切りたいと思います。「恋愛工学blog」なんですからそれでも良い筈なのですけれども、大人として少しだけ空気を読んでみたいと思います。なんだと失礼な。


さて、前振りは本当にこの位で切るとしましょう。
「なんだとこのバカこれ全部前振りかよ」と思われた皆様。書けと言われればいつまででも力尽きるまで書くモリサコです。今ならば、小学生の道徳の時間に書く「将来の夢」を原稿用紙6000枚でお届けする自信も御座います。但し、クオリティーは反比例して希薄化の一途を辿ります。まるでこのblogの様に。


さて(ry


最近も又、頂いておりますコメントへ返信出来ていなく申し訳ありませんでした。
いつもながら、頂いたコメントの全て一字一句まで何度も有り難く拝見させて頂いています。本当に有り難う御座います。


時々、今回の様な形でコメント返信に特化したエントリーを組ませて頂いております。
直近ですと、年明け早々に展開させて頂きました。

「ゲームプログラマ偽ライブ中継コメント返信マラソン、開幕」
もし宜しければ、合わせてご覧頂ければ嬉しいです。
但しこの時にはまた2ちゃんに晒され、2度目のぷち炎上を催しておりますが。^^;

読者さんのコメントをエントリー中へ引用させて頂いた上で、コメント欄ではなくエントリーとして返信していくこの形式は個人的に気に入っております。距離感の問題なのですけれども、「読んでますよー」アピールに終わらない形で、きちんと意識表明や感謝を保存しておきたい、その様な気持ちが一定の許容量から溢れた際に発令される特殊なイベントで御座います。


さて、本当に本題であります。


なには無くとも、まずは厚顔無恥にて読者様に泣きついたあの質問。
MAGに関する話題であります。これは本当に嬉しかった。

外資系現代プログラマであろうが何であろうが、パッドFPSに少し泣く

本当にリアルなアドバイスを頂きました。本当に有り難う御座いました。



1. sage 2010年02月08日 04:06
16過ぎてからゲームで馬鹿になれなくなった。
ゲーム評価のが面白くなっちゃう始末。
ここまで熱狂されると、騙されたつもりでMAG病感染しちゃおうかな♪


俺も同感ではあります。昔ほどにまでは確かに熱も上がらない自分を発見する事もありますが、やはり何処かに燻っていませんか?MAGはそんな貴方の灯火をキャンプファイヤーに変えますよ。^^



2. しん 2010年02月08日 04:18
いいなぁ(´・ω・`)
オレもやりたいなぁ…
FPSは苦手なんですけどね!(^^;


しんさんじゃないですか!
いつも有り難う御座います!お久しぶりですねー。
コメント有り難う御座いますね。お元気ですか?^^

FPSは何と言いましょうか、基本的には生きるか死ぬかの対戦ベースでありますので確かに苦手な方は苦手ですねー。空間を激しく移動する感覚はいずれ慣れますよ。この分野も本当に面白いので、是非体験してみて下さいね^^



3. MAGラー 2010年02月08日 05:50
MAG面白いですよね
「対人FPS」としては本当に久しぶりの良作だと思います
さてパッドエイムですが、上手く照準を合わせられないのはスティックを倒しすぎる癖が抜けない為だと思われます。
そこで自分は照準感度を縦・横共に100%の感度にして、「強制的」に繊細な操作をしないとゲームにならない状態にし、その操作になれる練習をしました。
自分の場合、この状態に慣れてから元のデフォルト設定に戻すと無茶苦茶狙いが正確になっていました。
ただ、今度はデフォルトだと反応のふり幅が狭くて素早く狙いが定めらずストレスを感じたので、縦感度をデフォルト、横感度を80%程にすると狙いの正確さと操作の早さが得られて丁度よくなりました。
モリサコさんも一度感度を100%にしてスパルタ練習してみると良いかもしれませんよ。


同感ですねー。本当に楽しいゲームですね!
100%での強制矯正のお話、とてもともて参考になりました!
本当にになるほどなーーと思いました。

アドバイス頂きました100%感度を即刻設定してみましたよ。このコメント頂いた日から今も変えずに常時100%にて、出来る日は毎日プレイしております。最初はますます下手になっていたのですが、今ではもう「感度100%」以外は考えられなくなりました!!! なんというか奇跡です!今も変わらず下手は下手なのですけれども、このクイック感が凄く肌に合っている感じがします。俺の場合なのですが、細かいエイムは感度に関わらずどうもまだ上手くは出来ません。これはどうやら感度の問題では無く、俺の駄目緊張感とかの要素が強い事が判明した模様w しかし、元々マウスのPC版FPSもかなり感度を上げているもので、その辺りがパッドとの調和の障壁になっていたのではなかろうか、その様に推理の突破口が開けました。
俺自身が元々下手ですので決して「上手くなった」と豪語するワケではありませんが、このアドバイスを頂いてからは少なくとも「ますます楽しく」なりました。そして、この路線で修行をすれば、俺でも少しは上手くなれるのではないだろうかと思える程度には希望を持てる様になりました。本当に有り難う御座いますね!



4. orz 2010年02月08日 10:42
ゲームは好きだけど、寝食を忘れて夢中になるゲームは、最近出会ってないな~。出会えたモリサコ氏がウラヤマシス。


このゲームという娯楽が生来大好きなもので嬉しい言葉に感じます。有り難う御座いますね。俺の場合は職業柄常にゲームに触れている点が少しラッキーな部分なのですが、沢山情報を仕入れて面白そうなゲームを見つけ、とにかくプレイなさってみては如何でしょうか。
ファミ通だとかあの手の商業誌にはゲームの面白さを「評価する」力などは全くありません。騙されません様に。レビュアーが4人とかの時点で参考にならない点が明白ですのに、あの雑誌は今でもシェアで人を騙します。Amazonや価格.comの一般人投稿欄やユーザーblogサーフィン等の方が遙かに参考になるでしょう。
ちなみに、ファミ通のくだりは「レビューコーナー」のみを批判していますよ。その他の全てのページはやはり王者ファミ通、面白いです。(「いい電子」の大ファンです)

少しだけ時間をとってお好きなゲームを腰を据えて探し、的を絞ってプレイされてみては如何でしょうか。大好きになれるゲームに出会って下さいね^^ そしてその暁には是非そのゲームを教えて下さい。楽しいゲームを教え合う事もまた楽しい。この様な感じもまたゲームの良い所でもありますよね。



5. 洋ゲーマー 2010年02月08日 10:51
以前にも同様のコメントを残したが、やはり慣れろとしか言いようがないな
いきなりエイム感度を最大にするか、遅いとこから慣らしていき徐々に速くしていくか
このあたりは個人個人に向き不向きがあるから、実際にやってみて決めた方がいい
PCでマウスエイムしてる人のなかにはパッド操作を見下して、高速エイムなんて出来るわけがないと思う人もいる
(俺自身もパッド使うまでは似たような思考だった)
しかしMLGなどを見ればわかるが、慣れた人間はパッドでもマウスと遜色ないエイムが行えている
このことからもやはり数をこなすことが、何よりも重要なことだと思う


心強いアドバイス、有り難う御座いますね。
本エントリーにても展開しておりますが、アドバイス頂いたとおり「感度全開」という手法にて修行中であります。少し前に比べれば確実にプルプルしなくはなりました。

ところで、洋ゲーマーさんは恐らくかなりの使い手だとお見受けします。
俺の場合はPCのマウスFPSが好きだとはいえ、好きなだけで上手いわけではありません。寧ろ結局へたっぴなのですが、パッドFPSを訓練していたらPCのFPSもスコアが伸びる様になりました。自分なりに分析したのですけれども、ご検証下さいな。

言葉にするのは難しいのですけれども、なんというか、
逃げる相手を追っていってエイムするのでは無く、「ちょろちょろ動く相手の動きを予測した場所にそもそも照準を置いておく」クセが付いた様な気がするのです。パッドで上手く動かせなかった事が原因なのですが、これを意識してからは目に見えてスコアが伸びる様に。(マウスでも)

これでは突発的な衝突には対応出来ない気もしますけれども、どうなんでしょうかね。



6. バリカン 2010年02月08日 10:54
ゲームテック社から出てるアシストパッド3おすすめでござる(´・ω・`)b
PS3コンの操作性を手軽にアップ出来るでござるよ(´・ω・`)b


おおー。これは滑り止めみたいなものですかねー?
機械的に何か干渉してくるものは一応封印の方向なのですけれども、これはアリっぽいですね。単なる滑り止めですもんね。
貴重な情報、どうも有り難うございますね。ギリギリまでデフォルト環境で修行しますが、心が折れそうになったら是非触ってみたいです^^




7. 2010年02月08日 11:27
初心者スキル取得心得
・最初に必ず医療キット(2)蘇生(2)を取る事※必要Lv4
蘇生の獲得経験Pは非常に高い為Lvup効率が格段に上昇、
また蘇生を使えるようになると共闘感が出て途端に面白くなる。
戦術的にも必須。とにかく蘇生をがないとMAGは始まらない。
・次に好みの武器のグリップ・安定性を取る※必要Lv10前後
安定性を取る事で武器はほとんどブレなくなる。
今まで撃ち負けまくってた人も世界が一変する。
但し射撃に不安が無ければ地雷系やセンサー系等好きなものを優先してもいい。
・スナイパースキルは初心者にはおすすめ出来ない
もしやりたければ経験3000貯めた後スキルを振り直す事
初プレイで全く勝てずつまんねーと思った初心者がいたら、
とにかくLv10まで頑張って上記スキルを取るんだ!
Lv8になればMAGの醍醐味256人対戦も開放され


有り難うございますーー。永久保存版になりました。
頂いたこのアドバイスに近いコツを、ググった時に何処かで見かけましたが衛生兵最高です!レベル一桁はひたすら衛生兵で過ごしました。
レベル25の今になって漸くスナイパーとしても少しは貢献できる様になったんですよ。本当に少しですけれどもね^^; ただ、ググってみたところ単純なスナイパーは嫌われている様ですね。確かに前線から外れてコソコソしている姿を好まない方も居るのかも知れません。

というわけで。小心で人の目気になる俺の固定スタイルは突撃スナイパーです。カウンターストライクのAMPと違い、スコープを覗いていなくても画面にサイトは表示されるものですから、個人的にはこれがショットガンライクに使えて気持ちいい!仲間と共に突撃し、敵陣営に入ってからスっと脇道へ隠れ少しの間ピシピシスナイプ。再び仲間と合流し衛生兵としてスプレーかけまくる。そしてまたこっそり敵陣に隠れて少しスナイプ。
拠点占拠中ならば、スナイパーなのに寧ろそのその拠点の中にみんなと一緒に入って突破口監視のガン見スナイプ。ちょっと位撃たれても周りには仲間満載。すかさず回復が来る。その好意はまるで「お前良くやってるぞ!そのまま突破口監視頼むな!」と言われているかの様な連帯感。うーー、悶える。悶えますねぇMAG。

なんというかMAGは基本的に団体行動なんですかね。その方が楽しいし効率も勝率も良い気がします。例えスナイパーでも。

やっぱMAG楽しっす・・・。
今からまたプレイしたくなってきた。(現在AM3:30)



8. 半人前プランナ 2010年02月08日 18:31
皆様書かれている通り、やはり感度100にするか、徐々に感度を上げて練習するのが良いと思います。
それから最初は下手に頭を狙うより体狙いで、慣れてから頭を狙うように練習するとよいかもです。


半人前プランナさんじゃないですか!
お久しぶりです。いつも有り難う御座いますね!
他のエントリーにおきましてもコメント有り難う御座います。遅筆でごめんなさい。また改めてコメント返信させて頂きますね。

半人前プランナさんや皆様仰る様に、感度100が肌に合っているのかもしれません。

そしてですね、このコメントでアドバイス頂きました通り無理にヘッド狙わない様にしましたところ、なんだか楽しくなりました!^^ もう苦痛だったんですよねヘッド。だってあんなドット単位の精密ショットは能力的に俺にはそもそも出来ませんよ。出来ない事が強要されているのってどうなんだろうと常々思っていたのですけれども、MAGは基本的に団体行動なので、ムリして個人華麗プレイに走らなくて良いのだと教えて頂けました。足でも手でも撃ちさえすれば良いんですもんね。チームで倒すのだからそれで良いんですよね。その為のアシストXPなんですよねきっと。

いやーーこれマジで感謝なのですけれども、このコメント頂いてから更にMAGが好きになりましたよ。有り難う御座いますね!


さてさて、ひとつのエントリーが300行を超える勢いとなってしまいいました。
まだまだ書き足りないし「筆魂」がまったく収まる気配を見せないのですけれども、
まあ冗長になって参りましたもので、全コメント返信に向けこれを一旦「お礼:前編」とさせて頂きますね。


長文乱文、失礼致しました。
まだまだ続きます。


「後日に続く」