pano

P1010748今週末は一連のキャンパスビジットの最後を飾る、コロラド大学ボルダー校。
ロッキー山脈の麓にあり、Vail, Brickenridgeといった有名スキー場まで車で1時間〜2時間半というスキーヤー・スノーボーダーには最高の環境。

P1010721もちろん教育・研究も世界最高レベルで、航空宇宙工学は2010年US News Gradschool Rankingで全米12位にランク。
そしてこの学校の特色は「宇宙」に特化している事。
航空宇宙工学に強い大学は大きく航空(飛行機)か宇宙(ロケット・人工衛星)の二つに分かれるのだが、CU-Boulderは宇宙系の分野では全米でも5本の指に入る存在。

P1010722それは何故かというと、、、この学校、天文・宇宙物理・気象の分野で非常に大きな実績を残しているから。
いい科学者がいるところ、いい工学者も集まる。
オーロラ・地球・天体観測の機材の需要が多いので、必然的に人工衛星やその周辺技術に強い大学になったということ。
また、街自体にもBall AerospaceやLockheed Martinなど航空宇宙産業が豊富。

P1010740航空と言うより宇宙な僕としては、とてもよい環境。
何人か教授と一対一のミーティングをする機会があって、皆さんいい人揃い。
UnofficialながらFinancial supportのオファーも貰い、凄く強く惹かれました。
でも、どうしてもスタンフォードへの憧れが捨てきれないんですね。
研究内容もスタンフォードの方が僕の興味とより強くマッチしていたし。

P1010734実際、どちらを選んでも「この大学に来たのは間違いだった」とは後悔しないとは思う。
それだけどちらも優れた環境。
ただ、コロラドを選んだ場合「スタンフォードに挑戦しておけばよかった」と後悔する可能性は残ります。
迷ったときは進む。せっかく手の中にあるチャンスをみすみす諦めたくはないので、スタンフォードに行く事に決めました。
彼らの中でShinyであり続けるのはとてもChallengingな事だろうけど、
それだけやりがいがあるはず。潰れないように頑張っていこうと思います。