2009年03月30日

川 ゚ -゚)クーはマリッジブルーなようです

2 : ◆h5fZDXzLuI :2009/03/29(日) 21:56:21.52 ID:NbdTQ+Dc0

川 ゚ -゚)「……はあ」

...川 ゚ -゚) ウロウロ

(゚- ゚ 川... ウロウロ

川 ゚ -゚)「……ふぅ」

......川 ゚ -゚) ウロウロ

(゚- ゚ 川...... ウロウロ

川 ゚ -゚)「……ほぉ」

ξ゚゚)ξ「クー……?」

川 ゚ -゚)「何だ?」

ξ゚゚)ξ「正直、ウザい。少し落ち着きなさいよ」

川 ゚ -゚)「これが落ち着いていられるか。結婚式は明日なんだぞ?」


 − 川 ゚ -゚)クーはマリッジブルーなようです −



5 : ◆h5fZDXzLuI :2009/03/29(日) 21:58:11.04 ID:NbdTQ+Dc0

ξ゚゚)ξ「そうね、明日ね……。もう明日なんだから、今更慌ててもしょうがないでしょうが」

川 ゚ -゚)「しかし、明日なんだぞ? 明日になったらもう、慌てる暇もないじゃないか」

ξ゚゚)ξ「……そりゃそうだけど」

川 ゚ -゚)「結婚なんて生涯そう何度もすることじゃないんだぞ? いくら考えても、考え過ぎなんて事はない」

ξ゚゚)ξ「まあ、そうだけど、それなら何で前日になってからなのよ?」

ξ゚゚)ξ「昨日までは──」

ξ゚ -゚)ξ「結婚ぐらい誰でもするものだから、別にどうということではない」

ξ゚゚)ξ「なんて言ってたじゃないの」

川 ゚ -゚)「昨日は昨日、今日は今日だ。“男子三日会わざれば刮目して見よ”という言葉を知らんのか?」

ξ--)ξ「残念ながら、私らは女だし、昨日も会ったでしょうが」

川 ゚ -゚)「むう、このツッコミ体質め」

ξ゚゚)ξ「あんたとこれだけ長く付き合ってれば、嫌でもツッコミ体質になるわよ」



8 : ◆h5fZDXzLuI :2009/03/29(日) 22:00:00.86 ID:NbdTQ+Dc0

川 ゚ -゚)「女なのに突っ込む方とは──」

ξ^ー^)ξ「それ以上喋るとぶん殴るわよ?」

川 ゚ -゚)「冗談だ。相変わらずその手のネタには厳しいな」

ξ゚゚)ξ「当たり前でしょうが。あんたも少しは弁えなさいよ、女なんだから」

川 ゚ -゚)「男女差別は如何な物かと思うがな」

ξ゚゚)ξ「TPOを考えなさい。あんたの外見でそれは引くから」

ξ゚゚)ξ「結婚相手の前でいつそんな事を口走るか気が気じゃなかったわよ」

川 ゚ -゚)「流石にそれはちゃんと弁えるよ」

川 ゚ -゚)「しかし、そのくらいで引いてるようじゃ、結婚は無理だろ?」

川 ゚ -゚)「偽りの姿を受け入れてもらっても仕方がないじゃないか」



9 : ◆h5fZDXzLuI :2009/03/29(日) 22:03:09.51 ID:NbdTQ+Dc0

ξ゚゚)ξ「偽らずに直せって言ってんのよ。破談にしたいの?」

川;゚ -゚)「それは困る」

ξ゚゚)ξ「向こうは見るからに真面目な純粋培養なんだから、もうちょっと気をつけなさいよ?」

川;゚ -゚)「うむ……心得た」

ξ--)ξ「まあ、しかし、心配なのはわからなくもないわ」

ξ゚゚)ξ「あんたんとこは早くにご両親を無くして、妹のヒートちゃんとずっと2人で生きてきたもんね」

ξ゚゚)ξ「ヒートちゃんと別れるのは辛いでしょう?」

川 ゚ -゚)「別に辛くはないさ」

川 ゚ -゚)「ただちょっとヒートと離れたくないだけで、ヒートのことが心配なだけで、ヒートの将来が色々と心配──」

ξ;゚゚)ξ「ストップ、ストップ。わかった、わかったから……」

ξ゚゚)ξ「と言うか、全然この結婚に納得してないんじゃないの?」



11 : ◆h5fZDXzLuI :2009/03/29(日) 22:06:04.97 ID:NbdTQ+Dc0

川 ゚ -゚)「納得してないか、全く納得してないかで言えば──」

川 ゚ -゚)b「毛ほども納得してない」

ξ;--)ξ「……だから、何で前日になってそんな事言い出すのよ」

川 ゚ -゚)「……冗談さ。納得はした、と言うかせざるを得ない状況だったよ」

川 ゚ -゚)「彼の純粋な思いを見ればね」

ξ゚゚)ξ「……そうね、今時珍しいくらい純粋だったわね」

川 ゚ -゚)「ああもまっすぐに想いの丈をぶつけられれば、首を立てに振らざるを得ないさ」

ξ゚ー゚)ξ「泣きならが、“絶対幸せにしますから”って連呼したんだっけ?」

川 ゚ -゚)「ご丁寧にすがり付いてな」

川 ゚ -゚)「全く男のくせに情けない……」

ξ゚ー゚)ξ「……フフ」



13 : ◆h5fZDXzLuI :2009/03/29(日) 22:08:20.66 ID:NbdTQ+Dc0

川 - -)「……まあ、それだけ他人から想われるという事は、幸せなのだろうなとは思ったよ」

ξ゚゚)ξ「……妬けるわね」

川 ゚ -゚)「“誰だって、幸せになる権利はある”とも言われたしな」

ξ゚゚)ξ「……お金持ちだもんね、彼」

川 ゚ -゚)「まあ、そこでぶん殴ったけど」

ξ;゚゚)ξ「やっぱりTPO弁えてねえ!」

ξ;゚゚)ξ「と言うか、それ、初耳なんだけど? よく破談にならなかったわね……」

ξ゚゚)ξ「しかし、何でまた……」

川 ゚ -゚)「……確かに私達姉妹は、生活は苦しく、世間一般の家庭よりは苦労してきた」

川 ゚ -゚)「だが、そこには幸せもあった」

川 ゚ -゚)「姉妹で共に暮らし、日々の苦楽を分かち合う、私達だけの幸せだ」



15 : ◆h5fZDXzLuI :2009/03/29(日) 22:10:29.33 ID:NbdTQ+Dc0

川 ゚ -゚)「他人から見れば些細な事にしか見えないことでも、私達にとっては確かに幸せな事だった」

ξ゚゚)ξ「……ごめん」

川 ゚ -゚)「何故お前が謝るんだ?」

ξ゚゚)ξ「私も、あんた達姉妹がずっと苦労してここまで来たことしか──」

川 ゚ -゚)「さっきのは少し訂正しよう。私達の幸せは、私とヒート、そして私やヒートを愛してくれた周りのみんなと作り上げた物だ」

川 ゚ -゚)「いつも朝起こしに来てくれたお節介な親友がいたから、私はちゃんと高校も卒業できた」

ξ゚゚)ξ「……」

ξ--)ξ「あんたは朝弱すぎるのよ」

川 ゚ -゚)「普通に遅刻でヤバかったな」

ξ゚゚)ξ「これからは起こしてくれるヒートちゃんもいないんだからね?」

川 ゚ -゚)「モーニングコール頼んでいい?」



18 : ◆h5fZDXzLuI :2009/03/29(日) 22:14:17.92 ID:NbdTQ+Dc0

ξ゚゚)ξ「……たまには何か奢りなさいよ?」

川 ゚ -゚)「貴様は貧乏人から搾取するのか?」

ξ゚゚)ξ「お金持ちになるんでしょうが……まあ、何か料理でも作ってよ」

川 ゚ -゚)「そのくらいの暇はあるだろうから構わんが、何と言うかツンは料理も少しは覚えた方がいいと思うぞ?」

ξ;゚゚)ξ「で、出来ないわけじゃないわよ」

川 ゚ -゚)「確かに出来はするが、出来た物がああも化学兵器では、その内あのお人好しも愛想を尽かすぞ?」

ξ;゚゚)ξ「わ、私の料理の腕にブーンは関係ないでしょ? てか、化学兵器ってどういうことよ?」

川 ゚ー゚)「おや、私は“お人好し”と言っただけで、ブーンとは一言も言ってないがな?」

ξ// /)ξ「……ッ」

川 ゚ -゚)「まあ、順調そうで何よりだ。あいつはいいやつだからな。高校時代はあいつの明るさに随分助けられた」

ξ--)ξ「何も考えてないだけよ。いつあんたの機嫌を損ねるかヒヤヒヤしてたわよ」



19 : ◆h5fZDXzLuI :2009/03/29(日) 22:17:25.74 ID:NbdTQ+Dc0

川 ゚ -゚)「変に気を使われるより、あんな風に自然に接してくれた方が救われるよ」

ξ゚゚)ξ「そっか……、あいつの無神経もたまには役に立ってたのね」

川 ゚ー゚)「まあ、その無神経が過ぎて、未だにゴールインにには至らないわけだが」

ξ// /)ξ「う、うるさいわね。他人の事はいいから、今はあんたのことを考えなさいよ!」

ξ゚゚)ξ「……だいぶ話がそれたけど、それでどうしたの?」

川 ゚ -゚)「どうとは?」

ξ゚゚)ξ「相手をぶん殴ったんでしょ? その後よ」

川 ゚ -゚)「ああ、仰向けに倒れた脇腹に数発蹴りを──」

ξ;゚゚)ξ「何してんのよ!」

ξ;゚゚)ξ「つーかそれは、普通に危険よ。良い子は真似しちゃダメよ?」



21 : ◆h5fZDXzLuI :2009/03/29(日) 22:21:02.85 ID:NbdTQ+Dc0

ξ゚゚)ξ「それでよく破談にならなかったわね……」

川 ゚ -゚)「ああ、蹴った後、さっきの幸せの話をしたら、土下座して謝ってきたよ」

ξ;゚゚)ξ「うわぁ……」

川 ゚ -゚)「泣きながら、よく聞き取れない声で“ずびばせん、ずびばせん”って言ってた」

ξ;゚゚)ξ「……正直、コメントが難しい」

川 ゚ -゚)「ヘタれ過ぎて、こんなやつでいいのか不安だったな」

ξ;゚゚)ξ「ヒートちゃんは止めなかったの?」

川 ゚ -゚)「……………………れた」

ξ゚゚)ξ「え? 何?」



22 : ◆h5fZDXzLuI :2009/03/29(日) 22:24:11.63 ID:NbdTQ+Dc0

川 ´ -`)「……こっぴどく叱られた」

ξ;゚゚)ξ「ああ……まあ、当然よね」

ξ;゚゚)ξ「毎回手ぇ出してるもんね……」

川 ´ -`)「私が自分が間違ってるとは思ってないぞ?」

川 ´ -`)「結婚なんて生涯そう何度もすることじゃないんだ。慎重に慎重を重ねてもやり過ぎってことは無い」

ξ゚゚)ξ「手を出すのはやりすぎよ。……まあ、言ってること自体は正しいとは私も思うけど」

川 ´ -`)「……」

川*゚ -゚)「やはりそうか?」

川*゚ -゚)「ヒートもな、言いたいことはわかるし、間違ってないって言ってくれたんだ」

ξ゚゚)ξ「はいはい、シスコン、シスコン」



23 : ◆h5fZDXzLuI :2009/03/29(日) 22:27:01.90 ID:NbdTQ+Dc0

ξ゚゚)ξ「間違ってないけど、やり過ぎって言われたんでしょうが」

川*゚ -゚)「ああ、言われたとも」

ξ;--)ξ「何で誇らしげなのよ……」

川 ゚ -゚)「それと、私はシスコンじゃないぞ?」

川 ゚ -゚)「この世でたった1人の家族なんだ。大事に思うのは当然だろ?」

ξ゚゚)ξ「あんたのは度が過ぎてんのよ」

ξ゚゚)ξ「だからどっちもずっと彼氏が出来なかったんじゃないの」

川 ゚ -゚)「私は、出来なかったんじゃなくて作らなかったんだ」

川*゚ -゚)「そしてヒートに色目を使うやつは私がことごとく潰してきた」

ξ;゚゚)ξ「だから、誇らしげに言うなっての。ヒートちゃんも迷惑してたでしょうね」

川 ゚ -゚)「その辺は大丈夫だ」



26 : ◆h5fZDXzLuI :2009/03/29(日) 22:29:58.91 ID:NbdTQ+Dc0

川 ゚ -゚)b「そのことがヒートに漏れる様なヘマはしていない」

ξ゚゚)ξ「……あんた、色々とダメダメだわ」

川 ゚ -゚)「妹の為なら心を鬼にするさ」

ξ゚゚)ξ「あんたの場合、鬼気じゃなくて喜々としてやってそうだわ」

川 ゚ -゚)「何とでも言え。私は私の信じる道を歩んだまでだ」

ξ--)ξ「はた迷惑な姉ね……」

ξ゚゚)ξ「まあ、でも、それも今日までね」

川 ゚ -゚)「……」

川 ´ -`)「……はあ」

川 ´ -`)「……明日は結婚式か」



28 : ◆h5fZDXzLuI :2009/03/29(日) 22:32:35.44 ID:NbdTQ+Dc0

ξ゚゚)ξ「いい加減に腹くくりなさいよ。昨日今日決まった話じゃないでしょ?」

川 ゚ -゚)「そんなことわかってるさ」

川 ゚ -゚)「だがしかし、頭での理解と心での理解は違うだろ?」

川 ゚ -゚)b「考えるな、感じろだ」

ξ゚゚)ξ「色々とおかしいけど、あんたのはアレね」

川 ゚ -゚)「アレとは?」

ξ--)ξ「いわゆる、マリッジブルーってやつよ。結婚前にかかる鬱病みたいなものね」

川;゚ -゚)「何故私がそんな物に?」

ξ゚゚)ξ「私だって、何であんたが、って言いたいけど、今のあんたはどう見てもそうとしか思えないわ」

川;゚ -゚)「むう……」



30 : ◆h5fZDXzLuI :2009/03/29(日) 22:34:30.46 ID:NbdTQ+Dc0

ξ゚゚)ξ「不安?」

川 ゚ -゚)「……うん」

ξ゚゚)ξ「そう……」

川 ゚ -゚)「全くの他人だぞ? そんなやつ──」

ξ゚゚)ξ「私だって、あんたとは他人よ。血は繋がってないわ」

ξ゚ー゚)ξ「でも、友達でしょ?」

川 ゚ -゚)「……ああ、友達だ。血は繋がっていないけど、家族と、ヒートと同じくらい大切な親友だ」

ξ*゚゚)ξ「あんた、そういうのよく真顔で言えるわよね」

川 ゚ -゚)「正直なのが私の取り柄だからな」

ξ゚ー゚)ξ「……そうね。あんたは絶対ウソつかないもんね」



33 : ◆h5fZDXzLuI :2009/03/29(日) 22:37:01.87 ID:NbdTQ+Dc0

ξ゚゚)ξ「最初は他人同士でも、いずれ分かり合えるわよ」

ξ゚゚)ξ「私も会ったけど、彼はいい人だわ。真面目で純粋、優しい目をしてたわ」

ξ゚゚)ξ「あんたもそこは認めてるんでしょ?」

川 ゚ -゚)「まあな。悪いやつではない」

川 ゚ -゚)「だが、私はあまり人を見る目がないからな」

ξ゚゚)ξ「私は、人を見る目に自信があるわよ?」

川 ゚ -゚)「うん、確かにツンの目は確かだな。お前の周りにはいいやつしかいない」

ξ゚ー゚)ξ「あんただってその、私の周りのいいやつの1人じゃないの」

ξ゚゚)ξ「それに、あんたも見る目があったから私と友達になったんじゃないの?」

川 ゚ -゚)「……そうだな」



35 : ◆h5fZDXzLuI :2009/03/29(日) 22:39:13.56 ID:NbdTQ+Dc0

川 ゚ー゚)「確かに私の周りも、いいやつばっかりだ」

ξ゚゚)ξ「そういうことよ。だから、心配しなさんな」

川 ゚ -゚)「ああ。……しかし」

ξ゚゚)ξ「……ヒートちゃんと離れるのが辛い?」

川 ゚ -゚)「……うん」

ξ゚゚)ξ「……」

川 ゚ -゚)「……」

川 ゚ -゚)「いや、すまん、気持ちの折り合いはついてるんだ。ヒートと2人、ちゃんと話し合って決めたことだ」

ξ--)ξ「折り合いがついてないから、マリッジブルーなんかになってるんでしょうが?」

川;゚ -゚)「う……」

ξ゚゚)ξ「全く……手間のかかる子ね」



37 : ◆h5fZDXzLuI :2009/03/29(日) 22:42:30.17 ID:NbdTQ+Dc0

川;゚ -゚)「今日のツンはいつになく厳しいな」

ξ゚゚)ξ「そりゃそうでしょ?」

川 ゚ -゚)「あれか、私がマリッジブルーなら、ツンはブルーデ──」

ξ#^ー^)ξ「へし折るわよ?」

川 ゚∩゚)「お口にチャック」

ξ;゚゚)ξ「全く……そういうネタは止めろって言ってるでしょうが」

川 ゚ -゚)「ツンにしか言わないさ。それだけ気が置けないって事さ」

ξ゚゚)ξ「もうちょい私にも気を使えっての」

ξ--)ξ「まあ、いいわ。とにかくヒートちゃんね」

川 ゚ -゚)「今までずっと一緒だったんだ」



38 : ◆h5fZDXzLuI :2009/03/29(日) 22:44:39.79 ID:NbdTQ+Dc0

ξ゚゚)ξ「そうね、たった2人の家族だもんね」

川 ゚ -゚)「ああ、家族だ。そして、家族は離れても家族で、距離が空いた程度で私達の仲が壊れるなんて思ってもいない」

ξ゚゚)ξ「そこまで納得してても?」

川 ゚ -゚)「納得はしてる。でも……でも、やっぱり……」

川  - )「私は……」

ξ゚゚)ξ「……クー」

川  - )「なあ、ツン……」

ξ゚゚)ξ「……」

川  - )「私は……どうしたらいいんだ?」

ξ゚゚)ξ「……」

川  - )「……」



40 : ◆h5fZDXzLuI :2009/03/29(日) 22:48:05.46 ID:NbdTQ+Dc0

ξ゚゚)ξ「……わからない……かな?」

川 ー )「……何だそれは? ツンならきっと、私が納得できる答えを教えてくれると思ったのに」

ξ゚゚)ξ「まあ、私の事じゃないからね。ご期待に添えなくて申し訳ないけど」

川 ー )「いつになく冷たいじゃないか」

ξ--)ξ「……答えは、あんたの心次第よ」

川  - )「……」

ξ--)ξ「ホントは、もう答えは出てるんでしょ?」

川  - )「……」

ξ゚゚)ξ「あんたもヒートちゃんも幸せで、これからもっと幸せになれる」

ξ゚゚)ξ「そのための選択をした。自分達が選びたい道を、ちゃんと2人で話し合って決めたんでしょ?」



41 : ◆h5fZDXzLuI :2009/03/29(日) 22:49:28.70 ID:NbdTQ+Dc0

川  - )「……ああ」

ξ゚゚)ξ「あんたは、今までずっと、ヒートちゃんの姉としてがんばってきたわ」

ξ゚゚)ξ「ううん、姉だけじゃない。時にはヒートちゃんの母親で、父親だった」

川  - )「……」

ξ゚゚)ξ「でも、明日であんたはヒートちゃんのそばを離れる」

ξ゚゚)ξ「お互い、違う生活を始めることになるわ」

川  - )「……」

ξ゚゚)ξ「やっぱり寂しい?」

川  - )「……うん」

ξ゚゚)ξ「だったら──」

川  - )「ヒートと離れてしまうのは、どうしようもなく寂しいさ」



43 : ◆h5fZDXzLuI :2009/03/29(日) 22:53:28.49 ID:NbdTQ+Dc0

川  - )「ヒートには私がついてなきゃダメだと思ってた」

川  - )「そして私にも、ヒートがそばにいなきゃダメだと思ってた」

ξ゚゚)ξ「……」

川 ゚ -゚)「でも、そうじゃなかった」

川 ゚ -゚)「私達は家族で、2人だけの家族で、ずっと一緒にいた」

川 ゚ -゚)「しかし、私達は家族である前に1個の人間なんだ。お互い違う考えを持ち、いずれは違う道を歩く」

川 ゚ -゚)「それに、私達は2人だけで生きて来れたわけじゃないしな」

ξ゚゚)ξ「……」

川 ゚ -゚)「私達は、お互いを必要としながらも、ちゃんとそれぞれ自分の足で立ってるんだ」

川 ゚ -゚)「そんな事は、ずっと前からわかっていたはずだ」

川 ゚ -゚)「ただその日が、明日になっただけの事」

川 ゚ -゚)「私がすべき事は、お互いの成長を喜び、幸せへの門出を祝福する事だ」

ξ゚゚)ξ「……強がんなくてもいいわよ?」

川 ゚ -゚)9m「強がってなんかないZE?」



44 : ◆h5fZDXzLuI :2009/03/29(日) 22:56:32.80 ID:NbdTQ+Dc0

川 ゚ -゚)「もう、マリッジブルー飽きた。結婚とか大した事ないよ、うん」

ξ;゚゚)ξ「飽きたって何よ……」

川 ゚ -゚)「長い人生、結婚の1回や2回するさ。そんなもん、超余裕っスよ」

ξ--)ξ「はいはい、そういうことにしときましょ」

川 ゚ -゚)「……」

ξ゚゚)ξ「……少しは気が晴れた?」

川 ゚ -゚)「……ああ」

ξ゚゚)ξ「そう……」

川 ゚ -゚)「ツン」

ξ゚゚)ξ「何?」



45 : ◆h5fZDXzLuI :2009/03/29(日) 23:00:35.00 ID:NbdTQ+Dc0

川 ゚ -゚)「いつも私の愚痴を聞いてくれてありがとう」

ξ*゚゚)ξ「な、何よ改まって……気持ち悪い」

川 ゚ -゚)「ヒドいな……気持ち悪いはないだろ?」

ξ*--)ξ「気持ち悪いもんは気持ち悪いわよ」

川 ゚ -゚)「むう……」

ξ゚゚)ξ「それに、私は何もしてないわよ」

ξ゚゚)ξ「ただ、あんたが出した答えを聞いてただけよ」

川 ゚ -゚)「……」

ξ゚゚)ξ「……まあ、また愚痴りたい時はいつでも来なさいよ」

ξ--)ξ「あんたがどうなろうが、私達はずっと友達よ」

川*゚ -゚)「ツンデレwww」

ξ#゚゚)ξ イラッ

川 ゚ -゚)「まあ、冗談はさておき、当てにしてるよ」



46 : ◆h5fZDXzLuI :2009/03/29(日) 23:04:13.07 ID:NbdTQ+Dc0

ξ゚゚)ξ「その代わり、たまには私の愚痴も聞きなさいよ?」

川 ゚ -゚)「だが断る」

ξ#゚゚)ξ「何でよ!?」

川 ゚ -゚)「ツンの愚痴といえば主にあのニブチンの事じゃないか」

川 ゚一゚)「あれは愚痴と言うより惚気だしな」

ξ*゚゚)ξ「なッ……」

川*゚ー゚)「気恥ずかしくて聞いてられんよ」

ξ*゚゚)ξ「う、うるさいわね! あれのどこが惚気よ? ちゃんと立派な愚痴じゃないの!」

川 ゚ -゚)「はいはい、愚痴愚痴」

ξ#゚゚)ξ「コイツ……ムカつくわ」

ξ゚゚)ξ「まあ、いいわ。そんな事より今日はそろそろ帰りなさいよ」

ξ゚゚)ξ「明日の準備もあるだろうし、何より、ヒートちゃんと一緒に過ごす最後の夜なんだからね?」



48 : ◆h5fZDXzLuI :2009/03/29(日) 23:08:34.00 ID:NbdTQ+Dc0

川 ゚ -゚)「何を言ってるんだ? 今日はここに泊まるつもりだぞ?」

ξ;゚゚)ξ「は? いや、さすがにそれはまずいでしょうが。準備とか色々……」

川 ゚ -゚)「いや、準備とかしなきゃ、結婚式延期になるんじゃね?」

ξ;゚゚)ξ「アホか! そんなんで延期にならないわよ!」

川 ゚ -゚)「雨天順延とか……」

ξ;゚゚)ξ「屋内でしょうが!」

川 ゚ -゚)「風が吹いたら遅刻して」

ξ;゚゚)ξ「どこの大王よ!」

川 ゚ー゚)「さすがツッコミ体質、完璧だ」

ξ;゚゚)ξ「いいからさっさと帰れ」



49 : ◆h5fZDXzLuI :2009/03/29(日) 23:10:56.65 ID:NbdTQ+Dc0

川 ゚ -゚)「冷たいな。私は親友と一緒にいたいだけなのに」

ξ゚゚)ξ「私を出汁にすんな。ちゃんと逃げずに向かい合いなさい」

ξ゚゚)ξ「ヒートちゃんと、ちゃんといっぱい話して、明日を迎えなさいよ?」

川 ゚ -゚)「……うん、わかってるよ」

ξ゚゚)ξ「……じゃあ、おやすみ」

川 ゚ -゚)「おやすみ」

ξ゚゚)ξ「……明日は」

ξ゚ー゚)ξ「泣くんじゃないわよ?」

川 ゚ー゚)「ああ、たかだか結婚式ぐらいじゃ泣かないさ」

ξ゚ー゚)ξ「フフ……またね」

川 ゚ー゚)「またな……」



50 : ◆h5fZDXzLuI :2009/03/29(日) 23:17:36.91 ID:NbdTQ+Dc0
  _
( ゚∀゚)「続きまして、新婦の入場です」
  _
( ゚∀゚)「新婦は不幸にも幼い頃にご両親を亡くされております」
  _
( ゚∀゚)「しかしながらそんな逆境にもめげず、姉妹2人、ここまで二人三脚でがんばってきました」
  _
( ゚∀゚)「このヴァージンロードを歩くのも、そんな姉妹2人の二人三脚です」


川 ゚ -゚)ノパ゚)


( ><)



52 : ◆h5fZDXzLuI :2009/03/29(日) 23:20:05.68 ID:NbdTQ+Dc0

( ><)「お、お、お姉さん、ほ、ほほ本日はお日柄もよく」

川 ゚ -゚)「それは今こんな所でする挨拶ではないな」

( ><)「ぼ、ぼぼ僕はヒ、ヒートさんを? ヒートさんと? ヒートさんが?」

ノパ゚)「ビロードー、少し落ち着けー」

川 ゚ -゚)「ビロード君」

( ><)「は、はいなんです!」

川 ゚ -゚)「妹を……私の大切な──」

川 ゚ー゚)「ヒートをよろしく頼んだよ」

(*><)「はいなんです!」

ノハ*゚ー゚)



54 : ◆h5fZDXzLuI :2009/03/29(日) 23:22:02.22 ID:NbdTQ+Dc0

ξ゚゚)ξ「……よく泣かなかったわね」

川 ゚ -゚)「私が人前で泣くわけないだろ? そんなみっともない事出来るか」

ξ゚ー゚)ξ「この、強がりめ」

川 ゚ -゚)「ツンももらい泣きするなよ? 厚化粧が剥がれて──」

ξ#^ー^)ξ「殴るわよ?」

川#)゚ -゚)「うん、そういうのは殴る前に言ってくれ」


ノハ*゚゚)(><*)


川 ゚ -゚)「……」

ξ゚゚)ξ「……ヒートちゃん、綺麗ね」

川 ゚ -゚)「私の妹だからな。当然だ」



57 : ◆h5fZDXzLuI :2009/03/29(日) 23:25:15.28 ID:NbdTQ+Dc0

ξ゚゚)ξ「はいはい。その綺麗なお姉さんも、早く相手を見つけて結婚してくださいね」

川 ゚ -゚)「私が本気を出せば、そんなの引く手数多、選り取り緑のワゴンセールだ」

ξ゚゚)ξ「……肩の荷は下りた?」

川 ゚ -゚)「いや。……ヒートは荷物なんかじゃなかったからな」

ξ゚−゚)ξ「あ、ごめん──」

川 ´ -`)「半身がもぎ取られた様な感じだ」

ξ;゚゚)ξ「いい加減吹っ切りなさいよ。あんたがそんな顔してちゃ、ヒートちゃんが安心してお嫁にいけないでしょうが」

川 ゚ -゚)「それもそうだな」

ξ;゚゚)ξ「立ち直り早!」

川 ゚ -゚)「私はヒートのためなら何でもするからな。この結婚も、ヒートが心から望んだから、こうやって祝福してるんじゃないか」

ξ゚゚)ξ「その割に昨日は盛大に落ち込んでたわよね」

川 ゚ -゚)「過ぎた事は忘れようじゃないか」



58 : ◆h5fZDXzLuI :2009/03/29(日) 23:28:41.57 ID:NbdTQ+Dc0

ξ--)ξ「……はぁ」

ξ゚゚)ξ「そういえばヒートちゃん、ブルーのウェディングドレスなんだね。薄いけど、純白じゃなくて」

川 ゚ -゚)「ああ、あれかい?」

川*゚ -゚)「青はお姉ちゃんの一番好きな色だからって、私のためにあれにしてくれたんだ」

ξ゚゚)ξ「……あれ見て、お姉ちゃんもウェディングを着たくなる様にってことかしらね」

川*゚ -゚)「ん? 何か言ったか?」

ξ--)ξ「何でもないわよ。ただ──」

ξ゚ー゚)ξ「あんたら姉妹はホント仲良しだって事よ」

川 ゚ -゚)「何を今更……」



61 : ◆h5fZDXzLuI :2009/03/29(日) 23:32:14.44 ID:NbdTQ+Dc0

ノハ*゚ー゚)(><*)


川 ゚ -゚)「……ブルーか」

ξ゚゚)ξ「ん?」

川 ゚ -゚)「いや、綺麗なブルーだなと思ってな」

川 ゚ー゚)「こういうブルーなら、悪くない」

ξ゚ー゚)ξ「そうね。昨日のブルーにはうんざりだったけど」

川 ゚ー゚)「そう言うな。次はお前か私の結婚式で、またどっちかがブルーになるんだ」

ξ゚ー゚)ξ「ならないわよ、バカ」

川 ゚ -゚)「……その機会が来なくて──」

ξ#゚ー゚)ξ「あ?」



63 : ◆h5fZDXzLuI :2009/03/29(日) 23:33:59.04 ID:NbdTQ+Dc0

川 ゚ -゚)「冗談だよ」

ξ--)ξ「全く……」

川 ゚ -゚)「まあ、とにかくだ……」


ノハ*;;)( ; ;*)


川 ゚ー゚)「結婚、おめでとう、ヒート。幸せにな……」




− 川 ゚ -゚)クーはマリッジブルーなようです おしまい −



64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/29(日) 23:35:14.91 ID:iDU5oKEK0
>>1
乙でした!



68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/29(日) 23:37:36.65 ID:ZUcnJ7tEO
乙!
きれいにまとまってて良かったです



70 : ◆h5fZDXzLuI :2009/03/29(日) 23:38:08.57 ID:NbdTQ+Dc0

どうもでした。

ぶっちゃけ、普通に書いてた短編のタイトルに色が入ってたので、急遽最後辺りを少し色強調に直して【天下一ブーン会】参加させて頂きました。
いい加減な感じで便乗してすみません。

支援等、ありがとうございました。




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/wordroom/51358446
この記事へのコメント
  1. Posted by at 2009年03月30日 01:03
  2. 途中まで姉が結婚すると思ってた。
    どうりで違和感がある筈だ。
  3. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年03月30日 02:01
  4. ※1俺もクーが結婚するんだと思ってたwww
  5. Posted by アイタタタタ at 2009年03月30日 05:26
  6. これネタだよな?
  7. Posted by at 2009年03月30日 12:44
  8. Qooが結婚するんじゃねぇのかよw
  9. Posted by うぉー at 2009年07月09日 12:38
  10. 3
    なんだwwwヒートが結婚するのかwwwww