2009年04月16日

同僚女「やっぱり二人っきりになっちゃったね」その1

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/14(火) 22:30:52.83 ID:ddJtPtpl0
同僚女「おーい、おとこ。起きろ、起きろー」 の続き
同僚女「おーい、おとこ。起きろ、起きろー」その1
同僚女「おーい、おとこ。起きろ、起きろー」その2
同僚女「おーい、おとこ。起きろ、起きろー」その3
同僚女「おーい、おとこ。起きろ、起きろー」その4
【あらすじ】
 ブラック系IT企業でデータ変換業務を行なう男は
神楽坂班のプロジェクトマネージャー。
歴戦のウォリアー女先輩(指先から唐揚げを出したい)
陽気な同僚のB男(さすらいの忍者マスター。灰は消失に通じる)
口数少ないC男(捨てることに対する美学をもった職人)
そして新規加入した新人女をくわえた5人パーティー。
 なんだかんだでうだうだ底辺仕事をやってた五人だが
池袋で働いていた同僚パーティーが壊滅したことから
仕事量が急増。不穏な空気が流れ始める。
 それってアレなの?
 例のアレってことなの? デスマ(ry
 萌えの皆無な現代日本における残酷童話。
 あけてもあけてもまた徹夜なブラック物語。




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/14(火) 22:34:00.67 ID:ddJtPtpl0
――8日目、火曜 12:00 池袋作業室
――電話

女「……ん。ん。わかった」

女「それは平気。おけーおけー。うちにまかしといて。
 そだなー。今回してる分は終わらせるけど、遅くても
 17時には合流できると思う」

女「おーけー。なんか差し入れ買ってっちゃる」

かちゃん

女「ふぅ」

C男「どうしたのか?」
女「ああ。池袋は撤収だってさ」

C男「撤収?」

女「うん。これ以上分離して作業する意味も薄いでしょ。
 資料とデータまとめて、神楽坂に合流指示が出てる」
C男「捨てるか」



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/14(火) 22:37:04.09 ID:ddJtPtpl0
女「そうそう。ここはうちらのホームじゃないからね」
C男「うん。捨てよう」

女「そっち、作業はどう?」
C男「……今かかってるところはあと30分くらい?」

女「んじゃ、前後して撤収準備して。うちらの使ってた
 ツールは全部消去で」
C男「捨てる?」

女「捨てるだけじゃなくて、1バイトも残さず滅しろってさ」

C男「マネジもフェチ道に目覚めたか」
女「なにさそれ」
C男「遺棄こそロマン」

女「わかりません」
C男「常識を捨てよう」

女「うちは常識の中で生きていたい」
C男「常識はウォリアーの敵」

女「あー」



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/14(火) 22:41:08.45 ID:ddJtPtpl0
C男「ロケットで突き抜けた先に三峯徹の世界がある」
女「三峯……だれそれ?」

C男「世界の不理解が天才を殺す。捨てよう」

女「C男はなぁ」こつんっ
C男「っ!?」

女「もちっといろいろ判りやすければいいのになぁ。
 この一週間組んで、あんたがなかなか根性もあるし
 気合いも入ってるし、応用も利くヤツだって判ってきたけど」

C男「ううう」

女「なに? もしかしてこれいや?」ぺちぺち

C男「捨てたい……」

女「へ?」

C男「俺チキン……」

女「ケンタッキー? ああ! いいね。んじゃ、さくっと
 終わらせてケンタッキー買って神楽坂に行こう!」



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/14(火) 22:46:30.08 ID:ddJtPtpl0
――8日目、火曜 13:00 神楽坂作業室

新人女「いっこ、終わりました」
男「ん。了解。……引き続きいける?」

新人女「さきに、報告書していいですか?」
男「おけおけ、やっちゃって」

B男「男氏〜。拙者もこっちの山は片付けたでござる」
男「お。やるじゃん。じゃこれも」

どんっ

B男「ひぎぇぇぇ!?」
新人女「うわ」

男「大げさに悲鳴あげるなよ。前回と同じ量でしょう?
 ってことは、一日あれば終わるって」
B男「……そ、そうでござるな」

男「いけるでしょ?」
B男「そ、そうでござるか?」

男「急かさないからさ。楽勝でしょ」
B男「そ、そうでござるね」



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/14(火) 22:54:48.24 ID:ddJtPtpl0
新人女「そうなんですか?」
男「改まって話すのが嫌いなだけだよ」

B男「教導とか説教とか苦手でござるね」
男「だって意味ないじゃん。そんなのさー。
 大きなお世話だよね。勝手に育つ人は育つっての」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタ

B男「言ってることとやってることが乖離してるでござる」
新人女「成長遅くてスミマセン」ごにょごにょ

B男「あー。いーんでござるよ。それでも面倒見が
 良いのが、男氏の美点でござる」

新人女「はい……」

男 カタカタカタカタカタカタ

男「きこえてるし。なんかむかつく」
B男「修練でござるよ」



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/14(火) 22:58:06.55 ID:ddJtPtpl0
――8日目、火曜 16:00 神楽坂作業室

ガチャリ

女「たっだいまー!」
C男「池袋を捨てた」

B男「おかえりでござるよ!」
新人女「おかえりなさい」
男「おかえりー」

女「やー。久しぶりの故郷! ぼろくてダサいビル!
 神楽坂のふるさと!!」
男「女先輩は二日に一回はこっち来て残業してたじゃないすか」

女「おかえりなさいで歓迎しっろっ」ぎりぎりっ
男「痛っ」

B男「うははは。お帰りなさいでござるよ」
C男「ござるを捨てよう」

女「歓迎しないとこれをやらんぞぅ!」
新人女「?」
B男「それは?」

女「パァーティーバーレルだぁぁぁ!!(注)」
(注:ケンタッキーフライドチキンのパーティー用
 チキン盛り合わせ。子供が大はしゃぎします)



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/14(火) 23:02:41.72 ID:ddJtPtpl0
B男「おお! 素晴らしいでござるよ!」
C男「唐揚げ番長の最終兵器」
男「お。うまそーな匂い」

女「みなのモノ! 平伏するが良い!」

男「……」
新人女「……」

男「たかがチキンで土下座ってのもね?」
新人女「でも、ここは頭を下げた方が……」

女「え? え? ひれ伏さない? チキンなんだよっ!?」

男「新人女さん、意外に状況対応クレバーだね」
新人女「仕事先での人間関係って難しいですよね……」

女「うっく。キミみたいな美人娘に『難しい』いわれると
 うちの立場が半径2光年以内になくなるっ!」

B男「確かに発言って難しいでござるなぁ」
C男「その語尾を捨てよう」

B男「C男氏くらい捨て切れれば簡単かもしれないでござる」
C男「難しさを捨てよう。それがシンプルライフ」



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/14(火) 23:08:15.53 ID:ddJtPtpl0
女「も。いいよ……」
C男「あ、へこんだ」

女「うち、部屋の隅に行く」ととと
男「……ぇーっと」

女「部屋の隅で、壁に向かって一人で膝を抱える」
B男「『そしてパーティーバーレルを抱えて』」

女「そしてパーティーバーレルを抱えて」
B男「『一人寂しくチキンをむさぼり食らうでござる』」

女「一人寂しくチキンをむさぼり食らうでござ……
 そんなやるかーっ! 太らない体質とは言え、
 そこまでやればいい加減ピザるわーっ!!」

C男「肉を捨てるのは難しい」

新人女「女さんはっ。……スタイル、良いと思いますよ?」

男「その発言がオイル into ファイヤだ」
B男「やってしまったでござる」
C男「この部屋は治安警戒地域に指定された」

女「みんなしてうちをいじめるかーっ」



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/14(火) 23:13:33.45 ID:ddJtPtpl0
男「女先輩」
女「むー」

男「お土産感謝です」ぺこり 「新人女さん、わるいけど、
 お茶入れて。冷蔵庫になんかあったっしょ? 人数分」

新人女「あ、はい。やります」

女「うちはどーせ唐揚げ女ですよーだ」
C男「それでもいいのに」

男「疲れたでしょ、とりあえず座ってくださいよ。資料
 片付けるからさ」

B男「ああ、拙者やるでござる。もう一日もあれば、
 こっちは終わるでござるしね」

女「むー」
男「すねちゃダメですよ。女先輩は偉いです」

女「……そか?」
男「はい、偉いです。池袋勤務、お疲れ様でした」

女「よし、手を打つ」
B男「片付いたでござるよー」



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/14(火) 23:18:21.63 ID:ddJtPtpl0
――8日目、火曜 16:10 神楽坂作業室
――チキンの会

男「ま、とりあえず、いったんはお疲れ様」
女「ただいまっと。もぐもぐ」

男「ちょうど良いんで、進捗報告会と今後の作業の
 ミーティングやっちゃいますよ」

B男「……もぐ。了解でござる」
C男「了解。もぎゅ」

男「んじゃ池袋から」

女「もぐもぐ。池袋は引き上げた。いじょ」
男「おいっ」

女「詳細はC男がやると言ってる」
C男「言ってない」

女「言っ、えっ」
C男「――。――」

女「これもウォリア修行」
C男「っ!」



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/14(火) 23:22:51.33 ID:ddJtPtpl0
C男「いけ……ぶくろは。もともと、受けていた仕事。
 進捗状況、約24%だった。
 自分たちが引き継ぎ、状況整理後
 引き続き変換作業に、かかる……。
 当初、作業は難破……難航したものの。
 女先輩の作った、新マクロの適合率、よかった。
 残業妖怪恐るべし。
 体罰だけではなかった。
 作業速度向上。いま……70%? 75%くらい。
 全体では、あと一人作業で30時間。くらい。
 ――だと思う」

女「そんな感じ。……ちと読み甘いかな。ドキュメントとか
 書類仕事含めると45時間は欲しいところ。二人がかりで
 二日ちょいだね」
C男「スパルタ」

女「残業妖怪は余計だっ」べちっ
C男「バイオレンスを捨てよう」

B男「次は拙者でござるね〜。まず、神楽坂班で受けていた
 仕事でござる。これは最初に四人でやってた仕事でござるね。
 こっちはもう残務処理の段階でござる。さっき片付けていた
 書類の山でござる。先方問い合わせとか、納品処理とかの
 段階なので、拙者一人でやって明日の午後には終わるでござろう」

男「ん、そんな感じだね」



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/14(火) 23:27:39.42 ID:ddJtPtpl0
男「じゃ、次、新人女さん」
新人女「えっ」

男「作業の進捗報告」
新人女「わかってません、わたし。全体像とか……」

男「報告どうぞ」
新人女「……」おろおろ

女「まず、やってみ?」

新人女「……は……い。あの、作業の、ノート見ながらで
 良いですか?」

女「いいよ」

新人女「……はい、あの」ぺらっぺらっ「いまやっているのは
 データの移行作業の最初のステップで、マクロ処理をして
 例外を識別しながら修正していく作業で……」

B男「どこのクライアントでござる?」

新人女「あ、はい。神保町って書いてあります」ぺらっぺらっ
B男「全体の規模も」

新人女「……全部で約4万件。データセットにして10個に
 分けて作業中です……。で、そのマクロ処理が
 4つおわっています。いま、5つ目です。
 マクロ処理は、明日、終わるはずです」



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/14(火) 23:31:57.59 ID:ddJtPtpl0
男「全体進行度と、進捗は判るかな?」
新人女「……いえ、判りません」

C男「鬼マネジ捨てよう」
女「男にしてはね」

男「作業は、新人女さんがやっているデータ確認のマクロ処理。
 その後、変換用マクロ処理、例外データの再入力、合流作業、
 書類関係の整備、納品って続くんだよ」
新人女「はい……」

男「確認マクロ、変換マクロ、データ再入力、合流作業で
 4工程。全て同じ作業時間がかかるとすれば一つ25%の
 作業量、その最初のものが約半分終わっているから
 全体の作業量の12%ってとこだね」
新人女「はい……」

男「新人女さんは、この仕事を一人で12%もおわらせたんだよ。
 現時点では進捗報告内容も、今ので十分。がんばってるね。
 いまからは、他の人も手伝いに入れるからね」

B男「ばっちりでござる」
女「うちにもまかせる!」



46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/14(火) 23:35:31.41 ID:ddJtPtpl0
男「でー。もぐもぐ」

B男「うわ、男氏! 人に報告させておいてずっと
 チキン食ってたでござる」

C男「!?」

男「美味いよ? もぐもぐ」

女「貴様〜。チキンを〜っ」べちべっち!
男「ううう。女先輩、勘弁してくださいっ」

(放送中断)

男「こほん。で、仕事が追加されておりまする」

新人女「?」
B男「見ないで捨てよう」
C男「あー」
女「……どんなの?」



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/14(火) 23:40:21.43 ID:ddJtPtpl0
男「んっと。まず、神保町。これは新人女さんがやってるのと
 同一クライアントの別発注。データ形式は同じ。
 量は20万件〜」

女「5倍に増えた訳ね」

男「つぎー。赤坂のテレビ局。データ量は10万弱。だけど
 見た感じ不正データが多い〜。ラジオかなんかの
 リスナーデータかな−。元はハガキ」

B男「きついパターンでござるな」

女「そういや、話にあがってた巣鴨の追加はどうなってるの?」
男「それはちょっと遅れてる。契約がもめてるんじゃないかな」

C男「仕事が増えないなら何でも捨てよう」

男「で、本日の目玉商品」
女「なんか嫌な感じがしてきた」

男「外資系の保険屋さんでぃーっす」
女「うっわ」
新人女「え? なんでです?」

女「保険屋ってのはデータ多いんだよ。まじで。
 あと外資系は締め切りに融通が利かない」



52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/14(火) 23:43:27.15 ID:ddJtPtpl0
男「データ量は見切ってないので判りませーん」
女「ふざけんなー。教えろ」

男「俺の予想で言うと、おおよそ35万件」
B男「それくらいなら」

男「が、年度別に18年分です〜」
C男「希望を捨てよう」

女「まじですか」
男「素敵に真面目です」

女「うち絶望ハンバーグ工場にいくべきやろか」

新人女「?? あの、そんなに多いのですか」コッソリ

B男「うー。まぁ、締め切り次第でござるね。
 半年くらいかけてゆっくり変換していくなら、
 問題ないでござるよ」

男「締め切りは、8月末日だそうでーす」

B男「……」
C男「……」
女「……」



58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/14(火) 23:51:59.49 ID:ddJtPtpl0
男「正味3ヶ月ちょいです」

女「男、それはちょい、無理ちがう?」

B男「厳しいでござるよ。さっき言ってた仕事は仕事で
 そっちもやらなければならないでござろう?」

C男「……」
新人女「……」

男「んー。うん。厳しいし、難しいね。
 ちょっと補足する。
 まず、いま現時点で判明している仕事は、これだけ。
 この情報は直接営業に問い合わせて、書面確認とってる。
 これに加えて、増えたとしても巣鴨の件だね。
 それが、ここ1,2ヶ月の情報。まぁ、当分はこれ以上仕事は
 増えない。その点は安心して良い。
 第2に、これは俺たちだけでやらなきゃならない仕事量じゃない。
 今週中にでも、空けてもらった池袋作業室で、
 新しい池袋班が発足する。つまり、2班体制に戻る。
 その池袋班と仕事を割り振って実行することになる」

新人女「つまり半分になる訳ですね」

B男「それは……」
女「それは甘い見通しかな。立ち上がったばっかりの班で
 スタッフの質も判らないところだもの。どれくらい仕事に
 なるのか判らないよ」



60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/14(火) 23:55:51.62 ID:ddJtPtpl0
男「なんにせよ、これが神楽坂班の春夏の陣ってことになる」
B男「……」
C男「……」

女「デスマ、かな」
男「そうなるね」

男「作業構想を一応いっとくね。まず、神保町の新人女さんが
 やってるの。これについては、女先輩に入ってもらって
 引き継ぎ書類を作ってもらう予定。
 書類の作り方、新人女さんにみせたげて」

女「うん」

男「で、引き継ぎ書類を添付して、全部池袋に即投げする」

B男「まだ立ち上がってないんでござろう? いいんでござるか?」

男「構わない。で、赤坂のテレビ局の件。これはそもそも
 うちでは受けない。池袋に直流し」
C男「拾いもしない」

B男「それは池袋には無理だと思うでござる」
女「そだね。ハガキから入力したぼろぼろデータでしょ?
 新人ばっかの班にこなせる仕事じゃないよ」

男「もらってる金は一緒だ。やってもらう」



64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 00:01:13.32 ID:sWo2V5xi0
男「当班は現在やっている作業を完全に終了させる。
 女先輩が池袋から持って帰ってきた仕事。こいつは
 C男と新人女さんで。二日ちょいだっけ? あげて」

C男「……了解」

新人女「わたし、両方ですか?」
男「うん、がんばって。出来ないことは、言ってない」

B男「拙者は引き続き、と」
男「お願いします」

女「ってことは」

男「神楽坂班で、保険屋を全部引き受ける予定。とりあえず
 俺が一人で入って、全体の仕事量と、データの複雑さを
 把握してみるよ。手が空いた人から仕事を割り振っていく」

男「で、そういう仕事の量だから、残業希望とる。今月から
 毎月月頭に、いけそうな残業の日程聞いていくのでよろしく。
 くれぐれも、無理はしないで。派遣の方からも言われている
 とおり、自分の予定優先で構わない、
 『出来たら』でかまわないからね。ただ、予定の問題が
 あるんで、自分でだしたスケジュールは残業のために
 時間空けてください。
 んじゃ、この春夏は、そんな感じでっ!」



67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 00:04:55.75 ID:sWo2V5xi0
――8日目、火曜 22:00 神楽坂作業室

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

男「女先輩〜」
女「なにー?」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

男「帰らないの?」
女「男はどうするのー」

男「今日は帰るよ。女先輩も帰ろう」
女「えー」
男「反抗期ですか」
女「だって反抗したい」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

男「なんで」
女「うちトリーズナーなんよ」
男「判りません」



72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 00:08:48.19 ID:sWo2V5xi0
男「まぁ、それはともかく。今日は家に帰って、
 風呂にはいって、小奇麗な格好で明日出社しよう」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

女「……」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

女「……」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

女「……やっとデートかぁ」ポソリ

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

男「俺も、ちゃんとしたカッコに着替えてくるし」

女「そ、それならそうと早く云えばいいのにっ。
 男バカやろ。こっちにだって準備ってもんが」ポソポソ



77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 00:13:05.59 ID:sWo2V5xi0
――9日目、水曜 18:00 本社

女「むー」
男「どしました?」

女「こういうオチですか。
 だいたいなんでうちまで進行会議呼ばれるのかな」

男「んー。まぁ、前線古参兵足りてないから」
女「そりゃそうだけどね」

正社員「おつかれさまでーっす」

男「お疲れ様です」ぺこっ
女「お疲れ様です」ぺこっ

女「……定時に上がるんだ、ここは」
男「そうゆう人もいるだけでしょ。俺らが今から行く会議には
 部長も参加だ。こんな時間からだけど」

女「……」
男「まぁ気楽にいこう。俺らどうせ傭兵だし」

女「なんや腹たつなっ」



82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 00:17:27.08 ID:sWo2V5xi0
――会議中 2時間目

部長「……というわけで、こちらも心苦しいが
 全社一丸となってだね……」

部長「……ニーズに応えるのが企業としての本道であり」

部長「多角化している顧客の要望に対して、いかに
 レスポンスをあげていくかという……」

部長「――と、なるわけだ。
 見通しは理解できたかね?」

男「はい。大きく分けて三点ですね。
 1、営業の受注を処理するために、データ管理部の稼働率は
 これ以上落とす訳にはいかない。
 2、データ管理部の処理能力維持のためにしばらくは
 厳しい業務になるが、これについてはデータ管理部の裁量で
 維持しなければならない。
 3、人員上難しいことは予測できるので、追加人員を早急に
 そろえる。これは新池袋班として今週中に発足する」

女「……」

部長「その通り」

男「お話は判りました」
女「はい」



87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 00:22:14.43 ID:sWo2V5xi0
部長「新池袋班の編制だが」
男「……」

部長「新池袋班のプロジェクトマネージャーは女君に
 お願いしようと思ってるんだが、いいかね?」
女「え?」

部長「女君も長いだろう? 後輩の男くんがプロジェクト
 マネージャーをやっているんだ。そう難しくないだろう」
女「……うち」

部長「プロジェクトマネージャーで、手取りの額面も
 増えるように派遣会社の方とも交渉するよ?」

女「うち……」

部長「引き受けてくれるかな」イライラ

女「……それは、ちょっと難しいです。うちの実力は
 そこまでじゃありません」

部長「そうなのかね?」ちらっ

男「いえ、女先輩の実力は頭二つ抜けてますよ。
 おそらく作業速度でいったら俺よりも早いです」
女「!?」



92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 00:28:37.16 ID:sWo2V5xi0
部長「だろう? ほら、プロジェクトマネージャーの彼も
 こういってる」

男「ただ」
部長「?」

男「彼女がプロジェクトリーダーだと女性ということもあって
 労管、厳しくないですか? この流れだと、相当激務ですよ」

部長「それは」イライラ

男「それから彼女はこっちの班でもエースです。彼女が
 抜けるなら、うちの班にも新人4人は追加しないと
 厳しいです」

部長「4人? それはいくら何でも無茶だろうっ」ギロッ

男「戦力計算だとそれくらいなんですよ。で、次が一番大事な
 点なんですが、正直、いまきついんです」
部長「人員配置のことは先ほど説明したはずだ」イラッ

男「いえ、そうじゃないです。作業量ではなく。
 自分もクライアントへの説明はケア含めて頑張っているのですが
 やはりそこは立場の問題もありますし……、
 新池袋班のプロジェクトマネージャーは是非、正社員の方に
 お願いすべきだと思うんですよ。クライアントに伝わる
 誠意が違うと考えます」



96 :DION軍VIP方面軍二等兵 ◆nvuPrjHidY :2009/04/15(水) 00:32:15.32 ID:zPgy6ZKS0
男になら掘られてもいい


97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 00:32:36.47 ID:Uy0AXk1QO
男やるな


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 00:33:18.39 ID:sWo2V5xi0
部長「ふむ。それは承知しているが。管理部には動ける
 人材がいなくてね。そうしたいのは山々なんだが……」

男「M野さんはどうですか?」

女(!?)

部長「営業の?」

男「はい。M野さんは自分たち派遣の面倒もよく観てくれて
 いますし。進捗管理を中心に業務を行うのであれば、
 技術的なサポートは開発部のフォローで十分まかなえると
 思います」

部長「ふむ……」

男「これはM野さんとは関係なく、だれがマネジになった
 場合もですけれど、チーム立ち上げ前にマネジを選定して
 立ち上げ業務にも参加してもらうのはよいですよね。
 自分のチームだというモチベーションがあがりますし。
 ですから、立ち上げ前のこの時期に女先輩に声をかけて
 頂いたのは素晴らしいと思いました」

部長「そうだね。モチベーションは買えないからな。ははは」
男「気を遣っていただき、ありがとうございます」



100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 00:33:25.56 ID:e2WpQlVu0
上手い具合にババ押し付けてるwwww


105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 00:37:29.98 ID:sWo2V5xi0
男 ちょん
女「あの……。ありがとうございます。すみません」

部長「いや、そういうことであれば、考えてみよう」
男「神楽坂班も協力させていただきたいと思うのですが
 この際、チーム立ち上げの協力するよりも、
 すこしでも処理能力を上げていくのが、
 今回協力できる一番の形だと思っています」

部長「うん。管理部のデータ移行業務に遅れが出ると
 営業から煩く……いや、社の利益もね」

男「はい。そのためには営業部も協力してくれると思います」

女「……」

部長「ふっ。それはそうだな。……この不況時、
 協力し合っていきたいモノだな」

男「はい」

部長「旧池袋の残った娘はどうだい? 新人だという話だが」
男「うちで預かっています。仕事もぼちぼち覚えてきました」



107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 00:40:10.58 ID:Y+5sDCmR0
男すげぇ〜・・・・


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 00:41:01.61 ID:sWo2V5xi0
部長「新池袋班へと編入すべきかね?」

男「何とも言えません。神楽坂班でも動けていますね。
 あとは新池袋班ですが、新しい編制で立ち上げるなら、
 古いやり方と比較されるより、新人で立ち上げた方が
 チームワークは良くなるかもしれません」

部長「そういうものか」
男「マネージャー次第だと思います」

部長「ふむ。ともあれマネージャー人選か」

男「はい」

部長「面倒なことだな」

男「お手間をかけさせて申し訳ありません」ぺこり

女「……っ」

男 ちょん

女「……」ぺこり



112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 00:47:17.96 ID:sWo2V5xi0
――9日目、水曜 21:00 駅前ラーメン「柴犬」

女「なんか、うち」
男「?」
女「……やだな」

男「なんですか、先輩らしくもなく」
女「男はあんな会議、毎週でてるの?」
男「毎週じゃなくて、月三回」

女「……」
男「トンコッツ、ネギネギ♪」

女「……疲れた」
男「うん、おつかれさまです。疲れますよね、あんなん」

女「身体が汚れた気がする」
男「女先輩はどこも汚れちゃいませんよ」

親父「はいよ、おまちっ」

どんどんっ

男「ほら、食べましょう。先輩にチャーシューあげっから」



115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 00:51:16.99 ID:sWo2V5xi0
――9日目、水曜 21:20 コンビニへ向かう路上

女「うち、男のことよく判ってなかったのかな」
男「え? なんで?」

女「……」
男「夜明けのコーヒー飲んだ仲じゃないですか」

女「そだね。あはははは……。はは……」

男「――黒くてごめんなさい」

女「そうじゃなくて、そうじゃなくってっ。
 なんかぐるぐるしてて、うまく言葉にならないけどっ。
 うち、ずっとあんなこと、あんなのの相手、男にさせてた」

男「普通の会議だったでしょ?」

女「……うち男に押しつけてた」
男「……」

女「でも、M野うけないよ。あんなこと言って」
男「受けるでしょ」
女「なんで?」



119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 00:54:47.41 ID:Vo+2ue8g0
萌え皆無とか嘘つくな


121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 00:55:23.27 ID:sWo2V5xi0
女「管理部のマネジなんて汚れ役だよ。そんなのあっちは
 全員知ってる。だから男とか、うちとかにやらせようと
 してたんだよっ」

男「でも、受けると思いますよ」

女「なんで?」

男「いま、管理部がボトルネックなんですよ。いくら仕事を
 受注しても俺たちの処理能力が低いと、業務がこなせないから。
 会社全体のことを考えたら、営業から1名出向させて協力体制を
 とるってのは大義名分がある。
 営業が断れる話じゃないですよ」

女「そう……なん……?」
男「ですよ」

女「……」

男「部長は多分、そうとう営業から虐められてますね。あれ。
 だから営業にしっぺ返しする案にはのるでしょ」
女「なんか、そゆの」

男「面倒で黒いですね。すいません。
 こんな面倒なのに、女先輩のこと巻き込んで。
 話題的に、どうしても向こうが呼べっていうもんだから」
女「……うち」



124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 00:57:07.14 ID:BYKdiQwM0
男みてるとパトレイバーの後藤さん思い出すよ


127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 00:58:51.27 ID:sWo2V5xi0
女「うち、断ってよかったんかな」
男「どうしてです?」

女「断ったせいで、仕事増えるよ。きっと嫌がらせされるよ」
男「またまた」

女「古い池袋のチームはそうやって潰されたんだと思う。
 云うこと聞かないから……。
 嫌な仕事とかきつい仕事振られて」
男「そんなのないですって」

女「だって実際デスマーチきてるやん」

男「それは、女先輩とは無関係でしょ。ひとつしかチーム
 無いんだから、仕事量が2倍になるのは当たり前ですって」

女「……」

男「だいたい、うちら潰したら一番困るの会社でしょ」
女「そうだけど」

男「――まぁ、それでも嫌がらせで現場いびりを
 止められないのがブラックなんですけどねー」

女「……」



129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 01:01:01.43 ID:plk5x6+HO
一生懸命頑張ってる人間が評価されない世の中か‥支援


132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 01:03:12.04 ID:sWo2V5xi0
――9日目、水曜 22:00 神楽坂作業所

女「むー」
男「どうしました?」

女「いやうちウォリアーだかんねっ!」
男「それは知ってますけど」
女「このもやもやは仕事で返すっ!」

男「意味不明ですけど、なん格好いい」
女「うははは!」

女 カタカタカタカタ

男「お。早ッ」
女「やらせはせんっ! やらせはせんっ!!」

男 カタカタカタカタ
女 カタカタカタカタ

男「負けないすけどねっ」
女「なにをー!?」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

男「こっちもアクセル!」
女「負けるかーっ!」



135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 01:08:30.35 ID:sWo2V5xi0
――10日目、木曜 3:00 神楽坂作業所

女「で、こうなると」
男「まぁ、それは」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

女「あんだけ気合いれりゃね」
男「燃え尽きもしますって。ふわぁーあぁ」
女「もちっとペース配分考えようよ」
男「お互いもう10代じゃないですしねー」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

女「小娘なんかに負けるかーっ」

女 カタカタカタカタカタカタガガガガガガガ

男「しかし肌年齢で」

女 ガガ……ガガ……ガピー

男「む。肌年齢がクリティカルワード? 三十路肌?」

女「三十路違うわっ!」 ベキッ!



137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 01:13:32.21 ID:sWo2V5xi0
女「まったく!」ぷんぷん「男はそういう突っ込み厳しいぞ」

男「う、あ、ぅ……」

女 カタカタカタカタカタカタ

女「うちと君の仲だからいいようなものを。社会でそんなこと
 いってると抹殺されるよ?」

男「景色がひしゃげて見える……」

女「なんか云った?」
男「云ってません」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

女「んー」
男「……」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

女「まぅまぅ」
男「どした?」



140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 01:17:16.86 ID:sWo2V5xi0
女「だいたいさ、云う台詞ならほかにあるでしょ」
男「ぇー」
女「ったく」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

男「そういえば、今日先輩の着てきた服。
 初めてじゃないですか? それ似合ってますね」
女「っ」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

女「……あ」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

女「あ、あんな」あせあせ

男「――なんちゃって! ……そういうのはうちらの仲だと
 ないですよね、女先輩と俺だもんなぁ」

女「あ、あははははっ。うん、ないないっ! 全然無いっ!」



145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 01:23:10.32 ID:sWo2V5xi0
女「――」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

女「うちちょっと席外す。すぐ戻るよ」
男「いってらっさーい」

男 カタカタカタカタカタカタ

男「……」

男 カタカタカタカタカタカタ

男「いや、もう」

男 カタカタカタカタカタカタ

男「全然、そういうの無いですから。
 そんなのあるわけ、ないっすから」



149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 01:26:42.63 ID:sWo2V5xi0
ガチャリ

女「ただいまー」
男「おかえりー。あ」

女「このほうが、やっぱ楽ちん」
男「……う、ん」
女「まぁ、うちにはパーカーとジーンズとかね。
 女バスのジャージとかが似合ってるのだ」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

男「……」
女「……むぅ」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

男「その格好のほうが、一緒にいて落ち着きます」
女「むー」



154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 01:30:19.23 ID:sWo2V5xi0
女「男ー。なんか面白い話して」
男「またそういうことを」
女「だって、うち退屈」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

男「退屈が吹き飛ぶような仕事をしましょうよ」
女「仕事が吹きすさんで、退屈がやってきちゃう」
男「うーん。うーん」
女「何でそんな悩むかな」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

男「だって、話す話題が無い。俺、私生活スカスカだからなぁ」
女「仕事にーんげーん」
男「お互い様じゃない?」
女「正直ごめんなさい」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

男「そういえばさ」
女「はい?」



156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 01:33:51.35 ID:sWo2V5xi0
男「絶望ハンバーグ工場ってなに?」
女「え?」
男「いや、ほら。昼間言ってたじゃない?」
女「あ。えーっとそれは」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

男「?」
女「……ペチこね、ぺチこね」
男「えっと」
女「たしーんたしーん!」

男 カタカタカタカタカタカタ

男(わ、訳がわからん)
女「ペチこね、ぺチこね、たしーんたしーん!」ゆらゆら
男「な、なんですかその動きは」

女「ペチこね、ぺチこね、たしーんたしーん!」こねこねゆらゆら
男(なんだこのプレッシャーは!?)

女「判った?」
男「え、その……」

女「ペチこね、ぺチこね、たしーんたしーん!」こねこね
男「判りましたっ」



159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 01:38:56.07 ID:sWo2V5xi0
男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

男「つか、あれですよ。そんなに面白い話が聞きたければ
 女さんが話すといいのに」
女「じゃぁ絶望ハンバーグ工場ってのはね」
男「いや、絶望ハンバーグ工場はもういいや」
女「むー」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

男「じゃなければ、なんか質問してみるとか?」
女「え? あ。男に質問?」
男「うん」
女「おお、そうか。そんな斬新なアイデアがありましたか。
 えーっと……それじゃ、男のDT」
男「エロワードは禁止だからね」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

女「……それじゃ質問できないよっ!」
男「エロなしじゃ質問できないんですかっ。先輩どんだけ
 砕けた生活送ってるんですかーっ」
女「いや、リトル冗談です」



162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 01:42:30.89 ID:sWo2V5xi0
女「……じゃ、さ」
男「……」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

女「なんとか、なるかな……?」
男「……」
女「今回も、みんな辞めちゃうかな……?」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

女「前のときみたいに、誰もいなくなっちゃうかな……」
男「ちがうっしょ」
女「?」

男「前のときでも、俺が残りましたし、B男だって
 後半加入だけど生き残りました」
女「……うん」
男「それに今回は……」
女「?」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

男(今回は、マネジやらせてもらってるわけですよ。
 現場の先っちょでいいように小突き回されて
 何もわかんない暗闇の中で相手もわからないまま
 消耗戦させられてた前回と同じじゃ――)



167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 01:48:44.36 ID:sWo2V5xi0
女「おっかないオーラでてる」
男「……出てないです」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

男「池袋分だった仕事は、女先輩のマクロで随分はかどった
 みたいですから、それの納品を遅らせましょう」
女「いけるかな」
男「おそらく」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

男「その隙に、保険会社の分を俺と先輩で切り込んで、
 出来る限り自動処理できるマクロを書くと」
女「それで、どうにかなる?」
男「食らい突いた先の勝負の結果は判りませんけど。
 始めなきゃ終らないでしょ」

女「……」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

女「うん。そうだよねっ。
 うちは、男のこと信頼してる」



168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 01:49:45.04 ID:C4B7FXET0
信頼ですか


170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 01:53:13.95 ID:sWo2V5xi0
――10日目、木曜 4:30 神楽坂作業所

男 カタカタカタ
女 カタカタ ……かくっ

男「女先輩」
女「ん。だいじょぶ」

男 カタカタ
女 カタカタ ……かくっ

男「もう、だめですよー」
女「むっ! うちウォリアーなんよ」
男「それは知ってますけど」
女「むぅ」
男「頭ほにょほにょでしょ」
女「ぽーにょはまんまるおなかの」

男「ほら、仮眠しますよ。先輩。ダンボールしいたげますから」
女「むぅ。ダンボールに安らぐ自分がいやだ」
男「仕方ないでしょ」
女「二枚?」

男「二枚ひいたげるから」



175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 01:57:41.34 ID:sWo2V5xi0
女「むー」ふらふら
男「ほら。できたよ、先輩」
女「ご苦労っ」ぺち

男「手間かかるなぁ。……でも、こういうのも珍しいか」
女「むぅ」
男「どしました?」

女「男も仮眠しなさい」くてん
男「俺はもうちょい行けるんだけど」
女「しなさい……。すぅ……」

男「もう、まぶた開けてるのも億劫なくせに」
女「男も、無理しちゃダメ……。寝なさい。眠っれっ」
男「わーった。わかりましたよ」
女「眠っれっ」

男「離しても、行かないよ。わかりました、仮眠するから」
女「えらい、ぞ……。くぅー」こてん

男「……」
女「……すぅ。……くぴぃ」

男「……先輩。俺、やっぱし先輩のこと
 ……信頼して無いですよ」



180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 02:07:14.78 ID:sWo2V5xi0
女「それでええって……」くてん
男「……」

女「それも仕事のうちだもん。マネジやもんね」にこっ

男「……」
女「一人で荷物、持ってくれてるんやもんね……」

男「……」
女「……すぅ……くぅ……」

男「……」
女「ふぅ……。んぅ……」

男「でも……信用してますから」
女「……。……すぅ」こてん

男「……」
女「……」

男「おやすみなさい」
女「……すぅ。……くぴぃ」




同僚女「やっぱり二人っきりになっちゃったね」その2へ続く

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/wordroom/51365359
この記事へのコメント
  1. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月16日 19:22
  2. 続きktkr
  3. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月17日 01:10
  4. 面白いわぁ