2009年04月16日

同僚女「やっぱり二人っきりになっちゃったね」その2

278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 12:00:21.03 ID:sWo2V5xi0
――4/23、木曜、金曜 11:00 神楽坂作業所

とぅるるる。とぅるるる

女「男〜。M野から」
男「はい。神楽坂作業室、男です。……はい、お疲れ様です。
 はい、はい……。そうなりますね? はい?
 進捗用のテンプレートを送りしましょうか」

女「なんやむかつく。M野なんかに」
B男「拙者もでござる」

C男「でも、M野がマネジ受けるって、当てた」ポソリ

男「いえ、そんなことないですよ。M野さんこそ、
 新人ばかりのチームを取りまとめてすごいと思います」

女「うっわ、かちんとする。
 M野なんて自分がマネジになって派遣の女の子に
 ちやほやされたいだけやんっ。
 しってる? 池袋のチーム5人のうち3人女なんだよ」
B男「知っているでござる」

C男「……だからだ」
女「え?」



283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 12:06:30.12 ID:sWo2V5xi0
男「こっちも相変わらずですよ。はい、作業多いですよね。
 はい。ああ、体調を? 女性相手ですからねー」

C男「……あの営業が、ハーレム作りたいと思ってたから
 だからマネージャーを引き受けるって読んだんだ」

女「それホント?」 新人女「本当なんですか?」

C男「知らない」

男「気を使わないといけませんね。……いえ、こちらも
 いっぱいいっぱいですね……。いえ、もう歳ですから。
 ……あははっ。はい」

女「そうじゃなくて、ほら。いまは不況だし、全社体制だし
 ひとがいなければ、営業が受注しても納品できないからさ。
 だから営業も協力せざるを得なくて、だから……」

B男「それは営業が協力する理由にはなっても、
 M野が来る理由にはならんでござろ」

女「……」
新人女「……」

C男「白さを捨てた連邦の悪魔。ティターンズカラー」
B男「拙者は忍者なので黒も闇もどんとこいでござる」



286 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 12:11:25.22 ID:sWo2V5xi0
男「いえ。はい。では。……判りました、早急に手配します」

かちゃり

B男「お疲れでござる」
C男「M野捨てよう」

男「おー。捨てたいな〜。あははは〜」

女「……あのさ、男?」
B男「はらへったでござるよ」
C男「業務を捨てて、昼飯に出かけよう」

男「もうそんな時間?」
B男「そんな時間でござるよ。男氏はここ数日、昼食を
 取っていないでござるね」

新人女「そういえば、そうですよ。いつも留守番で」

男「そんな事は無いよ。カロリーメイト食ってる」
C男「携帯食料を捨てよう」

B男「そういうのは食事とは云わないでござる」
男「忍者にだって兵糧丸とかあるだろ?」
B男「あれは薬でござる」



288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 12:17:25.44 ID:sWo2V5xi0
B男「みんなでカレーをたべにいくでござるよ!」
女「なんでカレー?」

B男「あれ? カレー美味しくないでござるか?」
女「いや、美味しいけどね」

B男「ある統計によれば、日本人のサラリーマンは
 平均週に3回のカレーライスを食べているそうでござるよ」
C男「偽インド人も捨てよう」

女「カレーかぁ」
B男「唐揚げトッピングもあるでござるよ」

女「よし、みんな行くよっ」
C男「ためらいを捨てた!」

男「おお、うまそう、行っておいで〜」
女「男も行くのっ」
男「俺は、ほら、連絡とか」

女「行っくっのっ」ぎぅっ
男「痛ぅ。了解。ラジャりましたっ」



290 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 12:22:39.18 ID:sWo2V5xi0
女「よっし、行こう! ほら、C男も。新人女さんもいくよっ」
C男「了解」

新人女「あの、わたしも」
B男「?」

新人女「ご一緒していいんですか?」
女「あたりまえやん。眠いこといわないで。ほら、マネジー」

男「はいはい。――む!? 奢らないからなっ!」

女「カレーくらいでたからないって」
B男「拙者は奢ってもらっても一向に構わないでござる」
C男「空腹を捨てたい」

女「さーいくぞー!」
B男「おー!」
C男「おー!」
新人女「♪」

男「やっぱ女先輩のほうが華があるよな」
女「うちのことほめた?」
男「褒めた褒めた」



291 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 12:23:07.17 ID:CnWatFV9O
いいなぁ、そんな昼飯の誘われ方してみてぇ


295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 12:28:01.02 ID:sWo2V5xi0
――4/23、木曜 12:00 CoCoのカレー屋たん

女「ここで専門店に行かない私たちは偉い」
男「いや、変に専門店行くより、これで良いよ」

店員「いらっしゃいませー。ご注文よろしいでしょうか?」

B男「エビ煮込みカレーを400gさらに辛口でござる」
男「完熟トマトとアサリカレー、辛口2で」

新人女「えーっと……」おどおど
C男「やさいカレー、辛口2」

女「うち、唐揚げカレー辛口に唐揚げトッピング!」

男(重ねてきたよっ)

新人女「わたしはハヤシラ」

女「えー」 C男「捨てよう」 B男「却下でござる」

新人女「えっと、甘口カレーに半熟卵……で」

店員「繰返させていただきます――」



299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 12:33:45.94 ID:sWo2V5xi0
女「美味しい♪ 唐揚げは、んまいね!」
男「久しぶりだとカレーだー」

新人女「辛いです……こくこく」
B男「拙者は毎週食べてるでござるよ?」
C男「……もぐもぐ」

女「ま、食べないと。もぐ……もたないからね」
B男「そうでござるね」

男「……もぐもぐ」
B男「男氏、男氏……。大丈夫でござるか?」

男「へ?」

B男「目が死んでたでござるよ?」
男「嘘だぁ」

新人女「ほんとですよ? 昨日からつらそうです」

男「ちょっと疲れてるだけー。余裕」
女「まったく男は。自己管理しなさい」



307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 12:45:05.14 ID:sWo2V5xi0
C男「たまった疲れを捨てたい季節」
女「ゴールデンウィーク無いしね」
B男「拙者それ食べたことないでござるよ」

男「……もぐもぐ」
新人女「はぅっ……。すみません、お水お願いします」

C男「そろそろ……」
女「?」

C男「仕事、加速したい」
女「ああ。うん、そだね」

B男「ここまでのところは平穏でござるけど、仕事の方もね。
 女氏と男氏。保険会社のデータの方は、結局どうでござるか」

女「ん。マクロは書けてるよ。
 そろそろ本格作業開始ではあるんだよね〜」

B男「とりかかるでござるか」
C男「常人を捨てよう」
女「だね〜」

男「残業は一日2時間まで」



310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 12:50:37.02 ID:sWo2V5xi0
女「え〜」
B男「それだと、回転あがらないでござるよ」
C男「……ウォリアになれない」

女「そろそろ、攻めないと間に合わなく無い?」
新人女「……」

男「ダメ」

B男「そうでござるか……」

女「男は、ちょっと一人で頑張りすぎだよ。今回書いたのだって
 マクロの規模越えてるでしょ。
 校正アシストツールの域になってるよ。
 そろそろうちらのこと、頼ってよ」

C男「マネジ一人で暴走」

男「みんなと一緒に帰ってるでしょ。暴走してません」

B男「仕事はきついけれど、身体も慣れてきたでござるし」
女「うん、そろそろペースあげよ? ね」

男「……」

新人女「え、とですね」



313 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 12:55:25.47 ID:sWo2V5xi0
女「ほい?」
新人女「わたしも、そろそろ残業、してみたいです」
B男「ああ、そうでござるね」
C男「残業処女を捨てるときが来た」

女「C男、それセクハラだから」

男「んー」
新人女「いかが、でしょうか」
B男「仲間はずれは良くないでござろ?」

女「そだね。もう処理慣れもしてきたしさ。一ヶ月でしょ?」
新人女「はい。仕事も慣れてきました」

男「……判った。でもきつかったらちゃんと報告してね」
新人女「判りましたっ! がんばります」

B男「これで一緒でござるね」
C男「新人の名を捨てたのだ」

女「んじゃ、新人女ちゃんにもそろそろ夜食の店を
 教えねばなぁ♪」

男「夜遊びですか」
C男「コンビニキングだ」



317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 13:01:22.64 ID:sWo2V5xi0
――5/1、金曜 6:00 神楽坂作業所

かちゃ

新人女「おはよーございます……」そぅっ
男「あー」

新人女「あ。やっぱり」
男「……おはよ」

新人女「おはようございます」
男「んー。まいったな」

新人女「毎日一緒にかえって、
 残業も2時間までで一緒なのに、
 男さんは疲れてるから変だとは思ってたんですよね」

男「んー」

新人女「朝早くから。……何時から来てたんですか?」
男「たまたま、さっきだよ」

新人女「……」
男「……」



320 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 13:06:48.59 ID:sWo2V5xi0
新人女「わたし、紅茶入れますね」
男「あ、はい」

とててて
男 カタカタカタカタカタカタ

新人女「は、どうぞ」
男「ありがとうございます」

新人女「わたしもやっちゃおうかなー」
男「タイムカード押してね」

新人女「男さんも押してないですよね」
男「黙秘」

新人女「じゃ、わたしもおつきあいと言うことで」
男「ちゃんと押すように」

男 カタカタカタカタカタカタ

新人女「みんなにばれちゃいますから」
男「……」

男 カタカタカタカタカタカタ
新人女 カタカタカ



322 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 13:10:07.34 ID:ND6FUGnxO

いつからカタカタカに進化してた?
カタカからカタカタに進化したときは気がついていたが



324 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 13:13:23.51 ID:sWo2V5xi0
男 カタカタカタカタカタカタ
新人女 カタカタカ

新人女「えへへ」
男「……」

男 カタカタカタカタカタカタ
新人女 カタカタカ

新人女「……ん。…………こっち、っと」
男「えーっと」
新人女「はいっ」

男 カタカタカタカタカタカタ

男「……なんかすげー話しづらいんだけど。
 みんなには、その内緒で」

新人女「了解ですっ」



327 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 13:17:27.92 ID:sWo2V5xi0
男 カタカタカタカタカタカタ
新人女 カタカタカ

男「……」
新人女「……」

男 カタカタカタカタカタカタ
新人女 カタカタカ

男「なんでそんなに頑張るかなぁ」
新人女「わたしですか?」

男 カタカタカタカタカタカタ
新人女 カタカタカ

新人女「頑張ってないですよ。皆さんに比べて
 楽させてもらってますし。仕事だって遅いし……」

男 カタカタカタカタカタカタ
新人女 カタカタカ

新人女「それに、残業も。わたしが学校で、部活とか
 そういうの無かったですし。なんだか楽しいです」



329 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 13:21:08.02 ID:sWo2V5xi0
男「そなんだ」
新人女「はい」

男 カタカタカタカタカタカタ
新人女 カタカタカ

新人女「……男の子と遊ぶのに忙しかったって言うか。
 恥ずかしい話ですけど、なんかずっと浮かれてて、
 浮かれたままずーっと来ちゃったっていいますか」

男 カタカタカタカタカタカタ
新人女 カタカタカ

新人女「引かないでくださいねっ」
男「引かないよ」
新人女「お恥ずかしい」

男 カタカタカタカタカタカタ
新人女 カタカタカ

男「最初、すぐ辞めちゃうんじゃないかなって思ってた」
新人女「あはは」
男「ごめんね」
新人女「いえいえ。だって、うん。
 すぐ辞めちゃってたと自分でも思います」



333 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 13:25:35.52 ID:sWo2V5xi0
新人女「わたしは、根性無いので……」
男「女がさ」
新人女「?」

男 カタカタカタカタカタカタ
新人女 カタカタカ

男「そんなこと、ないって。
 新人女さんは残る。って言ってて。
 俺はそうなんかなぁ、持つかなぁって
 ずっと思ってた。見誤ってたよ」

男 カタカタカタカタカタカタ
新人女 カタカタカ

新人女「えへへ……」

男 カタカタカタカタカタカタ
新人女 カタカタカ

男「どしたかな?」
新人女「仕事でダメって恥ずかしくて悔しいって
 ここにきて、初めて知りましたし」



335 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 13:29:39.30 ID:sWo2V5xi0
男「……」

男 カタカタカタカタカタカタ
新人女 カタカタカ

新人女「仕事で褒められると、こんなに嬉しいって
 初めて感じました」

男 カタカタカタカタカタカタ
新人女 カタカタカ

男「気合い入ってきたね」
新人女「女さんの薫陶を受けてますからねっ」

男「やっぱすげぇな。女先輩は」

新人女「それに、お昼ご飯に誘われるんですよ?」
男「普通だよね?」

新人女「わたし、やっぱり普通じゃなかったんですよ。
 たぶんですけど。浮いてたって言うか」

男 カタカタカタカタカタカタ
新人女 カタカタカ

男「そか」
新人女「はい」



336 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 13:33:52.12 ID:sWo2V5xi0
新人女「それに、あんまり純粋でもないですよ、やっぱり。
 お金だって欲しいですし」

男 カタカタカタカタカタカタ
新人女 カタカタカ

男「そりゃ当たり前だよ。仕事だもん。奉仕活動じゃない」

新人女「男さんだって、格好良いと思います」

男 カタ
新人女 カタ

男「……」
新人女「……っ」

男 カタカタ

男「ありがとね」
新人女「……はい」

男 カタカタカタカタカタカタ
新人女 カタカタカ



339 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 13:41:20.66 ID:sWo2V5xi0
男 カタカタカタカタカタカタ
新人女 カタカタカ

新人女「あのっ!」
男「は、はいっ?」
新人女「あのですね、ファイル63の処理でですね」

男「あー。はい……。これね。多分どっかに帳票あるんだけど」
新人女「この場合は、原本参照ですか」
男「そうなるね、面倒だけど。無い場合は問い合わせだね」
新人女「判りました」

男 カタカタカタカタカタカタ
新人女 カタカタカ

新人女「あのっ。変な意味ではないので」
男「了解です」
新人女「……えっと、はい」

男 カタカタカタカタカタカタ
新人女 カタカタカ

新人女「がんばります」

男 カタカタカタカタカタカタ

男「お願いします」



365 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 15:32:04.64 ID:sWo2V5xi0
――5/4、月曜 14:00 神楽坂作業所

女「ゴールデンウィークってさー」

B男「女先輩が何か言い始めたでござる」
男「ほっといて仕事」

女「なんかさ。キラキラしてるよね。いや、もっとこう
 ……キラキラ☆のようなっ」
C男「乙女チックなその仕草、捨てよう」

女「具体的に言うと、世間から私たちを除去した残りが
 キラキラしてる訳ですよっ!!」

C男「四月の気層のひかりの底だ」
B男「それなんでござる?」
C男「はぎしりをはき出す。捨てる美学」
B男「相変わらず全然判らないでござる」

女「キラっ☆ みたいな」
男「女先輩、休憩したら?」

女「休憩せんもん!」



366 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 15:34:55.36 ID:0FsC0mCoO
忙しいのにヲタネタをたくさん知ってる先輩萌え


368 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 15:37:25.33 ID:sWo2V5xi0
新人女「でも、ゴールデンウィークなんて
 どこも混んでいますし、いろいろ高くつきますし
 良いことないですよ。TDLとか子供ばかりですし」

女「……あぅ!?」
新人女「?」 B男「?」 C男「あーあ捨てちゃった」

女「お、おとこー! おとこっ!」
男「どうしたんですか」

女「リ、リ、リア充がいるっ!」
男「あー、そうだね」

新人女「?」

女「リ、リア充ですよ。ティーディーエルってゆったよ!」
B男「パニック起こすほどのことでござるか?」
C男 ふるふる

女「ディズニーリゾートのほうが
 響きが良いと言うことですか?」きょとん



370 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 15:42:33.88 ID:sWo2V5xi0
女「リゾートっていったよ? おとこ、リゾートって!」
男「幼児退行しないで仕事しようね」

B男「みてて哀れでござるな」
C男「切なさを捨てたい」

女「だってうち、シーいったことない」
新人女「え?」
B男「そうなんでござるか?」

女「うち、修学旅行でしか行ったことないもん」
C男「残酷物語」

男「別に、珍しかないでしょ」
新人女「そうですね。行く人はしょっちゅうですけれど
 興味がない人はさっぱり行かない訳ですから」

女「うち、めたくた興味あるのに……」
B男「涙がこぼれそうでござるね」

とぅるるるる
かちゃ

B男「はい、神楽坂作業室でござる」



373 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 15:48:08.41 ID:sWo2V5xi0
女「だって、ティーディエルシーだよ?」
男「はいはい」

B男「男氏〜。本社からでござる」
男「……」
新人女「ゴールデンウィークでも本社動いてるんですか?」
女「なんだろ」

男「お電話変わりました。はい、男です……。
 ……。
 ……。
 ……はい、そうです」

男「先方は? 違います。そうじゃなくて、その派遣の娘は?
 はい……。すみません。いえ、理解はします」

女「……怖いオーラだ」ポツリ

男「池袋班はこのままで? はぁ……。いえ、こちらは特に。
 復旧はどうされるんですか? ですね。はい
 早くて――」 「悪い、カレンダーとって」

新人女「はいっ」

男「ゴールデンウィーク空けないと動けませんよね」



376 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 15:53:36.01 ID:sWo2V5xi0
男「……仕方ありませんよね。はい……。判ります。
 営業の方は? はぁ……。そうですか……」

男「いえ、自分の方から出向きます。
 ――出来れば、履歴書のコピーをこっちに。スキルシート?
 でも無いよりは。はい。すぐ移動します。M野さんは?
 ああ、当然ですよね。……判りました、はい」

C男「始まった」
B男「で、ござるなぁ」

がちゃり

男「池袋班がこけた」

女「……」 B男「……」 C男「M野捨てよう」

男「M野は出てない。ゴールデンウィークだからね。
 詳しい事情はわからないけど、男1名と女の子2名が
 同時に辞めた」

C男「顔だけで選ぶから」
B男「それだけじゃないでござろ……」
女「M野なんかやったのかな」

男「その辺は不明。俺らは探偵じゃないので、職務外」



378 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 15:57:00.51 ID:sWo2V5xi0
女「で、どうなるんかな」
男「B男、いける?」

B男「正直死んでも嫌でござる」
男「頼む」

B男「……」
男「……」

女「なんなら、うちが」
男「黙ってて」

B男「……了解でござる。池袋でござるね」
男「そうなる」

B男「謝ったら行かないでござる」
男「ありがとうな」

B男「残った娘にモテモテかもしれないでござるし」
男「うん」
B男「本当に駄目そうなら逃げ出すでござる」
男「かまわない」



381 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 16:02:23.17 ID:sWo2V5xi0
男「んじゃ、みんなはそのまま仕事続行で。俺と忍者は
 池袋の様子見に行ってくる。B男はそのまま向こうに
 居着く可能性もあり」
B男「M野の下は嫌でござるんだけどなぁ」

C男「こだわりを捨てよう」
B男「拙者だって捨てたいでござるよ」

女「……ごめん」
B男「あやまられたら萎えるでござる」

新人女「あの、がんばって!」

B男「まかせるでござる!」

男「行こう」
B男「おう!」

がちゃん

C男「……」 新人女「……」

女「まぁ、考えても仕方ないよ。
 うちらはここでがんばろう。男のいない間にどんどん
 進めてプレッシャーかけよー!」



383 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 16:03:07.59 ID:z1RBnLQj0
なんだろうこの胸のザワザワ感


384 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 16:04:16.33 ID:7MZKXun00
B男死ななきゃいいな


385 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 16:08:38.33 ID:sWo2V5xi0
――5/4、月曜 20:00 神楽坂作業所

女「……結局、5人のうち、3人やめたと」
男「うん」
C男「やっぱ捨てよう」

女「M野?」
男「だけ、とはいえない。単純じゃないと思う。
 根底にあるのは仕事の量が大きいことだよ。
 池袋はM野に加えて、男性一名がサブマネ、女の子3人が
 その下っていう体制でやってた訳だけど」

女「うん」

男「仕事量が大きすぎて、つってもうちの半分程度だけどさ。
 それがサブマネの男に集中してたんだ。M野はあのとおりだし。
 で、そういう空気の中で、M野が女の子の一人を
 口説き始めたからさ、女子がサブマネに同情してね。
 なんか惚れたとかもあったのかもしれない」

新人女「……」

男「で、抗議的なニュアンスで同時に辞めた、と」
女「うん……」



386 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 16:13:53.41 ID:sWo2V5xi0
女「ケアは」
男「一応連絡は取ってみたけど。相当怒ってた」
女「ったりまえですよ」
C男「M野捨てよう」

男「辞めちゃダメだよ」
女「うわ、会社側発言」

男「嫌がらせで辞めたって、M野は痛くないと思うよ。
 いや、まぁ実際痛いんだけどさ。
 営業ではいろいろ言われると思うけど、
 出世に響くかもしれないけど、
 M野は反省しないよ」
C男「捨てればいいんだ」

男「そんな自爆テロみたいなこと……。それじゃダメだよ」
女「でもっ」

男「俺も片棒担いでる訳だし」
新人女「え?」

男「M野がマネジになったきっかけは俺だしね。
 この結果も予測できてなきゃいけなかった訳で」
新人女「……」



388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 16:19:27.78 ID:sWo2V5xi0
男「ま、野良だし?」
女「……」

男「自分の身は、自分で守らないとね」
新人女「……っ」

C男「男は……。男は捨てすぎだ」

女「……」
男「捨てたんじゃない。持ちきれなかっただけ」

新人女「あの……」
C男「持つ前に捨てた」

男「余所のチームのことだ」
新人女「あの……」おろおろ

C男「男なら持てたっ」

男「……」

女「切りが良いし。今日はあがろう」
男「そだね。今日は、これで、上がりで」



395 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 16:33:16.73 ID:sWo2V5xi0
――5/4、月曜 20:30 駅

女「あのさ、男。ケーキバイキングってあるやん?」
男「あるね」

女「あれもさ、うち行ったことないんよ」
男「うん」

女「TDLと一緒でさ。そのうち行こうかなー
 とか思ってたんだけどさ。タイミング合わなくてさ」
男「うん」

女「男が良ければ、今度暇な日にお供させてやってもええよ?」
男「うん」

女「お、行くか? 行っちゃうか」
男「……」

女「……」
男「……」

女「……あのさ、男」
男「ん?」

女「C男の言うこと、気にしちゃダメだよ」



397 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 16:38:20.30 ID:sWo2V5xi0
女「あいつも、頑張ってたぶんさ。感情移入ってかさ。
 しちゃってただけでさ、悪気はなかった訳で」
男「うん」

女「……」
男「……」

女「男さ……。今日、うちね」

ゴーーーーー

男「電車来たよ、女先輩」
女「ん……あの」

男「よく寝て、明日もよろしくですよ!」にこっ
女「お、おうっ」にこっ

男「お風呂で良く暖まるんだよ」
女「うちは子供かーっ!」

男「あはははは。またねっ!」
女「あはははっ。お疲れ様っ」



402 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 16:48:10.58 ID:gedjeIp60
仕事ってせつねぇ・・・・


407 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 17:11:19.27 ID:i4vrSAKi0
ゴーーーーー

男(上手い具合に立ち回ってさ。
 上司も営業もはめてさ。
 仕事に安全弁つけてさ)

男(できてる。この調子ならしのげる。
 しのげるどころか、コントロールできてるってさ)

男(そんな風に思って、走って走って)

男(走っても……)

男(結局、まだ、真っ暗闇)

男(なんでこんな気持ちになるのかな)

男(なんでこんなになんにも出来ないのかな)

男(なんでいつも間違った方を選んじゃうのかな)





1はDionが規制されて檻に入れられてしまいました
とのこと
あと1レスで切がいいので代行



411 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 17:15:42.85 ID:1t5CBiGBO
なん…だと…


413 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 17:17:32.20 ID:gedjeIp60
残念だが一旦乙


418 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 17:23:15.30 ID:4WOFY9ff0
とりあえず乙
続きが気になるぜー



420 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/15(水) 17:26:46.57 ID:+Rsmk36K0
とりあえず乙っしたー



4/21 new!
同僚女「うちから、ウォリアー取っちゃダメだよ」その1へ続く

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/wordroom/51365376
この記事へのコメント
  1. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月16日 21:44
  2. うおおい!ここでかよ
  3. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月16日 22:01
  4. なんて中途半端な・・・!!!
    先が気になる・・・
  5. Posted by : at 2009年04月16日 22:17
  6. すごい面白い
  7. Posted by 名無し at 2009年04月16日 23:41
  8. なんかすげー
    これはオチまで持ってって欲しい
  9. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月16日 23:51
  10. ひとけたー

    おもろいよねこのシリーズ
  11. Posted by   at 2009年04月16日 23:51
  12. 早く続き読みてぇ!
  13. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月17日 00:15
  14. こんな中途半端に…うわ早く続き読みてぇ
  15. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月17日 01:24
  16. Dionめ…
  17. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月18日 05:09
  18. 続きまだー?
  19. Posted by 名無し at 2009年04月19日 00:32
  20. 5
    続きが早くよみたーい