2009年04月21日

同僚女「うちから、ウォリアー取っちゃダメだよ」その1

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 11:46:00.60 ID:ZyrkDBLnP

同僚女「おーい、おとこ。起きろ、起きろー」その1
同僚女「おーい、おとこ。起きろ、起きろー」その2
同僚女「おーい、おとこ。起きろ、起きろー」その3
同僚女「おーい、おとこ。起きろ、起きろー」その4
同僚女「やっぱり二人っきりになっちゃったね」その1
同僚女「やっぱり二人っきりになっちゃったね」その2

【あらすじ】
 ブラック系IT企業でデータ変換業務を行なう男は
神楽坂班のプロジェクトマネージャー。
歴戦のウォリアー女先輩(指先から唐揚げを出したい)
陽気な同僚のB男(さすらいの忍者マスター。灰は消失に通じる)
口数少ないC男(捨てることに対する美学をもった職人)
そして新規加入した新人女をくわえた5人パーティー。
 なんだかんだでうだうだ底辺仕事をやってた五人だが
池袋で働いていた同僚パーティーが壊滅したことから
仕事量が急増。不穏な空気が流れ始める。
 萌え成分皆無。現代日本における残酷童話。
 あけてもあけてもまた徹夜なブラック物語。



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 09:55:46.03 ID:lUbUVC+k0
――5/5、火曜 20:30 神楽坂作業室
――メッセンジャー

男>>状況はどうですか

B>>最悪の一個上でござるね

男>>ふむ

B>>残った一人の女の方から事情は聞いたでござるが、
 仕事は教えないで、ただノルマだけ重くして縛ってた
 みたいでござるね。M野のハーレム計画が無くても、
 作業量でつぶされてたと思うでござる。

男>>神楽坂の半分だよね?

B>>半分でも致死量でござろ
男>>そっか

B>>どこまで手を貸すべきか悩むでござる
男>>それはちょっと様子見をしながら、だね



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 09:59:36.81 ID:lUbUVC+k0
男>>で、どの辺が「マシ」なの?
B>>M野が出社してないでござる

男>>へぇ
B>>さすがに釈明がつらいのか、体調不良だそうでござるよ
男>>ほうほう

B>>太平楽でござるね
男>>……1人残ってるんだよね?
B>>ええ、まぁ、そうでござるね。ちょっと話を聞いてみた
 でござるけど、他の派遣先を待って待機するのもつらい
 という状況だということらしいでござる。

男>>……。
B>>このへんも、派遣の弱みでござろうね。
男>>うん

B>>拙者はしばらくこっちにいることになりそうでござるね
男>>ありがたい
B>>M野がいなければ、十分耐えられるでござるよ

男>>手を抜きながらやって
B>>了解でござる



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:03:43.35 ID:lUbUVC+k0
――5/6、水曜 6:00 神楽坂作業室

かちゃ

新人女「おはよーございます……」そぅっ
男「おはようございます」

新人女「やっぱりやってますね」

男 カタカタカタカタカタカタ

男「たまたま」

新人女「えっと、プリン買ってきましたよ。
 朝ご飯食べましたか? プリン食べませんか?」

男 カタカタカタカタカタカタ

新人女「……前におごってもらったので」
男「そういえばそだね。……いただきます」

ぱきゅ

新人女「いただきます」



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:07:45.62 ID:lUbUVC+k0
新人女「えーっと、緊張しますねっ」
男「そう?」

新人女「はぁ。職場で2ショットプリンは」
男「異性慣れしてるかと思った」

新人女「いろいろ向こうから話しかけてきてくれてたので」
男「うわ。さすがリア充」
新人女「ニコニコしてるだけで、なんか間が持ってたんですよ」
男「さすがに言うこと違うな。後光が差して見えるよ」


新人女「男さんは、どうですか?」
男「へ? もぐ」

新人女「彼女さんとか?」
男「こんな生活でいる訳無いじゃないですか」

新人女「そうですか? じゃ奥さんとか」
男「どう思われてるんだ、俺」



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:10:31.30 ID:lUbUVC+k0
新人女「落ち着いているので」
男「落ち着いてません」

新人女「場慣れれしているというか」
男「慣れたくて慣れた訳じゃないです」

新人女「えへへ」

男「……会話のリズムに合わせてきましたね」

新人女「もうじき二ヶ月になりますし」
男「慣れてきましたか」

新人女「はい。仕事も、思ったように出来ると、
 気分がよいですね」

男「ん。……思ったようにするのが、難しいんだけどね」
新人女「……」

男「しがらみとか、面倒くさいねー」
新人女「……」



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:13:08.99 ID:lUbUVC+k0
新人女「あの」
男「ん?」

新人女「わたしは恩に着ていますので」
男「へ?」

新人女「助けてもらったと思ってますから」
男「大げさだなー」

新人女「勝手に恩に着てますので」
男「……うん」

新人女「……」おろおろ
男「……もぐ」

新人女「……」そわそわ
男「挙動不審だよ」にこっ

新人女「慣れないことをするものじゃないですねっ」
男「あんがとね」



22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:14:35.61 ID:lUbUVC+k0
――5/8、水曜 13:00 神楽坂作業室

新人女「とうとう憧れの休日出勤デビューですねっ」
女「やったね! これでウォリアーロードを一歩進んだ!」
C男「上るべき男坂」

男「ダメ人間の台詞だ」

新人女「本日は何をしましょうか? 手持ちの分の
 報告書は、昨日全部書きましたよ」
女「どうしよっかね、男ー」

男「んーっと。じゃ、保険屋いってみよか」
新人女「はいっ」

男「C男がやってるマクロをもらって、やり方教えてもらって」
C男「もうちょいで終わる。一人の方が早いけど?」

男「教えてあげて。何でも出来ないとね」
新人女「はい」
C男「了解」

女「うちは?」



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:15:40.07 ID:lUbUVC+k0
男「女先輩はー」
女「うんうん」

男「俺とタイプ競争かなー」
女「やるかっ? がちんこかっ!?」

新人女「女さんは、勝負好きですね」ボソボソ
C男「階級別とか性別別という概念を捨ててる」ボソボソ

男「んじゃ、共有の処理待ち案件で、クライアントに
 問い合わせ表を書く勝負ね」
女「やる! 男をいわす!」

男:カタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタ

男「やるな、先輩。界王拳かっ!」
女「ちがうもんね!」

男:カタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタガガガガ!

男「!?」 女「早いっ!!」

女「これがうちの卍解だぁ!」
C男「それは本気で捨てよう」



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:16:38.32 ID:lUbUVC+k0
――5/8、水曜 19:00 神楽坂作業室

男「おーし、みんなー」
新人女「はーい」 女「ほい」 C男「ん」

男「進捗報告ー」
新人女「5つめですー」
女「うちと男で19勝、12敗」
C男「あと2時間で区切る」

男「おけー。……ん〜。体力残量はどう?」

新人女「まだいけます」
女「うちに聞くべき言葉じゃないぜボーイ」
C男「退路は捨てた」

男「……ふむ。では、夜ご飯。なんかとろう」

女「おお! でた! マネジ48の殺人技の1つ『おごりピザ』!」

新人女「おごり決定なんですか?」
C男 こくこく

女「男が自分で『とろう』なんて言い出すときは、
 おごるつもりがある時だ」
男「くっ。どこまで手の内裸だよ、俺」

新人女「そうなんですか! いいなぁ」
C男「サイトだす。サイトで注文しよう」



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:17:36.73 ID:lUbUVC+k0
男「んー。L2枚とサイドメニューで良いかな」
女「うち、チキン」
C男「ワンパターン」

女「チキンを愚弄するな」べちっ
C男「ぐっ。暴力教官」

女「新人女ちゃんなんにする?」
新人女「え」
女「?」

新人女「いえ」おろおろ
男「?」

女「何がいい? BBQガーリックチキン? ラザニアーノ?」
新人女「てへへ。ラザニアーノ美味しそうですね」

C男「ぅー」

女「ほら、C男はどくの。新人女ちゃんにくっつかない」
新人女「え? あ、いえいえいえ。
 ここはC男さんの席じゃないですか」

女「いいのいいの。選ぼう! うっれしいなぁ、ピザピザ!」

男「だからピザる」

女「なんか言うた?」ギロン



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:18:37.07 ID:lUbUVC+k0
女「おーし! 頼んだった! あと45分でくる!」
C男「頼んだのは俺なのに」

男「メシのあとはちょい休憩するか、
 仕上げて解散かその時点で判断するので、
 ピザくるまで45分はスパートかけて。
 タイムアタックのつもりで仕事ねー!」

新人女「はーい」
女「うちはいつでもタイムアタック!」

男「女先輩はなぁ〜」
女「なにさっ」

男:カタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタ

C男「ウォリアだってこと」
男「そうそう」

C男:カタカタカタカタカタ
新人女:カタカタカ

女「ご飯がいままさにこっち向かってるかと思うと!
 気合いが乗るのだっ、タッチタイプにっ」
C男「ウォリアじゃなくて食欲魔神だったのかな?」

男「それもまたよし」



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:19:37.11 ID:lUbUVC+k0
――5/8、水曜 20:00 神楽坂作業室

女「来たぞー! ほら、場所空けて!」

C男「間に合わなかった。もうちょいで終わったのに」
新人女「でも、もう一息です」

女「仕事はどうでも良いから、ピザ食べよう!」
C男「どの口で言う」

男「ピザって、時たま無性に食いたくなるよな」
新人女「気持ちはわかります」

女「いー匂い!」
C男「遠慮を捨てよう」

女「おお、C男! 良いことを言った!」
男「そうか?」

C男「かぶりつこう。野生の獣のように」

女「おお、食おう、食おう、無料飯だし」
男「いや、ちょと待とうぜ? いまさ……」

女「待ったなし! いっただきまーっす!」
C男「頂きます」 新人女「あの、いただきますねっ」

がちゃり

B男「おぬしら、それは冷たいでござる!」



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:20:36.24 ID:lUbUVC+k0
男「お、やっときた」
新人女「あ、お帰りなさいです!」

女「おひゃふりー。なんれいふのぐもぐ?」
C男「忍者を捨てて取り分を増やそう」

B男「ピザとったから、食べに来ないかって男氏に
 誘われたんでござるよ。池袋から駆けつけたでござる」

新人女「あ、これコーラですけど」

B男「ありがとうでござる。やっぱりピザは炭酸飲料で
 ござるよね〜」

C男「やっぱりニセ忍者だ」

女「……池袋どう?」がっふがっふ
男「女先輩、チキンスティックの箱を標準装備しなくても」

男「どう? B男」
B男「ダメでござるね。決まりかと」
男「そか……」

新人女「?」
男「しゃぁない」



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:21:41.55 ID:lUbUVC+k0
女「どしたの? もぐもぐ」

男「んー。池袋は絶望的だって話だ」

C男「――」
新人女「えっと」おろおろ
女「そか……」

B男「説明するでござるよ、拙者」
男「あ、俺がする」

C男「……」

男「M野が復帰してな。んでま、部長会議に直訴したんだわ。
 神楽坂班が仕事さぼって池袋をつぶしたって」

女「は?」 C男「捨てる」

男「仕事配分がおかしいと」

新人女「なんで」

女「おかしいよ。そりゃおかしいって、うちら池袋の2倍仕事
 やってるんだよ! 最初からおかしいじゃん」

B男「頭がおかしいという意味ならおかしいでござる」

男「まぁまぁ。んで説明の続きを行く」



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:22:36.65 ID:lUbUVC+k0
男「……と思ったけど、実はないな。会議は紛糾、以上」
女「は?」

男「つまり、紛糾してて結論が出ない。
 池袋班は実質機能停止。――させる気はないけど。
 とにかく、目の前の仕事が増える」

C男「捨てよう」
B男「今回ばかりはC男に賛成でござる」

男「……」

新人女「やっぱり……私も、おかしいと思います」

女「おかしいね。そりゃ、仕事はすべきだよ。
 うちも割り振られた保険屋の仕事はすべきだと思う。
 それだって2倍の量があるんだよ?
 でもさ、M野の後始末する義理はないよ」

男「……そか」

新人女「……」
女「……」
C男「捨てる以外にない」
B男「……」

男「ん。ほいじゃ、うちはうちの仕事を続行で、
 ただ、悪いけれどB男は戻せない」

女「池袋は開店休業でしょ? 戻しても良いんじゃない?」



31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:23:36.55 ID:lUbUVC+k0
男「そうも行かない。連絡つかない現場1つ作るのは
 さすがにまずい。爆弾がどんどんふくらむのを
 監視なしで放置するのは自殺行為だ」

C男「それは連中の作った爆弾だ」

男「誰が作ったかは関係なく、自分たちが巻き込まれる
 危険があるか無いかの方が重要だと考える」

新人女「……はぅ」おろおろ

女「……くっ」
B男「けたくそは、わるいでござる。ござるけど」

男「あっちは何も知らない素人一人残ってる」

B男「見捨てて放置するのは、寝覚めが悪いでござるよ。
 拙者、残ると思ってござった」

男「野良だから、最後は見捨てるように」

C男「それが捨てすぎだって」いらっ
新人女「……でも」

女「C男も、新人女ちゃんも。……しゃぁないよ。
 いけるところまではそのフォーメーションでつっぱろ」



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:26:36.53 ID:lUbUVC+k0
――5/13、月曜 15:00 神楽坂作業室

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ

男「――」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ

新人女「……えっと、と」
女「おとこー?」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ

男「――はい」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ

女「新人女ちゃんが、声かけたそうにしてるぞー」
新人女「あの、すいません」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ

男「了解」

男:カタッ

男「なにかな?」



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:27:36.47 ID:lUbUVC+k0
新人女「b系列の処理なんですけれど、指示のところまで
 終わりまして……」
男「んじゃ、次はcだね」

新人女「cも手をつけてみました。でも、判らないところが
 あって、それで……」

男「あー。ごめんなさい。……まだ説明してないんだから
 判らなくって当たり前だよね。それは、c用のマクロと
 書式使うんだけど」

新人女「あ。はい。それは共有アーカイブからもらいました」

男「共有アーカイブ、覚えた?」

新人女「いろいろありました」
男「暇なとき……なんて無いけど、見ておくと良いよ」

新人女「がんばります……あの」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ

男「――?」

新人女「c系列、がんばります」

男「よろしくね」



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:28:36.40 ID:lUbUVC+k0
――5/13、月曜 23:00 神楽坂作業室

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ

男「――ん」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ

男「――」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ

男「――んんぅー」ごきっ、ごきっ

男「ん、こうかなっ」

男:タタン

女「肩、重そうだね」
男「まぁねぇーって、わぁっ!?」

女「なんやねー!?」
男「いや、近くにいたからびっくりした」



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:29:36.75 ID:lUbUVC+k0
女「いや、いやいや。びっくりされても」

男「あれ? えっと。もう23時じゃん! 女先輩、
 帰んなきゃ!」

女「ん。あー」

女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

女「もうちょい、切りの良いとこまで」
男「だって、もうさ」

女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

女「まぁまぁ」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

男「――」
女「男さー」
男「はい」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

女「返事せんでも、ええよー」



38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:30:36.07 ID:lUbUVC+k0
女「男さ、結局、池袋の仕事、一人でかぶってるでしょ」
男「――」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

女「みんなの前では、判りました。なんて頷いておいて
 ホントは全然判ってない意地っ張りでしょ」

男「それは……」
女「だから、返事しないでええって」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

男「――」
女「男、土日も出てたしょ?」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

女「神楽坂の仕事だって、そりゃ相当に厳しいけどさ。
 男の担当分はオンタイム進行でしょ。
 C男とか新人女ちゃんは気づいてないみたいだけどさ
 神楽坂の仕事だけで、男はそんなにぼろぼろになんないよね」



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:31:36.53 ID:lUbUVC+k0
男「――」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

女「うちはいまでも池袋の仕事まで面倒見るの、
 反対だからね。そういうんとは違うんだけどさ」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

女「必要なんだ?」
男「……うん」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

女「んじゃ、うちが男の神楽坂の分は、持つ」
男「それは、無理でしょ。スケジュール的に」
女「いける」
男「無理っ」 どんっ

女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

女「うち、ウォリアーやし」

男「もういい加減長いつきあいでしょ。先輩がウォリアーでも
 無理なものは無理っ。キャパシティってもんがあるっ」



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:32:36.56 ID:lUbUVC+k0
女「じゃ、男は神楽坂と池袋と両方抱えていけんの?
 そのキャパシティとやらはさ」
男「……」

女「あんまり周り舐めるのもいい加減にしといたがいいよ?
 まだ3ヶ月の新人女ちゃんでも男の気配が
 変なのにくらい気がついてるって。
 声かけるの躊躇わせるほど黒オーラだしてさ」
男「そか……」

女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

女「そだよ」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

男「……」
女「だから、うちが男の神楽坂の分は、持つ」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

男「それはキャパ的に無茶があるって」
女「返事しなくて良いし。むしろ、返事を許した覚えはないし」

男「なんですか、それって」



41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:33:36.67 ID:lUbUVC+k0
女「問答無用ってこと」
男「言葉の使い方間違えてるよ」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

女「これで、いいのっ! うへへ」
男「笑い事じゃなくて」
女「おとこ。うちの云うこと聞くのいや?」
男「いや、嫌とか嫌じゃないとかでなく」

つかつかつか

女「いうこと、聞きなさい」
男「女先輩、論理が曲がって」

女「き・き・な・さ・い」
男「……」

女「一人で行かないでうちにも一緒に走らせなさい」
男「……」

女「ぐーでぶつよ?」

男「もう……。俺、一生女先輩に勝てないのかよ」



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:34:36.59 ID:lUbUVC+k0
女「偉いぞっ」にこっ
男「偉くない」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

女「?」
男「ちっとも偉くない」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

女「んー? そうかなぁ」
男「あきれ果てる」
女「ま、仕方ないよ」
男「え?」

女「ブラックだしね」
男「そっか」
女「ブラックだもん。そういうことも、あるよ」

男「ブラックだから、か」



51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 11:33:27.06 ID:ZyrkDBLnP
――5/14、火曜 16:00 神楽坂作業室

男:カタカタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタカタ

新人女「今日は男さんも女さんもすごいですね」
女「そう?」
男「そんなことないっしょ」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタカタ

新人女「すごい勢いですよ」
C男「遅さを捨ててる」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタカタ

男「――」
女「おとこ、張り詰めてる」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタカタ

新人女「?」
男「はいはい。先輩。判ってますよーって」タタン!



53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 11:37:19.66 ID:ZyrkDBLnP

C男「……」
女「うちが見張ってるから、平気」
男「――この程度じゃ、つぶれない」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタカタ

C男「――俺もそこに行く」
新人女「……」

C男:カタカタカタカタカタ
新人女:カタカタカ

男「――」
女「おお♪ 良いリズム! みんな早くなってきたなぁ」
C男「まだだ」
新人女「わたしは一杯一杯です……」

C男:カタカタカタカタカタ
新人女:カタカタカタ

男「無理はしないで」
女「……む」

男「でも、がんばって」



54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 11:41:01.97 ID:ZyrkDBLnP
新人女「はいっ」
女「うう。うちも頑張るぞぅ!」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタカタ

C男「セット6消去、セット7消去」
男「お。C男やるなぁ」
C男「捨てる。進捗表を捨てる。終わった順から捨てまくる」

女「ウォリアーくさい顔するようになったじゃん」

C男「……」ニカッ
女「いや、あんた笑わないでいいや」

C男:カタカタカタカタカタ
新人女:カタカタカタ

男「風俗貯金ってすごいな。見習うべきかな」
新人女「はい?」

男「いやいやいやいや。何も言ってませんよ?」
新人女「?」

男「何でもありませんよ。ほんと」



59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 11:52:08.24 ID:ZyrkDBLnP
――5/17、金曜 20:00 神楽坂作業室

男「――二週間か」
女「うぉぉぉ! か・ら・あ・げ〜!」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカ

女「――っ」
男「……」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカ

男「女先輩」
女「からあげ〜」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカ

男「女先輩っ!」
女「む。おとこ、どうした? メシの時間?」
男「メシはさっき食ったでしょ」
女「じゃ、からあげ?」



63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 11:58:58.70 ID:ZyrkDBLnP
男「違います。今日は切り上げて帰りますよ。帰ってください」
女「やだ」

女:カタカタカタカ

男「先輩も、ぼろぼろでしょ」
女「男にゆわれたくないし。男見張らないと暴走するし」

女:カタカタカタカ

男「俺も帰りますから。ってか、今日は全員解散! 明日は休み。
 全員オフで休養日っ。みんな撤収準備で」

C男「……ふっ。勤務を捨てる」ふらっ
新人女「あ、は、はい」ふらぁっ

女「……むぅ」
男「ふくれてもダメですよ。ほら、先輩、帰る支度」

女「はいはい、わかりましたよーっだ。マネジのケチ」
男「ケチで云ってる訳じゃないです」

男「10分くらいで撤収するよー」
新人女「はい、はーい」もたもた

男(新人女さんも、体力限界だよな……)



65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 12:06:53.79 ID:ZyrkDBLnP
――女性トイレ

女「……顔、洗わんと」

女「わぁ、うち。かなり死んでる。死んだ魚の目。
 アーカムもびっくり! ……あはは」

女「……あはは」

ばしゃばしゃ

女「はぁ……。ん。呼吸整えて、髪の毛整えて」

かちゃん

新人女「あ」
女「お?」

新人女「あの、そろそろ退出するって、男さんが」
女「おけおけー。ちょいまってね〜」

新人女「あの、女さん?」
女「ほい?」



71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 12:19:04.85 ID:ZyrkDBLnP
新人女「大丈夫ですか? お顔、真っ青ですよ」
女「美白?」

新人女「そうじゃなくて」
女「室内系おとなし清純娘路線?」

新人女「じゃなくってっ」
女「えへへ」

新人女「……」
女「だいじょうぶ、だいじょうぶ。新人女ちゃんは
 ちょっとびっくりしてるだけ。うちウォリアーだから
 こんなの日常茶飯事。ブレックファーストの前に
 ベビーのハンドをサブミッション」

新人女「でも」
女「唐揚げ食べれば治るよ」

新人女「女さん、私の倍もタイムカード埋まってますよ」
女「大げさな〜」

新人女「やっぱり、私、男さんに言って何とかしてもらいます」
女「新人女ちゃん」



73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 12:27:28.89 ID:ZyrkDBLnP
新人女「――っ」
女「うちから、ウォリアー取っちゃダメだよ」

新人女「……え?」
女「他の何をとっても良いけど、ウォリアーはだめ」

新人女「え? え?」
女「なんちて。えへへ」

新人女「……」

女「そんな顔しないで、だいじょぶだって!
 最近新人女ちゃんも早くなってきたな、ありがたいなーって。
 男とも話してるんだからさ。確かに鬼忙しいけど
 みんなでがんばれば、ぎりぎりしのげるって」

新人女「はい……」
女「いろいろ負けないよ! うちはっ」

新人女「あの」
女「?」

新人女「私もがんばりますので」
女「おうっ♪」



74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 12:36:34.86 ID:ZyrkDBLnP
――5/18、土曜 12:00 神楽坂作業室

女「えへへ〜」
男「なにが『えへへー』ですか、先輩」
女「いやぁ。男と休日お昼ご飯だし、
 おごりを要求しようかと」

男「何がおごりですか。そんな顔色で」
女「えへへ〜」へろっ

男「っ!」
女「おお。よろけた。ごめん、ごめん」

男「帰りましょうよ。先輩」
女「水島ぁ一緒に日本に帰ろう〜」
男「なんでビルマの竪琴の物まねなんですか」

女「なんかこう……敗残兵気分を盛り上げるため?」
男「やですよ。敗残兵なんて。縁起でもないっ」

女「まぁまぁ。ちょっとさ」
男「?」

女「たんま」
男「どうして?」

女「胸が高鳴っちゃってさ」
男「どんな乙女ですか」



75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 12:41:45.72 ID:ZyrkDBLnP
女「ただの動悸だって」
男「……」

女「もう平気。でも、お昼ご飯はいいや。もうちょい後で」
男「なんでですか」
女「18番ファイルだけ、処理しちゃいたい」
男「もう……」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカ

女「……」
男「……」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカ

女「――おし。もちょい」
男「……」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカ

女「――」
男「……。……っ」



77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 12:45:32.19 ID:ZyrkDBLnP
――5/18、土曜 13:00 神楽坂作業室

女「おっし、仕上げたよ」
男「はい、お疲れ様です」
女「まぁね、うち偉いからね」
男「――」

女「ほ? どした?」
男「偉いです、女先輩」
女「変な顔して。またまた」

男「……いえ」
女「んじゃ、ご飯にしようか」

男「俺買ってくるんで。女先輩は休憩で」
女「おー。レディなんとかのサービス?」
男「いえ、年長者を敬うようなサービスで」

女「……」
男「……」

女「うち、いま突っ込む気力無いから無理にぼけなくても良いよ?」
男「いや、ぼけじゃないんですけど」

女「なぬ!?」



79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 12:51:43.46 ID:ZyrkDBLnP
男「とにかく。行ってきますから。コンビニで良いですよね?」
女「うちプリン〜。出来ればカボチャプリン」
男「はいはい」

女「あと、おにぎり。シーチキン」
男「了解」

がちゃん。たっ、たっ。

女「……ふはぁ」

女「うー。ちょっとつらいかなぁ。目が、きついや」

女「アイマスク、あったっけかな。
 ロッカーに入れといたような……。目薬もか」

女「ま、いっか……。取りに行かないでも」とさっ

女「ちょっとくたびれちったな。
 座り仕事なのに、息が、きれるとはね。あはは〜」

女「休憩しよ」かたん

女「男が帰ってくるまで、ちこっとだけ」

女「まだまだ、こんなもんじゃないかんね。うちは」



83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 13:04:49.34 ID:ZyrkDBLnP
――5/18、土曜 13:20 神楽坂作業室

男「ただいまぁ、買ってきましたよ」
女「ご苦労! おとこ! 輜重部隊の任務は重要である」

男「女先輩の分は、シーチキンと、おかかと、カボチャプリンと
 煮物と野菜ジュース。それからジャスミン茶で」
女「あんがと!」にこっ

男「で、こっちは俺の分っと」
女「ふむ」じーっ

男「なんですか?」
女「男のおにぎり、なんなの?」
男「俺のは昆布と高菜ですよ。それからおひたし」

女「なんか、男は」
男「へ?」

女「お総菜のこの身が、下町のおばさんみたい」
男「っ!?」

女「世話好きの献立というか」
男「なんかショックなんすけど」

女「別にけなしてないってば」



84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 13:09:59.34 ID:ZyrkDBLnP
――コンビニ食事

男「なんか納得行かないすな」
女「まぁまぁ。シーチキン美味いしもぐ、もぐ……」

男「……」
女「ん? どしたん?」

男「やっぱ、体調つらそうですね。食べるペース、落ちてる」

女「そ、そんなことないよ? うちだって女じゃない?
 ほらね。やっぱ、小さな口で小鳥みたいにね。
 ちょこっとずつ食べる訳ですよ」

男「『カーネルの首は私が取る』って両手にチキンドラム
 装備して交互に食ってたじゃないですか」

女「それは、ほら。宴会芸ですよ!
 うちのサービス精神って云うかっ」

男「……」じーっ
女「えへへ。あはは〜」

男「先輩、飯食ったら帰ってくださいね」



85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 13:15:01.21 ID:ZyrkDBLnP
女「やだ」
男「ヤダじゃないでしょ」

女「やだもん」
男「『もん』とかつけたって可愛くなりませんよ」

女「うがっ!!??」

男「口を四角く開けてると、ロボみたいですよ」
女「ギギ……うち、イヤだぽん。拒否スル」

男「どんなロボですか」
女「コレジャナイロボ?」

男「訳判りませんよ。だいたいっ」
女「――」

男「ぼけたってダメですよ。息粗いじゃないですか。
 運動なんてちっともしてないのに。
 動悸してるじゃないですか。
 それ、心因性過呼吸ですから」

女「真・淫世過去級」
男「へんな読み替えしたってちっとも解決しないですから」

女「あはは〜」



86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 13:19:44.54 ID:ZyrkDBLnP
男「笑ってる場合じゃないですよ」
女「笑ってる場合なんだって」
男「いつも冗談ばっか」

ぽむんっ

男「先輩?」
女「おし、止まった」

男「止まりもしますよっ。いきなりっ!!」

女「いいやん。得したやん。うちの胸ぎゅむっ! って」
男「損しました」
女「酷っ!」

男「萎えます」
女「無残だっ!」

男「萎えてしまいます」
女「あははは〜。汗臭いしなぁ……。ま、おとこもさ。ほら」

男「?」



87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 13:24:34.12 ID:ZyrkDBLnP
女「仕事席ついて」

女:カタカタカタカタカタカ

男「――そんな話を」
女「ごまかす気なんて、無いってば」

女:カタカタカタカタカタカ

女「ちょっとでも、手元を遊ばせていたくないんだってば」
男「――」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカ

女「そうそう。こうやってるとさ」
男「――」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカ

女「なんだか、ずーっと昔からデスマーチしてる気分だね♪」
男「うっわ、最悪の返しだ!」



90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 13:28:06.67 ID:ZyrkDBLnP
女「まぁまぁ。お話を聞かなきゃ、男」
男「まぁ、聞きますけど」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカ

女「仕事が忙しくなると」
男「……」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカ

女「何もかんも、煩わしくなるでしょ。最初は、会議とか
 打ち合わせとか、電話とか」
男「――」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカ

女「で、携帯が煩わしくなって、メール見るのも面倒になって。
 食事が面倒になって……。
 そのうち、周りから質問されるのも煩わしくなる」

男「――」



92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 13:31:32.13 ID:ZyrkDBLnP
女「休憩の暇も痛いくらいに仕事がぎっちり詰まってるとさ」
男「――」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカ

女「話すのも、笑うのも煩わしくなるでしょ」
男「――」

男:カタ――
女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

男「――」

女「それじゃ、だめなんだってば」

女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

女「人間、仕事がきつくて身体はこわしたとしてもさ
 気持ちはそう簡単に折れたりしないんよ。笑えてれば」

女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

女「でも、笑えなくなったら、デスマは
 本当にデスマになっちゃうよ」



93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 13:36:32.86 ID:ZyrkDBLnP
男「――」
女「だから、笑い事なんだよ。笑い事じゃなきゃダメなんだよ」

女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

女「笑ってないと、みんなで笑ってないと。
 誰も欠けないで笑ってないと、本当にブラックになっちゃうよ」

男「……」
女「ほら、男も、手を動かすのだ」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカカタ

男「なんか俺、先輩にいろいろ言われてばっかりな気がします」
女「ま、うちはウォリアーやしね! 先輩やしっ」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカカタ

男「へこむって云ったら信じます?」
女「信じない」
男「うわ、信用無いなぁ」
女「信用なんかしてないんやってば」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカカタ



94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 13:40:00.19 ID:ZyrkDBLnP
女「大丈夫。男は、センスあるから」
男「――」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカカタ

女「男の引くスケジュールは、センスあるもん。
 男の戦力把握はうちよりずっと正確だし、
 男の読みはうちよりずっと遠くまで見えてる。
 ――見えすぎて責任感で身動きできないときもあるくらい」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカカタ

女「うち、男のこと、信頼してるって。
 うわ、めっちゃ恥ずいやん? 信頼って。えへへ」
男「そりゃ、もう」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカカタ

女「?」
男「救われちゃってます。悔しいことに」

女「ん。偉いぞ。――あとは、勝つだけやん」



96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 13:50:22.04 ID:6A2kSMl0O
信頼か…
(´・ω・`)



97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 13:53:08.76 ID:ZyrkDBLnP
――5/19、日曜 7:00 神楽坂作業室

がちゃり

C男「捨てよう」
男「あー。おはよ。朝から不法投棄か−?」

C男 こくり

男:カタカタカタカタカタカタカタ

男「どしたんだ? こんな日曜の朝早くから事務所来て。
 私生活が寂しいヤツみたいに見えちゃうぞ」

C男「自己批判を捨てよう」

男:カタカタカタカタカタカタカタ

男「まったくだ」

C男「俺もやる」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
C男:カタカタカタカタカタ

男「立ち上がりも、手際も早くなったね」

C男 こくり



98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 13:56:22.46 ID:ZyrkDBLnP
男:カタカタカタカタカタカタカタ
C男:カタカタカタカタカタ

C男「先輩は?」
男「女先輩?」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
C男:カタカタカタカタカタ

C男 こくり

男「会議室で爆眠」
C男「観てくる」

男「んー。おい、あれでも一応女性だし」

かちゃ

男「まぁ、いいか」

男:カタカタカタカタカタカタカタ



102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 14:01:56.46 ID:ZyrkDBLnP
――会議室

女「すぅ……。くぅ……」

C男「……」

女「くふぅ……。すぅ……」くてん

C男「……」

女「と、……ちょい……。くふぅ……」

C男「――」

C男「ぼろぼろだ」

C男「ミントコンディションにはほど遠い」

C男「要メーカー修理」

C男「……やっぱり。足りて、無い」



104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 14:06:41.58 ID:ZyrkDBLnP
――作業室

かちゃり

男「寝てたでしょ?」
C男 こくり

男:カタカタカタカタカタカタカタ
C男:カタカタカタカタカタ

C男「ぼろぼろ」
男「先輩?」
C男「うん」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
C男:カタカタカタカタカタ

男「だね」
C男「捨てよう」
男「いやいや、捨てちゃダメだろ。先輩だし」

C男「足手まとい」
男「んなこといってもなぁ」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
C男:カタカタカタカタカタ



106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 14:09:56.96 ID:ZyrkDBLnP
男「そんなこと云ってもさ。ボロってきても
 先輩の戦闘力って頭1つ抜けてるんだよな。
 俺としても悔しい訳なんだけどさ」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
C男:カタカタカタカタカタ

C男「捨てよう」
男「だからさ」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
C男:カタカタカタカタカタガガガガ

C男「あんなポンコツ女は、すぐに廃棄すべき」
男「お!」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
C男:カタカタカタカタカタガガガガ

C男「捨てても、問題ない」
男「なんだなんだ。化けたな」
C男「ふふんっ」

C男:カタカタカタカタカタガガガガ

男「風俗パワーか?」
C男「っ!?」



108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 14:16:19.46 ID:ZyrkDBLnP
男:カタカタカタカタカタカタカタ
C男:カタカタカタカタカタガガガガ

男「すげぇな、予想以上だ。鶯谷とかか?」
C男「その妄想を捨てろ」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
C男:カタカタカタカタカタガガガガ

男「ペースあがってるわ。いつの間にか育つもんだな」
C男「鍛えた」
男「そっか」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
C男:カタカタカタカタカタガガガガ

C男「俺が作業持てる」
男「――」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
C男:カタカタカタカタカタガガガガ

C男「先輩を捨てよう」
男「C男さ」



112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 14:19:12.23 ID:ZyrkDBLnP
男「気を遣ってるの?」
C男「違う」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
C男:カタカタカタカタカタガガガガ

C男「俺も童貞捨てる」
男「ふむ。ソープはまだか」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
C男:カタカタカタカタカタガガガガ

C男「俺もデスマに侵入って、童貞を、捨てる」
男「――」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
C男:カタカタカタカタカタガガガガ

男「そか」
C男「ウォリアーに、なる」

女「風俗ウォリアーが、うちのことを
 捨てる捨てるいうなーっ!」 ボカッ!!
C男「!?」



113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 14:22:16.60 ID:PegmSRdmO
C男・・・・

泣けるな



114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 14:26:22.02 ID:ZyrkDBLnP
――5/19、日曜 8:00 神楽坂作業室

女「ごちそーさまでしたっ♪」
男「ごちそーさま。たまに食うと朝マックうまいな」
C男「俺が買ってきたのに」

女「なんか云った?」
C男「……」

男「えーっと」

女「いや、ひどいよ。男。これはゆゆしき事態ですよ?
 うちさ、これでもやっぱり先輩としてさ?
 C男を、うちなりにちゃんと育ててきた訳ですよ。
 この表情の読めない廃棄星人をですよ」

C男「……」

女「それを事もあろうに、こやつ、私を捨てようと
 してた訳ですよっ! 下克上ですよっ!
 最近妙に修行チックで腕を上げてきたなと思えばこれですよ
 先輩を追い落としてその地位を
 簒奪するつもりだった訳ですよっ」



117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 14:34:49.18 ID:ZyrkDBLnP
C男「捨てたい……」
男「いや、女先輩? それはちょっと違うんじゃないかな」

女「どこが違うんですかっ?
 うちは捨てられようとしてた訳ですよ。
 うわ、、むかつくっ! なんか付き合ってもいないヤツに
 フラれたような気分をなんでうちが感じなきゃいけないっ!?
 捨てるってなんか酷い言葉ですよ、まったくっ」

男「えーっと、そう言うんじゃなくて、C男としては」

女「謀反ですよ、本能寺ですよ。
 じゃーんじゃーん孔明の策略だ。
 呂不様がまた裏切ったぞーですよ。竜騎士カインですよ」

男「えーっと」
C男「俺を捨てたい」

男「女先輩、女先輩ちょっと」
女「なに? おとこ。いっとくけど、
 うちの心は深く深く傷ついてるんよ? 繊細なハートに
 茨のようなひびが入ってるんよ?」

男「C男がパーティーバーレルおごるそうですよ」

女「よし許す」



172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 20:02:28.02 ID:ZyrkDBLnP
――5/22、水曜日 18:00 神楽坂作業室

男「んっと。おーい野郎どもー。進捗確認」
新人女「予定より先行で、んっと半日くらいです。
 ファイルは48」

女「う〜。遅延〜。一日くらい」
C男「ファイル24。ちょうど」

男「で、俺がぎりぎりオンタイムっと。女先輩が遅延か」
女「面目ない」

新人女「割り振りが大きかったですから」

C男 こくり

男「うん、まだ許容できるんで、後で辻褄あわせましょう」

新人女「はい」

C男「了解」
女「がんばる〜」



176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 20:07:04.44 ID:ZyrkDBLnP
男「んで、もうそろそろ良い時間なので、本日は解散気味で」
新人女「はい。さすがにちょっとへこたれました」
C男「勤務を捨てよう」ふらり

男「はいはい、おつかれー」

新人女「えっと、男さんは?」
男「俺は、もう一息。後始末してあがります」

新人女「私も残りましょうか?」
C男「妖怪マネジは捨てよう」

男「いや、みんなも体力レッドランプでしょ。そろそろ
 大変だよ。俺も後始末だけやったらあがるからさ」

女「うん、早くあがって休むのも仕事のうちだよ〜」

新人女「はい……。ではお言葉に甘えて」
C男 こくり

新人女「では、お先します〜」
C男「また明日」こくり



178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 20:10:44.48 ID:ZyrkDBLnP
――5/22、水曜日 22:30 神楽坂作業室

男「――なんてね。そんな話してると」
女「こんな時間になる訳だ」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカカタ

男「うっし、もうちょい。もう一息」
女「その台詞、1時間くらい前にも聞いた」
男「う〜」
女「リアクションが薄いぞ〜」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカカタ

男「先輩だって突っ込みぬるいですよ」
女「やっぱ体力切れると鈍るね」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカカタ

男「帰る時間になるとさ」



179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 20:15:24.75 ID:ZyrkDBLnP
女「ん?」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカカタ

男「なんかこう、考えちゃうでしょ。ああ、いま会社を出たら
 家に着くのは午前様で、7時に出なきゃならないから4時間
 しか寝れないなぁ、とか」
女「あー、あるねー」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカカタ

男「そーなるともう、いっそ泊まった方が楽かもみたいな」
女「なるなる。その方が寝られるじゃん。みたいなね」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカカタ

男「実際には、同じ時間寝ても会社だと回復しないんだけど」
女「やっぱりどろどろ畳とか、会議室の段ボールとか、
 机の下とか、そういうのだとね〜」



181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 20:20:11.73 ID:ZyrkDBLnP
女「うはは。相当に惨めな話してるね、うちら」
男「まったくだよ」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカカタ

女「うちなんかさ。やっぱ女だし。毎日同じ服って訳にも
 いかないしさ。会社に着替え持ち込んじゃったよ」
男「あー。やっぱし。そんな気配してた」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカカタ

女「ばれてた?」
男「そりゃ、四六時中一緒だから。……やっぱり給湯室?」

女「うんうん。給湯室で、洗面器にお湯張って身体だけ拭く」
男「わー」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカカタ

男「合コンじゃ絶対に言えない話題だね」
女「うち、そんなの出たこと無いから平気!」

男「平気なのかなぁ、それ」
女「ま、他所様に言える話じゃないよね」



183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 20:25:25.32 ID:ZyrkDBLnP
男「先輩。先輩〜」
女「なにー? おとこー」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカカタ

男「先輩、そろそろ終電じゃない?」
女「あー」
男「?」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカカタ

女「男は泊まるつもりでしょ? いいよ、うちもそうする」
男「帰らないと、回復しないよ」
女「だって、面倒くさい……」
男「面倒じゃないでしょ。そんな負け犬台詞」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカカタ

女「聞いてよ、男」
男「あー。はいはい?」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカカタ



185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 20:29:55.23 ID:ZyrkDBLnP
女「うちね、うちねっ」
男「はぁ?」
女「もう、2月からゴミ捨ててない」
男「へ?」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカカタ

女「だって生活不規則だし。ゴミの曜日なんて覚えてられんし。
 ――夜中にだすと五月蠅いしね。うちの部屋、ポリ袋あるん」
男「えーっと」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカカタ

女「あ。別に量は多くないんよ? 3つだけで、カピカピで。
 汚い訳でもなくて、そもそも家で出るゴミってコンビニの
 袋だけだしね……ってそういう話じゃないんじゃーっ」
男「いや、自己切れされても」

女「別に、困る訳でもないんやけどね。なんてぇかね」
男「ふむ」

女「駅から家まで、歩くじゃないですか?」
男「はぁ」



187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 20:35:06.19 ID:ZyrkDBLnP
女「そん時、何とも言えない気分なるんよ。
 『うちゴミ部屋に帰る女なんやな……』って。
 判る? その切なさ、むなしさっ?」
男「ゴミ捨てなよ」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカカタ

女「彼氏が待ってたり子いぬが待ってたりとか、
 そんなささやかな夢を追いかけてる訳じゃないんやけどね。
 それでも年頃の女として、家で待っててくれてるのが
 ポリ袋ってのはやっぱりね」
男「いや、だからゴミの日にだせばいいじゃない」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカカタ

女「いっそゴミ袋達に名前つけようとも思うん。
 アルファ、ブラボー、チャーリーって
 そうしたらこのささくれた気持ちにも潤いが戻る気がする」

男「なんで特殊部隊のABCネームなんですか」

女「そうしたら会社に行くときもお見送りしてもらえてさ」
男「俺にはむなしさ倍増計画に聞こえるんだけど」



188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 20:39:44.09 ID:ZyrkDBLnP
女「ぐはぁ! 男はそれでもマネジですか!」
男「は、はいっ!?」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカカタ

女「もっとこう、部下の気持ちを盛り上げて。
 能力を引き出す戦い方をですね」
男「そんなこと云われても、いまの話題って
 励ませる要素が微塵もないじゃないですかっ」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカカタ

女「まぁ、そんな部屋で待つ三人のことを考えると」
男「スルーだよ」

女「会社に泊まっちゃうのも悪くないよなとか
 思えて来ちゃうんだよ。青春って怖いね」
男「青春と接続!?」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカカタ

女「だからうちも、泊まるよ」



189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 20:45:40.70 ID:ZyrkDBLnP

男「だーめ。女先輩も限界近いんだから」
女「むー。男の方が一杯仕事してる」

男「それは体力の問題でしょ。女先輩の武器は
 集中力なんだから、自分で自分の武器鈍らせて
 どうするんです」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカカタ

女「そんなこと云ったって、現に池袋の分は二人合わせても
 四日分遅延してるよ。ううん、シビアに見積もれば
 一週間分くらい遅延してるかも」
男「週末どうにかしますよ」

男:カタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカカタ

女「そんな無茶な。うちも泊まってやってく」
男「ダメです。今日のところは」

女「たんま」



203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 21:16:58.44 ID:ZyrkDBLnP
男「強制仕切り直しってことで」
女「それ『最後の弾薬を再配分せよ』みたいだなぁ」

男「仕事の指示もだしたっと。撤収しますよ、女先輩」
女「んー」

男「どうしたんです」
女「いいのかなぁ。まだまだ仕事終わってないのに。
 佳境モードなのにさ」

男「んな二ヶ月も続く佳境なんかありますか。
 こんな地獄はただの日常ですってば」

女「うはは。余計に救われないね」

男「イイから帰りますよ。駅までちゃんと連行しますからね」
女「うーん」
男「乗り気じゃないですね」

女「ほら、やはり三人の留守番が」
男「だからゴミくらいだそうよ」



205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 21:22:06.43 ID:ZyrkDBLnP
女「結局4時間くらいだし、睡眠」

男「先輩、家遠いんでしたっけ」
女「結構ね。駅から徒歩15分。その分ちょっと広い」

男「この生活だと広くてもね」

女「まぁね。うちよりアルファとブラボートチャーリーの
 方が家にいる時間長いくらいだしね」

男「そいつら24時間引きこもりじゃないですか」

女「女は何かと身支度とか時間かかって
 面倒くさくてやんなっちゃうね〜」
男「そっか。そういうのもあるかぁ」

女「電気けしたよー」
男「了解−。んじゃ撤収しますよ」

 ガチャリ



207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 21:27:30.00 ID:ZyrkDBLnP
――駅への路上

女「明日は暑くなるってね」
男「そろそろ夏の気配だね。梅雨っぽいのはさっぱりだ」
女「うっわぁ、ラッシュ電車で出社も萎えるな」
男「そーなるね」

女「男、すごいイヤそうな顔」
男「いやだもん」
女「うちもだけどさ」

男「どこか寄る? 終電まではあと30分くらいだから
 牛丼屋くらいならいけるよ?」
女「んー。アイス食いたい」
男「真夜中にアイス!?」

女「だってやけくそっぽい気持ちでしょ?」
男「まぁ、そういう気分の時もあるけどね」

女「あーーー!」
男「へ?」
女「ああああーーー!!」
男「?」
女「アイス食おう! うん、そうしよう」にこーっ



209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 21:33:34.36 ID:ZyrkDBLnP
コンビニ店員「ありがとうございましたー」

女「テイクアウト〜」にこっ
男「何で上機嫌かな」
女「ナイスなアイデアがあるから」

男「なんです?」
女「なんと8時間寝れる孔明の策」
男「マジでっ!?」
女「はい」

男「――だまし?」
女「騙してません」

男「――びっくり?」
女「ヘッドロココより誠実」

男「なんだかなぁ」

女「こっちこっち」
男「へいへい」

女「ここを曲がる」
男「え? ええ!?」



210 :姫 ◆HIME..x4Fo :2009/04/21(火) 21:34:37.93 ID:MB5cqrVLO
まさか…


215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 21:40:21.52 ID:ZyrkDBLnP
――5/22、水曜日 23:30 いわゆるそんなホテル

女「ワリカンだからね。一人4000円くらいね」
男「えええー!?」
女「移動距離15分! トイレ浴室完備!」

男「おーい正気残ってますかー」
女「眠るためならうちは正気なんて悪魔に売りわたす」

男「いや。売っちゃダメだよ」
女「ふわーっはっはっは」わきわき
男「――そのポーズ、何?」

女「ドクター・ヘルの地球侵略の笑い」
男「ある意味安心するなぁ。女先輩といると」

女「さ、入ろ」
男「う。うう〜」

女「なんですか男。初心者でもあるまいし」
男「女先輩。流石にこういうのは」

女「部屋選ばせてあげるよ?」



216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 21:43:38.50 ID:/rixeXHY0
わっふるわっふる!


217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 21:46:01.34 ID:ZyrkDBLnP
男「……えーっと」
女「選んで良いぞ? お部屋。マニアックなのでもうちは良いぞ?」

男「えー」

女「往生際が悪いなぁ。寝るだけだよ。
 もしかしてなんか意識してるのか? うちを」

男「イヤ全然。さっぱり。ラブホの前でマジンガーに
 殴られるあしゅら男爵の小芝居出来る人間には
 萌えられません」

女「――っ。……でしょでしょ?
 ざばーっと風呂に入って、アイスとおにぎり食べて、
 ぱりっとシーツですぱっと寝るだけ。
 電車で移動しないで済むから8時間睡眠。ばっちり!」

男「……」

女「足を伸ばせる風呂はいいよ? うちも男もアパートだし
 ユニットでしょ。ゆったりつかると、疲れが取れるよ」
男「えーっと」

女「ちょっと魅力あるしょ?」
男「確かに」



221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 21:51:35.95 ID:ZyrkDBLnP
女「それに、あれだ」
男「?」

女「男が彼女もちなら、絶対に何にも無いとは言え
 彼女さんに悪いから誘わないけどさ。
 いまはいないって話だし、迷惑もかからないし。
 っていうか話してたらだんだん腹が立ってきた。
 うちの睡眠欲をなんだと心得る。
 これでも天王寺第三で知られたわがままボディなんだぞ。
 覚悟を決めてさっさと半額払いなさい。
 むしろ払え。うちの快適睡眠のために」

男「ぇー。そう云われると逆らいたく」

女「払っえっ。うちはこのままじゃ
 満足にお風呂にも入れない三日ぱんつの女として
 花のような青春をくさいという評価で過ごす羽目になる。
 それはぜんぶマネジの責任っ。
 だからお風呂をワリカンするのは当然っ」



226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 21:57:21.41 ID:ZyrkDBLnP
男「そうかなぁ。なんか論理が歪んでるような」

女「は、ら、えっ」ぎりぎり

男「痛っ。――りょ、了解」

女「うんっ。偉いぞっ」にこっ
男「――かなわんなぁ」

女「選んでいいぞ?」
男「あー、もう。これで」
女「2、0、3っと」

がちゃこん

女「よし、さっさといこう!」
男「はいはい」

女「早くしないと、アイス溶ける」



233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 22:04:01.68 ID:ZyrkDBLnP
――5/22、水曜日 23:30 存外おとなしめの部屋

女「おー。思ったより広い」
男「ほんとだー」

女「空調効いてるし、これは良いね」
男「たしかに。その辺は認めざるを得ないですね」

女「――とりあえず、お風呂張ろう」
男「あー。いいですいいです。俺がやりますから。
 女先輩はアイス溶けるんで食っててください」

女「む。いいの? 普通は女がやったりしない?」

男「何いってんですか、今更。
 変に手間取るのだるいでしょ。
 二人とも眠すぎて頭痛始まってるのに」

女「それもそっか。マネジ了解。アイス食べてます」

男「んーっと。捻るだけね。……うっわ。装備満載だな。
 ……えーっと。隠しておこう。はしゃがれても、困る」



234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 22:09:24.29 ID:ZyrkDBLnP
女「もぐもぐ」
男「……」

女「もっぐもっぐ」
男「えーっと、先輩? なんで正座して食べてるんです?」

女「ぬっ! ――いや、うちの部屋、布団だから。
 なんかボヨンボヨンのベッドスプリングに、
 思わず正座をしてしまった」

男「はぁ……。まぁ、おにぎり食いますか」
女「うん、食べよう〜」

男「いっただきます」
女「いただきまーっす」

男「……もぐもぐ。ん」
女「もぐ……」

男「割といけますよ、新作」
女「野沢菜らっけ?」

男「はい……もぐ」



238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 22:14:36.89 ID:ZyrkDBLnP
女「なんか二人で向かい合って」
男「?」
女「ベッドの上で正座でおにぎりってシュールだ」

男「足を崩せば?」

女「崩したところでシュールさはもはや薄れない」
男「つまり手遅れって事ですね」

女「んだね。疲れてるとき煮物食べると、スゴイ視野狭窄だ。
 手元しか見えない感じ。周辺真っ暗」
男「それ、末期症状だよ」

女「幻聴とか聞こえたり?」
男「それは薬がきまってる」

女「んっ。っと」ぺろっ
男「指舐めたりしないの」
女「だって、ご飯粒着いてた」

男「はしたない」
女「いいじゃん。自分の指くらい」



242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 22:19:42.93 ID:ZyrkDBLnP
男「先輩はそういうところはお子様だ」

女「いいの。うちにはうちの流儀があるのっ。
 ごちそーさまでしたっ!」
男「ごちそうさまでした」

女「男だって、自分がご飯食べ終わってても、相手が
 食べ終わるまで待ってからごちそうさまするじゃない。
 それも絶対に」
男「うん。そうだけど?」

女「だれでも流儀というものがあるのです」
男「そんな大層な話じゃないよ。全然。あ、そういや」
女「?」

男「もうお風呂は入れるよ?」
女「へ? まだ10分くらいだよ?」

男「こういうところはセントラルで沸かして
 いきなりお湯で張るからね。早いんだよ」

女「すごい慣れてない?」

男「普通だよ」
女「またまたぁ!」



248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 22:24:56.86 ID:ZyrkDBLnP
男「いや、そういう親父的な微笑みとか突っ込みは良いから」
女「一応、礼儀かなぁと」

男「いいからお風呂入ってきてくださいよ。女先輩」
女「うち先!?」

男「何びっくりしてるの」
女「い、いや。てっきり男が先に入るのかと」

男「なんで?」
女「え。いや……。理由は別にないけど」

男「ま。先輩お先にどうぞ。一応女性だし。さくっと入って
 さくっと寝ちゃうと良いですよ。せっかく睡眠時間確保
 する作戦なんだから」

女「そ、それはそうだけど」
男「?」

女「や。うん……おっし」ばしばし!
男「気合い入れてかかるほどのことか?」

女「い、行きますっ!」



252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 22:30:23.42 ID:ZyrkDBLnP
――5/22、水曜日 深夜 むやみにゆったりした風呂

女「……。ん。ん」

女「普段とシャンプー違うと、なんか変な気分」

女「……でも、広いなぁ。
 ユニットバスと比べると雲泥やね。つか、ユニットバスは
 シャワールームって名前変えるべきやと思うわ、うち」

女「……♪ ……♪」にへらっ

女「む。うち、いま、顔ゆるんでなかった?
 ゆるんでなかったか? いかん。
 そんな甘いことではなめられてまう。
 ここは毅然とした態度で睡眠をっ」

女「ま、そのまえにリンスもね」

女「……♪ ……♪」にへらっ

女「い、いかんいかん。うちにも先輩の威厳がっ」



257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 22:35:26.78 ID:ZyrkDBLnP
ぶくぶくぶくぶくっ!!

女「お、おおっ!? 泡が出るっ」

女「お、おとこー。おとこー」

  男「なんですかー。ったく」

女「あわっ……えっと、なんでもなーい」

  男「はーい」

女「浮かれすぎだ。私」

ちゃぷん。ちゃぷん。

女「小娘でもあるまいし。たかがこの程度で
 はしゃぐなんてアホだ。デスマの最中だって」

女「だいたい、男はうちと、そう言うんじゃない。
 そんなのじゃないんやしっ」

女「うち、ウォリアーなんやし」



264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 22:41:28.76 ID:ZyrkDBLnP
――5/22、水曜日 深夜 未経験なほどでかいベッド

女「お風呂有りがとさんっ」
男「あがりました?」

女「うん、広くてよかったよー。さっぱりした」

男「んじゃ俺も行ってこようかな」
女「行っておいでー」

男「先輩、気にしないで寝ちゃって良いですからね?
 手前の方の端っこあけといてくれれば」

女「うわ。ここは、ほら。ソファで寝るとか床で寝るとか
 譲り合いというか、騎士道精神というかでぐだぐだする
 場面ちがうの?」

男「ヤですよ。半額払ったのに。そもそもなんでここに
 来たかって手足伸ばして寝るためでしょうが」
女「正論だ」

男「寝ちゃってて良いですよ」
女「うち、髪の毛乾かさないと眠れんし」
男「ああ、そか」



269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 22:46:51.42 ID:ZyrkDBLnP
がー。ががおー。がー。

女「こんなもんかなっ。わ。枝毛だ」

女「美容室もいってないもんなー。そら枝毛もあるかー」

女「ま。そのキャラはしゃぁない。うちは、無理やね。
 そういうのはちっこくて、目が大きくて、
 栗色の髪でふわーっとした感じのさ」

(一人前にはほど遠いんですけど、数のうちというか
 戦力として数えてくれたので……)

女「……うん、担当。違うんよね」

女「その辺は適性無いからしかたない。
 うちは、うちの担当分を確実にこなす。
 おけー。ばっちり!」

女「……担当分が寂しいとか、考えちゃいけません」

女「よし。布団入ろう。男が上がってくると、恥ずかしいし」



277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 22:52:05.20 ID:ZyrkDBLnP
もそもそ

女「うっわぁ。シーツぱりっとしてて、さわさわってしてて」

女「これは大正解じゃないですか? 慧眼ですよ。
 すごく贅沢気分ですよ。わー、脚とか、すべすべだ」

もそもそ

女「やー。いいな。メイド萌えとか判るよなー。
 毎日ご飯作ってもらって、こんなシーツの
 ベッド用意されてたら、普通に惚れるわ。
 かなりマジで。勉強になるなぁ。
 人間生理的欲求には勝てないや」もぞもぞ

 ざーっ。ざざーっ。

女「――おとこのお風呂の音だ。む?」

 ぶくぶくぶく。

女「ふふふ。男も泡に気づいたな」

女「泡はいいなー。背中に当たって、肩こりのとこが
 ほぐれて軽くなって」うっとり



280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 22:58:03.80 ID:ZyrkDBLnP
 ざーっ。ざざーっ。

女「そろそろ、あがりかな」

女「……なんだかな」

女「うち緊張してるんか?」

女「え? ええっ? まじでっ? 緊張?」

女「というか、むしろ照れてるのか」かぁーっ

男「お風呂あがりましたよー」

女「そんなわけあるかーっ。
 うちは北斗ウォリアー拳目録の腕じゃーっ」

男「は、はいっ」

女「……」
男「……」

女「いえ、すいません。興奮してました」



286 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 23:04:05.65 ID:ZyrkDBLnP
男「ほら、そっちいって」
女「うん」

もそもそ

男「なんか、風呂入ったらすげー眠くなって来ちゃいましたよ」
女「あー、身体が温まって、血液が疲労物質を
 洗い流し始めてるんだよ」
男「そうなの?」
女「よく判らないけど」

男「わぁ」
女「な? な? ちょっと感動するでしょ?」
男「かなりね」

女「風呂上がりで、ぱりっとしたシーツにすべりこむとさ、
 シーツが素肌をくすぐるんよ。贅沢でしょ」
男「うん」

女「ほら、こっちこっち」もぞもぞ
女「ここも、すべすべだから、ちょっと来てみ?」

男「ん」
女「ほらな?」
男「って乗せられるかっ」



289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 23:09:02.05 ID:abGAHKqfO
どんな格好で寝てるんだろ


295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 23:13:28.47 ID:aMptFXXxO
>>289
普通に考えりゃホテルに備え付けのバスローブ(ガウン?)じゃないのか
女先輩がマイパジャマだったら萌え死ねる



296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 23:14:23.43 ID:Dtw/UTtg0
>>295
ジャージがあるだろ。
いやジャージしかないだろ。



293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 23:12:25.43 ID:ZyrkDBLnP
男「ったく。女先輩は、はしゃぎすぎ」ぺち
女「む、やったな」ぺちっ

男「おでこはないでしょ」ぺちぺちっ
女「二回すること無いでしょ」ぺちぺちっ

男「ったく。眠くてまぶたくっつきそうなくせに」
女「男だってそうでしょ。眠そうな顔して」

男「先輩ほどじゃないです」
女「そうさ。眠いさ。眠くて何が悪いのさっ」

男「開き直ったよ。この人」

女「ああ。眠いさ。眠いとも。
 高さは東京タワーにして四本分、量にいたっては
 後楽園ドーム18杯を埋め尽くすほど眠いさっ。
 なんか文句があるのかねっ」

男「全く無意味な場面で格好良いなぁ。女先輩」

女「眠いぞぅ!」
男「それは判りましたから」



305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 23:18:30.00 ID:ZyrkDBLnP

女「寝るから」
男「はいはい、お休みなさい」

女「ん……」きゅ
男「先輩?」

女「……人見知りの男でも、うちとなら寝れるのしってる」
男「……」

女「うち、身内に入れてもらっとるもんね。
 警戒心の内側だから」にぱ

男「……別にそんなに神経質じゃないです」

女「安心して寝て良いよ。うちは、男に悪いこと、しない」
男「……」

女「……噛まないから、安心しろ?」
男「そんなこと。コタツの猫みたいな顔で云われても」

女「むー。気むずかしいなぁ」
男「……」



314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 23:24:51.52 ID:ZyrkDBLnP
女「後頭部撫でてあげるから」
男「なんですかそれ」

女「これすると、くつろぐ」
男「そうなの?」

女「うちが」
男「意味ないじゃないですかっ。つか、いいですよ。
 触わったりするのはNGですからね……。
 ったく。眠いってのに……ふわぁあ」

女「……ほら、男も、もう眠い」
男「そら……」

女「感染したでしょ……。ん?」
男「これは感染じゃなくて、最初から眠いの……」

女「偉いぞ……。すぅ……」
男「意味通ってないですよ……」

女「おやすみ……」
男「おやすみなさい……」



318 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 23:32:06.69 ID:ZyrkDBLnP
うっす、区切り良いとこまで来ました。
おいらも男並みにねむねむっす、
ちょこっと仮眠取ってきます。
観てくれた人、ありがとうございました。
支援と保守も感謝。ママレードサンドのお礼です。
残ってたら明日も出来ます。
おやすみなさい。

でも、こいつは唐揚げ女。萌えナッシング。
戦場豚の悲鳴が聞こえるぜ。ハンバーガーヒルだぜ。



320 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 23:33:14.53 ID:Dtw/UTtg0
>>318
乙。

だが、萌える。
それが戦場で俺が学んだただひとつの真実だ。



319 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 23:32:35.58 ID:B8mzFnknO
ラブホテルに行きなれてる……

男は百戦錬磨の強者なのか、
それともデリヘル利用者なのか
それが問題だ



323 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 23:35:29.62 ID:xrp5CsRLO
>>319
なによりも問題なのは、明らかに作者がラブホテルに行き慣れてるという事実




同僚女「うちから、ウォリアー取っちゃダメだよ」その2へ続く

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/wordroom/51367330
この記事へのコメント
  1. Posted by   at 2009年04月22日 00:31
  2. わ、わっふぉ!
  3. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月22日 00:51
  4. 仕事はええww
  5. Posted by あ at 2009年04月22日 01:08
  6. これがここ最近一番のたのしみwww
  7. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月22日 07:58
  8. 書き手さん、管理人ともに最高!
  9. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月22日 12:41
  10. 次はまだかぁ!!!!
  11. Posted by 名無したん at 2009年04月22日 13:55
  12. こういうえろげーがしたいれす。
    社会人が主人公のエロゲって絶対需要あると思うんだけどなぁ……
    ガチでリアルな社会を描くには不都合なことがあるんかね
  13. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月22日 15:58
  14. 一気読みしてきたぜー
    家帰ってからの一番の楽しみになる予感。

    個室で肉体的なスキンシップするのって自殺行為だと思う・・・

    ※5
    俺も見たい
    エロゲーする平均年齢も上がってるんだろうし、需要はあると思うんだけど、
    や、どうなんだろう、やっぱ需要ないんかなぁ・・・
  15. Posted by at 2009年04月22日 17:32
  16. 続きが待ち遠しくて夜も眠れない
  17. Posted by ママレードサンド at 2009年04月22日 18:32
  18. >>5
    やっぱライターの経験値的に書けない職種とかあるんじゃないでしょうか。IT系職業とか、編集者とか、同人業界とかなら書けるかも。
  19. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月22日 19:37
  20. この人たち全部ウチで引き取りたい。
  21. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月22日 22:12
  22. このシリーズ今まで読んだSSで一番萌える。リアルな世界観だからこそなのか?