2009年04月26日

同僚女「信用したいって云うたら嫌いになる?」その1

1 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/04/23(木) 13:34:21.95 ID:qv6ULQoP
01_同僚女「おーい、おとこ。起きろ、起きろー」その1
02_同僚女「やっぱり二人っきりになっちゃったね」その1
03_同僚女「うちから、ウォリアー取っちゃダメだよ」その1
【あらすじ】
 ブラック系IT企業でデータ変換業務を行なう男は
神楽坂班のプロジェクトマネージャー。
 歴戦のウォリアー女先輩(指先から唐揚げを出したい)
 陽気な同僚のB男(さすらいの忍者マスター。灰は消失に通じる)
 口数少ないC男(捨てることに対する美学をもった職人)
 そして新規加入した新人女(スイーツでゆとりでとろくさい)
をくわえた5人パーティー。

 なんだかんだでうだうだ底辺仕事をやってた五人だが
池袋で働いていた同僚パーティーが壊滅したことから仕事量が急増。
不穏な空気が流れ始める。
 こなしてもこなしても終わらない仕事。悪いのは誰だ?
 上司か、会社か、クライアントか……?
 それとも男が悪いのか?

 萌え成分皆無。えろ成分なっしんぐ。
 現代日本における残酷唐揚げ童話。
 あけてもあけてもまた徹夜なブラック物語。



2 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/23(木) 13:35:22.53 ID:qv6ULQoP
【こんかいのぱーてぃー】
・男:体力5 精神力5 技術5 集中力3 把握力5 黒さ5
 ぷろじぇくとまねーじゃー。みかけよりくろい。

・女:体力4 精神力5 技術5 集中力5 把握力3 黒さ1
 からあげおんな。ぼうりょくがとくい。うぉりあー。

・B男:体力5 精神力4 技術3 集中力5 把握力2 黒さ4
 にんじゃ。ごびがござる。いがいにも、おとなだ。

・C男:体力4 精神力3 技術3 集中力4 把握力1 黒さ1
 はいきせいじん。をたく。おんなにほれている。

・新人:体力3 精神力3 技術2 集中力2 把握力3 黒さ2
 すいーつ。そしてゆとり。なにかになりたい、あこがれるきもち。



3 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/23(木) 13:35:36.41 ID:qv6ULQoP
――5/28、火曜日 14:00 神楽坂作業室

女「……おっけ。いいよー、このまま進めて」
新人女「……。ん」

新人女:カタカタカタ

C男「了解」

女「えーっと……。ふぅ」

女:カタカタカタカタカタカタ
新人女:カタカタカタ

新人女「……大丈夫ですか? 女さん」
女「へ? なんで?」

女:カタカタカタカタカタ
新人女:カタカタカタ

新人女「いえ。体調」
女「へいきへいき。うち、ウォリアだもん」
新人女「でも、顔色悪いです」



4 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/23(木) 13:36:07.86 ID:qv6ULQoP
女「まぁ、時期がね。忙しいから体力はきついけどね」
新人女「はい」
C男「――」

女:カタカタカタカタカタ
新人女:カタカタカタ
C男:カタカタカタカタ

女「笑えているうちは平気」
新人女「?」

女:カタカタカタカタカタ
新人女:カタカタカタ
C男:カタカタカタカタ

女「いやね。人間、忙しいから気持ちが折れるんじゃないよね。
 笑えないから、気持ちが折れるんだよ。
 だから、忙しくても笑うんよ。そうすれば、平気」

新人女「――」
C男「サボりマネジは捨てよう」

女:カタカタカタカタカタ
新人女:カタカタカタ
C男:カタカタカタカタ

女「男はクライアント回ってる。締め切り交渉含めて。
 うちらには出来ない仕事してるんだよ」



5 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/23(木) 13:36:40.04 ID:qv6ULQoP
新人女「……」にこっ
C男「!?」
女「うん、そうだよ。くわ、新人女ちゃんは反則だなっ。
 その微笑みで何人犠牲者にしてきたことか」
新人女「……こんなの役に立たないですよ」

女:カタカタカタカタカタ
新人女:カタカタカタ
C男:カタカタカタカタ

女「そうなん?」
新人女「欲しくないものが増えて、
 欲しいものとは交換できないです」

女「いや、それも大概リア充な意見だと思うけど」
新人女「……」

女:カタカタカタカタカタ
新人女:カタカタカタ
C男:カタカタカタカタ

女「ね、C男も可愛いと思うよね」
C男「戦場豚はかわいさを捨てる」



6 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/23(木) 13:36:55.13 ID:qv6ULQoP
新人女「ほら」
女「そこは空気を読め、C男っ!」べきっ
C男「……かわ、いい」

女:カタカタカタカタカタ
新人女:カタカタカタ
C男:カタカタカタカタ

女「――わらにでもすがるって言うかさ。なんにも
 出来ないときは、せめて笑うくらいしないと。
 それくらいしか身内にしてやれない時ってのもね。
 あったりしちゃう困った業界なんだな」
新人女「……」

女:カタカタカタカタカタ
新人女:カタカタカタ
C男:カタカタカタカタ

C男「……そうだ」ニカッ
女「あんたは笑わないでいいや。けふんっ」
新人女「……」



7 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/23(木) 13:37:07.44 ID:qv6ULQoP
――5/29、水曜日 9:00 神楽坂作業室

ピロリ

C男「メール着信」
女「あー。うちだ。仕事のにはアラーム設定してある」

女:カタカタカタカタカタ
新人女:カタカタカタ
C男:カタカタカタカタ

新人女「男さんでしょうか? でも今日は直行で蕨って
 行ってましたよね」
女「なんか訂正じゃないのかなー? んーっと」

新人女:カタカタカタ
C男:カタカタカタカタ

女「……」

新人女:カタカタカタ
C男:カタカタカタカタ

女「……っ」

新人女「どうされました?」



8 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/23(木) 13:37:24.31 ID:qv6ULQoP
C男:カタカタカタカタ

女「ん」
新人女「……」

C男:カタカタカタカタ

女「仕様漏れ。……設計前でトラブってる」
C男:ぴたり

新人女「よく判りません」
C男「……いつの? 何件?」

女「池袋が持ってた仕事。もうほとんど終わらせてた。
 件数は10万以上。ってか、データ構造に手をつけて
 リテイクだ」
新人女「……?」

C男「――捨てよう。捨てる。いや捨てさせる」

新人女「……??」

女「後ろから撃たれるんか……。あはは」
どくん



9 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/23(木) 13:38:05.23 ID:qv6ULQoP
新人女「トラブルなんですか?」
C男「……捨てよう」

女「ま、ね。うん。この件はうちと男で相談するから。
 いまのところは、目の前の仕事進めておいて」

どくん どくん

新人女「はい。……女さん?」
女「へ?」

新人女「いえ、汗が」
女「もう暖かいしね。ちょい、たんまね」

どくん どくん

C男「本部に行って首の十や二十は捨てたい」
女「ま、ま。そう言わないで。えへへ」

どくん どくん

女「だいじょぶ。うち、せふせふ」
新人女「……っ」

C男:カタカタカタカタガガガ



10 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/23(木) 13:39:09.41 ID:qv6ULQoP
――5/29、水曜日 13:00 神楽坂作業室

男「ん。概要はわかった。で、電話は誰から?」
女「部長」
男「……おっけ。ま。仕事してて」

女:カタカタカタカタカタ
新人女:カタカタカタ
C男:カタカタカタカタ

男「もしもし? はい。神楽坂です。はい、お疲れ様です。
 部長いますか? はい、おねがいします」

新人女:カタカタカタ
C男:カタカタカタカタ

女「……」すとん

女:カタカタカタカタカタ

男「はい。話の概要を聞きました。――はい? はい。
 ふむ。はい。……そうです。はい。
 ――要件定義ですよね? それは」

男「ふむふむ。うちに降りてきている書類では、
 前回のデータ構造ですよ。
 いえ、僕はそのクライアントとはお会いしてないんです」

C男「ボクを捨てよう」



11 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/23(木) 13:39:29.59 ID:qv6ULQoP
男「管理部の人間は呼ばれていませんよ。え? ああ。
 池袋班が? なるほど……。はい」

女「……っ」

新人女:カタカタカタ
C男:カタカタカタカタ

男「そうなりますね。……いえ、お受けできないです。
 体力? ……は、まぁ、はい。相当きついですが。
 それは今回のボトルネックではないですよ。
 はい、はい……」

男「いえ、そうではないです。
 ただし、このリテイクの作業を行うとなると、現在業務に
 手をつけている7社分はすべて期限内の実行が
 不可能となります。体力よりも、すでに実時間レベルの
 問題になっていますから……。はい」

新人女:カタカタカタ
C男:カタカタカタカタ

男「もちろんです、はい。……そうなりますね。
 池袋班? ……池袋班は、実働体制にないですよね。
 人数補充の予定は先週でしたが……。いえ、聞いていません。
 はい。……そうですか」



12 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/23(木) 13:40:01.86 ID:qv6ULQoP
男「いえ。そうですね。……では直接伺ってみます」

新人女:カタカタカタ
C男:カタカタカタカタ

男「そう言う訳にも行きませんよ。
 あははは……はい、仕事ですから。
 えっと、その足で開発に回って、時間があったら
 そちらにお邪魔しても良いですか?」

女「……っ」

新人女:カタカタカタ
C男:カタカタカタカタ

男「いえいえ。では、そうですね。はい。
 17:00過ぎにはお伺いできると思います」

新人女「……」 C男「……」

女「あんな。……どうやった?」

男「やっぱ出向いて聞かないと判らないかな。
 ――やだなぁ。
 そう思い詰めた顔しないで。先輩らしくもない。あはは」
男「こんな逆境今までいくらでもあったでしょ?
 話聞いてきますから」



13 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/23(木) 13:40:20.89 ID:qv6ULQoP
――5/29、水曜日 20:00 神楽坂作業室

新人女:カタカタカタ
C男:カタカタカタカタ
女:カタカタカタカタ

新人女「帰ってきませんね。男さん」
C男「捨てよう。マネジは」
女「……」

C男「マネジが仕事断れないから、
 俺たちが地獄に捨てられる」

新人女「……」

C男「俺たちががんばっても全力だしても、
 終わらないし、終わらせられない。
 それなら捨てるのが正しい。捨てよう」

新人女「……」

新人女:カタカタカタ
C男:カタカタカタカタ
女:カタカタカタカタ

どくん



14 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/23(木) 13:40:36.42 ID:qv6ULQoP
C男「M野の仕事なんだし。拾うのが間違い」
女「そうやんね。けふんっ」

新人女:カタカタカタ
C男:カタカタカタカタ
女:カタカタカタカタ

女「うちも、そうやって男を何回も、
 あの会議に行かせたなぁ。たくさんやった」

C男「マネジが断れば、それで丸く収まる」

女「そやな。そうかもしれないね……けど。
 そしたら、男は首にされて、
 次はうちがマネジやるんだろな……。けふんっ」

C男「そうすれば無茶な仕事しないで済む」

女「そかな。うち、もたんと思う。それこそ一月さえ」

新人女:カタカタカタ
C男:カタカタカタカタガ
女:カタカタカタカタ



16 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/23(木) 13:40:58.15 ID:qv6ULQoP
女「うちが辞めたら、B男かな。C男かな。けふっ」
新人女「……」

新人女:カタカタカタ
C男:カタカタカタカタガガ
女:カタカタカタカタ

女「大根おろしみたいに、一人ずつ削り取られて、
 誰もいないようになってしまうと思うんだよ」ぽそり

新人女「……」 C男「……」

新人女:カタカタカタ
C男:カタカタカタカタガガガガ
女:カタカタカタカタ

女「だから……」

C男「だから、仕方ない?」

C男「いつも、いつまでも、ずっと使い捨て」

C男「捨てられて、捨てられて、仕方ない?」

C男「――笑止。マネジが弱い、捨てるべき」



17 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/23(木) 13:41:25.18 ID:qv6ULQoP
――5/29、水曜日 23:00 神楽坂作業室

きぃ。きぃ……。がちゃん。

男「ただいま、っと」
C男「おか」
男「お。C男だ。どした? 終わらない? みんなは?」
C男「帰った」

男「そか。……プリン食う?」
C男 こくり


男:カタカタカタカタ
C男:カタカタカタカタ

男「ほい、どうぞ」
C男「……」もそもそ。もぐっ

男「今日は、風が強いな」
C男「雨がくる」

男「うん」
C男「仕事」



18 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/23(木) 13:41:41.06 ID:qv6ULQoP
男「ん?」
C男「増えたか?」

男「ん。増えたね。困ってる」
C男「人ごとじゃない」

男「人ごとじゃないね」
C男「……」
男「……」

C男「断って」
男「……だめ」

C男「断れないのは、弱い」
男「……それでもだめ」

C男「なぜ」
男「断れば強い訳じゃない。強ければ勝てる訳じゃない」

C男「生き残るのが勝利。クライアント捨てよう」

男「……もぐっ」

C男「捨てるべき」



19 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/23(木) 13:41:57.21 ID:qv6ULQoP
男「それが勝ちなら」
C男「……」

男「生き残りさえすれば勝ちなら、
 明日全員辞めればそれで勝ちか」

C男「……っ」

男「それは勝ちじゃない」
C男「……」

男「負けないのと勝ちは、違う」
C男「でも、みんな死ぬ」

男「――」
C男「気持ちも、身体も、折れる」

男「――」
C男「それでも、まだ仕事引き受けた方がよいのか」

男「そう」
C男「捨てたい」

男「許可できない」
C男「籠城してどうなる」



20 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/23(木) 13:43:06.54 ID:qv6ULQoP
C男「舐められてる。くだらないバカに。
 会社を人質にして。俺たちの意地を利用して。
 働かせようとしている」

男「そうだよ」

C男「がんばっても、笑うのは、あっちで
 俺たちは貧乏くじ」 ぎりっ

男「そうだよ」

C男「それでもか」

男「そうだよ」

C男「なんでだ」
男「理由かー……」

C男「……」

男「理由は、無いな。
 でも、これが一番良い選択肢なんだ。
 いまは地獄だけど、他の選択肢は『地獄以下』だと
 思うんだよ」



21 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/23(木) 13:44:43.00 ID:qv6ULQoP
C男「捨てちゃダメなのか」

男「いや。判らないよ、そんなのさー。
 でも、捨てて良いものと、捨てちゃいけないものは
 あるっしょ。いま捨てると、すり落ちちゃうものもある」

C男「……」

男「まぁ、俺たち野良だから。C男が受けられないって
 云うのは仕方ない。身を守るのが大事なのは重々判ってる」

C男「……ん」

男「だから、気に入らないのなら仕事は振らない」

C男「……」

男「でも、なんつか。ここは逃げちゃいけない
 タイミングだと思うんだわ」

C男「プリン」
男「?」

C男「ごちそうさま」

男「いえいえ」

C男「――プリン一個分だけ拾う」



30 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/23(木) 15:00:54.90 ID:qv6ULQoP
――5/30、木曜日 08:00 神楽坂作業室

女「おっはよー」

男:カタカタカタカタ
C男:カタカタカタカタ

男「おはよー」
C男「夜を捨てよう」

女「あれ? C男泊まったの? めずらし」
C男「プリン」

男:カタカタカタカタ
C男:カタカタカタカタ

女「へ?」
男「……そゆこともあるよ」

新人女「おはようございますっ」

女「おお。おはよう新人女ちゃん」
男「おはよー」

C男:カタカタカタカタ



31 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/23(木) 15:02:12.01 ID:qv6ULQoP
女「うっし、けふっ。うちもいこかなっ」
男「大丈夫? 女先輩」

女「んー。ちょっと頭痛い。週末に病院いく」
男「体調管理してね。無理させてるこっちが悪いんだけど」
女「まーかせてっ」

男:カタカタカタカタ
C男:カタカタカタカタ
女:カタカタカタカタ

新人女「……」もそもそ
男「あれ、何してるの? 新人女さん」

新人女「あ、いえ。……作業着をと思って」
女「うわ、可愛いなー。それ」

新人女「ひらひらのはやっぱり不便ですよね。袖とか」
女「着実に場慣れしていくなぁ」
C男「戦場豚」

男:カタカタカタカタ

新人女「あはは。自分でもびっくりの順応です」



32 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/23(木) 15:02:32.22 ID:qv6ULQoP
――5/30、木曜日 10:20 神楽坂作業室

男「んー。新人女さん、ドキュの準備」
新人女「あ、出来てます」

男:カタカタカタカタカタカタ

男「概要をメールになげてー」
新人女「はいっ」

男:カタカタカタカタカタカタ

男「女先輩、麹町用のマクロって?」
女「ああ、うん。保険屋のマクロの改造でいけたよ。
 テストおわってる」

男:カタカタカタカタカタカタ

男「B男のとこに投げておいてくださいな。りどみつけて
 あれば勝手にやるでしょ」

男:カタカタカタカタカタカタ

C男「俺は15、8、2、26終わった。全部aで」
男「先読みするなぁ。んじゃ+1してbやって。
 で、おわったら」
C男「判ってる」



34 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/23(木) 15:04:29.96 ID:qv6ULQoP
女「男、メチャクチャ飛ばしてるなぁ」
新人女「今日はいつにもましてすごいですね」

女「なんやろなぁ、仕事はうちの方が早いんやけど
 こういう時は敵わない感じで悔しいな」
新人女「ですか?」

女:カタカタカタカタカタカタ
新人女:カタカタカタ

女「ちょっとね。ウォリアの血」
新人女「判りますけれど。圧倒されますよね」
C男「……」

女:カタカタカタカタカタカタ
新人女:カタカタカタ
C男:カタカタカタカタカ

男「女先輩。俺昼前に出ちゃいます」
女「はいはい。留守番してるよー。今日はどっち?」

男「本部と、麹町に。帰りは15時過ぎの予定で」

女「うち、今日はシュークリーム食いたいな」
男「は?」



35 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/23(木) 15:06:07.35 ID:qv6ULQoP
女「シュークリーム食いたい」
男「何言ってるんですか?」

男:カタカタカタカタカタカタ

女「シュークリームってふわふわ&さくさくで、
 ひんやり甘いよね? ね、ね? 新人女ちゃん」

新人女「ええ。……そうですね。はい?」

男「なんだかなぁ。お使いですか?」
女「ううん、マネジの奢り」

男「んなわけいかないでしょ、女先輩!」

女「新人女ちゃん、ね。ね。今日は何色?」
新人女「えっ!? あ。あ、あ……そのぅ」ぼそぼそ
C男「!?」

女「……ふむふむ。……うぉ、後で見せてっ。
 で、……ふむ。おとこーっ♪」

男「ううう」

女「んじゃ、二人の分を発表するねー。あんな、あんな!」

男「シュークリーム買って参りますっ」



36 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/23(木) 15:08:00.38 ID:qv6ULQoP
――5/30、木曜日 14:00 神楽坂作業室

女:カタカタカタカタカタカタ
新人女:カタカタカタ
C男:カタカタカタカタカ

女「シュークリーッム、シュークリーッム」
新人女「ご機嫌ですね」

女「うち、安上がりな女なんだ。シュークリーム期待で
 テンションあがっちゃうくらいで」
新人女「あははっ。私も楽しみですっ」

女:カタカタカタカタカタカタ
新人女:カタカタカタ
C男:カタカタカタカタカ

女「そうそう、甘いものがあるから、日々を生き抜いて
 いけるよね。けひゅんっ」

C男「……」ぽいっ

女「おお、ティッシュさんきゅ!」 もそもそ

女:カタカタカタカタカタカタ
C男:カタカタカタカタカ

女「うちはティッシュも持ってないと思われたんかーっ!」



37 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/23(木) 15:09:31.79 ID:qv6ULQoP
C男「鼻をかんだら捨てよう」
女「捨てるよ、それはっ」

新人女「あははっ」にこっ
女「C男にはハンニバル・レクター式学習法でも
 生ぬるいみたいやんねっ。こうなったら禁断の
 虎眼流式学習方法で……」

C男「それは捨てよう」

女「遠慮しないでいいんよ。うちが一撃必殺で
 教授したげるから。授業料はあばら二本で」

C男「デスマ。仕事」

C男:カタカタカタカタカ

女「ちぇっ。C男も遊んでくれない」

女:カタカタカタカタカタカタ
新人女:カタカタカタ
C男:カタカタカタカタカ

とうぅるるるる。とぅるるるる。



38 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/23(木) 15:10:46.26 ID:qv6ULQoP
新人女「電話ですよ」
女「誰かな。本部かなぁ、こんな時間に。クライアントかな」

女「はい。もしもし。神楽坂作業室です」
「もしもし? 神楽坂さん?」

女「そうです」
「目黒のDM興業だけど」

女「先月納品させていただいた。はい、お世話になって
 おります。どのようなご用件でしょうか?」
「あー。用件? わかんないの?」

女「申し訳ありません。把握していませんが……」
「昨日納品だろう? どんなことになってるんだよっ?」

女「え? 先月の」
「それは第一期だろっ? こっちは二期の話してるんだよっ」

女「すみません、どういったご予定だったのでしょうか?」

「予定もクソもないよ。そっちがスケジュールだして
 くれるはずだろ。こっちは昨日納品としか聞いてない」

どくんっ



39 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/23(木) 15:13:50.39 ID:qv6ULQoP
女「では、お手元のプロジェクトシートの右肩の番号を」

どくんっ

「だから神楽坂さんってのかい?
 俺はイヤだって云ったんだよなぁ。
 M野さんにさ。聞いてるよ。
 仕事もしないくせに何でもいちいち
 書面確認しなきゃサボってばっかりのお荷物なんだろう?
 そっちの神楽坂ってのはさ。
 池袋さんなら口頭発注で良いって言うからお願いしたのにさ」

どくんっ

女「いえ、しかし。スケジュール確認を」

「M野さんのほうでフォーマットは作ったんだろ?
 流し込みなんだからさっさと済ませてくれよ。
 で、どうなの? いつあがんの?」

どくんっ

女「それは、確認して」

「御託はいいからさぁ。そっちに仕事は引き継いだって
 聞いてるよ。こっちの仕事、待たせてんだよなぁ」



40 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/23(木) 15:14:57.96 ID:qv6ULQoP
女「それは、私達のほうでは連絡を受けていなくて」

どくんっ

「それは、お宅の都合でしょ? こっちは発注してるんだよね。
 そっちの社内のこととか、お荷物とかさ。
 そういうの関係ないんだ。
 あー、M野さんがいってたのはこういうことなのねー」

どくんっ――きーんっ

「お宅、あれでしょ? 派遣でしょ?
 派遣は責任取らないもんね。話にならないや。
 良いよ良いよ、判ったから。変わって」

女「はい?」

――きーんっ

「いいから正社員に変わってよ。
 派遣じゃ話が通らないって云ってるんだよ。
 こっちはあんたらみたいに、遊んで金もらってられる
 立場じゃないんだからさ。
 神楽坂のそこの責任者、出して」

女「申し訳ありません。ただいま席を外して」

「言い逃れしてるんじゃねェよ」

――きいぃぃぃぃんっ



41 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/23(木) 15:17:34.53 ID:qv6ULQoP
「――。――」
女「はい?」

 新人女「おんな、さん?」

「――。――」
女「申し訳ありません。ただいま席を外して」

 新人女「女さん」

「――。――」
女「はい。……はい、早急に、はい」

「――。――」
女「ご連絡させていただきます」

「――。――」
女「――申し伝えさせていた――きま――す」

「――。――」
女「はい。はい。申し訳ございませんでした。
 ――失礼――させて――いた――きます」

 新人女「女さん……?」



42 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/23(木) 15:21:22.77 ID:qv6ULQoP
かちゃり

女「……」
新人女「女さん……顔色が」

女「C男。――目黒のDM屋さん。連絡行き違い。
 昨日納品分の発注漏れ。男に連絡で確認
 優先度最大」

新人女「女さんっ?」

女「あはは……」

女「うちら。甘え、過ぎだ。これ、やらせてたの――か」

C男「っ」
新人女「女さんっ?」

女「――ごめん」

どさっ

新人女「女さんっ!!」



45 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/23(木) 15:23:30.43 ID:BOEds6Eo
女あああああああああああ!!!!


66 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/23(木) 18:41:33.59 ID:qv6ULQoP
――5/30、木曜日 19:00 神楽坂作業室

新人女「――過労とストレス性の過呼吸だそうです」
男「うん」

新人女「点滴で一晩様子を見て、とは仰ってました」
男「了解。大変だったね。ありがとね」

新人女「いえ……」
男「……」

新人女「……」
男「……」

男「ん。新人女さん、今日のところは、上がってください。
 みんなの身体にも気をつけないとね」

男:カタカタカタカタカカタカタカタカタカ

新人女「男さん……」
男「ん?」

新人女「お見舞い、行かないですか?」
男「早くて、週末かな」

男:カタカタカタカタカカタカタカタカタカ



67 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/23(木) 18:42:43.83 ID:qv6ULQoP
新人女「でもっ」

男:カタカタカタカタカカタカタカタカタカ

男「だめ」

男:カタカタカタカタカカタカタカタカタカ
C男:カタカタカタカタカ

新人女「……」

男「いま、そっちに気持ちを振ったら
 踏みとどまれないでしょ。
 ここが、正念場だよ」

C男 こくり

新人女「え?」

男「いまパニックになったら、女先輩の帰ってくる
 場所がなくなるよ。それは酷い話だ」

新人女「――」

男「悪いけど、手加減できなくなった。だから新人女さんは
 今日のところは沢山寝て。明日から、仕事増やすよ」

新人女「はい……」



68 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/23(木) 18:43:33.90 ID:qv6ULQoP
――5/30、木曜日 19:30 神楽坂作業室

C男:カタカタカタカタカ

男「大体判った?」
C男 こくり

男:カタカタカタカタカカタカタカタカタカ
C男:カタカタカタカタカ

男「半日以下で終る細かい仕事は全部新人女さんに振って。
 引継ぎ業務も、納品データの管理も。
 彼女のほうがそういう業務には向いてる」

C男「判った」

男「悪いな」

C男「問題ない」

男:カタカタカタカタカカタカタカタカタカ
C男:カタカタカタカタカ

男「……」

C男「プリン一個の仕事。まだまだ受けれる」



69 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/23(木) 18:44:11.77 ID:qv6ULQoP
男「そか」

男:カタカタカタカタカカタカタカタカタカ
C男:カタカタカタカタカ

C男「男は、怖くないのか」
男「?」

男:カタカタカタカタカカタカタカタカタカ
C男:カタカタカタカタカ

C男「ずっと終らないかもって、思わないのか?」
男「ん……」

男:カタカタカタカタカカタカタカタカタカ
C男:カタカタカタカタカ

男「なんだろう。……思ってる。けど、それって怖いか?」
C男「……」

男:カタカタカタカタカカタカタカタカタカ
C男:カタカタカタカタカ

男「だって、ずっと続くって、要するに続くだけだろ」



70 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/23(木) 18:45:49.15 ID:qv6ULQoP
男:カタカタカタカタカカタカタカタカタカ
C男:カタカタカタカタカ

男「だいたい、終るって良く判らない。デスマが終るのは
 嬉しいけれど、それってインターバルだよな。
 デスマがある世界にいる限り、やっぱり終ってないよ。
 終わらないって、今回がどうこうじゃなく、そういう連鎖だろ」

C男「うん」

男:カタカタカタカタカカタカタカタカタカ
C男:カタカタカタカタカ

男「ここはデスマのある世界だし」
C男「うん」

男:カタカタカタカタカカタカタカタカタカ
C男:カタカタカタカタカ

男「デスマのない世界には行きたくない」
C男「そうなのか?」

男:カタカタカタカタカカタカタカタカタカ

男「うん」



71 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/23(木) 18:47:35.36 ID:qv6ULQoP
男「俺は学生のころから、酷いバイト沢山やってきて
 感覚が麻痺しちゃってるだけかもしれないけれど
 この世にデスマの全く無い業界とか、会社なんて、
 無いんじゃないのかな……」

C男「……」

男:カタカタカタカタカカタカタカタカタカ
C男:カタカタカタカタカ

男「いや、デスマっていうと、曖昧だけどさ。
 銀行とかだって潰れるし、
 公務員だって削減されっちゃうような時代だよ。
 どんな仕事してても、泣きたくなるほど青ざめる瞬間って
 絶対あると思うんだよ。血の気が引いて足がすくむような
 瞬間がくると思う」

男:カタカタカタカタカカタカタカタカタカ
C男:カタカタカタカタカ

C男「……」

男「そんな事は起きないって言える業界や社会人がいるとしたら
 それって、たぶん、責任感が無いってだけだと思うんだ」

男:カタカタカタカタカカタカタカタカタカ
C男:カタカタカタカタカ

男「じゃなければ、本当に幸運で『見たことが無い』だけか」



72 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/23(木) 18:48:51.66 ID:qv6ULQoP
男「もちろん、毎日青ざめるよりは、週一のほうが良いし
 週一で青ざめるよりは、月一、年一のほうが良いよ」
C男「うん」

男:カタカタカタカタカカタカタカタカタカ
C男:カタカタカタカタカ

男「身体を壊すようなデスマーチだって、
 金輪際やりたくなんか、無いよ」
C男「うん」

男:カタカタカタカタカカタカタカタカタカ
C男:カタカタカタカタカ

男「でも『そういうのが絶対に無い世界』には、行きたくない。
 それって幸せかもしれないけど
 ――なんか間違ってる気がするんだ」

C男「……」

男:カタカタカタカタカカタカタカタカタカ
C男:カタカタカタカタカ

男「……」

C男「ここは、捨てちゃダメな場所か?」
男「いまは、捨てちゃダメな瞬間だよ」



73 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/23(木) 18:50:10.56 ID:qv6ULQoP
――5/31、金曜日 23:30 小さなアパート

(昏いな……)

(やっちゃった……)

(うち、やっちゃったんだな。……ああ)

けふっ。けふっ

(やっちゃった……)

(絶対イヤだったのに。倒れちゃったか……)

(まだまだ平気のはずだったのに)

(――頭、痛い)

(身体重い、なんでこんなに布団が石みたいで……)

(倒れたんだっけ……)

(耳鳴りが、飛行機みたいにうるさくて……)



74 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/23(木) 18:51:08.29 ID:qv6ULQoP
(ハケンダカラ……アソンデテモカネモラエテ……)

(やっちゃった……うち、迷惑、掛けた……)

(何でこんなことになっちゃったのかな)

(うち、ウォリアーなのに)

けふっ。けふっ

(男のこと、助ける役なのに)

(助けて無いじゃんっ)

(真っ先に倒れて、足引っ張ってるじゃん)

(うち、ウォリアーちがう)

けふっ。

(こんなのウォリアーちがう)

(……)

(痛い……)




75 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/23(木) 18:51:43.82 ID:qv6ULQoP
けふっ

(昏いな……部屋、真っ暗……なんでこんなに寒いのかな……)

(誰もいないよ)

(当たり前か……友達、いないもんな……)

(1人やし)

(いま、何時かな……)

(23:46……真夜中、前か……)

(……頭、痛い。……昏い。……怖い)

(会社、首になるよね……)

けふっ。けふっ

(首にならなくても、十日も休めば、現場から外される、か)

(ハケンジャハナシニナラネェンダヨ)

(外される……外されて……)

(大丈夫、なんかな……うち……)



76 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/23(木) 18:52:24.02 ID:qv6ULQoP
(病院、幾らだったんだろ……保険なんて、無い……)

(働けなくなったら、どうしよう……)

(家賃払えなくなったら、追い出されるのかな)

(……そしたら、住むとこないやん)

(家なき子やん……)

けふっ。けふっ

(……昏いよ。寒いよ)

(住むとこなくなって、新しいとこ、借りられないよ。
 保証人なんか見つけられないもんな……)

(一人で……ずっと一人で。帰る場所なんて無くて)

けふっ。……っぐ。

(みんなにも、会えなくなって……)



77 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/23(木) 18:53:15.52 ID:qv6ULQoP
(夜はやだな……)

(真っ暗の中で、石みたいに固くなって、
 ずっとこうなんかな、うち……)

(ずっとこれが、続くのかな……)

(23:50――五分しか、たってない……)

(痛いよ……ずっと一人で……真っ暗の中で……)

(仕事首になったら)

(二度と会えないじゃんね……)

(ウォリアじゃないから)

(うち役に立たないから……)

けふっ。けふっ。……ずっ。ひゅぇ。

(甘えてて役に立たないから)

(終わったのかな……)



78 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/23(木) 18:53:58.41 ID:qv6ULQoP
(うちの終わりってこういうのなんだ……)

(遠くで自動車の音――酔っぱらいの声――)

けふっ。あ。……ぁ。

(でもうちは暗くて寒くて……)

(ずっと時計の針を追いかけて……)

(もう会えないのかな)

けふっ。けふっ

(一人でずっと泣いてるのかな……)

(――23:52)

(ずっと真っ暗な中で)

(ずっとずっと真っ暗な中で)




同僚女「信用したいって云うたら嫌いになる?」その2へ続く

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/wordroom/51369142
この記事へのコメント
  1. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月27日 00:01
  2. あれ?前の分少からちょっと抜けてないか
  3. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月27日 00:50
  4. すっげー面白いんだが仕事面の話になると
    理解できないことが多くなって自分が嫌になる
    社会人になれば分かるようになるのかな?
  5. Posted by   at 2009年04月27日 01:05
  6. つ、つまんない…。
  7. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月27日 06:18
  8. やっときたああああああ
    管理人乙!
  9. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月29日 15:10
  10. 今回辺りからようやくメインの人物達の負担の重さっつーか、やばくなってきた感が表現されてきて面白かったけどな。
    つまんねぇ奴は多分、デスマを知らん学生さんだろ。
    スケジュールこなす中で突拍子もなく発生するイレギュラーがどんだけ怖いか知らないんだろ。
    俺はもう業界から抜けたけど、
    「納期」「休日出勤」辺りのキーワードは抜けてから何年も経ったけど、いまだに震えが出る。
    ある種、精神病のレベルかもしれない。
    問題なく、滞りなく終わる仕事ってのは全体の半分以下だったから。
    今回のようなケースはざらだったし、当時のハードな案件を思い出して辛いけどもこの話は面白かったと俺は思う。

    一言で、ただつまらんと書くだけなのは楽でいいな。
  11. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年05月03日 21:01
  12. 男が仕事を断ったら男はクビ、になるのかな?
    会社側もこんなこと強要してたらもたないと思うんだけど、まぁどちらにしても酷い労働環境だな。
    格差によってもたらされた現代の奴隷を見た。
  13. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年08月08日 01:46
  14. しかし、発注する側もこれまたサラリーマン
    データが納期に間に合いませんでした、では済まされない立場と環境なんだよ
    まあ言い方ってのはあるけどな
    けどこのクライアントが言ってる事、主語を変えて俺らも平然と言ってることを理解しろよお前ら