2009年04月27日

同僚女「観念してうちを撫でるんやね」その2

198 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/04/27(月) 13:07:31.09 ID:4XWJKb.o
――6/10、月曜日 10:45 巣鴨駅

M野「いくぞ」
男「はい」
女「……はい」

しゅぼっ

M野「不細工な顔してるんじゃねぇぞ。女」
女「……はぁ」

M野「これから俺のクライアントに出るんだからな。
 お前にはどうせ笑ってる位しかできねぇんだから
 愛想笑いしてろよ。恥かかせないようにな」

女「すみません」ぺこり

M野「わかってんだろうな。お前が一つでも余計なこと
 云えばすぐに俺が首を切る。今回の納品は次回以降の
 プレゼンもかねてる。俺は容赦しないからな。
 ……特にお前には」ぷはー

女「はい……」

M野「だいたいお前は自分の立場もわきまえずに」
男「あの、M野さん?」

M野「なんだ、男」

男「向かってる会社は、どういう会社なんですか?
 到着するまでにある程度予備知識が欲しいんですが」



199 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/04/27(月) 13:07:57.51 ID:4XWJKb.o
M野「そうだな。今から向かうところは東京支社だが
 本社は四国にある大手の通販メーカーだ。
 元々は肌着やら衣料を扱っていたが、健康食品ブームで
 伸びて、今では全国規模だな」

男「大手なんですね」

M野「ああ、超大手って訳じゃないけれど、
 通販業界じゃそこそこの規模だろうな。
 あまりアグレッシブな売り込みをしないところが、
 玄人指向というか、本物志向の顧客に受けて売り上げを
 伸ばしている。顧客数もそうだが、客単価が高い」

男「ふむふむ」

M野「そういう規模であっても、うちが引き受けるような
 クライアントの中じゃ最大規模だ」

男「そうですね。ダイレクトメール屋や
 中小企業の規模じゃないですね」

M野「今回受注して納品するのは、神奈川配送所の分だ。
 機械化の遅れている会社だからな。最初の大本は帳簿だった」

男「はい、作業を見ました」



200 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/04/27(月) 13:08:23.70 ID:4XWJKb.o
M野「ふんっ。男、お前はやっぱ目端が利くなぁ。
 このまま神楽坂マネージャーとして重宝してやるからな」

男「ありがとうございます」にこっ
  女「……く」

M野「あ。なんか云いたいことでもあるのか? 女」

女「ありません……」

M野「ちっ。まぁ、神奈川配送所と埼玉の配送センター。
 この辺で関東の分はカバーしている。
 云ってみれば、今回の分はテストケースだったわけだ。
 次回へのプレゼンをかねるってのはそう言うことだ。
 ……まぁ、心配しなくてもとれるさ」ぷはー

女「どうしてです?」

M野「条件だよ。条件。このクラスの仕事規模で、
 うちより価格帯、納期で優位性のある条件出せる
 データベース屋なんかない。
 なんだかんだ云っても価格で勝つのは鉄板だ」

男「ふむ」



201 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/04/27(月) 13:08:39.82 ID:4XWJKb.o
M野「どうした? 男」
男「いえ、勉強になると思って。そうですよね、
 そうだよなぁ」

M野「やっとお前も判ってきたか。営業の苦労が!
 はははっ。素直にしてればお前も可愛げあるな」ぷはー

男「いえ、勉強させていただいています」ぺこりっ

M野「ここをとれれば社長賞は固いな。
 いや、押し出しで課長を越えるのも有りの路線だ。
 このクライアントは外せない。先方は初めの納品後の
 対応でうちに好感を持ってるようだ。落とすぞ」

男「はい」 女「はい」

M野「そうしたら、新しい女の子も入れて、池袋班発足
 合同打ち上げだな。就任式コミで。
 仕切りはお前にやらせてやるよ、男」

男「はい。そういう仕事は久しぶりですね」

M野「お前も使う側に回れよ。あはははっ」

男「ありがたいですね。僕も、もう歳ですから」
  女「……っ」



206 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/04/27(月) 13:13:32.64 ID:4XWJKb.o
――6/10、月曜日 11:05 巣鴨クライアント/会議室

クライアント重役(以下クラ重)
 「いやいや。M野さん、ご足労ありがとうございますね」

M野「いえいえ、あたりまえですよっ!
 いつ来ても立派な社屋ですね、清潔で大きくて。
 来るのが楽しみなんですよ、私っ」

クラ重「いやー。そんなことはまったく。
 わたしら、四国の山だし企業ですから。
 万事もっさりで申し訳ないないですよ。あははは」

女(なんか、優しいお爺ちゃんみたいな人だなぁ)

M野「そんなことはありません。
 いつも懇意にしていただいて、ありがとうございます」

クラ重「いえいえ、互いに利益あればビジネスですからね」じぃっ

女(訂正、訂正っ! このお爺ちゃん!
 この目は修羅場くぐりぬけてる目だよっ! デスマ者だよ!)

M野「今日は、第一回分の修正分の」

クラ重「はいはい。メールは読ませていただきました」



207 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/04/27(月) 13:13:55.58 ID:4XWJKb.o
M野「助かります」

クラ重「会社の若い子に読んでもらってるんだけどね」にこにこ

M野「いえいえ、クラ重様のお歳でメールに忌避感が
 ないだけでも、相当にお若いですよ」

クラ重「ははははは」

M野「ああ、遅れまして申し訳ありません。
 本日はうちに若いのを二人連れてきました」

クラ重「はいはい」にっこり

M野「おい」

男「ご無沙汰しております。クラ重様。
 今回、移行業務の担当をさせていただきました
 神楽坂班のマネージャー、男です」

クラ重「やぁ、何回か来てもらったよね」

M野「そうなのか?」

男「DBの操作レクチャーがあるじゃないですか」
M野「ああ、そうかそうか」



209 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/04/27(月) 13:15:28.86 ID:4XWJKb.o
クラ重「そちらは」

男「ああ、僕の下で神楽坂班のサブマネージャーを
 しています、女です」
女「あの……う。わたし、女と申します。はじめましてっ」

クラ重「元気の良い娘さんじゃね」にこっ

M野「ははは。お茶くみしかできないようなぼんくら女
 ですが、何かあったらこき使ってやってください」

  女「……おねがいします」ぺこっ

M野「いかがですかね? その後システムの方は」

クラ重「うん、いいんじゃないかな」

M野「そうですか。ほっとしました」

クラ重「些細な処理ミスとかはあるようだけど、
 そういうのはね。ほら、新しいことを始めれば
 つきものだからね」

クラ重「そう言ってもらえると助かります」



213 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/04/27(月) 13:18:56.45 ID:4XWJKb.o
男「新しいアシストシステムとマニュアルはいかがでしょうか?」
M野「なんだそれ」

クラ重「ああ、あれね? あれはね。現場では好評ですよっ。
 発注時に不審点があると指摘してくれるのねっ。
 まだ不慣れだから、どうしても入力がね〜」

男「よかったです。あれはうちの開発が
 自信を持っていましたから。今の言葉を伝えれば
 すごく喜びますよ」にこっ

M野「あははは。そうそう、開発もね、無い知恵絞ったから」

クラ重「あははは。うちはねー。細かい仕事は、
 どうしても女性の年配者が多いからね。
 元は肌着の卸売りでしょ? どうしてもね。
 だから、ああいうのはありがたいね」

女(うち、このお爺ちゃん好きやな! おもろいな!)

男「必ず伝えます」

M野「えー、これが今回の修正納品になります」
クラ重「はいはい。一袋ですね」

男「今回は修正分なので、少ないんですよ」
クラ重「ほうほう」



216 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/04/27(月) 13:23:08.10 ID:4XWJKb.o
M野「内容説明を……」
男「女、やって」

女「あっ。はい、内容ですね。ここに納品書がございます。
 えっと……ディスク24枚と、新しいマニュアルと、
 いくつかの確認書……こちらは、現場の運用担当の方に
 渡していただけば判るようになっています」

男「運用の方も、神楽坂と当社開発の連絡先はご存じですので」

クラ重「はいはい。何かあったら遠慮無く
 連絡させてもらいますよ」

男「はい」 女「はいっ」

M野「で、早速ですが、プロジェクト今後は
 いかがいたしましょうか?」

クラ重「ああー。うん、帳票整理や発送作業も新システムの
 方がね、ずいぶん良くなったしね。もちろん新しい技術はね
 使っていかなけりゃならない」

M野「そうですよねっ」

クラ重「ただね。もう、ぼくが歳でねー。あははは」

M野「いえいえ、お若いですよ」



217 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/04/27(月) 13:23:54.05 ID:4XWJKb.o
クラ重「まぁ、そんなことで。どうせ新システムに
 移行するなら、これは本社と協議してね、
 この巣鴨東京支社で主導していくんだけどね」

M野「ほほう、そうしますとクラ重様主導で。素晴らしい!」

クラ重「ははは。そうなるのかな。……ただ、ぼくも販売が
 あるからね。専任者を作って、部署にしようと」

M野「ははぁ、そうですね、判ります」

クラ重「そんなわけで、新しい担当を入れたんですよ。
 その男呼びますから、条件交渉やプレゼンはそいつに
 説明してくれるかな? 若いから。こんなおじいさんより
 M野くんも、きっと気が合うでしょう」

M野「いえいえ、そんなに気を遣ってくださって。
 本当にありがとうございます」

クラ重「ああ、来た来た。はいってください。
 紹介しますよ、これが新しく入った新部門の暫定主任でね」

B男「B男というでござるよーっ。
 はははっ。M野殿はおひさしぶりでござるよ!
 やややぁ? これはどうしたことでござろー。
 なんと男殿に女殿でござるね。奇遇でござるねーっ」



230 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/27(月) 13:27:08.60 ID:5b0sdL.o
なにぃ?


231 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/27(月) 13:27:15.86 ID:MEQDYsAO
来やがったwwwwww


232 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/04/27(月) 13:27:22.53 ID:4XWJKb.o
――6/10、月曜日 11:25 巣鴨クライアント/会議室

女(――どぇええええぇぇっ!? ま、まさかっ)くるっ
男「お久しぶり」にこっ
女(こいつかーー!!??)

M野「あ……あ……」ぱくぱく

クラ重「では、B男くん。たのむね?
 あ、これは失礼。お茶もお出しせずに」

M野「あ……あ……」ぱくぱく

眼鏡女「失礼します。……お茶をお持ちしました」

クラ重「ははは。新部署も動き出してるんだねー。
 感心感心。では、よろしくお願いしますよ−」

がちゃん

M野「て、てめ……」ぷるぷるっ

B男「どうしたでござるか? M野どの。
 お熱でござるか?」

  男「忍者ノリノリだな」ぼそっ
  女「ど、ど、どして」



238 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/04/27(月) 13:28:45.58 ID:4XWJKb.o
M野「てめっ」ぐっ

B男「さて」

とんっ

B男「プレゼンを聞くでござるよ」
M野「……っ」

男「M野さん。M野さん」ぼそぼそ
M野「なんだっ」

男「見せてください。営業のプレゼンってやつ」

M野「……っ」ギロッ

B男「プレゼン無しでござるか? 拙者しょんぼりでござる」

M野「くっ。……お前っ。
 ……プレゼンは、この資料にまとめられているとおりに
 なります。全国規模の展開をしている御社の配送センター
 全てを新システムに移行してゆきます。
 移行期間は一年を予定しています」



246 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/04/27(月) 13:30:30.34 ID:4XWJKb.o
B男「一年でござるか! それは破格でござるね!」

M野「そうですね。同業他社にはマネの出来ないコストと
 完成期間だと自負しております。
 B男……様(ぎりっ)。
 色々ありましたが。お互いビジネスですから。
 どうぞ、条件に注目してくださるよう……。
 おねがいします」

B男「そうでござるね。ビジネスでござるから。
 しかし、この納品だと、不具合とか品質の維持に
 問題はござらんか?」

M野「それについては、開発と管理部門を
 絞り上げましてでも責任持ったパッケージを
 納品しますので問題はございません」

B男「ふぅん……。しぼりあげて、でござるね〜」ちらっ

  男「……」 女「……」
  M野「余計なことを云ってみろ、飛ばすぞっ」ぼそっ

B男「ま、いいでござるよ」

M野「それでは!」

B男「確かに他社でこの条件を出すのは厳しそうでござる」



249 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/04/27(月) 13:31:40.50 ID:4XWJKb.o
M野「では、ご契約と云うことでっ」

B男「ただし、それはあくまでアウトソーシングと
 云うことでござるよね」

M野「は?」

B男「このクラスの移行業務になると一年がかり。
 その上、様々なトラブル対策、機密問題。
 ケアの問題も発生するでござる。
 また、今後のWebへの対応を考えると社内に
 自前の技術チームを抱えるのも一つの方策。
 というかその方がコストが安上がりになるだろう、と。
 これは拙者、受け売りなのでござるけどね」

M野「いえいえっ! そういったことはノウハウのない
 御社が手を出すと火傷をする典型的なパターンですよ。
 ノウハウを抱えた我が社のようなプロフェッショナルに
 依頼すべきです」

B男「ノウハウが蓄積されるのは会社ではなく人でござるよ」

B男「特に御社の場合は、そうでござる」

M野「――っ」



255 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/04/27(月) 13:33:19.33 ID:4XWJKb.o
M野「おい、男っ。女っ。こいつお前らの下だったんだろっ!
 いいかげんにさせろ。
 そうだ。お前らから云え、うちに発注しろって!
 そうすれば、うちの業績だって上がる。
 そうだ! お前らを正社員にしてやる。
 知ってるだろう。おれが常務とツーカーなのはっ。
 この茶番だってどうせそう言うことなんだろっ」
 なんだぁっ! その面はっ!!
 いい加減にしろ、女ッ」

 ガッ!!

男「――っ。痛いなぁ。元ヤンってのは本当なんだ」
女「男っ」

M野「――っ!」

B男「ノウハウは有るでござるよ」

M野「……え」

B男「ノウハウのある人材は、これから入る予定でござる。
 ――1チーム、丸ごと。
 そもそも拙者それまでの引き継ぎ要員でござるからね。
 ニート上がりの拙者がリスクのある偵察任務をやったまで。
 これも忍びのつとめでござる」



264 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/27(月) 13:36:09.86 ID:NvvDeOk0
忍者すげええ


270 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/04/27(月) 13:37:14.84 ID:4XWJKb.o
M野「男……おまえらっ。どうなるか判ってるんだろうなっ」

B男「判っていないのはM野殿でござるよ。
 大手取引先の、クライアントの会議室で。
 しかもこんなガラス張りのパーテーションの中で
 暴力をふるった自覚はあるのでござるか?」

M野「――あ」

B男「このことは御社にも抗議させてもらうでござる」

M野「――っ」

B男「お茶が冷めてるでござるね。入れ直すでござるか?」

男「どする?」
女「どうする、っていわれても」

M野「――これで失礼させてもらうっ」

がっ。

男「あ、M野さんっ!」
M野「なんだっ!?」

男「勉強になりました」にこっ



272 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/27(月) 13:38:24.17 ID:4rYatLgo
黒いっ!
だが、それがイイ!



285 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/27(月) 13:44:07.16 ID:TzzeqYYo
ブラック会社ならこっち映画化した方が売れるんじゃないかwwwwwwwwwwwwww
向こうも向こうで神だけどwwwwww



288 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/27(月) 13:45:35.59 ID:4rYatLgo
>>285
しかし、こちらには凄まじい萌えっぷりが!



295 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/27(月) 13:47:31.31 ID:yiyhIn20
> B男「ノウハウが蓄積されるのは会社ではなく人でござるよ」

M野がデフォルメだとしても営業として身につまされるなぁ。
エンジニアにケンタもって行こう。



299 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/04/27(月) 13:48:54.39 ID:4XWJKb.o
――7/5、金曜日 18:25 居酒屋『デスマーチ』

女「えー。こほんこほんっ。
 それでは、眼鏡女さんの歓迎会といたしましてー。
 くわえて、どひぇー集団転職まじかよ祭りとしましてっ。
 神楽坂班飲み会を開催したいと思いますー!」

B男「飲むでござる〜!」
C男「ふっ。しらふを捨て去る」
新人女「はいっ」
眼鏡女「いただきます〜」

女「ではわれらがマネジから一言」
B男「マネジは女氏でござるよ」
女「おっと、そうだった。んじゃ電算企画の男から一言」

男「酔ってください」

女「短っ! かんぱ〜い!」

「「「「「かんぱーい」」」」」

男「わかめサラダ、誰?」
B男「拙者でござる」



305 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/04/27(月) 13:52:10.92 ID:4XWJKb.o
女「いやー。もうね。忙しかったね」
新人女「目が回りましたね」
C男「過去を捨てよう」
B男「男殿が一番忙しかったでござろ」

男「俺?」

女「うん」

男「デスマに比べれば会議なんてチョロいぜ。
 ――それより
 B男には危ない橋渡らせて悪かったな。
 うまくいったけどさ。ミスってたら無職に
 させてたわ。……助かった」

B男「拙者ニートでござったから、
 そこより下には落ちないでござるよ。
 それより、主のために先行偵察をして軍用を整えるとは、
 忍者として胸の張れる仕事を出来たでござる。
 ――愉快な心持ちでござった」

男「殴って辞めるとは思ってなかったけどさ」

B男「あははは」 眼鏡女「うふふふ」 C男「惰弱捨てよう」

女「ひどいなぁ、みんなも内緒だなんて」

男「失敗考えると、云う訳にも行かなかったんだよ」

B男「隠密任務でござる。理解してくだされ」



307 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/04/27(月) 13:53:48.09 ID:4XWJKb.o
新人女「いつから準備してたんですか?」

男「新人女さんが来た頃からかなぁ」

女「えーっ!?」

男「だよな?」
B男「歓迎飲み会のトイレで話したでござるね。
 まぁ、成功したから、全ては忘れるでござるよ」

C男「全て綺麗に捨てよう」

新人女「巣鴨のオフィスは、広くて綺麗ですね。こくん」

B男「そうでござるなぁ。天国っぽいでござるな」

眼鏡女「OLやってた頃を思い出します」

男「甘い甘い。そんなの最初だけだって」
女「そなの?」

男「仕事をしてれば、記録だのファイルだのが
 あっという間に増えるって。どんどん占領されて
 えらいことになる。現に、固形物の貯まった鍋や
 どろりとした皿に台所を占領された人を俺は」

ゲスッ

男「――痛っ」



313 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/04/27(月) 13:55:56.91 ID:4XWJKb.o
女「そういえば、そうだっ!!」だむんっ
新人女「はい?」
B男「どうしたでござるか?」

新人女「新人歓迎なのに、眼鏡女さんの紹介してないよっ」

B男「そうでござるね」
C男「常識を捨てよう」

男「……もぐもぐ」
女「んじゃ、自己紹介云ってみようかっ!」

眼鏡女「はい、はじめまして。眼鏡女です。
 歳は、えー。おばちゃんです」にこぉっ

新人女「すごく若いです」

B男「そ、そうでござるね」おろっ
C男「なぜ怯える」
眼鏡女「?」

B男「怯えてないでござるよっ」
C男「……」

眼鏡女「えへへ〜」ほわぁん



315 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/27(月) 13:56:36.37 ID:QSgBn1c0
胸がすくいい話だ。


323 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/04/27(月) 13:58:36.80 ID:4XWJKb.o
眼鏡女「えーっと。昔はOLをやってましたが、
 不倫騒動に巻き込まれていろいろあって
 ばついちで今に至ります」ほわん

 女「うっわ、ハードやん」
 新人女「……」びくびく

男「まぁ、野良ならそれくらいは、あるね。もぐ」

女「男は時に度量でかいよなぁ」
新人女「いつでも大きいですよ。女さんとくっつくなんて」ぼそっ

B男「ま、ま!」あせっ
C男「不審忍者を捨てよう」

眼鏡女「すごく貧乏なんです。もう再起不能だったのですが〜。
 男さんに支度金を用意していただいたおかげでぇ
 また、OLになれました。皆さん、よろしくお願いしますー」

女「いつの間に?」

男「よろしくお願いしますね。うちのモットーは自助努力なんで」

新人女「その割には面倒見がいいです」

C男「マネジ男ブラックRXだ……」



328 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/27(月) 13:59:39.30 ID:xVr3d2Mo
汚職事件の使い道はそれか!


340 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/04/27(月) 14:02:03.92 ID:4XWJKb.o
B男「もうちょい、増えるでござるよね」
女「そうなの?」

B男「このメンバーじゃ、専門的な設計や開発が足りないで
 ござる。ノウハウなんかはあるでござるけれどね」

男「その件はB派遣に話をつけてある。人を出してもらえるよ」

眼鏡女「派遣さんですか〜」

男「派遣扱いは禁止だからね」

新人女「あははは。とてもそんなこと、出来ないですよ」

B男「拙者達だって、一歩間違えればと云うか、
 本当はまだまだ派遣でござるよ」

C男「野良仲間」

女「へ?」

C男「派遣とか、正社員とか。違う。――野良仲間」

新人女「そうですよねっ。はいっ。王様仲間です」

B男「よい輩でござろ?」
眼鏡女「はいっ」にこっ



345 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/04/27(月) 14:04:59.68 ID:4XWJKb.o
――7/5、金曜日 19:40 居酒屋『デスマーチ』
――女同士班

新人女「女さん、女さん」ぼそっ
女「どしたん?」

新人女「眼鏡女さん。B男さんに近くないですか」
女「……近いね」
新人女「あれは、肩を抱ける距離じゃないですか?」
女「抱けるね」

新人女「……わたし、見ちゃったんです」
女「へ?」

新人女「彼女。さりげなく、B男さんに膝に手を置いてるんですっ」
女「うううう。そ、それって……どゆこと?」
新人女「Sクラスアサシンってことです」ゴゴゴ

   眼鏡女「――」ちらっ
   女(こ、こっち見たっ!)
   新人女(目があった!)

   眼鏡女「――」にこっ

女「……敵にするのはよそうね。新人女ちゃん」ぶるぶる

新人女「そうですね。はい。きっとB男さんに
 近づかなければ平気です……」ぶるぶる



353 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/04/27(月) 14:07:22.74 ID:4XWJKb.o
――7/5、金曜日 20:00 居酒屋『デスマーチ』
――アルファベットブラザーズ

C男「――こくんこくん」
B男「飲んでるでござるか?」

C男 こくり
B男「どうしたでござるか?」

C男「捨てたい」
B男「……そうでござるか」

C男「俺、だめ。間に合わなかった。勝てなかった」
B男「……」

C男「捨てたい。それとも、捨てたから、ダメなのか?」
B男「……」

C男「……こくんこくん」

B男「なぁ。C男」
C男「――」

B男「女先輩は、かっこいいでござるなぁ」
C男 ちらっ

  女「うっちの、唐揚げにっ! 手を出すなぁぁ!!」

B男「どうでござる?」
C男 こくん



355 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/27(月) 14:08:10.06 ID:xVr3d2Mo
B男…眼鏡女に返り討ちにされたのか
うらやますい



356 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/27(月) 14:08:18.12 ID:BZGqixoP
C男せつねえよ


359 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/04/27(月) 14:08:57.56 ID:4XWJKb.o
B男「なら、それでよしと出来ないでござるかな」
C男「……」

B男「拙者は……上手く言葉にならないでござるが
 終わっても、格好良く見えるのなら
 それは……本物だったのではござらんかなぁ」

C男「……」

B男「善哉、と。忍者は云うでござるよ」

C男「――」ぽろっ

B男「立派な野良が、泣いてはいかんでござる」

C男「――」くぅ

B男「ん……」

C男「泣くのは、捨てる……。でも、これは大事」
B男「そうでござるね」

C男「次は、もっと……」
B男「そうでござるね」



364 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/27(月) 14:10:38.17 ID:Zub6.QSO
B男がかっこよすぎて剣心に見えてきた…


367 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/27(月) 14:12:17.67 ID:nvOiziQP
なにこのせつなかっこよさ


376 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/04/27(月) 14:15:17.26 ID:4XWJKb.o
――7/5、金曜日 21:00 神楽坂、路上

女「では、今日は解散と言うことでっ!!」
男「うん」

女「ちょっと時間早いけれど、まぁ遊ぶ人は遊んで帰る。
 自己責任で! でも基本は家で身体を休めた方がよいかなー
 新しい職場だし、遅刻なんかしたら許さないよ!」

新人女「はい」
B男「了解でござる」
C男 こく
眼鏡女「はぁい」

女「うちがマネジになったからは、戦闘教練は
 常に実戦形式で行くからねっ!!」

B男「そう言えばそうだったでござるなぁ」

女「では、みんな寝冷えとかしないように。
 最後に男からから一言っ!」

男「……本日をもって、地獄の古参兵集う
 ハンバーガーヒルのミンチ工場、神楽坂班は解散っ。
 でも俺らは解散しない。――改めて、よろしく」

女「以上。解散っ!」

「「「「「お疲れ様でしたーっ」」」」」



387 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/04/27(月) 14:17:34.00 ID:4XWJKb.o
――えぴろーぐ

男「なぁなぁ。女先輩」
女「なん?」ぐんっぐんっ

男「本当に行くの?」
女「あったりまえや。
 ……そしたら、うちら前回行ったときは
 もうくっついてもよかったはずやん?
 うち、正直すんごい期待してて鼻血出しかけてたんだから」

男「三日ぱんつだったから、あのときはあれで
 せふせふって云ってたじゃん」

女「それはそれっ。これはこれっ!」

男「なんか理不尽だなぁ」

女「往生際が悪いなぁ。寝るだけでも良いって
 云ってるやん。そこまでがっついたりしないよ。うちっ」

  男「こっちもそれじゃいい加減生殺しってか」ぽそり

女「男、肩とかがちがちでしょ?
 うち、肩もんであげるよ。上手ですよ?」
男「うー」



397 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/04/27(月) 14:21:07.81 ID:4XWJKb.o
女「ゆっくりお風呂につかって、脚の爪先から
 指先から、耳の裏側のくぼんでいるところまで
 丁寧に指圧しますよ? 男さん?
 身体が軽くなって、頭の中ふわふわーってなるよ?」

男「えーっと」

女「ちょっと魅力あるしょ?」
男「確かに」

女「それとも、あれかな。つきあい始めて初めて知った
 うちの身体のあんなラインやこんなラインに
 ケダモニョになってしまう己を押さえられないのかな?」

男「イヤ全然。さっぱり。部下を鍛えるために
 シャイニングウィザードの練習するような女性は
 人生の驚きではあるけれど、萌えはない」

女「シャイニングウィザードだめなのっ!?」
男「萎えます」

女「まじでっ!?」
男「萎えてしまいます」

女「丁寧にだめ出しされたーっ!!」



407 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/04/27(月) 14:25:09.55 ID:4XWJKb.o
女「そか、ダメか……」しょぼん
男「あー」

女「な、行こ?」
男「……」

女「なぁ、なぁ?」くいっくいっ
男「うー。卑怯だなぁ。女先輩は」

女「うへへ〜。うちの勝ち?」
男「うん、勝ちだよ」
女「やったぁ! 男のアイス奢り! ファミチキも奢り!」
男「はいはい」

女「敗北者になった?」
男「最初から女先輩には、勝てたためしがないじゃんよ」

女「じゃ、観念してうちを撫でるんやねっ!」
男「ふんっ。どうせ次のデスマまでだけどね」

女「ははんっ。この続きをするためなら」

男・女「「デスマなんて何百回でもくぐってやるさっ!!」」

//The fellow worker in BLACK
//End of log
//Automatic description macro "Marmalade" is over.





408 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/27(月) 14:25:36.92 ID:BZGqixoP
乙!!!!!!!!!!!!!!


409 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/27(月) 14:26:08.09 ID:xVr3d2Mo
いちおつ!!!!!


452 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/04/27(月) 14:33:49.86 ID:4XWJKb.o
みんな、スペシャルあんがとうねー。
支援も感想もツッコミも、本当に助けられたよ。
一人じゃこんなの、書けないよ。おいら(T∇T)

とくにもりたぽーくれた人、イラスト入れてくれた絵師様。
勇気づけられたよ(´∇`)

突っ込み処も説明不足もあるんだけど、
これ以上は蛇足っぽいので。ほら、あれだ。自由想像で!


このお話は、おしまいっ。
男&女も、B男もC男も新人女も眼鏡女も
その後元気に野良暮らしをしていると思います。

萌え成分、えろ成分皆無でしたが、みんなの元にお届け!
召し上がれっていう気持ちで書きました。
どうぞ!!



456 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/27(月) 14:36:07.32 ID:2EVngU.o
乙でした
途中はどうなるのかと思ってたけど、見事に伏線を回収して
終盤はニヤニヤしっぱなしでした。
とても楽しいひと時を過ごせた。
本当に乙でした



467 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/27(月) 14:43:58.12 ID:1D0fijko
>>1乙!!!
ここまでの大作を見れたことに感動した
本当にありがとう!!!



479 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/27(月) 14:55:40.62 ID:AZ6IFnk0
本当に>>1乙!!!

最初のスレからずっと追いかけてて楽しかった!!
またなんか書いてね!!




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/wordroom/51369490
この記事へのコメント
  1. Posted by stk at 2009年04月27日 19:10
  2. 1!!
  3. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月27日 19:39
  4. 面白かった。ずっと続きが気になってた。
    こんな面白い話を本当にありがとう
  5. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月27日 19:53
  6. おい上原ぁぁ!!
    面白かったぞぉぉぉぉ!!
  7. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月27日 20:05
  8. 急ぎの用事で読めんorz
    ぜってぇ明日読む
  9. Posted by ・・・ at 2009年04月27日 20:16
  10. 長編お疲れさまでした。自分の中で何かが変わりそうです。本当にありがとう。
  11. Posted by あ at 2009年04月27日 20:29
  12. 神楽坂班は仕事を全部終わらせてから転職したの?
    それとも途中で捨てた?
  13. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月27日 20:31
  14. あー 終わっちゃったか〜、、また楽しみが減ってしまった、、 面白かったですw 読ませてくれて有難うございました^^
  15. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月27日 20:43
  16. いやーよかった
    久しぶりに感動した
  17. Posted by   at 2009年04月27日 20:45
  18. リアルタイムで見れた!
    面白かったです!
    本当に乙でした!
  19. Posted by 名無し at 2009年04月27日 20:46
  20. まとめ乙です
  21. Posted by ν at 2009年04月27日 20:53
  22. カタルシスを感じた
  23. Posted by 名無しさん at 2009年04月27日 20:56
  24. 気の利いたことを言おうと思ったがうまく言葉が出てこないです
    本当に、本当にありがとう!
    >>1乙!
  25. Posted by あ at 2009年04月27日 21:33
  26. まとめた管理人も乙
  27. Posted by 名無し at 2009年04月27日 21:40
  28. 5
    いやおもしろかった!
    作者さん、まとめた方、ありがとうございました。
  29. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月27日 21:50
  30. 面白かったー
    おつおつ
  31. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月27日 21:53
  32. おもしろかったー!
    ほんとにすごい楽しみにしてたから作者にありがとう、
    編集にありがとうー
    神楽坂班にありがとー。

    お疲れさまでしたー!

    メディア化・・・するのかな・・・・?
  33. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月27日 22:04
  34. おもしろかった!!
    最後は大団円で気持ちのいいお話だったよ!
  35. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月27日 22:17
  36. こいつぁ金の亡者がたかる予感…
  37. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月27日 22:18
  38. おもしろかった!!
    新人女とC男にはこれからいい人をみつけてほしい
  39. Posted by 名無し at 2009年04月27日 22:22
  40. 5
    とても面白いかったです。遠い未来にまた続きがでるといいなー お疲れ!
  41. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月27日 22:28
  42. 忍者ずっとハマーで脳内変換してたのにかっこよすぎるぜ
  43. Posted by ななし at 2009年04月27日 22:36
  44. 本当におもしろかった。ありがとう
  45. Posted by 名無し at 2009年04月27日 22:39
  46. 楽しかった
    まじ乙です
  47. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月27日 22:40
  48. 5
    途中で色んな人に感情移入してしまい、目から汗が出まくった!
    とっても楽しかったよ
    お疲れ様!!
  49. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月27日 22:49
  50. 作者さん&まとめさんどちらも乙です
    久しぶりに良作に出会いました
  51. Posted by () at 2009年04月27日 22:52
  52. 面白かったです。
    こんなに熱い展開になるとは・・・
  53. Posted by 名無し at 2009年04月27日 22:55
  54. 乙です!!!
    おもしろかった
    ありがとう
  55. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月27日 23:02
  56. ここまで練り込まれた話も珍しい。
    超面白かった。
  57. Posted by 七十 at 2009年04月27日 23:07
  58. 本当に面白かった!!ありがとう!!

    どっかでマンガ化されそうだな
  59. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月27日 23:12
  60. B男が出た瞬間「ふぉぉーーーーーー」だったわ
  61. Posted by at 2009年04月27日 23:40
  62. 面白かった!
    とにかく乙!
  63. Posted by 鵜 at 2009年04月27日 23:49
  64. おもしろかったー
    作者も管理人もありがとう
  65. Posted by 蕎麦 at 2009年04月27日 23:56
  66. 5
    B男が出てきた所から、鳥肌たちまくった!
  67. Posted by 名無し at 2009年04月27日 23:56
  68. 5
    乙です。ゴチでした。
  69. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月28日 00:03
  70. 夢中になって読んだ。
    最近ではピカイチに待ち遠しかった。

    改めて、>>1乙
  71. Posted by ぬん at 2009年04月28日 00:03
  72. 5
    作者さんがここの米欄見てくれると信じて……

    GJだよ!あんた最高にGJだよ!
    素晴らしい!エクセレンツッ!グレイトショット!
    女僧侶を有名なヤツ?ハッ で過ごしてた俺がバカらしい
    最高にオツカレ様!
  73. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月28日 00:05
  74. 5
    面白かったぞ。
  75. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月28日 00:16
  76. 終わりが無いのが終わり、それがブラック・エクスペリエンス・レクイエム
  77. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月28日 00:21
  78. 5
    これはヤバイ
  79. Posted by 名無し at 2009年04月28日 01:11
  80. 5
    終劇乙
  81. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月28日 01:47
  82. 忍者の再登場に笑ったよー。
    どうかしてるってくらい面白かったです。
    ていうかちょっと泣きそう。
  83. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月28日 01:48
  84. 5
    すっげ面白かった!読んでて時間立つの忘れたぜ!
  85. Posted by あ at 2009年04月28日 01:57
  86. 5
    毎日待ってたかいがあった
    管理人さんお疲れ様
  87. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月28日 02:03
  88. 5
    おもしろかった!
    最後綺麗に終わってくれてよかった
  89. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月28日 02:10
  90. おもろかたー映像化望む!

  91. Posted by 管理人も乙 at 2009年04月28日 02:22
  92. 5
    久々に素晴らしい作品に出会った!
    終わってしまうのが寂しい程の!
    ありがとう!!
  93. Posted by 腐ったみかん at 2009年04月28日 02:26
  94. 5
    めちゃくちゃ面白かった
    ありがとう
  95. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月28日 03:36
  96. 5
    今までで最高のSSだった!ありがとう。
    お疲れ様。
  97. Posted by 名無し at 2009年04月28日 04:39
  98. 5
    忍者再登場には拳を握った!
    毎日待ってた甲斐があった!終わってしまうのが寂しいくらいだ
    1乙!本当に最高だった!
  99. Posted by 名無し at 2009年04月28日 04:53
  100. 5
    めちゃくちゃおもしろかった!

    実写で映画化されたら良いなぁ
  101. Posted by ココ at 2009年04月28日 04:53
  102. 5
    めちゃくちゃ面白かったです!
    でも、一つ理解してない所があります…B男は池袋と巣鴨、二足の草鞋でやってたってことですか?その場合巣鴨に就職した事になるんですよね…そんな上手く行くものでしょうか?よかったらこんな馬鹿な自分に教えてもらえませんか?
  103. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月28日 05:39
  104. 5
    全ての野良に幸あれ
  105. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月28日 06:00
  106. ※50
    >B男は池袋と巣鴨、二足の草鞋でやってたってことですか?
    M野を殴って辞めたろうが。
  107. Posted by あ at 2009年04月28日 07:20
  108. 5
    面白かった!
    まだまだ書いてほしかったな〜
  109. Posted by   at 2009年04月28日 08:13
  110. 5
    すげー、ちゃんと完結したぞ…
  111. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月28日 08:37
  112. 5
    心の底から言いたい。

    超楽しめました。

    書籍化したら3冊買うよ、おいら。
  113. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月28日 09:01
  114. 5
    すっごい面白かった。
    終わってしまうのが惜しいとも思うけど、綺麗に複線も回収して見事な終わりでした。
    また次回作があるなら期待させてもらおう。

    どっかで漫画化しないかなぁ?
  115. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月28日 09:21
  116. 仕事してるシーンのドロドロ感が面白かったぜー。
    先輩がウンコなすりつけられる展開にならなくてよかったw
    作者さん乙です。

    俺もB男の行動にしっくりこないところがあるけど、まあ自由想像でいいんだろうなーw
  117. Posted by メシウマ at 2009年04月28日 10:00
  118. 5
    神楽坂班丸々抜けられて今までサボってたM野は1人デスマに繰り出される訳か
    ざまあwwwwww
  119. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月28日 10:52
  120. 5
    ダンスィ最高!!
    女子もね!
  121. Posted by 名無し at 2009年04月28日 11:01
  122. 5
    なんだろう…何か今日も頑張れる気がしてきた!!!
    1さんありがとう!!!管理人さんまとめお疲れ様!!
  123. Posted by at 2009年04月28日 11:13
  124. カタカタで色々表現するのが面白かった!
    ので漫画はないかな
  125. Posted by きゅう。 at 2009年04月28日 13:59
  126. 5
    いや〜面白すぎた!
    終わってしまって残念って感じ。

    美しい(?)結末を、有難う。


    また最初から読み直して
    ゆっくり味わってみるよ。

    お疲れさまでした。


    また、よろしく!
  127. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月28日 17:38
  128. 5
    会社で全部よんじゃったよ!
    最高!
  129. Posted by あ at 2009年04月28日 21:28
  130. 5
    楽しかった(∀)

    ありがとね(^ω^)
  131. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月28日 21:53
  132. 最高!すばらしい!
    ところでマクロ”マーマレード”とは?判る人plz
  133. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月28日 22:35
  134. 5
    こりゃ良い
    全部読み終わってから、撫でるんやね その1
    のトップの絵を見ると趣き深いなー
  135. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月28日 23:16
  136. すんごく面白かった!
    終わってしまったのがほんとに残念でならないです。
    ドキドキしてハラハラしてほっこりして、
    読み続けてる間すごく心が充実してました!
    また1さんの作品読みたいです!
    1おーーーーつ!
  137. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします at 2009年04月28日 23:27
  138. わくわくがとまりませんでした。目のしたに隅作って読んだのは初めてだった。
    綺麗な終り方で本当によかった。
  139. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月28日 23:30
  140. >>65
    作者のPNみたいなもの(正確には口癖の「ママレードサンドあげる」だけど)だと思われる。
    この作者、これ以外の話も名作揃いなんだよな。
  141. Posted by ニノ at 2009年04月29日 01:24
  142. 5
    かなり後味の良い終わり方だったな
    男も女もB男もC男も新人女もみんな格好良かったわ
  143. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月29日 01:28
  144. いやはや面白かった
    偶然最初のスレを見つけられた俺は運がよかったと本気で思う
  145. Posted by あべ at 2009年04月29日 02:05
  146. 5
    いやぁ面白かった!!
    一気に読んじゃったよ。こういうので最後まで読んだの初めてかも。
  147. Posted by あ at 2009年04月29日 02:17
  148. みんな忘れているがC男は最初C次郎
  149. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月29日 03:01
  150. こまけえことはいいんだよ!!
  151. Posted by ななしさん at 2009年04月29日 14:04
  152. 5
    面白かったー

    作者乙!!
  153. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします at 2009年04月29日 22:54
  154. 5
    忍者再登場はリアルに1分くらい笑わしてもらった
    少年漫画的な熱さだた

    全員、キャラが良かった
    特に女先輩ほど文章で萌えたキャラはいないw

    間違いなく今まで読んだSSで最高の作品だ
    まとめてくれた管理人乙
    そして何より>>1乙!!!!!!11
  155. Posted by at 2009年04月30日 02:34
  156. これって経験した事やないと書けない内容があったが…
    あまりにもリアル過ぎやせんか?
  157. Posted by at 2009年04月30日 07:35
  158. でもこういう職業につきながらこんな長編書くのって至難の業じゃないのか 知らんけど
    元じゃないの?
  159. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月30日 08:45
  160. 本スレ雑談より
    「あと、ブラック会社のはなしは、全然実話じゃないでつよ。
    つか、おれSEもPGもなったことないし派遣登録なんて
    1回もしたことない。だっていまプータロだし。
    そのまえは出版系だし。妄想垂れ流しでつ
    理系か文系かと言われればヘタレ系だし。
    (いや、毎回取材はしてから書いてますけど)
    なんで、過剰に参考にしたりブラックを恐れるのも
    あれかと思います、あくまでフィクションなので。」

    だそうだ。
  161. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年04月30日 13:25
  162. 5
    凄い良かった!!
    更新されるの楽しみに仕事の合間に読んでました。
    >>1本当にお疲れ様!!
  163. Posted by 名無しの権兵衛 at 2009年05月01日 01:12
  164. 5
    一気に読んでしまうほど面白かった!M野ざまぁwww
  165. Posted by ななし at 2009年05月02日 21:20
  166. 5
    やっと読めた・・・

    今までで最高の作品だ。

    作者さんもまとめてくれた人にも全力で感謝する!
  167. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年05月04日 02:32
  168. 面白かった
    ハッピーエンドでヨカッタヨー
  169. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年05月04日 14:54
  170. 終わって残念なような、でも全部読めて嬉しいような。
    とにかくおもしろかった!!
    作者とイフカルトの管理人ありがとう!!!
  171. Posted by ビズ at 2009年05月06日 03:07
  172. 5
    いやー男&女に萌え死んだ
    じたばたした(笑)
    作者様も言ってるが、間のいろんなレスポンスがなきゃこの作品は成立しないと思う
    これはこれだからすごく( ;∀;) イイハナシダナーになるんだ
    よって下手に映画化とかは断固反対
    長文スマソ
    携帯で大作を読破したのは初だから疲れたけど感動もひとしお
  173. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年05月07日 02:47
  174. なんだろう
    話としては面白いしさ、楽しんだけど、
    やっぱり
    これじゃだめだよね

    デスマのある世界を肯定して生きていくのは
    やっぱり
    だめだと思うわ

    チーム作って、みんなでがんばろうねってのは嫌いじゃないしどっちかって言うと好きだけど、
    でもやっぱり、ある意味で逃げてるだけなんだよね

    違う方向に行かないのかなあ
    いまのままじゃ難しいかなあ
  175. Posted by カバ at 2009年05月07日 04:14
  176. 5
    1乙
    むちゃくちゃ楽しかった!キャラがよかった!
  177. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年05月07日 17:45
  178. 作者そしてまとめ乙々!

    忍者の本名は増田
    絶対に増田
  179. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年05月09日 21:00
  180. やべえ一気に読んでしまった

    >>58
    M野が神楽に戻ることはないよw
    なんせ最大顧客(獲得すればM野の言葉によれば昇格もありうるクラス)の獲得(しかも好感をもってくれていた)に失敗した上、そっから(忍者の差し金で)厳重な注意がいくんだから降格は間違いないwww
  181. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年05月10日 00:31
  182. これはいい話だった
    すごく勇気づけられたし面白いし
    何よりキャラがみんないい(やられ役という意味ではM野も)
    でも最後までC男の絵がドクオだった
    あと新人女が可愛すぎる

    管理人、最後まで乗せてくれてありがとう!
    そして何より作者に惜しみない乙を!
    この作者さんの話また読みたいなぁ
  183. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年05月14日 03:18
  184. 5
    いちおつ!!!!
    まさかこんなにきれいに終わるとは思ってくれるとは思ってなかったので意外だったw
    M野がカウンター喰らった事、男と女がくっついた事、全員揃って新しい場所で働ける事が融合して
    清々しい気持ちで読み終える事ができました。
    本当にいちおつでした!
  185. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年05月15日 16:24
  186. ん?
    「B派遣会社」から派遣される「開発の人」とは・・・もしかして開発リーダーの人か?
    でなければ、M野に端を発する現場全員離脱のしわ寄せを一手に引き受ける立場になってしまうような・・・・
    男と仲良くなった、理解のある人なのに、それでは可哀想すぎるからなあ。
  187. Posted by 一乙 at 2009年05月30日 02:54
  188. 5
    最後の展開には鳥肌立ったwマジで最高!
  189. Posted by 名無し at 2009年06月12日 04:14
  190. 5
    もう何度目の読み直しかわからんくらい読んでる。
    それくらいこの作品好きだわ。

    やっぱ、女先輩の復活シーンが泣けるくらい好きだなぁ。

    >>1ってこのあと何か作品書いたのかな? 知ってる人いる?
  191. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年06月23日 03:17
  192. 5
    女と新人女が柴犬でラーメン食ったところまではリアルタイムで追ってたんだけど
    こうやってログが残ってくれてたおかげで続きが読めました。

    もう時間を忘れて一気に読んでしまったwww

    まとめと作者に感謝しつつ仕事に戻ります
  193. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年07月12日 21:07
  194. 乙華麗
    俺も95と同じ。最後まで読めてよかった
    こういうヒルズに恋して的な話大好きだよー
    お隣女の方もバッチリ読んだしね!
    終盤はC男に感情移入しっぱなしだったよ
    終わっても、格好良く見えるのなら…本物だったんだよね

    明日からまた頑張り直しだなー。うん
  195. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年07月13日 01:38
  196. お隣女?
  197. Posted by けめけめ at 2009年08月31日 06:29
  198. 5
    良いSSにめぐりあえたよ
    作者氏とまとめ主に心から乙を
  199. Posted by た at 2009年09月26日 11:49
  200. 良かったわ。現実はつらいからこその大作
  201. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2009年12月01日 18:15
  202. 5
    素晴らしい作品を書いた作者さんと、まとめの主に感謝でいっぱいです。
    ありがとー!
  203. Posted by 1乙 at 2010年01月06日 23:31
  204. 5
    今更ですが、素晴らしい作品でした。
    今もう一度読み返してみて、晴れ晴れしい気持ちになれました。
  205. Posted by なすびん at 2010年02月20日 02:10
  206. 5
    ママレさん大好きっす…(´ω`)
    ここに書いても伝わるわけじゃないけど…本当に乙でした!!!
    また本とか出すなら絶対買うので!!!今まで書いた物も全部読むので!!!
    これからもいっぱい書き続けてください!!
  207. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2010年03月07日 15:32
  208. 「また本とか出すなら」ってのはどういう話なのかね
  209. Posted by 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 at 2012年02月01日 17:31
  210. 感動した2chやってて良かったwwwwww

    つか明日も仕事なのに寝る時間削って読んでしまった