ワークホームズ本社BLOG

ワークホームズ本社のスタッフが日記を綴ります
(画像は近江八幡市上空から本社周辺の風景)





はじめまして!


今年の春に、ワークホームズに入社いたしました。


設計部、コーディネーターの斉藤と申します。


これから、少しずつブログを更新していきたいと思いますので、宜しくお願い致します!







最近、朝晩少しづつ涼しくなってきて、秋に近づいて来ましたね


皆様、秋はお好きですか?


私は、寒い季節の方が好きです










本社のガーデニングですが、、、










IMG_0646



IMG_0653



IMG_0654




今、こんな感じです!!


実がたくさん育ってきていて、


天気のいい日は、ゴーヤのツルの緑がすごく綺麗です







またガーデニングの様子をお伝えします!




では、また次回





IMG_0517







初夏に植えたゴーヤがすくすく伸びております。
裏のフェンスに絡みながら・・(-_-;)

これはまずいという事で、色々と試行錯誤の結果
↓↓

写真 2017-08-10 12 16 47

こんな感じに仕上がりました
分かりますか??
上からネットをかけて、そちらに伸びていくように
してもらったんです。

この作業の為に、フェンスに絡まっていた蔓をブチぶちと・・・ごめんなさい。
それでも元気に育っているので、一安心

ご協力いただきました本社の皆様
ありがとうございました<(_ _)>

写真 2017-08-10 12 16 25

花もたくさん咲いてるので、ゴーヤができるのが楽しみです*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

さて、ここからは休業日のご案内です。

8月13日(日)から15日(火)の三日間は、本社事務所を休業日とさせていただきます。
ご了承の程お願い申し上げます。

キャプチャ

最後になりましたが、暑い日が続きますので
熱中症など、お気を付け下さい。
IIFK9264


こんにちは。
お久しぶりです。
企画開発部のニンニンH(49)です。


ブログで恒例だったドラマレビューを
担当していた?(勝手に書いていた?)
総務のムコウくんが先月退職しまして、
彼の望みもむなしく、
あとを引き継ぐ者も今のところ現れず、

参照


関連記事 冬ドラマ 春ドラマ 



という状況でしたので
とりあえず、
私が試しに書いてみようかと、筆をとった次第です。

「夏ドラマ」。
と言いましても
私は彼のように暇?じゃないので、
第一話を全部見て評価なんてことは
できかねます。

それで、
たまたま一話を見て、
そのまま毎週見ているという2本だけを紹介しましょう。



水10:00 読売テレビ系

「過保護のカホコ」

当初はまったく期待していなかったのですが、
一番ハマっています。
タイトル通り過保護に育てられた高畑充希演じるカホコが
過保護に育っていない竹内涼真演じる青年、麦野との出会いの中で
人間的に成長していく物語です。

過保護極まりないカホコの両親は
黒木瞳と時任三郎が演じており、
その他の親戚たちもかなり極端なキャラたちで、
ナンセンスコメディな部分も多いのですが
毎回、何故か心が持って行かれるっていうのか
いいシーンが一つはあります。

その要因は脚本もありますが、高畑充希の演技力の面も大きいです。
こういった特徴的なキャラは
以前NHK朝ドラ「ごちそうさん」で演じた
東出の妹役(役名覚えていない)以来ですが、
久しぶりに、こいつ上手いなと思いました。
何しろ、かたやdocomoのCMでブルゾンちえみを完コピしていながら、
こんな役を違和感なくやってるのですからね。

その他、時任三郎も私にとっては身につまされるくらいの
冴えない旦那を演じていますが、
逆に俳優陣もこれはこれで演じてて楽しいんだろうなあという
雰囲気も感じられ、
とにかくほっこりできます。



木9:00 テレビ朝日系
「黒革の手帖」

お馴染み松本清張原作ドラマ。
松本清張は好きでかなりの作品は読んでいますが、
何故かこの原作は読んでいません。
ミステリーでも歴史小説でもないですし、
何となく悪女がのし上っていくだけの話っていうイメージですね。
何度もドラマ化されていますので、
以前は米倉涼子が演じてましたが、
断片的にしか見ていなかったと思います。
だから結末も知りません。

さて、今回の主演は米倉と同じくオスカープロモーションの武井咲。
これは、事前の期待とかそんなものももちろんなく、
たまたま前の番組のままチャンネルが合ってて
始まっちゃった感じ。
でも、結果的には、武井咲初めてのハマり役だと思いました。

以前から私の中ではポンコツでしかなかった武井でしたが、
(個人の感想です)
彼女本来の黒い部分が垣間見えるというか
(あくまで個人の感想です)
見た目が幼いだけに、役の上での腹黒さとのギャップがいい感じです。

米倉では地のサバサバ感が見えて面白くないですけど、
武井は本人の資質にある底意地の悪さからか、いつもの優等生キャラより
よほど自然に生き生きと見れました。(とにかく個人の感想です)

また、銀行員時代の友人であり、その後
ライバルになる仲里依紗にかなり実力があるので、
その演技の振り幅で、第二話が成り立っていたりします。

それでも主演を張れるのは、演技力のある仲ではなく、その美貌で武井咲。
これは本当に美味しい役どころです。
これを機に女優として化けて欲しいものですね。
(何目線だ?!)


と、まあ、こんな感じで書いてみましたが、
いかがでしたでしょうか?

ムコウくんの後釜として
上手くレビューできたかはわかりませんが、
また機会があるようなら、よろしくお願いします。
っていうか、誰か他のドラマも良かったら書いてください。

お付き合いありがとうございました。

このページのトップヘ