ワークホームズ本社ブログをご覧いただきありがとうございます。

企画開発部のハットリです。


前回、前々回と連続してブログを書いてくれたエンダくんの
ただただ好きなジャンルを熱く紹介するという
自由奔放な投稿に触発されて、


私も今回は、会社業務にまったく関係ない
最近ドハマりしているYouTubeチャンネルをひたすらご紹介します。

それは、知る人ぞ知る「戦国炒飯(せんごくちゃーはん)TV」です。

これがいきなり自分のYouTubeアプリ画面に、意図せず登場した時には
本当に驚きました。
「これ何なんだ!!?」という衝撃はすごかったです。

副題は「なんとなく歴史が学べる映像」とあります。

一度ご覧ください。特にこれ↓なんかは、某有名TV番組のパロディなので入りやすいかと。
MCが「ひょうきん族」の芸人 明石家さんまでなく、
「へうげもの」の茶人 古田織部というのも上手くできてると思います。
戦国武将の名前なんて詳しく知らなくても楽しめます。




どうでしょう。
どちらかというと、素人くさい動画が並ぶYouTubeの世界に
とことん作り込まれた内容。膨大な数のキャスト。しかもほとんどの人が無名。
なのに、ところどころ、有名で渋い俳優や芸人もちらほら。
そんな人たちが、歴史上のキャラになりきってバラエティー番組が成立してるのです。

有名番組のコント仕立てなのにネタはとことんマニアックで、絶対
「これ歴史好きの人しかウケないのでは?」という割り切り。

こんなの作るの個人のユーチューバーでもテレビの民放キー局でも絶対無理だろうと思っていたら、
やっぱり、東京の地方局?とでもいうべき「東京MX」という局の
所謂ローカル番組からスタートしたもので、
最近YouTubeチャンネルができたらしい。

恐るべし「東京MX」

そして、その中でアイドルグループなども活動していて、
既に何曲もリリースされています。

特に織田信長の小姓(昔、身分の高い人のそばに仕えた少年。森蘭丸は有名ですね)
たちで結成されたユニット「うつけ坂49」の『黒い小姓』という曲(黒胡椒とかけてありますね)
は、「普通にヒットしてもおかしくないのでは?」と思うほどの完成度です。

初登場の回をご覧ください。




私のいる本社では、事務所のBGMとして
Spotifyを利用しているのですが、
時折、しれっと私の選曲でこの『黒い小姓』を流してみたりしています。
音も小さいので誰も気づいていません。
っていうか気づいたところで誰も何の曲か知りませんが。


とにかく歴史好きの人はもちろん
現役の学生さんにもいいですし、歴史なんて学校の授業以来だなあという人も
一度見ていただきたいYouTubeチャンネルです。

チャンネル登録、高評価よろしくお願いします!
(どの立場で言うてるねん)

では、今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございました。