ワークホームズ本社BLOG

ワークホームズ本社のスタッフが日記を綴ります
(画像は近江八幡市上空から本社周辺の風景)

カテゴリ: 趣味・漫画紹介

こんにちは。
企画開発部のハットリです。

今年ももうあとわずかですね。本当に早いですね。
オリンピックイヤーだったはずが、
結果的にコロナでイヤーな感じの一年でした。
(おやじギャグ炸裂

先日のエンダ君の投稿で、
『呪術廻戦』という漫画を紹介されていました。→参照
平成以後の漫画をほとんど読んでいない私はもちろん
知る由もなく、
書いてくれていたあらすじを読んでいるうちに
「これって『デビルマン』じゃね?!」という
感想を持ったのでした。

20200603-meisaku-1-449x633


で、検索してみたら案の定こんな記事が。

『デビルマン』から『呪術廻戦』へ受け継がれた、ダークヒーローの遺伝子|Real Sound|リアルサウンド ブック

『デビルマン』は1972年に発表された永井豪の漫画。
永井豪はあの『マジンガーZ』や『ゲッターロボ』『キューティハニー』などなど
数々のアニメ作品の原作者で、日本アニメ創世記の立役者といえる漫画家です。
もちろん『デビルマン』もTVアニメ化されていますが、
アニメは原作とはだいぶ違うソフトな内容になっていました。
当時はアニメというよりテレビ漫画といわれていた時代ですし、
視聴者も低年齢の子供が中心でしたので仕方ないと思います。
実際に私もアニメ放送の頃は5歳でした。

ところが、数年後私が小学校の高学年くらいのときでしょうか。
友達が「『デビルマン』の原作(漫画)を手に入れたから来い」ということで
家に遊びに行くことになりました。
友達は「とにかくテレビと違って凄いから」と薦めてくるので
そのとき初めて読んでみた原作漫画の1巻はざっとこんな感じです。

考古学者の父の死から悪魔(デーモン族)の復活を知らされた
飛鳥了(あすかりょう)という少年が、父の遺志を継ぐべく
親友で心優しい少年、不動明(ふどうあきら)を誘い、
人類を守るために、強い悪魔をあえて自らに憑依させて、
理性と精神力でその力を制御し、他の悪魔と戦おうと説得します。
むしろ人類にはそれしか勝ち目がないと知り、明もそれを承諾。
結果、了は合体に失敗し、明が成功してデビルマンになるというお話。
(詳しくは、上記のリンクページをご覧ください)

当時の小学生にとっては、かなりグロくてショッキングな描写でしたし、
自ら進んで悪魔を憑依させるという設定も斬新なものでした。
それまでのぼんやりした顔つきだった明が、悪魔と一体化したことによって、
お馴染みの精悍な顔つきに一変したということも知りました。
また、読んだ当時はこの友人の飛鳥了というキャラも印象的でした。
不動明しか知らなかったけど、こっちが主人公なのか?というくらいの存在感と、
ちょうど例の二人組の有名アーチスト(チャゲ&飛鳥)がデビューした頃で
「(漢字違うけど)一緒の名前やん!?」となったからです。もちろん『デビルマン』の方がその数年前に描かれていたからオリジナルはこちらですけど。

『デビルマン』は、
その後の展開もかなり壮大で、かつ悲劇的で
しかもエロくてグロくて
もう自分たち小学生にはついていけない感じで
ほぼ覚えていませんが、このブログきっかけで、
あらためて読んでみようかなとも思いました。
みなさんも良かったらチェックしてみてください。

1970年代は高度経済成長期で、今思えば、漫画やアニメの世界でも
それまで無かった新しい試みが沢山なされた時代だったと思います。
オタクなんて言葉もなかったし、今のように漫画を大人が真剣に取り上げたりも
しませんでしたが、あくまで子供向けという世間の見方を逆手にとって、
クリエイターたちは、かなり大らかで自由な発想で、とても子供向けとは思えない
えげつない内容まで踏み込んで腕を振るっていたのかも知れません。
ちなみに、今思い出しましたが、弊社ワークホームズも創業が1977年でした

自分はまったくの昭和のオタクですので、
平成以降はエンダ君に任せて
昭和の漫画・アニメもこのブログで今後も紹介したいと思います。

ではでは今日はこのへんで。
ありがとうございました。

どーも!

本社のエンダです!

つい先週まで暖かい日が続いていたかと思えば、今週に入り急激に冷え込み出した様な
気がします…。
朝晩の寒さが容赦なく手足の指先に来ますね…。
ただ私自身、冬は街がイルミネーションでキラキラしていたり、綺麗な音楽が街に
流れていたりして、実は夏と同じかそれ以上に好きな季節でもあります。
皆で暖かいこたつに入りながら、鍋をつつきあったりみかんを食べたり、
そんな暖かい団らんの場所が出来るのも冬の素敵なところだと思います。
(夏だと基本暑さであまり密集したがらないですからね…。)
ただまぁご時世がご時世なので、あまり密になりすぎないように、
そこはしっかりと注意しているつもりです。(笑)

はい、ここまで他愛のない世間話をしてきましたが、私が今回このブログでご紹介したいものは
そんなこたつでのんびりしたり、こたつでなくてものんびりしている皆様への
オススメ漫画とアニメのご紹介です!
(前回のブログからたった一回だけで元のテイストのブログに戻ってしまいました…。
インドアオタクですみません…。(笑))
1つの作品なのですが、2ヶ月ほど前にアニメも始まったので漫画とアニメの両方を
オススメしたいのです!


今回ご紹介するのは呪術廻戦という週刊少年ジャンプ連載の作品です!
51zfBqzpcwL
簡単なあらすじを書かせていただきますと、
高校生の主人公「虎杖 悠仁(いたどり ゆうじ)」は並外れた身体能力を持っていたが、
自分の育ての親である祖父が病気で入院しており、見舞いのためわざとオカルト研究会に
入り毎日祖父の見舞いに通っていた。しかしある日の夜その祖父が死んでしまい、
悲しみを感じる虎杖の元に「伏黒 恵(ふしぐろ めぐみ)」という同年代位の男子が現れる。

伏黒は突然虎杖に「呪物」という物を渡せと言ってきますが、それが何かよく分からない虎杖。
呪物の写真を見せてもらうと、それは虎杖が確かに拾った記憶のあるものでした。
箱に入っておりお札がべたべたに貼られていた手のひらサイズの呪物でしたが、
なんと虎杖はその箱しか持っておらず、中身はオカルト研究会の先輩達に渡してしまっており、
今夜学校の校舎でそのお札を剥がそうとしていたことを伏黒に話します。

二人は急いで学校に向かうも既に学校ではお札が剥がされてしまっており、呪物が封印から
解き放たれてしまっていました。伏黒が現場に駆けつけると、先輩達は呪物に引き寄せられた
怪物達に取り込まれそうになっていました。そこに虎杖が突っ込み怪物を殴り怯ませ、その隙に
伏黒が怪物を呪力という力を使い倒します。しかし油断していた二人を別の怪物が襲って来て、
ピンチに陥ってしまいます。そこで虎杖は咄嗟に手に持っていた呪物を飲み込んでしまいます。
とてつもなく強い力を持つ呪物なので、普通の人であれば即死してしまうはずの代物だった
のですが、虎杖はその呪いに耐性がある器の人間だったのです。

呪いの力で一瞬で怪物を倒した虎杖は、体を乗っ取ろうとする呪いの力も自力で抑え込み、
「両面宿儺(りょうめんすくな)」という邪悪で最強の力を持つ呪いをその身に宿すこととなります。
そしてここから虎杖は呪いが渦巻く世界へと関わっていくことになっていきます。
というのが大まかな一話のあらすじです。

こちらの漫画はバトル漫画なのですが、タイトルにもある通り呪いが関係している作品なので、
少し暗い話の展開があったりはしますが、「友情、努力、勝利」の三拍子が揃った
紛うことなきジャンプ作品となっていると思います。
また絵柄も少し独特なのですが、こちらも読み進めていく内に癖になると言いますか、
この絵柄のタッチだからこそ好きになる場面が出てくると思います。

私が最初に漫画を読んだ時の感想は、「NARUTO(ナルト)」っぽいなというものでした。
主人公に最強キャラが封印され、その力を借りたりしながら戦う設定は
まさしくナルトの設定に近かったからです。
ただ読み進めていくと、ナルトの設定とはまた違う要素が出てきました。
それはナルトに封印されている九尾のキツネはたまに協力的な場面があったり、
ナルト自身がその力を少ないながらも体に宿して戦えるのですが、
こちらの作品の両面宿儺というキャラ、もう全くと言っていいほど協力しません!
むしろ嫌がらせをしてきたり、すぐ体をのっとろうとしたり、めちゃくちゃもいいところです!
また作者さんが仰るには「BLEACH(ブリーチ)」に影響を大きく受けているとのことで、
色々な要素を取り込んだ面白い作品になっていると思います。

そして私が一番この漫画でオススメしたいところは、ずばりバトルシーンです!
パワーがあるから勝てる! 強い技があるから勝てる! そういうごり押しな展開は
ほぼありません!(一部キャラを除きますが…。
自分の能力と頭を使いながら、相手との相性で戦い方を変えて考えて戦っていく、
リアルだと言えばおかしいかもしれませんが、そういった引き込まれる戦いをしていきます。
ページをめくる度に、次はどうなるんだろうというドキドキが続き、
読み始めて気付いたら一冊読み終わり、次の巻に手を伸ばすという状況でした。
現在ジャンププラスというサイトで3話まで無料で読むこともできますので、
ご興味ある方は一度読んでみては如何でしょうか?
https://shonenjumpplus.com/episode/10834108156650001170
 ↑クリックしていただくと該当のページへと繋がります。

アニメも現在8話まで出ておりまして、プライムビデオやAbemaTV等動画視聴サイトで
ご覧いただくこともできます。
こちらもAbemaTVで1話目だけ無料でご視聴いただけるようになっております。
https://abema.tv/video/episode/536-1_s1_p1
 ↑クリックしていただくと該当のページへと繋がります。
(※急に動画が始まりますので、音声等お気を付けてクリックしてください。)
top_bg_sp_new
バトルシーンも臨場感あふれるものとなっており、漫画とは違った見応え満載だと思います。

長々と書きましたが、ここまでお読みいただきましてありがとうございました!
これから寒い季節になりますので、皆様お体ご自愛ください。
そして、お休みやちょっとした時間のお供にこの「呪術廻戦」を見てみてください。(笑)
それではまた次回のブログでお会いしましょう! ではでは~。


どーも!


先々週に引き続きましてブログを更新させていただきます!

本社のエンダです!


私が書かせていただいてるということは、皆様もう薄々お気づきだと思いますが、

そうです、今回も会社の出来事に関係なく、私の趣味内容のブログとなっております。

もうそろそろいい加減、何かしらの会社絡みのブログを書かなくてはとは思っているのですが、

世の中でコロナが猛威を振るう影響で、社内でもイベントや集まりがどんどん中止か縮小に

なっており、ブログに書けるほどのネタがなかなか手に入りません…。

なのでしばらくは自分の趣味ネタで書かせていただこうと思います!
(お叱りを受けない限りはですが…。



さて今回ご紹介させていただきたいのは、今年の3月頃のブログで一度記事を書かせていただきま
したブルーピリオドという美術系スポ根漫画についてです!


またかと言われそうなのですが、そうですまたです!(笑)

好きなものは何度でも誰とでも語りたくなるものなのです!

なのでこの記事を読んで下さったどなたかが興味を持って下さり、漫画を読んで下さり、

語り合えたら最高なのです!(笑)



前回のこの漫画の紹介ブログで、あらすじは書かせていただきましたので、

まだ読まれていない方は先にそちらを読んでいただけると分かりやすいかと思います。

(こちらのURLからご覧いただけます→http://blog.livedoor.jp/workhomes/archives/56551466.html)


この漫画、最初に書いた通り美術系のスポ根漫画なのですが、私が読み進めて思うのは、

1巻からずっとそのテイストを貫いているところがすごいな!ということです。


作者様がインタビューに答えているネットの記事があり、その中で今までの美術系の

漫画の主人公って何にもできないけど美術は出来るみたいな天才肌タイプは多かったけど、

この作品の主人公はその逆で何でも出来るやつが出来ないことに挑戦する話にしたかった。

と仰っていて、確かに主人公が小さなことから大きなことまで様々な壁にぶつかりながら、

それを必死に超えていくシーンは読んでいて本当に熱い気持ちになれます!

(このインタビュー記事はこちらのURLから読んでいただけます。
https://www.geidai.ac.jp/container/column/geidaibito_005
※ただし6巻までの内容を語っていらっしゃるので、ところどころネタバレを含んでおります
ネタバレをされたくない方は見られない方がよろしいかと思います。


またこれは個人的な意見なのですが、この作品はキャラクターの表情がとても絶妙で、

表情に呑まれそうに何度もなりました。

(以下は私の好きな表情の一部です。)
c_15755599295082
ent1909210003-p1
201906221419122
57ad169c9067b757c8cfdfa8ff1d3bde

そして最近ブルーピリオドがアルフォートとコラボして、コラボ専用の歌付きでYoutubeに

スペシャルムービーが上がっております!

歌の歌詞にもブルーピリオドの作中のセリフがいくつも使われていて、聞いていると

漫画のシーンが蘇ってきます。

とても素敵な動画になっているので、是非一度動画を見てみてください!




そしてこのブルーピリオド、なんと本日9/23日に待望の8巻が発売されます!

特典付きの特装版はネットの予約サイト(Amazon等)ではすでに予約不可になっているほど、

予約が殺到しているようです!(凄過ぎる…!

この人気のまま漫画が続き、アニメ化等してもらえたら最高なのにな~と思っております。(笑)



まだまだ語り尽くせない魅力はあるのですが、今回はここら辺で終わりにしたいと思います!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

また次回のブログでお会いしましょう!

ではでは~

どーも!!

本社のエンダです!

9月になって残暑になれば、涼しくなっていくかと思いきやそんなことは無く、
まだまだ暑い日が続いておりますね…。

さらに大型の台風が九州を襲ったり、まだまだ新型コロナウィルスも落ち着きを見せず、
何だか気分が落ち込んでしまいそうな毎日でございます…。

でもそんな時だからこそ、楽しく元気に過ごしたいと思っております!!

えー、そしてまた今回も仕事に関係ない、私の日常の趣味全開の記事になっておりますが、
少しでもその魅力が伝わるように頑張りたいと思っております。


今回のブログのテーマは、去年の11月ごろに一度書かせていただきました、
アイドルマスターシンデレラガールズ』というゲームに関してです!


以前のブログにも書かせていただいたのですが、
こちらのアイドルマスターシンデレラガールズというゲーム、
モバゲーで配信が始まったポチポチとボタンを押すだけのゲームと、
スマホになってから配信されました音ゲーと言われるゲームの2種類がございます。


そして先日9/3に音ゲーの『アイドルマスターシンデレラガールズ 
スターライトステージ
』が配信開始から5周年を迎えました!
IMG_1144

ちなみに下記の写真が実際のプレイ画面となっております。
(3D画面と2D画面がございます。)
IMG_1149
IMG_1147
IMG_1151
無料ゲームでこのクオリティは凄くないですか??


実は本来であればこの週の土日には、毎年開催されている2Daysのライブが開催予定だったので
すが、コロナの影響でライブの開催が無くなってしまい、とても残念に思っています・・・。


その代わりなのか、9/5~9/6の二日間に跨ってYoutubeライブとニコニコ生放送で、
5周年記念24時間生放送が同時配信されました!


出演者は声優さん方はもちろんのこと、バンナムの総合プロデューサーやライブの総合演出家、
作曲や編曲を担当しているミュージシャンの方等、アイマスに関わる様々な方が出演されました。


私は流石に24時間ずっと視聴し続けることは出来なかったのですが、この放送のために
仕事を休みにしたり、24時間最後まで視聴し続ける人もいたりして、改めてガチオタの凄さに
震えておりました・・・。(笑)


途中のDJ番組には何とまたあの大物DJのDJKOOさんが登場してくださいました
IMG_1139
IMG_1141

※ちなみにこの時既に夜中の1時半過ぎでした。
 KOOさん来年で還暦なのに元気過ぎでしょ(笑)


私の推しのキャラの声優さんもDJをされていたりと、とても湧くコーナーでした!
(近所迷惑になっていないかとても心配しております・・・(苦笑))


5周年の振り返りから始まった番組は、DJ番組や深夜の通販風番組を行ったり、これまでの
ライブの振り返り、そして様々なバラエティやニュース風の番組を行ったりしながらあっという間に
24時間の放送を終えました。


番組の最後には声優さんが「次はライブでお会いしましょう!」と仰っていたのを聞いて、
何だかとても胸が締め付けられました。


あぁ、コロナさえなければ今頃は彼女達はステージにいて、私達は観客席にいて、
大熱狂のライブ中だっただろうに・・・。と少し悲しくなりました。


ですが、声優さんがそう仰ってくださるなら、私も次回のライブを信じて待つことにしようと
思いました。
来年になるか、再来年になるか分かりませんが、その次回を楽しみに待とうと思います。


そしてその日が来たら、思いっきり楽しもうと思います。
体の出せる限りの全力の声で、笑ったり泣いたり感情の全てを、出そうと思っております。


すみません、最後は少し話が脱線してしまいました・・・。


まだまだ元通りになったとは言えない世の中ですが、こんな世の中だからこそ新しい生活の
形や考え方を増やせる時期だと思います。


そしてそんな新しい生活のスタイルの1つに、今回紹介させていただきました
「アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ」を加えてみてはいかがでしょうか?
IMG_1153
可愛いアイドルとやりがいのある音ゲーは、遊ぶだけで気分は高揚していき、
きっと暇な時間を最高の時間に変えてくれること間違いなしです!!(笑)
(※あくまで個人的な意見です)


今後もこういった趣味や好きなものの記事を許される範囲で書いていきたいと思っております。

大変長くなりましたが、最後までお読みいただいた皆様、ありがとうございました!!
また次のブログでお会いしましょう!

ではでは~


また少しお久しぶりになってしまいました。


本社のエンダです。


タイトルをご覧いただければお分かりかと思うのですが、また漫画紹介です(笑)


またか!と思われてしまうかもしれないのですが、
なかなか新型コロナの影響で自由に遊びまわるわけにもいかず、
休日は漫画を読むか、ゲームをするかの毎日でございまして、
正直他のブログネタが出てこないのです・・・。


それでも少しでも読んでくださる方の興味が湧いてくるような漫画紹介を出来たらと思っております
ので、お時間許す方は最後までお付き合いをよろしくお願いいたします。


今回紹介させていただきたい漫画は今から12年前に連載が終わった少し前の漫画でございます。

最近部屋の掃除をしていたのですが、その時にふと目に留まり、
久々に読み返すとやはり面白いな~と掃除を忘れてしまう作品の1つでございました(笑)


その漫画のタイトルは「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」です。
51yZq9TVrJL__SX315_BO1,204,203,200_
こちらは2004年から2008年までの約4年間、週刊少年ジャンプにて連載されていた作品です。


あまり私の周りで読んでいたという人がいないので、少しマニアックな作品なのかもしれません。


あらすじをとても簡単に書きますと、この漫画の中の世界では現世で罪を犯した悪霊を裁く『魔法律』という法律が存在しておりまして、その魔法律を使い現世の悪霊をあの世に送ることができるのが魔法律家の最高位である『執行人』という位を持つ人々です。そしてその位に史上最年少でつくことができた天才の六氷透(通称:ムヒョ)と彼の助手である草野次郎(通称:ロージー)が様々な依頼や事件を解決していくというのがこの漫画のあらすじになっております。
ムヒョ←ムヒョ ロージー←ロージー

この漫画、基本的な話の流れはギャグや敵との駆け引きを伴うバトルシーンが続くのですが、
幽霊が出てくる影響か、ジャンプに連載している作品にしては珍しく、少々話がダークな場面もあります。

また作品の絵柄が少々独特なこともあり、最初は正直読みにくいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

ですが話が進むにつれて胸に来る人間ドラマや熱いバトルにハマる方もいらっしゃると思います。


最初は天才と呼ばれるムヒョが魔法律を行使しながら悪霊を退治していく話が主な話の流れなので
すが、途中から助手のロージーが少しずつ力をつけていき、ムヒョと最高のパートナーへと変わっていくところが、この漫画の一番の魅力だと私は思っています。


こちらの漫画、少し前の漫画ということもあり古本屋等で一冊100円ほどで購入できますし、逆に2013年に新しく単行本として発売されておりますので、新品で買いたいという方も購入しやすくなっていると思います。

またこちらの漫画、単行本が全18巻なので比較的サクサクと読むことができると思います。

なのでこれからの夏のお供に是非一度ご興味ある方は読んでみてください!



今回は前回よりも短い漫画紹介となってしまいましたが、まだ紹介したい漫画は何個かありますし、
ゲームに関してもオススメなものをまた紹介する記事なんかも書けたらと思います。

そしてその中のどれか一つでも、最近のご時世で増えてしまっている皆様のお家時間の楽しみの一
つになればと思っております。


最後になりましたが、ここ最近梅雨は続きながらも気温の上昇が続いておりますので、皆様もこまめな水分補給や直射日光を避ける場所で過ごす等の熱中症や脱水症対策をしながら、この夏を健康にお過ごしください。


それではまた次回のブログでお会いしましょう。 ではでは~

↑このページのトップヘ