二〇一六年弥生十二日

鹿児島マラソン2016

DSCF0504


3月6日に開催された鹿児島マラソンに参加してきました。
今年が第1回目。1回目の大会への参加は大阪、福岡に続いて3度目です。

例年ならば今シーズン〇回目、、、でもおかしくないのですが、北九州マラソン、熊本マラソン、東京マラソン、神戸マラソンと申し込んだものの全滅(福岡とさが桜は端から除外w)。青太も1時間で締め切られ間に合わず。
そんな中で唯一当選したのが鹿児島マラソン! しかし微妙に遠いから、やや躊躇したものの結局参加費を振込み出走決定。当初は一人で乗り込む予定だったが、時期的には長女の受験も終わって(合格してれば)卒業式も終わってる時期だったので家族旅行も兼ねて鹿児島へと行くことにしました。(最悪20日前までならキャンセルできるし)

しかし、、、昨秋から12月にかけて体調不良が続くし、漸く良くなったかと思って練習再開すれば今度はアキレス腱炎が悪化するし、更にはキャンセルも不可となった2月中旬には嘔吐下痢で苦しめられと、まさに満身創痍。
おまけにこんな状態だったこともあって、ハーフや10キロのレースを走ることなく、今シーズン最初で最後のレースとなったのでした。

まぁここまでくると自己ベストなんてありえないので逆に緊張感もなくどちらかと言うと鹿児島家族旅行がメインのような二日間だったような(A^^;)

取り敢えず備忘録的に画像タップリで二日間分纏めて書いています!




続きを読む

二〇一五年水無月十一日

Tour de しものせき

随分寝かせてしまったネタで今更更新するのもアレだけど、折角参加したので備忘録として、、、


お暇な方はどうぞ!




続きを読む

二〇一五年皐月五日

TOUR DE KUNISAKI 2015、、、orz

21_640


2015年5月3日(日)
この日はGW恒例のTD国東。
公私共々何だかんだと忙しく、今年に入ってほぼノーライドのままの参加となりました。
エントリー時にはBコースと思っていたけど、思いのほか早く定員に達して残された選択肢がCコースだけだったけど、結果としては良かったかな? まぁ最終的にはどのコースでも関係なくなるのですが(笑)

47_640
当日は早朝4時半にNKGWを出発。
前日の天気予報では下り坂ながらも降り始めは午後からだったので、何とかなるだろうと家を出ると自宅周辺では既に雨。 しかし高速の天ヶ瀬を越えた辺りでは東の空に朝日が昇っていたので少し期待を抱きつつ一路国東へ。
00_640
会場には6時半頃到着して、まずは受付。受付を完了して一旦車に戻ると「当たり」の引換券があり幸先良いスタート♪
12_640
車で朝食をとり、準備を済ませて会場へ向かいますが、この辺りからポツポツと雨粒が、、、
会場では久々にお会いする方々と談笑しつつ「何とかこの程度でおさまればいいのに」と言うものの雨脚は強まる一方。
01 HDR_640
スタート時間が近づくにつれ雨は止むどころか強くなり、スタート会場に設営されたテント下で待機しますが、結局は最後まで待機することとなりました。

そう、、、

DNSですorz

スタート後に降り始めたとか、もう少し雨脚が弱ければスタートしたかもしれないけど、あの状況では個人的にはとても楽しめるとは思えなかったです。
43_640
同じ状況でもスタートした方々もいたので申し訳ないとは思いましたが、、、、

やっぱり、あの状況でスタートは無い

そんなわけでAからDまでのスタートを見送った後に、大会本部のテントに行きこう言いました。

「走るのやめたのですが、この当たり券は有効でしょうか?(笑)」

まだ引き換え用の景品の準備前で係りの方は一瞬戸惑っていましたが、最終的には快く景品を下さいました。

38_640
20_640
羊羹にざぼん漬。完走して食べれたら美味しかったことでしょう(笑)

さて、個人的には2015年のTD国東も完了したわけですが、夜には恒例の打ち上げに参加予定なのでかなり時間があります。 そんな状況の中、同じくDNSと言う勇気ある撤退を選択したkarapapaさんとまさくんと一緒に温泉&ランチに行くことに。 そのため会場から駐車場まで自転車で移動したのですが、この数百メートルでもドロドロで確信しました。DNSは正しかったと(笑)
48_640
会場を後にして向かったのは亀川の柴石温泉。公営の温泉らしく別府市民以外でも210円で入れます。施設の中はあつ湯とぬる湯の浴槽の他、露天風呂に蒸し風呂があります。これで210円なんて破格値だと思うのですが地元民のkarapapaさんいわく温泉は100が普通だとの事。恐るべしおんせん県。
19_640
温泉で温まったら汗が止まらないのでアイスで身体の火照りを納めます。露天風呂では雨が気持ちいいとか言ったりして、少し前までスタートした人達に申し訳ないと思っていた気持ちはすぐに消えてしまっていたみたいですね(A^^;)

53_640
51_640
アイスで身体を冷やしたら鉄輪経由で別府市街地に移動して昼食へ。 行ったお店は「大陸ラーメン」。何となく見覚えがあるような気がしないでもなかったのですが、昔のブログを見ていたら2010年のTD国東の時にjohさんと食べに来ていたお店でした。 ただ、その時は名物の別府冷麺でしたが今回は冷やしラーメン。行った3人全員が同じものを頼んだので店員さんは「それは冷麺と違うけど大丈夫ですか?」と確認されました(笑)

お腹も膨れた後は、北九州へと帰るまさくん、一旦自宅へ戻るkarapapaさんと分かれて別府のホテルへ。 少し時間もあったのでホテルの温泉でまた汗をかき、とりあえずビールを飲んだら睡魔に襲われ寝落ちしていましたが、karapapaさんの電話で目を覚まして打ち上げ会場へ電車で移動。
48_640
今年も日出の自転車乗りDENSUKEさんで開催です。参加予定者が半分ほど揃ったところでスタート。見知らぬ顔も多いだろうとの事で自己紹介タイムとなったのですが、なんと一番に自己紹介。 DNSを伝えるべきか迷いましたが正直に報告。すると賛同の声が!どうやら打ち上げ参加者の半分近くはDNSを選択したようでした(A^^;)

少し遅れてAコース完走のヒデさん達も加わり、DNSの分際でほぼ最後まで飲み続けたのでした(笑)



5月4日(月)
明けて翌日。
ヒデさん含めて折角大分の泊まるのだからマッタリ走りませんか?とのkarapapaさんのお誘いにのっかることに。
15_640
前日にほろ酔い状態でDENSUKEのジョニーさんに「朝ご飯食べにくるんでヨロシク♪」ってお願いしていたのでチェックアウト後に行ってみたら、準備して頂けました。 朝から結構なボリュームでしたが美味しかったのでペロリと完食! 朝食で燃料補給後は自転車で出発。 なおこの日の天気は問題なし。朝こそ多少雲が多い気もしたけど昼には少々暑く感じるほどでした。一日ずれていればTD国東も楽しめたはずなのに、、、無念。

47_640
50_640
DENSUKEを出発して別府方面を目指しますが、地元民のkarapapaさんの案内のもと、地元の見所タップリのコースを進み、うみたまごの先の公園で折り返し。
24_640
36_640
一旦別府市街地まで戻って、別府駅側の商店街にある野田商店の美味しい海苔巻きを頂き、
48_640
49_640
22_640
別府市街地から鉄輪へと寄り道しつつ50Km弱ほど走りました。

ちょうど昼時だったので「お勧めのお店」をリクエストしたら、DENSUKEに連れて行ってくれました(笑)
ジョニーさんお任せで注文したら、、、
12_640
こんなボリュームタップリの丼が!! 魚はボラらしいのですが、全く臭みはなく歯ごたえも良くて美味しくいただけました。 但し量が多くて、やっとの思い出何とか完食。 あの量は太らせようとしてる陰謀としか思えない(爆)

食後もコーヒーをいただきながら暫く談笑してから福岡へと帰宅。 前日の大会後に帰宅した方々は、渋滞にはまって大変だったと聞いていたけど、この日は昼ごろに高速の通行止めも解除されたようで2時間程度で帰宅できました。



TD国東のスタートから雨は20年ぶりらしく、DNSを選択と言う残念な結果になってしまったけど、初めて別府方面を自転車で走ることもできて楽しく過ごせて満足でした!!

さて、来年はどうなるか分かりませんが、時間と気持ちに余裕があればまた申し込もうかな?とは思っています。

但し、、、雨だったらDNSです(爆)
二〇一五年卯月七日

さが「葉桜」マラソン

   土砂降りは勘弁して欲しいと願ったけれども、 

          晴れてくれなんて願った記憶はないのだがorz

4月5日の日曜日は、今シーズン最後のマラソン大会となる「さが桜マラソン2015」に参加してきました。 普通の状態だったら4月のフルマラソンなんて勘弁と考えるはずなのに、確か福岡マラソン直前で練習もやっててテンション高かったのでしょうね、、、気が付けば出張先のホテルからエントリーしていたようです(笑)
まぁ福岡マラソンでサブ4を狙ったものの、目論見は外れ珍しく悔しい気分だったので、良いリベンジのチャンスとなったわけですが。

本番の2週間ほど前から出張が立て込み、余り走れなかったけど脚を休める意味ではちょうど良かったかもしれません。小郡で失敗してたし(笑) しかし週間天気予報では暑くなりそうな上に日が近づくにつれて降水確率も上がり、前日の予報では結構強い雨になりそうな感じ。夜中に激しい雨音で目が覚めるほど降っていたようで、サブ4どころか参加自体を止めちゃってもいいんじゃね?と脳裏をよぎったりしたけれど、朝になったら雨は上がっていたので佐賀へと出発。ただスタート時間辺りの予報はやはり結構強い雨だったのですが。

そんなこんなで佐賀駅に到着したら久しぶりの後輩と落ち合い、スタート地点まで歩いて移動。この間も雨は降ってはいなかったので、とにかくスタートするまでは止んでてくれと祈ります。 走り出した後に濡れるのはまだいいけど、スタート前にずぶ濡れだと確実にテンション下がるし。
準備を整えスタートエリアへと移動していると、さんちゃん、きりさんの草餅コンビ発見。スタートブロックの違うさんちゃんと後輩と健闘をたたえあい、同じブロックのきりさんと一緒に移動します。スタートまで30分ほど時間があったので話し相手がいて良かった。 なお、きりさんは全エイド制覇が目標らしい(笑) ワタクシは一応サブ4の宿題が残っていたけど天気がどうなるのかも分からないので、とりあえず5キロ程走ってみて体調と相談しながらペースを決めることにしてスタート直後にきりさんと別れました。

◆スタート〜5キロ
号砲がなってスタートラインを超えるまでのロスタイムは約3分。 当初想定していた5分半/キロのペースで走りきれれば、十分にグロスでサブ4可能なはず。とは言え最初の1キロはやはり人ごみでまともに走れず6分ほどかかたけど、それ以降はマイペースで走れる余裕もでき概ね想定通りのラップタイムで5キロを通過できました。

◆5キロ〜10キロ
天気の方はスタート時と変わらず曇天で多少蒸し暑さはあるけれど、雨で濡れるでもなく晴れて暑いでもなく、まぁまぁのコンディションかな? とりあえずこのままの天気が続けば、、、なんて思いながら走っていると「UTMS」と書かれた怪しげなTシャツをまとった方に追い越されます。「エロビス会長」とお声をかけると、やはりビンゴでした(^^) 直前の合同練習で走るらしいとは聞いていたけど、後方からのスタートだったようです。 ひょっとして代走か???などと思ったけどエロビス氏のブログを見るとかなり謙虚な申告タイムだったようです。

◆10キロ〜15キロ
蒸し暑さは続いていたので、各エイドで給水だけはこまめにとりながら走ったので1キロごとのタイムに多少ばらつきはあるものの、5キロ単位では概ね順調です。 なお10キロを超えた辺りから建物より田畑が目立ち始めます。ある意味、佐賀らしい雰囲気です(笑)

◆15キロ〜20キロ
さてここまで概ね順調だったのに、18キロ付近から異変が。 空がどんどん明るくなっいるような気がしはじめ、そしてそれは気のせいでは無いようで青空も時折見えはじめ、最終的には日差しが…
そろそろ体も熱くなってきたいたので「小雨程度なら降ってくれないかな?」など考えていたところなのに、まさかの晴れ間が。 しかも湿度が高い状態なのでいや〜〜〜な感じの汗が吹き出します。
なんだか嫌な予感が、、、

◆20キロ〜25キロ
暑さにやられ始めていたのは自分だけではなかったようで、周りの人たちも同じだったようです。 給水所でかけ水する人が増え始めたり、脚攣りで歩道によける人が目立ち始めたり、究極は脱水症なのか倒れてしまって救急車で搬送されちゃう人まで、、、
この区間では吉野ヶ里公園内を走り、そうめんやイチゴなどの給食エイドもあったけど、なんか暑さにやられ食欲もわかないし、タイムも徐々に落ちつつあったので給水だけでしのぎます。
なお中間点通過は1’58’24でスタートロスを考えれば一応予定通りかな?

◆25キロ〜30キロ
吉野ヶ里公園を出てからはゴール方向に向けて走るのですが、結構な向かい風。 冬場の寒い時期なら辛い風でしかないのですが、いかんせん徐々に気温も上がりつつある中での向かい風なので身体を冷やしてくれてどっちかと言えば気持ちイイ♪ ホントにこの区間が追い風だったらもっとキツサは増していたかも。

◆30キロ〜35キロ
残りも12キロほどなので、調子がよく余裕があれば少しペースアップを、、、などと皮算用していたのですが、とてもそんな余裕はなくペースを維持することすら厳しくなる一方。 脚もパンパンで何かの弾みで脚攣りがいつおきてもおかしくない状況です。 ただそれでも6分/キロを維持できれば何とかなるタイムだったので、あと少しと自分に言い聞かせて走ります。

◆35キロ〜40キロ
暑さにやられ脚も売り切れ状態で立ち止まりたい気分のところに豚汁とぜんざいのエイドが出現(笑) もうタイムはいいからよっていこうかな…って思っていたら風船をつけたランナーに追い越されます。よく見ると4時間のペースランナーです。 この人についていけばまだ何とかなるかもと結局エイドに立ち寄ることはやめてついていくことに。39キロ付近では撮影中のマツケンさんにも声援を頂き、残り少しを頑張って走ります。

◆40キロ〜ゴール
残り約2.2キロ。 何とかペースを維持してペースランナーとの距離だけは保ちます。もう残り2キロなのでカッコよくペースアップしたいところですが、そんな余裕は全然無いし、脚でも攣ったら完全に終了なので会場までは我慢して走り、会場に入ったところでペースランナーを追い越し、競技場に入ったところでタイムを見るとギリギリではあるけども、サブ4を確信し、ほんの100メートルほどですがラストスパートして無事に3時間台でのゴールとなりました!!

sagasakura


無事に完走したさんちゃん、きりさんと合流して、着替えを済ませてから近所のコンビニでビールを買って駅まで歩きつつ反省会の開始。 佐賀駅からもみんなJR移動だったので更に追加のビールを買って電車内で反省会(笑)

こんな感じでどうにかこうにか今シーズン最後のマラソンも無事に完了しました。

サブ4目指す!と宣言した手前もあり今回は結構真面目に頑張りましたが、やはり4月にもなるとフル走るのは厳しいですね。 秋場と気温的には大きな差は無くとも秋の場合は夏場に暑さ慣れしているけど、春の場合はまだ身体が暑さになじめていないってのも影響は大きいのかな?
まぁ兎にも角にも今回も脚を痛めることも無く、体調不良にもならず無事に完走できたのが何よりでした♪

さて次は5月のTD国東。
今回はCコースなので、それほどハードではないけど年明けからランばかりで自転車は乗れてないので、これから国東までは身体を自転車になれさせなければ。
二〇一五年弥生廿三日

小郡ロードレース大会

昨日は小郡のハーフ走ってきました。

先々週の日田に引き続きのハーフ。
一ヶ月に2回もハーフの大会出るのは初めてですね。
まぁどっちもさが桜の練習兼ねての参加なんだけど。

で、結果から言えばgdgdでしたorz

詳細書くのも面倒だから途中の通過タイムだけ書いていくと

〜5Km:24’26(スタートロス約16秒)
〜10Km:49’00
〜15Km:1’14’15(中間点LAP計測忘れ)
〜Finish:1’44’47

こんな感じです。

先々週の日田は1時間55分〜1時間50分くらいのつもりで走ったら思いがけず1時間44分台でゴールできたので、今回の平坦な小郡なら1時間40分位でいけるんじゃね?って思ってたけど、実際のところは走り初めからなんだか脚が重く、5キロ過ぎた頃にはハムが攣りそうな感じで、体力的には余裕はあったけど結局上げるに上げれず維持するのが精一杯。
ラストも日田のときはダッシュする余裕があったのに今回は抜かれまくりで、なんとか日田のタイムを上回りたいと思ったけど結局ダメでしたorz

理由(言い訳)としては、、、
暑かった
PM2.5が酷かった
コースが田んぼばかりで辛かったw
給水所のコップのドリンクの量が少なすぎた(紙コップにほんの少し)
コースが田舎の市道に対して人大杉(ハーフ参加者で約3400人)
ワイナイナに肩をたたかれたwww

などなど言い出したらきりがないけど、一番は直前の土曜日まで調子こいて走りすぎたことですかね?日田の前の週は仕事の都合もありボチボチ休めていたけど、今回は結構走っていたからなぁ〜

過ぎたるは猶及ばざるが如し

何事もやりすぎはよくないってことですね。

それでもどうにか5分/キロを維持して走れたので良かった!のかな???


幸いさが桜までには2週間ほどあるので、今週からは徐々に緩めながらシッカリと脚の疲れを取って参加したいと思います。

あとは、、、できることなら曇天で涼しくなって欲しいことと、大陸方面からの汚染物質が飛来しないことを祈るのみでしょうか?

それと年度末も重なって出張予定も結構入ってきてるので飲みすぎに注意しなきゃ!って思うけども、これは無理な注文っぽいのでせめて体重が増えないように気をつけねば(A^^;)
二〇一五年弥生八日

第16回天領日田ひなまつり健康マラソン大会

59_640


日曜日は日田で開催されたひなまつり健康マラソンのハーフ走ってきました。
この大会に出るのは3年ぶり3回目。
ハーフマラソンへの参加自体も2013年の鹿島以来2年ぶりです。
今回の目的はフル(さがさくら)のための練習の位置づけ。 なので目標も1時間55分〜50分位で余裕を持って完走する事としました。

22_640
当日朝。道中の高速道路でも日田IC手前から霧が出ていたけどメイン会場の競技場も霧で真っ白。
しかし到着してハーフのスタートまでの2時間ほどで霧は綺麗に無くなり快晴の基でのスタートとなりました。

◆スタート〜10Km(48'57)
スタートは競技場。参加者もそれほど多くないので(都市型マラソンに比べればね)大きなスタートロスもなく出発です。過去に2回参加した大会だけど運良くか悪くか同じコースを走ったことはなく、今年も過去2回とは違うコースでした。 とは言え、今年は豆田の街並みを走れたので今までよりは観光地でのマラソンって感じだったかな?
但し、豆田の町並みの中は道幅もそれほど広くないし曲がり角も多く、タイム的にはどうなのかと?
豆田を回って一旦スターと地点の競技場に戻った後からは従来のコース。 そんなわけでアップダウン区間の始まり。競技場へと向かう上りでヘロヘロになってたところに声援が聞こえます。 自分が呼ばれてるのか空耳か分からずキョロキョロしてたらミー先輩でございました。 って言うか何で参加してるの知ってたのかな???

◆10Km〜15Km(25’30/1’14’27)
競技場を抜けていつもの田舎道に入ってから暫くは緩い上り基調でところどころアップダウンのあるコース。
因みに10Kmの通過タイムは約49分。 本来の目標から考えると53分〜55分程度で良いのだけど10キロまで距離表示が全くなく(見つけれなかっただけかもしれないけど)感覚だけで走っていたら思いのほか早かったという結果でした。少しペースを落とそうかとも考えたけど、それほどきつく感じていなかったので練習と割り切ってペースは変えずに走った結果、この間の5キロもラップは25分程で、上りが多かった区間ってことを考えれば上出来でした。

◆15Km〜ゴール(29’42/1’44’9)
12〜3キロ辺りで折り返した後は下り基調になるので体感的には楽なのですが、いかんせん下りが下手糞で遅いので相変わらず抜かれまくります(A^^;) でもラスト3キロではまたアップダウンが始まるので抜きつ抜かれつのデッドヒートになるのですが(笑) 
しかし15Kmからゴールまでの6.1Kmも約30分で走れたので概ねイーブンペースで走れたのかな?って感じです。
そんなわけでゴールタイムは1時間44分9秒と当初の予定よりは速いタイムで走りきることができたのでした。
31_640


無事にゴールしたら、ミー先輩にお出迎えして頂きました♪
先輩は5Kmに参加だったとの事だったので冗談半分で「優勝ですか?」って聞いたら「うん」だって(笑)
直後に表彰式って事だったので、急いで車からスマホを持ってきて晴れ姿を納めさせて頂きました。
12_640


その後は、まず会場で振舞われた豚汁を頂き、参加者特典の温泉券で風呂に入って汗を流し、最後に今年初のプノへ行って昼ご飯。48_640
40_640


なお今年も豚汁、温泉、くじ引きの他に日田下駄、Tシャツと相変わらずコスパの高い大会だったのでした。
33_640




さてさて、さが桜への練習と言う点で考えれば何となく良い感じもするけども、まだまだ脚力が不足してる感は否めません。 体力的にはそれほどきついとは思わなかったけどラスト2Km付近では何となく足が攣るんじゃなかろうか?って感じもしていたし。

だからといって本番まで残り1ヶ月を切ってるので今更大幅な脚力アップは望めるわけもないので、しかっりとペース配分を考えて走るのが良いのでしょうね。

とりあえず2週間後の小郡を走ってから考えるとしようかな?



二〇一五年如月九日

極小氷柱

気がつけば2015年初めての更新でした。

明けましておめでとうございます(爆)

って今更過ぎですね(A^^;)


今年は正月から散々な日が続いていまして、、、

まず正月は元旦こそ酒飲んで雑煮食ってで元気だったものの、翌日から長女と共に体調不良。 頭痛に関節痛に発熱と明らかに…な症状だったので休日料金覚悟で休日診療やってる救急病院に行って検査したら長女はめでたくA型判定だったけど、自分は検査するまでの時間が早かったためか陰性。 でもどう考えても間違えなさそうだし、また検査費用払うのも馬鹿らしいので医者に無理言ってイナビル処方してもらい、その後の正月休みは寝たきりで過ごす結果となりましたorz

漸く体調も回復したら今度は連日の新年会で、土日を挟んだりはしたけど3日連続の午前様など繰り返し、その翌週には何が原因か不明だけど嘔吐下痢症のような症状になり、また3日ほど寝たきり生活(T-T)

そんな感じで、やっと先週あたりから普通の生活に戻ってきた感じです。


そしていつの間にか2月に突入したわけですが、今日は難所ヶ滝まで氷爆の偵察に行くことに。
木曜の夜に雪が降ったらしいので(出張中で知らないけど)、本当は昨日の土曜日にと思っていたものの、出張明けのためか朝は起きれず、漸く目覚めて天気予報を見てみれば怪しい感じだったので今日に変更したけど、起きてみれば今朝も雨。 やめようと思いテレビでも見ていたら日が射し始めたので急いで準備をして急遽出発。

車で竈門神社の駐車場まで行き、11時過ぎに登山開始。
しかし上り始めても暫くは雪など全くなし。本当に降ったのだろうか?と疑問を抱きつつも冷え込んでることは間違えないので氷柱は見れるだろうと先へ進みます。
DSCF0259_1280
百段がんぎ辺りから漸く山肌に雪が見え始めました。
DSCF0260_1280
中宮跡までくると雪も残っていましたが、人の歩いた後は泥と混ざってビチャビチャでしたね。

中宮跡から先は徐々に雪も増え始め、場所によってはアイスバーンでツルツルでしたが面倒なのでアイゼンはつけずに慎重に歩いて無事に頂上に到着。
DSCF0267_1280
DSCF0262_1280
DSCF0261_1280
気温はマイナス3度程でしたが雨はすっかり止み青空も出てました。但し風が強く体感温度はかなり低かったかな。
DSCF0265_1280
お昼も過ぎていたので宝満山山頂で昼食をとる事に。 もちろんいつものカップヌードル。 荷物になるからおにぎりだけにしようかとも思ったけど、かなり寒かったので温まることもできて正解でした!

ノンビリしてたら寒すぎるので、昼飯が終わったら早々に出発。 アイゼンを装着して縦走路へと進みます。
DSCF0270_1280
縦走路は流石に雪が残っていたけど昨日今日で多くの登山者が来たのか、もしくは積雪量がそれほどでもなかったのか、途中は土混じりになっていましたね。
DSCF0271_1280
仏頂山を越えて少ししてから河原谷方向へ暫く下ると難所ヶ滝に到着したけど、、、

DSCF0272_1280
ビックリするほどに残念な氷柱でしたorz ここ数年間は毎年来ているけど今迄で一番不作な極小氷柱です。 今シーズンも何度か寒波は来ていたけど、暖かい日も多かったのでその間に完全に氷柱は溶けてし待ってるんでしょうね。 まだ寒波襲来の可能性はあるだろうけど今年は氷柱には期待できそうにないかな。。。

ガッカリ感タップリで早速下山。 そのまま河原谷をくだり、途中からうさぎ道のルートを抜けて竃門神社へ。 この間も殆ど雪はなく多少なりとも気持ち良く歩けたのは縦走路だけという残念な結果に終わりました。

まぁ2月も始まったばかりなので、あと1〜2度くらいは気持ちよい雪道を歩けるくらいの雪が降ってくれることを期待しましょうかね。

二〇一四年師走十五日

平和な登山(嘘)

一週間ほど前の月曜日早朝にエロビス氏より「今度の日曜暇ですか?」と怪しさ臭がプンプン漂う(笑)メッセージが。
たぶん大丈夫とだけ答えたが、話はどんどん進んでいき、片縄山〜油山の登山に行くことに。
「山ガールも来ます♪」と嬉しそうなエロビス氏に一抹の不安を覚え「それは九爆なぞと言う危険グループじゃないよね?」と問いただすも、回答は「故障者もいるので平和な登山です!」とのこと。
いやいやそれって全く質問の回答になっていないのだが…
結局不安を抱きながら日々過ごし、前日夜には雨が降って中止もしくは一人DNSの可能性を願うも、翌朝目覚めると雨の様子はなし。更に逃げられないように家まで迎えにも来てくれましたorz
もう覚悟を決めるしかないようです(T-T)

そんなこんなでエロビス氏と危険な仲間たち愉快な仲間たちと一緒に「平和な登山」へと逝ってまいりました。
なお面子はエロビス氏のブログに書かれている通りで男性3名女性4名の計7名。 で、やはり九爆なる面子やSTY参加者などもいる。どう考えても平和な登山には向かない人たちばかりの気がする。まぁ彼らにとっては標高六百メートルにも満たない低山なので平和以外の何物でもないのかもしれないが。

しかしここまで来てしまったので諦めて出発。 7時半位に内田交差点を出発し浦の原の登山口まで軽くジョグ。 
36_1280
登山口でそれぞれ撮影を済ませたら早速入山。 出発前にも「平和な登山」を強調していたので、そのつもりで登っているのだけど、背後より近づく足音がおかしい。 明らかに小走りに変化している。 本当はペースは崩したくないが小心者の私には無理。 そう、フルスモークのDQNな車に煽られて逃げたくなるあの心境なのかもしれない。 前半の比較的なだらかな区間が終わっても迫りくる足音はやまないのでし色んな意味で心臓バクバクさせながら、どうにかこうにか片縄山山頂到着。
28_1280
満面の笑みを浮かべるエロ氏(笑) ここで我が町NKGWの中心地やこれから向かう油山方面を眺めつつ暫し小休止。 みな撮影だなんだと終えたら出発。 もう少し休みたくもあるが、休みすぎると寒すぎるので(A^^;)

片縄山から少々下って、隣接するゴルフ場の側を通りつつ、後半は上り基調を進みます。 こっちは結構ハァハァ言いながら頑張って登っているつもりだが、すぐ背後ではエロビス氏とメレっち氏が談笑しながらついてきている。 こやつら心臓も普通の人とは違うみたいだ(笑)

そうこうしてるうちに、手前の偽山頂を超え最後の上り区間を終えて糠塚山山頂到着。
34_1280
どうも女性らしさをアピールしているようだが既に手遅れです。もう騙されません(笑)

ここ糠塚山で脚を故障中のふむむ氏が大事をとってDNFとのこと。 帰りの道案内を買って出るもやんわり断られましたorz

ここから荻の原峠まではひたすら下りなので心肺は比較的楽だけど、結構急こう配なので脚の負担が大きい。 故にゆっくり下りたいのだけど、背後から(ry

29_1280
無事にもーもー入口に到着。 ここから油山登山口までは1〜2キロほど舗装路を進みます。 
なおこちら側から油山山頂へ向かうのは初めてなので道案内としての役目は終了。先頭をエロビス氏に譲ると急にペースアップ。 大半が階段なので走っているわけでなく歩きなのに何故か速い。 そしてそれに着いていくメレっち氏。 やはり今日は騙されたみたいです…
階段区間が多くなかなかキツかったけど無事に油山到着。
42_1280
26_1280
随分前に来た時にはもっと木々が生い茂っていた記憶があるのだけど、伐採されたのか思いのほか眺望は良かったです。

油山の次はお初の荒平山を目指します。 標高約600mの油山に対し荒平山は約400m。 予想通りに結構な下りです。 なおピストンのために復路は登り上りノボリ…
かなり長く下って後半少々登ったところで荒平山に到着。
44 HDR_1280
この場所城跡だったようで安楽平城跡の碑があります。 山の名前「荒平」からつけられたようです。

なおここで前半戦が終わったわけですが、片縄山登山口からここまでスマホのGPSで8.4キロほど。集合場所から登山口までの移動をあわせれば10キロを超え、更にピストンで戻るから総距離は20キロを超えます。 平和な登山と言うのはやはり違うのでは、、、

荒平山でも小休止をとったら復路出発。 出発直後こそ下るものの、途中からは登るばかり。 エロビス氏が先頭だとペースが上がりすぎるとのクレームで私が先頭を行くのだけれど、やはり背後から… ただ往路で通っていたので感覚がなんとなくあり、それほど長くは感じずに油山到着。
08_1280
先ほど曇っていた福岡市内も多少青空がでてきて更にいい景色に♪ そして糠塚山でDNFしたふむむ氏が片江展望台まで車できて、そこから油山山頂まで来てくれたので改めて全員で記念撮影。 その後片江展望台戻るふむむ氏と別れて出発です。

油山はひたすら下りなので私はひたすらゆっくりと。 そもそも下りは苦手で嫌いなうえにシューズも普通のランニングシューズだったので(←言い訳)滑って仕方ない。 そんな私を横目に爆走していく女子一同。 九爆の恐ろしさを垣間見たような気がします。

もーもー牧場で合流してからは、概ね隊列をそろえて糠塚山〜片縄山と来た道を戻ります。 復路の登りはキツかったけど、特にトラブルもなく無事に登山口まで全員を引き連れて戻ってこれました。 もちろん私も生きて帰還できました。

我が町にそびえる低山の片縄山から油山へのハイキングのつもりだったので油断してたいした下調べもせず、後半は知らないルートを目印だけを頼りに適当に歩き(走り)ましたが、皆さんに「走るところが多くて良いトレイルだ!」と喜んでいただいたようで良かったです。 まぁもっとも走るなんて話は全く聞いていなかったので不本意ではあるのだが。

そしてこんな適当で貧脚な初対面のワタシにまた一緒に逝きましょう行きましょうと誘ってくれる暖かい方々ばかりで感動いたしました。

もしお誘いがあった際には、スケジュールや体調、コース、参加メンバーなどなど多種多様な要素をしっかりと分析した上で、慎重に且つ前向きに検討させて頂きたいと思います。


そして熟慮に熟慮を重ねた結果は、、、




























『ゴメン、ムリっす』_l



二〇一四年霜月廿四日

モミジガリガリ

この3連休の土日は紅葉狩りへと出掛けてきました。

まず土曜日は武雄の御船山楽園へ。
もちろん車です(A^^;)

この日は嫁の義父さん義母さんと我が家の6名。 長女が高校生になり一緒に出かける機会が減っていたのですが、幸い期末試験中で部活も遊びもなかったので強制連行。試験勉強は帰宅後&日曜月曜に頑張ってもらうことに(笑)

3連休の初日で渋滞&行列も覚悟していたけど、思ったよりも少なかったかな? まぁ御船山楽園までの行程だとそれほど狭い道もないし、駐車場も意外と近くに確保してあったし、園内の敷地も結構広いってのもあるのかな?

IMG_3987_1280
IMG_3989_1280
IMG_4002_1280
IMG_4003_1280
IMG_4032_1280
IMG_4037_1280
IMG_4040_1280
IMG_4050_1280
IMG_4059_1280


結局何だかんだで2時間ほど滞在してから、義母さんの希望もあり「道の駅 太良」に移動して遅めの昼食&かい産物や果物など買い込んで帰宅。 帰りは多少車は増えていたけど、それほど酷い渋滞にもあわずでした。

天気も良かったし、喜んでもらえたみたいで良かったかな?


そんな紅葉狩りをしている最中にJoh氏より「九年庵&大興善寺に紅葉狩り行かない?」とのお誘いメール(笑) ちょうど家族サービス真っ最中だったので、なんなく嫁のOKも得られたので、日曜日も紅葉狩りとなったのでした。
今度は珍しく自転車で(爆)

折角なのできりさんにも声かけてみたらOKだったので3名で出発。 NKGWを9時に出発して東脊振超えで九年庵に向かいます。 予想通り九年庵付近は渋滞していたけど自転車の機動力で11時前に無事到着。
25_1280
まぁでも凄い人(笑)
まずは整理券をもらって順番呼ばれるまで小一時間ほど。 呼ばれてからも九年庵に入るまでに数十分。ホントによく並びました。 が、漸く入場できた後も行列。。。
48_1280
立ち止まってゆっくり写真撮るのも憚られますが、この日はスマホだけだったので、パシャパシャやりながら見学でした。
17_1280
16_1280
31_1280
07_1280
30 HDR_1280
54 HDR_1280
写真_1280
14_1280
20_1280
04_1280


行列で進む速度も遅かったりして、九年庵を出発したのは13時過ぎ。 腹減ったの途中のコンビニで休憩兼ねた昼食をとって大興善寺へ。 ここも鳥栖筑紫野道路を降りたらやはり渋滞。 車が進まないのを横目にを自転車で進んで余裕の到着。 大興善寺もちょうど良い感じの紅葉でした。
17 HDR_1280
19_1280
18_1280
10 HDR_1280


大興善寺の見学後は回送運転。 Joh氏と二人だったら大博多カントリーへのヒルクライムに連行されるところでしたが、きりさんがいたので鳥栖筑紫野道路経由で帰宅。(タスカッタ) 途中できりさんと別れ、NKGWには16時くらいに到着。 走行距離は80キロ弱と控えめでしたが、久しぶりの自転車だったのでちょうど良い感じだったかな? 何よりも二日間も紅葉狩りで来て良い連休でした♪ 

二〇一四年霜月十一日

福岡マラソン2014、、、の詳細

20_640

先日の記事の通り福岡マラソン2014走ってきましたので、さくっとレポを。
今回は地元福岡での市民マラソンで、コースは車や自転車で幾度となく走った道でもあり、前日の予報では雨の予報だったこともあり、カメランは無しで、真面目に走ってきたので画像は少なめです。

当日は朝5時起床。前日の就寝時から聞こえていた雨音は変わらずで、この時点でずぶ濡れでのゴールを覚悟。 朝食をとり、B地区に絆創膏貼ったり、テーピング施したりして6時過ぎに嫁さんに大橋駅まで送ってもらい、西鉄電車で天神へと向かいます。周りには明らかに参加者らしき方々も多い中、7時前に天神到着。 Cブロックからのスタートだったのでソラリアの方に移動して更衣室を探すと…警固公園地下の駐車場でした(笑) 「なんじゃそりゃ?」って思ったけど、意外に暖かくて良かったかも。

41_640
41_640
着替えも終えて準備万端!ではあるけど、まだ雨は降っているので暫くはソラリアに移動して雨宿りして7時半過ぎに荷物を預けてから今度は岩田屋の軒先で雨宿り。 スタート前から雨降ってると2010年の東京マラソンの惨劇(この時も深夜より雨で荷物預けてスタートブロックで待ってる間にシューズもズブ濡れになってしまった)が脳裏をよぎるのです。なのでギリギリまで雨宿りするつもりも、徐々に待機場所の人数も増えてきたのでワタクシも移動。
03_640
暫くは雨は降っていたけど合羽で十分に凌げる程度に雨脚は弱まってきたので、またちょっと期待! そして7時55分にスタート地点に移動して市長の開会宣言などなど聞いて、まずは車椅子の部がスタート。
01_640
そして数分後、ファンラン(5Km)のスタートが先かと思っていたら予想外の同時スタート(A^^;) スタートくらいは写真撮ろうと思っていたのでスマホは準備していたけど思いがけずの号砲でgdgdでした。 こんな感じで福岡マラソン2014の幕が切って落とされたのでした。

◆スタート〜5キロ(0’30’11)
号砲からスタート地点通過までは約1分半ほど。 今回は確か4時間か4時間半のタイムで申し込んでいたので、そう考えると意外に前方からのスタートでロスも少なかったかな? ただスタートライン通過までは良かったけど、その後はコースの幅に対して参加者が多いのか、結構な込み具合でなかなか思うように走れなかった感はありますね。 そんな混雑のなか、なるべく中央よりの位置で走っていたけど、長浜辺りできりさんとさんちゃんで応援してるってメールもらっていたので、浜の町付近で歩道よりに位置取りを変えたら無事発見。但し、諸般の事情で画像はありません。 そして福岡ドーム付近でファンラン組みとはお別れ。 5Km通過タイムは30分ほどで概ね想定通りでした。

◆5〜10キロ(0’58’33)
ドームを越えたら漸く自分なりの一定ペースで走れるようになります。 途中マリノア手前の橋の登りはあるけど、まだ脚の方は全然元気なので難なく通過。 但し、そろそろ「都市型マラソン感」は薄れ始めます(笑)

◆10〜15キロ(1’27’01)
小戸公園を越えて海岸線を走るコースに突入です。 海沿いの道は歩道も狭かった気がするし流石に応援は少ないだろうと思っていたけど、なんとなんとヨットやボートなどで海上からの応援が! 結構な数が停泊して大きな声援を頂きました。 こんな応援は初めてだったのでちょっと感動したかも。 因みにタイム的には、まだ予定通り順調って感じです。

◆15〜20キロ(1’56’27)
今宿を越えて糸島半島へと突入です。 完全に都市型マラソンは終了して、よくある郊外でのマラソン大会のような感じですが、ランナーの数と沿道の声援は多いので気分はいいです。 なお、この区間内でトイレに寄り道。 本当はハーフ2時間で通過したかったけどタイム的に厳しく、ちょっと遅れが出始めてしまいました。

◆20〜25キロ(2’24’47 ※中間点 2’2’29)
この区間で九大へのなだらかな登り区間を走ります。 実際にはそれほどキツイのぼりでもないんだけど、流石に20キロ越えてることもあって多少はキツサが。 あと今回のコース中で唯一の折り返し区間なので登った分だけ下らなきゃいけないのも脚の負担は大きかったのかな? 中間点通過を2時間と予想していたので2分半ほどの遅れが発生。 この辺りの遅れが結局後々まで響くことになります。

◆25〜30キロ(2’53’26)
30_640
34_640
ここで走行中に初めてスマホを取り出し牧のうどんエイドを撮影。 大会前のテレビやネットで再三に渡り告知されていたので、絶対に食べる予定でした。 なお事前の噂通りにいつも以上のやわ麺でしたが確かに走りながらでもツルっと喉を通るし、出汁も薄すぎず辛すぎずでいい感じでしたね。

◆30〜35キロ(3’22’55)
30キロ通過が2時間53分で残り12.195Kmを67分ほどで走ればサブ4です。 計画よりは遅れ気味だけど残りを5分半/キロならいけそうな気がしないでもない。 そう気持ちを奮い立たせて進んだんだけど、ここで本コース中で恐らく一番キツいんではないかと思われる桜井峠が出現。 自転車で何度も走っているので走る前からイメージはついていたものの、実際に走るとなると(しかも既に30Km以上走った状況下で)本当に堪りません。 親切心からか「峠まであと400mって案内も逆に勘弁して欲しかった。 とにかく意地でも歩かない事だけを念頭に峠を越えて漸く下り。 ただ下りも脚の負担が大きいから辛いんだけどね。。。

◆35〜40キロ(3’52’33)
35キロを通過した時点でサブ4達成には約37分。5分10秒/キロ程。この時点で半ば諦めました。一応悪あがきでペースを上げてみようと試みたりもしたけど、体力的には大丈夫でも脚がついてきません。 それでも最終的には練習と割り切って、その時にできる限りのペースでゴールを目指します。

◆40〜ゴール(4’5’18)
07_640
もうこの辺りになると完全に田舎道。都市型マラソンはどこへやら? それでも事前の告知があったのか地元の方々の声援に励まされて最後まで歩くことなく無事にゴールゲートをくぐったのでした。
37_640
ゴール後は他の大会同様にフィニッシャーズタオルと完走メダルをかけてもらい、飲み物を頂いき記録証をもらって荷物を受け取るのですが、、、
22_640
なんと預けた手荷物は野ざらし。 ゴールした時は、小降りではあるけど雨が降り始めていたので荷物入れの袋は当然濡れています。 場所がないのは分かるけど、それならトラックに積みっぱなしで渡してくれればいいのに?って思ったりも。

あと更衣室も狭くて別のテントや、男性陣はその辺の建物の軒下で着替えてたりしていたし、ゴールから最寄り駅までのシャトルバスもランナー専用ではなく、応援の方々も一緒に同乗なので、かなりの行列ができていたりと、ちょっとどうなんだろうか???って思いました。

まぁシティマラソンからフルマラソンに変わって初めての大会なので仕方ない部分もあるとは思うけど、やはり糸島ゴールってのはちょっと…って感じですね。 できれば福岡ドームやマリンメッセなどを会場にするようなコースへの変更を検討して欲しいところだけど、今回のコースで公認とってるって話なので難しいのかな?



取り敢えずこんな感じで福岡マラソン無事終了しました。 なお、密かにサブ4を目論んで挑んだものの4時間5分と微妙に間に合わず。 終わってからタラレバを言っても仕方ないけど、あと7秒/キロ頑張れれば(笑) でも冷静に考えれば昨年は鹿島のハーフを走ったのを最後に怠けっぱなしの状態で、6月に福岡マラソン当選の報せを受けて漸く重い腰を上げたわけなので、たかだか3〜4ヶ月頑張ったところで簡単には思うようにならないって事ですね。
「継続は力なり」じゃないけど、やはり日頃から地道に続けなきゃダメだな。

昨年増え続けた体重も今は少しずつ減りつつあるし、折角日々走ることがまた習慣化してきたので、頑張って続けていこうと思います。






そしてさが桜でサブ4目指します!!


って、、、


えっ???


でるの???(笑)
二〇一四年霜月九日

福岡マラソン2014

51_640


無事に完走しましたが、密かに狙っていたサブ4は力不足であと少し及ばず。 去年サボっていたツケを3〜4ヶ月で取り戻そうってのが甘かったようです。

なお久しぶりのフルマラソンで脚がパンパンにも関わらず明日から東京出張ですので、詳細は後日アップします(たぶんw)
二〇一四年霜月八日

福岡マラソン〜前日〜

いよいよ福岡マラソンスタートまで残すところ約18時間となりましたが、NKGWは既に雨が降り始めています。 

なおtenki.jpを見ると、、、
tenkijp


ではweathernewsでは、、、
wn


…絶賛やる気減少中(笑)

2〜3日前から怪しいのは分かっていたけど、何も午前中にピンポイントで降らなくてもねぇ〜

まぁ後は、今日の降り始めが予報より多少早くなったような様子なので、明日雨が上がるのも早まってくれれば…と淡い期待を抱くのみ。


なお一応準備だけはある程度完了しました。

ランナー受付は、昨日と今日の二日間で今日も特に予定はなかったけど、受付のためにわざわざ天神まで出かけるのも面倒なので、昨日仕事ついでに済ませてきました。 

09_640
受付会場は福岡市役所前の広場。 初日で平日の昼間って事もあってか人はまばらで、全く待たされることなく受け付け終了。

49_640
当選の期待はしていなかったので、予測タイムは意外に正直に書いたんだけどCブロックスタートと思いのほか前方でした。 パルコ前スタートで整列位置が西鉄福岡駅前辺りなので、スタートロスも数分程度で済むのかな?

受付が終わったら参加賞のTシャツをもらいに中央公園のEXPO会場に移動22_640
平日の昼間って事を差っ引いても東京や大阪と比べるとショボイ(失礼)感は否めません。 福岡各地の自治体のテントで名産品などの販売もしていたけど、既に雨も降り始めてるから参加者も受付終わったら早々に退散しちゃうんじゃないかな?

59_640
そんな中で北九州マラソンのテントがあり、既に抽選も完了した北九州マラソンの出走資格があたる抽選をやっていたので申し込んでおきました。 10名しか当たらないので無理とは思うけど、参加費もいらないような話だったので当たればラッキー!位の感じです。

一応一回りするも、特段興味を引くものもなく立ち去ろうとしたら、なんと目の前にミーさんが!!
23_640
一応後姿だけ押さえておきました(笑)
福岡マラソンに当選なさったのは聞いていたので本番当日に会うかもなぁ〜位は思っていたけど、まさか受け付け会場で遭遇するとは。。。 93出身の呪縛絆の強さを垣間見ました(A^^;)

そういえば受付でもらった中にこんなものも。
08_640
沿道応援用の旗かな? これを参加者に渡してどうするんだろうか? 家族や友人が応援に来てくれるならあげちゃえば良いだろうけど、福岡以外の遠征組みも多いだろうに。 当日にコース上で配布した方が良いんじゃないか???


この後は会社に戻って定時まで仕事して(当たり前か)、退社後は門司シモ先生のお店に直行して身体を揉み解してもらいました。 色々話しながら施術してもらうも途中気持ちよくなってウトウトしそうになるとピンポイントでツボをついて激痛を味あわせてくれたりと、なかなか濃い数十分を過ごして帰宅。

今朝は最後に軽めにジョギングして明日を迎えるだけとなっています。

去年から今年の春過ぎまで散々怠けていて、6月に福岡マラソン当選の知らせを受けて漸く重い腰を上げたわけですが、衰えっぷりは酷いもので10キロを休まず走るだけでもハァハァもの。 以前は当たり前に走れていた家から牛頸ダムの大体ハーフコースは途中で歩かないと無理orzって状態でしたが、どうにかこうにか歩かずに42.195Km走れる状態になったかなって感じです。

ゴールした後にゾンビ状態で前原経由で帰宅しなきゃいけないことを考えると少々ブルーではあるけど、折角の第1回大会だし楽しく走ってきたいと思います♪



























と、気持ち的には既にスタートラインに立っているんだけど、実は海より深〜〜〜〜い事情でDNSしなきゃいけない可能性もあったりします。 ただ今の段階で連絡がないので8対2で参加できるんだと思うんだけど。
こればかりはどうしようもない事情なので、明日に乞うご期待!!ってところですね。
二〇一四年神無月十九日

三郡縦走

気がつけば約2ヶ月ほど未更新の当ブログ(A^^;)

一応生きていますし元気です。

ただ自転車はあんまり乗っていませんが…

ここ数ヶ月はあと3週間後に迫った福岡マラソン完走に向け、もっぱらランの方に勤しんでいました。

で、昨日もロング走でもしようと思っていたら、長女は学校行事、嫁と次女は二人で出かけるらしく終日フリーになったので久しぶりに三郡縦走に出かけることに。 舗装路や公園の周回グルグルするよりは気分的に楽だし一応足腰の鍛錬にはなるだろうって事で。

朝起きたら肌寒くはあるものの見事な青空。
自転車で出掛けたいって気もするけど、雑念は振り払いランシューズをはいて出発。 もちろん家から自走です。

山に入る前に脚が売り切れても困るので竈門神社まではノンビリと7分/キロ程度のペースで向かいます。途中太宰府のコンビニで水と補給食を買ってついでに朝食を頂いてから竈門神社へ。

11 HDR_640
結婚式が行われていたようでいつにもまして多くの参拝客で賑わっていました。 
そんな中でまずは一日の無事を祈ってから9時半出発。

うさぎ道コースの方が人も少なく、石段も少ないので気分的にも楽だけど、今日は練習も兼ねているので正面道から登ります。
24_640
ここ暫く走りこんでいたおかげか、何とか息が切れて立ち止まることも無く順調に進むけど、やはりキツイものはキツイ。
05_640
でも、どうにか無休憩で小一時間ほどで宝満山到着。
21_640
なかなかの眺望の中、ここでおにぎり一個投入。
16_640
宝満山で5分ほどの小休止して出発して10分程程で仏頂山通過。
この後の縦走路では、一応マラソンの練習兼ねてるって事で平坦な登山道は小走りで、登りはキツイから当然歩きで、下りは怖いしコケたり脚くじいちゃ嫌なのでいつにもまして慎重に進んで、、、
36_640
宝満山から約45分ほどで三郡山到着。ここで10分ほどの休憩タイムに二個目のおにぎり投入。
29_640
景色を見てみれば7月末に来た時にはあったレーダードームが撤去されてました。
42_640
振り返れば新しいレーダードームが完成していたけど。しかし以前より見ていたドームがなくなってしまうのは寂しい気もします。 寂しいけど跡地に売店でも作ってくれればいいのに(笑)

休憩中に補給とストレッチで少し回復したので後半戦出発! この後も上り下りはそれなりに、綺麗な登山道は小走りを繰り返しつつ、
51_640
前砥石山
55 HDR_640
そんでもって砥石山。三郡山からはすれ違う登山者はめっきり減ったけど、ここで2名ほど休憩していました。
45 HDR_640
そんでもって鬼岩谷山を経て、、、
00_640
しょうけ越え。ここで13時だったから3時間半ほど経過。
ここまでは結構下りが多かったけど、若杉山までは登り基調orz なので最後のおにぎりを投入して準備を整え出発。
11_640
運良く少し先に同じくらいのペースで登る登山者がいたので後ろにつかせて頂きます。 そして若杉ヶ鼻通過。
43 HDR_640
最後の登りを超えて13時45分若杉山到着。
13_640
これで登り区間は終了したご褒美として奥の院の売店でコーラを頂きます。 ここから篠栗までは下るのみなので転んだり脚を挫いたりしないように控えめのペースで進んで、約一時間ほどで篠栗駅到着。
どうにかこうにか家から篠栗駅までの34キロほど無事に完走(完踏)でした!

この後は駅を通過して、すぐ側のオアシス篠栗の温泉で汗を流して、
14_640
その後はもちろんご褒美のビール♪ 今回は山頂用のビールは持っていってなかったので格別に美味かったです!!
本当に至福のひと時でした。

こんな感じでほぼ丸一日動き回った訳ですが、一日経って脚のダメージはそれほどなし。筋肉痛が多少はあるものの何か支障があるほどではありません。 多少は走り込みの効果があったって事かな?

福岡マラソンは、今まで怠けてたわけなのでタイム自体はそれほど気にはしていないけど、せめて歩かずに完走程度はって思っていたのでどうにかなりそうな感じですかね。 とにかくあと三週間なので、本番で楽しく完走できるように脚だけでなく体調もろもろ準備万端で臨みたいものです。
二〇一四年葉月十四日

えふらいど♪

遡ること7月某日。 ラン仲間とのビアガーデン(と、ついでの練習会)の時に何故か「えふ」の桃パフェの話題となり自転車仲間でもあるきりさんと今年の夏は絶対桃パフェ行くぞ!と意気投合したものの、その後の週末はことごとく雨。 ラストチャンスと今週末の16日or17日に行こうと思っていけど、またもや雨の予報orz ただ今年は幸いにも13日から休暇を取っていたので、雨の心配のなさそうな13日に急遽出撃決定。 とは言え初めての「えふ」だったので前日に亀仙人さんにメールして何時くらいに到着すべきかなど尋ねたら、途中合流で道案内してくれるとの事で(←実は少し期待していたw)、待ち合わせ場所と時間を決めたのでした。
とは言っても、道に迷う確立が減っただけで早朝出発は必須なわけで、早朝6時過ぎに家を出発し、途中できりさんと合流して筑豊へと向かいます。
ルート的には、NKGW〜太宰府〜米の山峠〜嘉麻〜大任〜えふ…ってな感じ。
48
米の山峠を撃破するきり氏(笑) 朝は涼しかったので山登りも多少は楽だった気が。。。
米の山を下り始めたら予報に反して雨粒がポツリポツリ。 えっ?って思うがここまで来て引き返すのも嫌なので雨脚が強くならないことを祈りつつ先へ進みます。 嘉麻を越えあたりで雨もやみ遠くには青空もチラホラと。 嘉麻から322号線に入りバイパス走って待ち合わせ場所の「道の駅おおとう」到着。
07
初めて来ましたが広いし綺麗な建物。温泉施設も併設されてるみたいですね。 そんでもって道の駅おおとうと言えば、、、
32
1億円のトイレ(笑)
36 HDR
当然のことながら用を足しておきました。 他に誰もいなかったのでついでに記念撮影も!
まだまだ見所ありそうな気もするけど今日の本命に間に合わないと拙いので早々に出発。 ここから先は亀仙人さんに道案内を委ねたのでルートはよく分かりません(A^^;) ただ当初ワタクシが調べていたコースだと結構なアップダウンを繰り返さないとダメだったらしいのでホントに助かりました。

07
当初の予定より5分ほど遅れたけど無事に到着。 9時35分くらいに到着で3番目でした。
29
メニューは色々ありますがこの時間に来る方々の殆どが桃パフェ狙いのようです。
00
予約も完了して開店待ちをしてる間も次から次へとお客がやってきます。 お店の大きさに対してかなり広めの駐車場でしたが開店時には殆ど満車状態でした。

漸く開店の10時になり席に案内され、注文はもちろん桃パフェ。

そして待つこと数分、、、

00
7月中旬から始まって桃の種類も時期によって変わるみたいで、この日は「川中島白桃」って桃でした。
桃自体が甘くて美味しいく、コーンフレークも少なめでアイスクリームや生クリーム多めでメッチャ美味かったです! なお予想通り周りも殆どが桃パフェ注文してて見渡す限り皆が同じもの食べてるのはちょっと笑えました。

無事に桃パフェは食べたものの、流石にこれだけでNKGWに戻るのは厳しい。 当初は宇島まで走って噂の「なじみ屋」で昼飯&ビールであとは輪行!って構想もあったけど、お盆初日のこの日はJRもはなりの満席だろうと断念。 そんなわけで某ブログを拝見した結果、田川後藤寺駅側の「後藤寺ホルモン」を食べて帰ることに。 亀仙人さんもギリギリ時間は大丈夫みたいなので3人で向かいます。
46
本当に駅の真ん前でした!
44
店に入ってホルモン定食を注文。 なおホルモン定食は、にんにくの入っていないホルモン鍋とにんにく効いて味噌味のホルモン鉄板から選択可。 このあと仕事のある亀仙人さんはホルモン鍋で、もう一山越えて帰らなきゃいけないきりさんとワタクシは鉄板を注文。
こてっちゃんのように小腸だけかと思ったらせんまいやハチノスなど数種類のモツが入ってって臭みもなく美味しかったです! しかも桃パフェより安いし(笑)

昼食後は北九州に戻る亀仙人さんと別れ福岡へと戻りますが、、、、
46
道の駅糸田によって石炭ソフトを。 ここには何度か立ち寄ってるけど石炭ソフトは初めてです。 見た目は写真通りですが味はチョコ(?)かな? どうやって黒くしてるは分からないけど、暑い中おいしくいただけました。

この後、烏尾トンネルの歩道で異物を踏んで数年ぶりのパンク(>_<) トンネルの中はくさいのでトンネル出てから久々のパンク修理(ってかチューブ交換)しましたが、暑すぎて心折れそうでした。
飯塚からは、八木山峠、しょうけ越え、米の山峠の選択があるものの、一番楽そうな米の山峠を選択。 それでも朝とは比較にならないほどの暑さで、下りすら温風ヒーターを浴びてるかの感じでしたが、何とか頑張り大野城できりさんと別れ、無事にNKGWに帰り着いたのでした。

「えふ」は桃パフェ意外にも季節ごとに色々な種類のパフェがあるようなので、また行きたいですね。 
ただ写真を見せた家族からは「自分ばかりズルイ」と非難轟々だったので、来年は一度連れて行かなきゃいけないかな???

とりあえず酷暑の中ご一緒いただいた亀仙人さん、きりさん、ありがとうございました。
もう少し「涼しくなったら」またご一緒しましょうね♪
二〇一四年文月三十一日

神戸出張山登り

今日から神戸出張です。

まぁいい加減慣れたものなので新鮮味もないけど、今日はいくつか新しい試みを。

まずは昼食。

少し前に教えてもらっていた元町の「えびす大黒」さんへ突撃!

image
今日食べたのは海鮮丼。これで580円也。 以前は500円だったらしいけど消費税アップを機に値上げしたみたいです。 まぁ580円でも十分に安いと思うけど。 ちなみに気になるメニューに大盛刺身定食ってのがあり、こちらは700円。 となりのオッチャンが食べてたけど結構なボリュームでした。 今度はこれかな?

その後は「一応」真面目に仕事(A^^;) 場合によっては遅くまでかかる可能性もあったけど意外に順調に進んでちょうど定時くらいにはホテルに戻れたので、夕食前にひとっ走り! いつもなら海側へ行くんだけど、今日は前々から気になっていた山方面へ向かいます。
新神戸駅からロープウェイが出ている布引ですが駅から見ると遊歩道もあるようで気にはなっていて、ググってみたら新神戸駅を通り抜けて行けることが判明。 まずは布引の滝方面へ向かってみます。 所々走れるものの結構な勾配且つ階段が多いので「ほぼ」歩き。 まぁエ〇ビス氏なら軽快に駆け上がってるのでしょうが(笑)

image_2
そんなこんなで布引の滝。 新神戸駅の裏山にこんな場所があるとは思いもしなかった。 
image_1
更にもう少し登った場所には三宮周辺を一望できる展望台が。 恐らく夜に来れば夜景が綺麗な事でしょう。

まだ上にも行けそうだけど今日のところはここで引き返し、一旦新神戸駅裏まで戻って別ルートを進みます。
image_3
ちょうど新神戸駅の真裏です。
image_5
こんな感じの綺麗に整備されたトレイル。 ここを進んでいくと北野町の異人館方面へ行くらしい。
流石に此方は誰もいなくて、しかも日も暮れはじめ薄暗くて少々怖い(笑) でも路面自体は辛うじて見えるし、何と言ってもすぐ眼下は街中なので遭難する事もないだろうとひたすら進む。 ただ神戸の街も油山同様に猪が出没するらしいので油断は禁物だけど。

新神戸駅からトレイル区間は1キロほどで、そのうち半分は勾配もなく走れたので以外に早く終点に到着。
image_4
うろこの家とか風見鶏の館の裏あたりでしょうか? ここからも三宮周辺の街が綺麗に見えました。 もう少し遅ければ夜景が綺麗そうだけど暗くて怖そう。 エロ〇ス氏なら全く平気なのでしょうが(笑)

この後は北野町からのロード区間を走ってホテルへ戻りました。 新神戸から北野町区間はほぼトレイルだったけど、布引の滝方面は半分は舗装されてたし、途中にお店も自販機もトイレもあり散歩程度の気楽な山登りにはもってこいって感じでした。

このルートは初めてだったけど、なかなかいい感じでした。 冬の空気のきれいな時期にでもライト持参で夜景でも見に行ってみたいですね。
二〇一四年文月廿八日

揉まれて、走って、飲んで、登って

久しぶりに更新。
一度サボり癖ついちゃうとホントにめんどくさくなっちゃうもので(A^^;)

取り敢えず今回は宣伝もあるので頑張って書きました。

7月26日(土)晴れ

この日は、毎年の恒例になりつつあるラン繋がりの方々とのビアガーデン。
さすがはランナー達の集まりだけあって飲む前に走りましょうってんで、13時に大濠公園集合らしい。 明らかに暑そうなのでビアガーデンから参加を目論んでいたけど、ちょうど近日オープンのサロンのプレオープンの日で、運良く昼前の予約が取れたので、揉みほぐしてもらってから大濠公園に行くことに。

11
こちらがそのお店『大濠 Bella!』さんです。 サイクリスト&ランナーボディケアの他に整体ボディケア、美容鍼灸などなどのメニューで温かく出迎えて頂けます。 場所も西公園入り口そばで迷っても鳥居の下から電話をしたらお店から手を振ってくれます(笑) 

ってことで若干迷い鳥居の下から電話して無事の到着して(笑)、プレーオープンのサービスコースで揉んだり押したりしてもらいました。 ホントは施術中の写真でもとか考えていたけど、さすがはベテランサイクリスト&鍼灸師だけあってお見事と言わんばかりにピンポイントで秘孔をついてきやがるツボをついてくるので写真どころでなく終始悶絶していました(笑) しかし久しぶりにプロの手でボディケアしてもらい気持ち的にも脚が軽くなったかも! NKGWからだと普段はなかなか足の向かう方向ではないけど、またこんど悶絶しに行きたいとおもいます。

無事に揉み解してもらい大濠公園に向かう…まえに腹ごしらえでコチラへ。
51
久しぶりの元祖です。 運動する直前に食べるのもどうかと思ったけど既に暑すぎでヤル気もいまいちなので、まーいっかって感じで。
30
久しぶりで美味かった!でも替え玉は控えておきました(A^^;)

既に集合時間は過ぎていたので元祖からジョグで公園に向かい、逆走してたら本日参加の面々と無事に合流。
43
 取り敢えず公園2〜3周ほど走ったけどやっぱり暑すぎ。
39
この向日葵のようにショボーンって気分でした(´・ω・`)

流石に他の面子も暑さでダレテきた感もあり西公園経由で福浜海岸までビーチパトへ(笑)
34
残念ながらメッチャピチピチの浮き輪の似合いそうなギャルしかいませんでしたが(笑)、公園ぐるぐる回ってるよりは気が紛れて良かったかも。 西公園も坂できついけど直射日光が射さずにいい感じだったし。

16時前に練習会(?)終了したら天神ゆの華で汗を流してから福ビルに移動。 17時半からは時間無制限一本勝負の『福ビルしばふビアガーデン』で暑気払い。 閉店の22時までの4時間半タップリ飲めます!
15
28
まずは氷点下のスーパードライで火照った体をクールダウンさせ、暫くはジンギスカンやらバイキングでお腹を満たし、その後は延々と飲みながらワイワイ騒いで閉店でビールサーバー止められるまで飲み続けたのでした。

で、さらに、5名ほどの有志(?)にて中洲へ移動。 ここでも会話はとどまることなく(何を話したかよく覚えていないが)、深夜まで飲み続けて、結局タクシーでの帰宅と相成ったのでしたorz

明けて7月27日(日)晴れ

明けてって言ってもよくよく考えれば日付変わるまで飲んでたのだから延長線上ですね(A^^;)
昨夜飲みながら酒抜き宝満山に行くの行かないと言ってたのですが、朝は豪雨の音で目覚めたので、そのまま気持ちよく二度寝。 しかし次に起きたら雨あがってた。 ホントに登る気なのか確認したら逝くらしい。。。
それほど酒が残ってる風でもなかったので、バタバタと準備して出発。 大野城某所で山登り組の克ボンさんときりさんピックアップ。 天神から大野城まで克ボンさんを送ってきた小梅ちゃんは裏切って逃げ出しましたが残念ながら帰りましたが。

そんなわけで車にて竃神社まで移動し10時半過ぎに登山開始。 実はこの両日ために東京から遠征してきた克ボンさんに本日のルートはお任せして、うさぎ道から山頂を目指します。
この日もそれなりに暑かったけど、それでも登山道に入り込めば木々が直射日光を遮ってくれるし、標高が上がるにつれて吹き付ける風も心地よい感じでした。 やっぱり夏場は陽の照りつけるロードなんて走れないな。 途中で一度小休止を入れてあとは一気に宝満山まで。
47
随分酒も抜けた…気がする。
宝満山では昼食兼ねて大休止。 山頂の気温は25度ほどで日向では多少熱く感じるけど日陰では少し涼しすぎるほどでした。

この日に東京へ帰る克ボンさん。 さすがに宝満山から下山?って思いきや「三郡山まで行きません?」だって(笑) 東京近郊では気軽に行ける山も少ないようで、折角の久々の福岡の山を満喫したかったのでしょうか? 喜んで(?)お付き合いしました(A^^;) 久しぶりの縦走路。黙々と三郡山へと向かいます。縦走路も陽が射さないから快適でしたね♪ 上り以外は(笑)
終始程よいペースで歩いて30分ほどで到着。
22
怠け癖がついてブクブクお腹の成長した私でも何とか遅れることなくたどり着きました。
46
そういえば山頂からみて筑豊側に新しいレーダードームが作られていたけど、古いやつから変わるのかな? それとも増設? こんな設備が作れる立派な専用道路があるんだから自動販売機の一つでも設置してくれればいいのに。

三郡山で小休止をとったら下山。 往路同様に縦走路からうさぎ道経由で竃神社へ戻り、その後は都久志の湯で汗を流してから克ボンさんを空港まで、きりさんを自宅まで送り届けました。

深夜まで飲んだ翌日には、なかなかハードな感じでしたが、良い具合に酒も抜けて良かったかな? 帰宅後のビールも美味しく飲めたし(笑)


幹事のきりさんはじめ、土曜〜日曜とご一緒だった皆様お疲れ様でした。 お陰様で楽しい週末となりました。 またイベントがある際には是非ご一緒させて下さい! 克ボンさんもまた是非お越しください!!

そうそう、門司シモさんもまたタップリ悶絶させて下さいね(笑)
二〇一四年皐月廿七日

メイプル耶馬サイクリングロード復活ライド

DSCN2511_512


TD国東完走後に「そろそろヤバサイ復活するようなので梅雨入り前に是非行きましょう!」とのヒデさんの一言から始まった今回のサイクリング企画。 気が付けば参加表明が続々と増えてきたようで、当日集まったのは18名(途中で自走組2名も合流)。久しぶりに大人数でのサイクリングでした。

P1040800_1280
早朝にきりさんをピックアップして高速で日田まで。ちょうど日田では川開き祭りが行われる日だったので日田ICすぐ横の臨時駐車場に車を止めさせてもらえました。参加者が多いために自己紹介は割愛し、主催者ヒデさんからの挨拶と亀仙人さんからのコース説明の後、早速出発。
DSCN2478_512
なのですが、、、駐車場から100mほど先のコンビニで早速休憩(爆) 一先ずここで飲み物、補給食を調達し集合写真を撮影。
P1040801_1280
漸く本当に出発してまずはコア山国を目指すのですが、数年前に一人で行った212号線ではなく旧日田街道を進みます。早速の上りですが国道とは違って車も少なく走りやすかった!自転車なら絶対にこの道の方が便利だな。
P1040802_1280
取り敢えず上りのピーク地点に着いたところでコーラ休憩。本来トイレと水分補給の小休止のはずが久しぶりに会った面々で会話が止まらず、業を煮やしたヒデさんに尻を叩かれ漸く再スタート。
P1040805_1280
DSCN2495_512
しかしまたまた下り終わったコア山国で小休止&集合写真。とにかく休憩が多く自分好みです(笑)
本当はこの後に道の駅にも立ち寄る予定だったみたいだけど、北九州から自走の2名が既に合流地点に到着しているとの事でサイクリングロードを走って耶馬溪サイクリングターミナルへ向かいます。
P1040806_1280
2年前の豪雨で甚大な被害を受けた爪痕は所々残っていましたが、部分的には舗装もきれいになっていました。
photo20140527104228 (640x480)
そんなこんなでサイクリングターミナルに到着し無事に合流したので集合写真(笑) この後は耶馬溪ダムの先の昼食会場へ向かうのですが、その前に鉄橋の修復状況を偵察に。
P1040808_1280
P1040809_1280
こんな感じで概ね工事も完了してましたが、まだ通行止め。6月1日から開通するみたいです。
P1050528
因みにこれは2010年の秋に撮った鉄橋です。修復した部分の橋脚の違和感など多少あるけど、風雨に晒されるうちになじんでくるのかな?

再出発して昼食会場を目指します。距離は10キロほどらしいけど、結構アップダウンが続くらしい('A`|||)
まぁある程度予想はしていたけど速い人たちは先へ先へと進んでいきます。しかしついていく足もないのでマッタリ進むことに。亀仙人さんとトラさんがしんがりを務めてくれるはずだし!って思いきや坂の下に見える道を走る自転車発見Σ('◇'*)エェッ!? あの赤さはトラさんに間違えない。 恐らくアップダウンをさけた迂回路を亀仙人さんが知ってたんだろうな。。。一緒にいればよかったと思っても後の祭り。諦めておっちらおっちらと上ったり下ったりを繰り返し漸く到着。
P1040817_1280
P1040811_1280
本日の昼食会場の「とろろ庵」さんです!11時の予約に対して10分前に到着と絶妙な時間に到着して、すぐにお座敷へと通してもらいました。
P1040815_1280
P1040816_1280
本日の昼食の「地鶏炭火焼定食」。画像以外にけんちん汁も付き、更にご飯はおかわりOKで1,200円とお得感タップリ。一つだけ注文つけるとすれば、できればお座敷じゃなくてテラス席で食べたかったかな。なんたって暑いし煙たいし(笑) しかし料理は申し分なしで歯ごたえのある地鶏も美味しいし、炊き込みご飯の味も絶妙でしっかりおかわりさせてもらいました。
09_1280
地鶏を焼く時間もありここでは1時間半ほどの大休止で、次の一目八景へ向けて出発、、、の矢先にマツケンさんの自転車がパンク。ってことで出発前にパンク修理なわけですが、パンク修理風景のネタ撮りやらポンプの品評会やらワイワイガヤガヤとなっていましたね(A^^;)
パンク修理も完了して一目八景へと向かう訳ですが、パッチを貼った箇所が完全に塞がっていなかったようで、とりあえず途中で空気を補充し一目八景での休憩タイムにチューブ交換を行うことに。
13_1280
団子に舌鼓をうちつつパンク修理のアドバイス中の亀仙人さんの図(笑)
最初に交換したチューブも古かったためか空気を補填し終わった途端にプシュ〜〜って音ともペチャンコ。再度チューブを入れ替えて今度はパンパンに空気が補填されて出発です。
BlogPaint
そういやパンク修理の見物と団子食べてたら一目八景の展望台に行きそびれたので、とりあえずヒデさん提供の写真だけ貼っておきます(A^^;)
P1040819_1280
一目八景を後にして暫く上りを頑張って、その後一気に下って次は「道の駅玖珠」でソフトクリーム休憩♪ 先ほどのパンク修理中に提供したボンベのお礼と言うことでマツケンさんにあまおうソフトご馳走になりました!どうもゴチでした♪
P1040821_1280
それにしてもジャージにヘルメットの集団がソフトクリーム売り場に行列作ってる姿はなんか不思議? 待ちきれなくて置物のソフトクリームなめそうになってる人もいるし(笑)
36_1280
DSCN2544_512
道の駅玖珠からゴールの日田までは30キロちょいですが、寄り道はまだまだ続きます。まずは豊後森の機関庫を見学。Johさんも熱望していたし自分自身も数年前に豊後森から輪行した際に時間がなく立ち寄れなかった場所なので見れて良かった!
P1040826_1280
次こそは日田…ではなく、またまた急遽思いつきで決まった(?)慈恩の滝へ。
P1040831_1280
この日は結構暑さが厳しかったからか川遊びに来た人たちも多かったですね。
P1040829_1280
で、ここ滝の裏に回れるんですが、マイナスイオンたっぷりでメッチャ気持ち良かった♪ ただ滝の裏側に行くには時計回りが縁起が良いみたいだけど、ワタシ含めた約3人程は左回りで突入orz  ただ戻りは右回りの同じルートで戻ったのでプラマイゼロ!のはず(A^^;)
DSCN2555_1280
今度こそは日田へ、、、戻りません(笑) どうしても混浴を熱望する方々のために、、、ではなく最後の水分補給でJR天ヶ瀬駅で休憩。 ホントはすぐに出発する予定だったけど「あと10分ほどでななつ星が通過するよ」って教えてもらったものだから待つことに(A^^;)
DSCN2556_1280
まだ時間があるので余裕ですが、直前になるとホンキな人達は早々に撮影ポジションでスタンバってました。 で、ワタシも頑張って撮影すべくスタンバっていたのですが、、、
P1040834_1280
シャッターを押したと同時に誰かの手が(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
残念ながらこれしか撮れてないので、ヒデさんの撮った写真を拝借。
DSCN2617_1280
なお、既に優秀な捜索隊のおかげで犯人は特定できています(笑)

運良くななつ星も見れたところで、今度こそ日田へ戻ります。ここから日田までは交通量も多くなるし3グループほどに分かれて走行。向かい風に苦しみながらも漸く日田市街地への分かれ道にさしかかると、前のグループがそのまま直進。日田駅集合と聞いていなかったのか、火がついて爆走したのか分かりませんが、後ろを振り向くことなく消えていきました(笑)
P1040837_1280
後ろのグループは無事に日田駅に到着。ここで最後の集合写真を撮る予定なのですが、爆走したチームは駐車場まで戻ってしまったようです。
DSCN2626_512
暫く待ったけど、なかなかくる気配もないので残った面子で集合写真。 を撮った直後に日田駅に現れました。
DSCN2629_512
そんなわけで改めて集合写真を。

後は駐車場まで戻って全工程終了!今回も事故や怪我などなく全員無事に楽しく走り終われました。
ちなみにガーミンのデータによると、スタートからゴールまでの総時間は約8時間40分ほど。そのうち走っていた時間は4時間20分ほどで半分は休憩していた模様(爆) まぁでも久々に大人数で楽しく走れたので全く問題なし。

幹事のヒデさんと名ガイドの亀仙人さんには本当に感謝感謝!

あとご一緒の皆さんも一日お疲れさまでした!

またご一緒できる日を楽しみにしています♪

二〇一四年皐月十日

ツール・ド・国東2014&海釣り公園

54_640


今年もGW恒例行事となった「ツール・ド・国東」走ってきましたので、今更感はあるものネタもないのでアップします。

例年であれば、この行事に合わせて3月辺りからボチボチ距離を増やして本番ではなるべく苦しまず楽しめるように準備するのだけど、今年は約4ヶ月ほど全く乗らずで直前に少し乗ったのみ。かなりの不安を感じつつ当日を迎えることに。せめてもの救いはAコースでなくBコースにエントリーしていたこと。まぁ100キロ位ならどうにかなるだろう。。。

56_640
30_640
今年も当日の早朝に出発。まだ渋滞前の高速を走って杵築へと向かいます。途中見えてくる朝日と由布岳から天気は良さそうなので安心するも、ただかなりの強風が気になりました。
34_640
会場には6時半前に到着し、まずは受付を済ませて一旦車に戻り仮眠&朝食。走行しているうちにFBなどに会場到着の記事がアップされ始めたのでボチボチ準備を済ませて移動。
08_640
43_640
会場には既に多くの方がスタンバイ中。そしてお知り合いの方々も集まっていたので、輪に交えて頂き暫く談笑タイム。
07_640
開会式が終わり号砲と共にAコース組が出発して暫くしたらBコースの出発。適当に並んでいたら号砲もなく、なんとなくスタートしていました。何とも締まらない感がBらしい(笑)
スタート後のパレードランまでは良かったけど登りに入った途端逆噴射。去年なら速くはないけど、それほどキツさも感じずに登れていた坂が非常にキツイ。スプロケを25Tに変更していたのは正解だったな(A^^;)
58_640
漸く第一エイドに到着してトイレ休憩&少々補給。風が強く肌寒いので水分はそれほど欲しなかったけど、お腹は減っていたので助かった(笑)
休憩後再スタートしたら後半の登り区間へ。やっぱりキツイorz
もうホントに「まだ終わらんのか?」って気分でした。やっぱり普段から山登っておかないとダメだね。。。
11_640

P1040797_640
そして上り区間が漸く終わり、一気に下って暫く走ったら昼食会場到着。今年は到着が遅くなるのでは?と思っていたけど必死でkarapapaさん達にくっついていったので、何とかそれほど並ぶことなくすぐに昼食にありつけました。食べ終わって再スタートの時には長蛇の列。昼飯のためにも前半は頑張らないといけないですね。

昼食後の後半は海岸沿いの平坦区間。しかし暫くは小刻みにアップダウンが続くため、上りで遅れて下りで頑張るの繰り返し。そして漸く平坦区間に入れば今度は風強し。頑張ってはいるもののジワジワと離され始め、心が折れかかったところで追い抜いていく列車にただ乗りしての繰り返しで最終エイドに到着。
18_640
手作り感タップリの竹製のラックは自転車が満載になるとたわんでいましたね。
57_640
最終エイドを出発したら後はゴールを目指すのみ!なのだが、、、ここからは激しい向かい風との戦い。この向かい風をものともせずに走っていくJohさんとついていくkarapapaさん達。 もう全くついていけずに離されていく一方。仕方ないのでまたまた無賃乗車作戦を行い、住吉浜付近辺りでkarapapaさんの背中を発見して残り5Kmくらいの地点で何とか追いつき、なんとか今年も一緒にゴールしたのでした。
P1040799_640
2a26c4e5
脚はパンパンでしたが今年も無事にゴール地点でカボスジュースを飲むことができました。

因みにガーミンのデータを見る限りでは、タイムは去年より若干速かったのには驚きました。大会と言う雰囲気や、見知らぬサイクリスト達にひいてもらった事もあるけど、何とかついていこうと必死だったのが大きかったのかな?

23_640
ゴール後はまた暫くマッタリと談笑タイムがあり、その後皆さんと一旦別れて近くの公衆温泉で汗を流してホテルへ移動。とりあえずホテルについたらビールで喉の渇きを潤し(笑)、その後は日出の某反省会場へ移動し、この日のメインイベント『ジョニーと飲もう♪ツール・ド・国東勝手に反省会&交流会』に参加。
01_640
11_640
55_640
ツール・ド・国東の反省会と言いつつ、参加していない人もいたようで、要するに飲みたい人が集まったみたいな(笑) まぁしかし今年も楽しい時間を過ごすことができました。 ご自身もTD国東に参加していたのに、終了後に準備を頂いたジョニーさんにはホントに感謝です!

明けて翌日5月4日。昨年までは山香へと移動してマラソン大会に出ていたのですが今年は不参加なので早々にNKGWへ戻ります。 NKGWに戻ったら外出する嫁と長女を見送り、その後はチビのリクエストで糸島の海釣り公園へ向かいます。 まぁ何で急に魚釣りしたいなんて言い出したのか分からないけど、海釣り公園なら竿も貸してもらえるようだし仕掛けや餌も売ってるよなので気楽に手ぶらで向かいます。ワタシ自身も魚釣りなんて十数年ぶりだったけど、16時位からカタクチイワシの魚群が近づいてきたおかげで入れ食い状態でした。
44_640
チビも十分に楽しめたようだし、イワシは持ち帰って料理して食べましたが、自分で釣った魚だったからか、普段は見せない食欲でチビが食べていましたね(笑)
02_640


5日と6日は家の用事もあり、自転車等々で出かけることはできませんでしたが、今年もそれなりに充実したGWを過ごせたんじゃないかと思います。
二〇一四年皐月朔日

復帰

4ヶ月の充電期間で蓄えられたもの。。。
それは余分な肉塊だけであったorz


4月26日(晴)
2014年になって2度目、103日ぶりの休日ライド。
今年に入ってから、と言うか昨年末から何かと多忙でなかなか自転車に乗る暇もなく、たまに暇な休日を迎えても疲れが抜けきれずにダラダラ過ごし、そのうち「いっその事暫く乗るまい」と意味不明な決意を固た次第である。
そのくせ、ちゃっかりTD国東には申し込んだりしてて、気がつけば本番まであと1週間。
この日も前日まで出張だったこともあり余り気乗りはしなかったが、翌日の日曜日は雨が降りそうな予報だったので、昼前に重い腰をあげて出発。身体はそれ以上に重かった訳だが…
最初は志賀島でも行こうかと思ったが、街中を通るのが嫌だったので秋月まで行くことに。リハビリのようなもんなので旧日田街道をマッタリ進む。思ったより調子いいなと思ったけど、単に追い風だったみたいだ。
50_640
そんなわけでトラブルもなく無事に到着。
55_640
いつもなら満開の桜を見に来ている杉の馬場も今年は葉桜でした。

帰りは、登坂力の具合を確かめるために小刻みなアップダウンの続く77号線から太宰府に抜けて四王寺へ。
往路とは逆で向かい風だったこともありペースは上がらないが、それでも順調に太宰府に到着。ここから四王寺へと向かったのだが、まぁ遅いこと遅いこと(笑) サイコン見てみりゃ「よくこんなスピードでこけないな」って位の1桁台の速度をキープしつつ、恐らく去年より○分ほど遅いであろうタイムで頂上に。
54_640
なんとか途中で止まらずに登れたが、不安しか残らない1日でしたorz

5月1日(曇/晴)
28日は仕事だったけど29日からGWに突入!
しかし空模様はイマイチで結局は乗らずじまい。 以前だったら少しだけでも乗ってたのかもしれない天気だったが、怠け癖が抜け切れていないようです。
その代わりに、少しでも楽にトラブルなく走れるようにとケーブル類の交換やハブや各部のグリスアップ、あといつ買ったのかすら覚えていない新品のBBを発見したので(笑)交換を実施。後もう一つ一番重要な作業としてリアスプロケの交換も。これまではコンパクトクランクだったこともあり11T-23Tにしていたけど、四王寺で痛い目にあったので12T-25Tに交換。これで少しは心に余裕ができるであろう(笑)

そして今日も朝の空模様は怪しかったけど、昼からは晴れると言うので遅めの朝食を食べたら出発。 今日も行き先は迷ったけど、国東Bコース程度の距離を想定して佐賀空港まで行くことに。 このコースなら前半は上り基調で後半はひたすら平地で往復すれば100Km超えるのでちょうど良かろうとの目論み。

出発後中之島公園を越えた辺りから上り開始。やはり遅いキツイ(笑)
しかし今日は25Tと言う心強い見方がついているので、最終兵器をふんだんに使いつつエッチラオッチラとペダルを回し、南畑ダムから先は、他の車の邪魔にならないように更に歩道を走りつつ、無事にトンネル通過。
46_640
確かに晴れ間は見えてきているが、なんとなく何時降ってもおかしくない感じです。

東脊振インターまで一気に下ったその先は延々と向かい風。もうホントに途中で引き返したくなったが、一人なんで誰に迷惑かけるでもないので、ドンガメペースで黙々と走って佐賀空港まで到着。
32_640
GW中とは言え、平日だからか空港公園も人影はまばらでした。

ここまで来て流石にお腹も減ってきたので、予定通りに「いちげん」でラーメンを食べることに。
35_640
相当久しぶりに食べたけど美味しかったです!

行きが向かい風で何故か帰りも向かい風???ってことも多々あるけど、今日は無事に帰りは追い風♪ とは言え、既に疲れもありそれほどペースは上がらないけど、それでも往路に比べれば順調に進みます。 神埼から先をどうするか迷ったけど、もう山はお腹一杯だったので鳥栖筑紫野道路経由で帰ることに。 この道もアップダウンの繰り返しで地味に脚にくるんだけど。

その後、折角二日市付近まで来たのでちょっと寄り道。
39_640
エロビス御殿の庭先(笑)で藤棚見学。
39_640
ちょうど良い具合に満開でした。

こんな感じで約120キロほど無事に走破。
Bコースは確か100キロ程だったはずだから、何とか完走くらいはできるでしょう。
今年は(も?)反省会をメインに位置づけてノンビリと楽しんでこようと思います!!
二〇一四年卯月十三日

OKINAWA〜2〜

つづき。

古宇利島を後にして、車を30分ほど走らせてOKINAWAフルーツランドへ。
IMG_3580_1280
なんと言うか所謂植物園的な場所ですね。
IMG_3550_1280
IMG_3554_1280
IMG_3564_1280
園内では沖縄で収穫できるさまざまな果物や植物が見れて、途中で蝶や鳥などゾーンもあり、その中をクイズをときながらすすんでいく感じ? 大人にはちょっと退屈でウチの次女でも微妙な感じかも(A^^;)

IMG_3584_1280
次はフルーツランドのすぐお隣のパイナップルパークへ。もう説明の必要もなさそうなダイレクトなネーミング(笑)
ココは歩かずにカートで回れて、沖縄で収穫されるパイナップルの他に海外の観賞用のパイナップルの仲間などが見れます。
なおパイナップル食べ放題との触れ込みで嘘ではないんだけど、よくスーパーなどに置いてあるような感じで皿に盛られたパイナップルが食べ放題ってだけ。食べ放題って言うよりは試食だな…ついでに時期が悪かったからなのか売ってるパイナップルも殆どがタイ産らしいし(笑)

果物系の2箇所の施設をまわったら、またまた移動。
ですが、お昼時なので道の駅許田に寄り道して昼食。
14_1280
ここでは全員沖縄そばを頂きました。
ワタシはソーキソバで娘たちは沖縄そば、嫁はアーサソバ。あとついでにモズクの天ぷらとポークハムの天ぷら等々をノンアルコールのオリオンビールで。
今回の旅行は天気にも恵まれ、気候も良かったけど、移動がレンタカーのため道中でビールが飲めないのだけが難点。途中でも泡盛やワインの試飲も多数あったけど、どれもこれも断念。 まぁ家族サービスなので仕方ないんだけどね。

昼食後は、これまた近くのブセナ海中公園へと移動。
IMG_3599_1280
ここではグラスボートに乗船。浅瀬から海深12m程度海底を観察できます。
IMG_3602_1280
サンゴ礁はもちろん、名前はわからないけど南国っぽい(?)魚やイソギンチャクなど見てきました。乗船時間は30分ほどであっという間だったけど、思いのほか船は揺れていたのでもっと長い時間だと船酔いしたかも。
IMG_3587_1280
グラスボートの後は、次女のリクエストで暫し綺麗な海岸で水遊び。一応海開きは終わっていたようだけど、流石に20度ちょっとの気温なので海水浴客は皆無…と思いきや外国人観光客は泳いでいました。まぁみんな寒そうにしていたけど(笑)

ブナセを後にして高速使って移動。
IMG_3626_1280
万座毛です。夕日の時間には早いけど結構人出は多く、10分ほど駐車場待ち。
46_1280
ちょうど逆光で上手く写真が取れてなかった。確認しなかったからなぁ〜
29_1280
なお次女は元気玉作って楽しんでいました(笑)

ホントはここで夕日を見たかったのですが、流石に待つ気にはなれず、北谷のアメリカンビレッジに移動してちょいとおやつを頂いてから、サンセットビーチで夕日を眺めます。
IMG_3654_1280
雲も少ないいい天気だったので綺麗な夕日を眺めることができました。
IMG_3656_1280
次女も掌に夕日を乗せることができてご満悦???

夕日が沈むまで眺めてから那覇市内のホテルへ移動して夕食へ。
28_1280
この日はアグー豚のしゃぶしゃぶ。以前に仕事で来た時にアグー豚の焼肉が美味しかったから一度しゃぶしゃぶも食べてみたかったので、漸く叶いました。予想通りに美味くて満足♪

4月6日日曜、最終日。この日も快晴!!
今日の家族のリクエストは国際通りでの土産物屋めぐり。 とは言っても一日歩き回るほどでもないだろうってことで、まずはおきなわワールドへ向かいます。
まずは玉泉洞見学へ。
鍾乳洞は涼しいってイメージだったので上着を羽織っていったら、予想外に暖かい。1年中一定の気温なのでまだ今の時期だと外の方が涼しいみたいでした(A^^;)
IMG_3693_1280
IMG_3706_1280
IMG_3715_1280
入り口から数十分ほど見学しながら歩きますが、子供たちの興味は薄いようで、暗くて怖いとか疲れたとか煩かった。しかし途中で引き返すわけにもいかないので仕方なく歩いていましたが。
IMG_3735_1280
玉泉洞を出るとちょうど入場口から反対側に出ている感じで、今度は地上を歩いて戻ります。昔の沖縄の住まいや、前日に見たような果実の木々を眺めた後はエイサーを見学。
IMG_3731_1280
三線や太鼓を演奏しながらのパフォーマンスや獅子舞などなどとても楽しめました。

昼前におきなわワールドを出発し、途中首里城に寄ろうと思ったら途中渋滞はしているし、駐車場も満車だったので首里城は断念して那覇市内へ戻ります。
市街地からだと空港へはゆいレールで戻れるので、最寄りの営業所にレンタカーを返却して国際通りへ移動。
子供達&嫁は早速土産物屋で物色を始めてなかなか先へ進まないので、オヤジは付き合いきれずにベンチで休憩。
43_1280
漸く牧志公設市場までたどり着き昼食。恐らく沖縄最後となる食事はグルクンのから揚げを頂きました。ちなみに長女はゴーやチャンプルー、次女はヒラヤーチー、嫁はアグー豚のソテーをそれぞれ注文したんだけど、次女はグルクンのから揚げが気に入ったようで半分以上食べられてしまった(A^^;)

昼食後は国際通り残りの歩きつつ、デザートに雪塩ソフトなど頂きながら牧志駅まで移動し、ホテルに預けていた荷物を受け取ってゆいレールで那覇空港まで移動し、何となく名残惜しい気持ちを抱きつつも無事に福岡へと帰宅、、、したけど帰ってきた福岡が余りにも寒くてビックリでした…

相変わらず思いつきで決めた家族旅行でしたが、今回も天気に恵まれて楽しむことができたので良かったかな?

なお、この翌日から1泊で東京、金土と1泊で横浜、また今週来週も出張予定が確定済みで、まだまだ忙しく過ごさなければならない模様。正月から全く自転車に乗れていないのに国東からはゼッケンは届くし、まったくどうなることやら。GWの休暇を多めに取って一夜漬けで頑張るしかないの鴨…

OKINAWA〜1〜

もう1週間前の話となってしまったのだが、沖縄へ家族旅行へと行ってきました。

3月に入ってからかなり多忙な日々を送っていたので、旅行なんて全く念頭にもなっかったのだけど、4月4日の金曜日のみポッカリと予定がなく、土日とあわせれば3連休となり、しかも子供らもギリ春休み。ついでにマイルも結構たまっていたので、後先考えず速攻で特典航空券の申し込みとホテル、レンタカーを予約。 まだ有給届けは出していないがなんとかなるだろう…なんともならなきゃ高熱か腹痛が起きるだけのことなので問題はない(笑)

58_1280
4月4日金曜日。そんなこんなで、無事に有給もOKをもらい大手を振って沖縄入り! 
特典航空券の予約が遅く選択の余地がなかったので、昼過ぎの那覇着便で到着。降り立った家族の感想は「意外と肌寒いね」とのこと。まぁ沖縄と言えどもまだ4月初めですからね。
とりあえずレンタカーを借りたら初日の目的地「美ら海水族館」へ向けて出発。ただ16時過ぎに入館すれば夜間料金対応になるので、途中で遅めの昼飯食べたり、割引チケットを手に入れつつ、16時ジャストに到着。
25_1280
遅い入館だけど、この後は近くのホテルに泊まるだけなので、ノンビリと館内を見学。ジンベイザメは流石に大きかった!
IMG_3437_1280
タイミングよくイルカショーの時間だったので、一旦外に出て見物。ちょうど日の沈む時間だったけど、この日は雲が多くて夕日は見えず残念でした。
IMG_3484_1280
また館内に戻ったら水槽の上から見学できる時間帯でした。
色んな水族館に行ったけど、有名なだけあって規模は大きかったなぁ〜

こんな感じで閉館ギリギリの20時前まで美ら海水族館を満喫したら、車で15分程度の今帰仁のホテルへ移動。ホテルがあるくらいだから夕食できる場所も色々あるかと思ったら辺りは真っ暗(A^^;) とりあえずホテルで聞くとすぐ近くにお勧めの居酒屋があるとの事で行ってみたら満席orz しかし予約席の一つが予定の1時間以上過ぎているので「ココいいよ!」って座らせてくれた!!感謝です。
16_1280
そんな素晴らしいお店は「民謡居酒屋 ちゃんぷるー」さん。お店に入った少し前からライブが始まっていたようで、お店の中は盛り上がっていましたが、酒も飲んでないし腹も減ってるしで我が家の面々はイマイチのりについていけず…
23_1280
29_1280
27_1280
00_1280
でも沖縄料理を頂きながらオリオンビールを飲み、泡盛に変わった頃には、ライブも楽しませて頂きました♪
ちなみに料理も美味しくお値段もリーズナブルで申し分無しだったことを付け加えておきます。

4月5日土曜日。
明るいとこで見るとかなり古めかしい(失礼)ホテルで、朝食もなし。なので早々に出発。
まずは古宇利島へと向かいます。
IMG_3500_1280
とりあえず古宇利大橋の手前で写真撮影。
IMG_3499_1280
砂浜にはハリセンボンが打ち上げられてました。。。

去年開園した古宇利オーシャンタワーに行く予定なのですが、まだ開園時間前なので島を1周。って言っても外周は8キロほどで志賀島よりもちょっと短いくらい。その途中のティーヌ浜海岸でハートロックを見に行きます。
JALのCMで嵐が訪れたとかでも有名なようですが、
IMG_3501_1280
こんな形の二つの岩が見る角度によっては、
IMG_3503_1280
こんな感じのハート見えるのです。
IMG_3516_1280
たったこれだけなのですが、自分らがいる間も結構な観光客が訪れていましたね。

IMG_3524_1280
そんでもって漸く古宇利オーシャンタワーへ。
IMG_3528_1280
少し高台にあり駐車場からはカートで移動。カートからは綺麗な海が見えます。
IMG_3532_1280
館内は貝の博物館やレストラン、売店があり、タワー自体は(確か)4階建てで屋上まで行くと、、、
IMG_3540_1280
この絶景!! この日は天気も良かったので沖縄本島の最北端の辺戸岬辺りまで見えていました。
景色を満喫したらレストランのピザで朝食をとったら、次へ場所へと移動します。(ピザの写真は撮り忘れ)


つづく。
二〇一四年弥生三十日

近況

気がつけば3月も終わろうとしていますが、今月未更新状態。

とにかく忙しい…

しかし取り敢えず月一くらいは更新しようと重い体に鞭打って走ってきました。

って言ってもジョギングです。

しかも家の近所をですがorz

那珂川沿いから385号線〜山田〜田園コースと約10キロ程でしたが、雨上がりで気温は低く走るのにはちょうど良かったですね。
11
ただ遠目には満開の桜も昨日からの雨で結構散ったようで葉桜も目立ち始めてました。

17
385号線沿いの某中華料理屋の隣の桜も似たような感じ。

今年は開花は平年並みか少し遅め?とも思ったけど、開花後に気温が上がったからか一気に満開になって、その後に悪天候。 余り長持ちしなさそうです。
来週は多少晴れる日もあるようなので、来週が今年の花見のラストチャンスかな?

と言っても、月曜日からまた出張。
その後も来月中頃まで出張三昧で、花見はおろか、自転車に乗るのも危うい感じ。
TD国東まで残り1ヶ月ほどなのに大丈夫なんだろうか?

しかし何だかんだと愚痴ったところで、なるようにしかならないのでボチボチ頑張ります。。。

09



二〇一四年如月十五日

白銀の縦走路

IMG_3377_1280


気がつけば当ブログ、1ヶ月程放置してました(A^^;)

何だかんだと忙しかったり、体調壊したり、寒かったり、小説の続きが気になったりで自転車に乗らない日々が1月から続き、もういっそのこと暫く自転車には乗るまい!と開き直り休日も疲れに任せて朝遅く(昼早く?)まで惰眠を貪る日々。 ただ昨年末からの体重増加キャンペーンが留まる様子を見せないのでジョギングだけは重い腰を上げてやっていますが。

そんな日々が続いていたものの、木曜夜からの雪が久々に薄っすら積もったので「山行きてぇ〜」ってな気分になり宝満山へと行ってきました。 しかし怠け癖があっさり治るわけもなく、やはり起床は10時近く。それからバタバタと準備して車飛ばして竈門神社へ到着。 登り始めたのが11時半過ぎだったし、雪による登山道の様子も分からないので、何処まで行くかは成り行き任せで出発。

暫くは雪解けでぬかるんだ道を歩き、3合目の水場を越えて少し行くと石段の残雪が目立ち始めたので早めにアイゼン装着。
16_1280
百段がんぎはこんな感じでした。

しかし降雪後の登山客が多かったのか、雪は踏み固められていて歩きにくいこともなく思いのほか良いペースで進んで1時間20分ほどで山頂に到着。
IMG_3324_1280

16_1280
ここで休憩兼ねて昼食タイム。今回もお湯沸かしてカップ麺でしたが、山頂は風が強く、粉雪も舞っていてバリサムでなかなかお湯も沸かず。漸く出来上がってもユックリ休む気になれず急いで食べたら早速出発。
このペースなら少し脚を伸ばせそうだったので難所ヶ滝まで行ってみる事に。
IMG_3337_1280
そういえば至るところに新しい案内板ができてました。昨年末に行った時にはなかったはずだけどなぁ〜。
IMG_3333_1280
IMG_3342_1280
縦走路はこんな感じで一面の銀世界♪ IMG_3353_1280

IMG_3356_1280
樹氷も綺麗!
IMG_3348_1280
IMG_3350_1280
IMG_3363_1280
時間が遅めだったからか人も少なく白銀の縦走路を独り占め。

仏頂山を越えて暫く歩き、縦走路からそれて河原谷方面へ下ります。 流石にこのコースを歩いた登山者は少なかったのか、それほど雪が踏み固められてないので慎重に下って難所ヶ滝に到着。

IMG_3364_1280
寒かったので期待していたけど、やはりイマイチかな?
IMG_3367_1280
IMG_3370_1280
IMG_3376_1280
今年は今回のような寒波もあるけど、それ以上に季節はずれな暖かさもあったりで氷柱も成長しきれていないようですね。やはりある程度の寒さが続かないと大きな氷瀑に育たないのかな?

氷柱を見たあとは、そのまま少し下り、途中から兎道方面へ。
56_1280
2~3度しか歩いたことないけど、誰かの歩いた後があるので道に迷うことなく無事に下山。
これだけ雪が残って気持ちよいのなら、もう少し早起き頑張って三郡山辺りまで行けばよかったかな? まぁでも久しぶりに雪山を堪能できて満足な1日(半日?)でした!!

P.S. 全然自転車乗ってないけど国東は申し込む予定です。Bにですが(A^^;) Bなら3月、いや4月から頑張れば大丈夫かな? まずは無事に申し込めるように頑張ります!乗るのはそれから(笑)

二〇一四年睦月十三日

初乗り

11_1280


年も明けて13日目にして漸く初乗り。
12月にジテツウ2〜3回はしていたけど、休日にまともに乗るのは国東の紅葉ライド以来だから約一月半ぶり?
暫く乗らないと準備するのすら億劫で、今日も「やっぱりやめとこうかな?」とも思ったが、このまま乗らないとズルズルなりそうだったので重い腰を上げて、まずは外しっぱなしのチェーンの取り付けを(A^^;)

踏ん切りと準備に時間がかかり、正午前に出発。
外環から糸島目指して芥屋大門、二見が浦を通るルート。
48_1280


出発早々キツかったので、早々にインナー固定でスピードは気にせず走るが、それでもちょっとした坂道でも超減速で衰えは隠せませんorz

ランのほうも似たような状況なので、当面は減量と体力回復を目指してボチボチ頑張るしかなさそうです。。。
二〇一四年睦月朔日

謹賀新年

IMG_3292_1280

新年明けましておめでとうございます。
日に日に更新頻度の減少が激しくなる当ブログではございますが、今年は、もう少し活動的な生活を送り、更新頻度の向上を目指したいと思っていますので、お暇な時には、これまで同様に覗きに来て頂きますようお願い致します<(_ _)>



そんなこんなで2014年のスタートですが、今年も地元NKGWの片縄山へ初日の出を拝みに行ってきました。
ただ去年とは違い次女が付き合ってくれました。 なので少し早めにスタートして真っ暗な山道を進んで行くと、暗くルートが不明になったおじいさんに先導を依頼され、結局3人で暗闇の中をすすみます。 実際には久しぶりに登るのでワタクシも不安だったのですが(A^^;)

しかし迷うことなく、日の出予定時間の15分ほど前に無事に山頂に到着。 去年と違い天気が良かった為か山頂はかなりの人で賑わっていました。 しかし、、、
IMG_3286_1280
日の昇る方向の雲が厚く日の出が見れるか少し怪しい感じです。
IMG_3288_1280
廻りも諦めムードが漂い始めましたが、去年も確か最後の最後に雲の切れ間から日の出が見れたので、暫く粘っていると微かに太陽が見えてきました。
IMG_3295_1280
結局日の出の予定時刻より20分ほど遅れましたが厚い雲の切れ間から無事に初日の出の登場。 わずか数分程度でしたが元旦の朝から早起きして付き合ってくれた娘に見せてやることができて安堵しました。

その後は予定通りに実家へと向かい、雑煮をたらふく食って、酒もたらふく飲んでと暴飲暴食甚だしいいつも通りのお正月を過ごしました。
昨年末からの怠惰な生活を引きずって体重の増加は避けられそうにありませんが、三が日が終わったら頑張るぞ!と思う元旦だったのでした(A^^;)
二〇一三年師走三十一日

大晦日

今年も残すところ5時間ほどとなってきました。

そんな大晦日な今日ですが、チビと二人で難所ヶ滝まで山登りへ。

最初は走り納めでもと思ったものの、路面は濡れてるし空模様も微妙。 ついでに掃除の邪魔になるので出かけるのは歓迎ムードながらもチビ一人残していくのはありえないって雰囲気も漂っていたので、カップ麺もって出かけることに(A^^;)

昭和の森から暫くは雪も凍結もなく順調なトレッキング。 ただ雪解けのためか雨が降ったのか結構ぬかるんではいましたが。 難所ヶ滝まではアイゼンも着けずに無事到着。
31_1280

P1040781_1280

こうやって近くで見るとそこそこ氷柱も育ってる感じですが、実際には、、、
44_1280

こんなもんでした。

おまけに昨日から寒さが緩んだためか、氷柱がかなり落氷して真下にいると結構危なそうな感じでした。(明日以降行かれる方は注意が必要かも)

29_1280
なので少しだけ登って滝を見ながらの昼食。山でのカップ麺初体験の次女でしたが、寒い中で食べるカップ麺の美味さに喜んでくれていたようで良かったです♪

帰りは少し滑りそうだったので途中までアイゼンを着用して下山。 雨にも降られることなく無事に下山できましたとさ。


さてさて、今年は年初こそ例年と変わらずのスタートでしたが、5月辺りから諸事情により仕事が多忙になり、なかなか思ったように乗れず走れず。 今月なんて忘年会が多かったこともあり自転車に乗れたの50キロほどでしたからね(笑)
来年もこの状況が続くのか、改善されるのかは分かりませんが、多少は落ち着いて余裕も出てきたので、また心機一転頑張りたいと思ってます。 なんたって運動せずに忘年会ばかりでブクブクと育ったこの体をなんとかせないかんですので(A^^;)

そんなこんなで、来年はもう少しブログ更新のネタができるように頑張りたいと思いますので、来年も本年同様に宜しくお願い致します!!


さて、とりあえず今年一杯は酒飲んで終わらせるとしましょうかね(笑)
二〇一三年師走廿三日

銀世界の宝満山

2013年12月22日(日)晴れ

2013年も終わろうかとしていますが、漸く今月最初の更新でございます。
まぁとにかく何かとバタバタでブログ更新する気がおきない上にネタもなし。 12月に入ってからは自転車もランも例月以上に乗れてません。 そんなわけで走行距離は全く伸びないけど、忘年会シーズン真っ盛りでアルコール消費量と体重だけはかなり伸びてはいるんですが(A^^;)

そんなこの日も、ラン仲間のきりさんから山登り&忘年会に誘って頂き「忘年会だけでもOK」とのありがたいお言葉も頂いてましたが、折角なので山登りから頑張って参加してきました。

11_1280
太宰府駅から10時のバスで竃門神社へ向かうとの事だったので8時半前に自宅を出発。もちろんランです! 昨日の冷たい雨や霙も山では雪だったようで背振も真っ白!これは宝満山も期待できそうです。
しかし太宰府までの道中、自宅から10キロほど勘違いして出発したので時間が微妙です。少しペースを上げれば間に合いそうだけど、ギリギリじゃ食料等々を買う時間がない… そんなわけで急遽都府楼駅からバスに乗ることに。この選択は正解で太宰府駅からきりさん、さんちゃんがバスに乗り込んできてナイスタイミングでした。
10_1280
少しガスってますが天気はよく、山の上は白くなってます!
48_1280
竃門神社で高ピーさんと合流。不要な荷物を車に預かってもらって、トイレに行ってさて出発!ってところで何故かてんしくんが登場。何でも前日の夜から三郡縦走2往復の予定も雪が深くて断念して待っててくれたようです。最終的に5名で出発します。
22_1280
まずは竃門神社で一日の無事を祈ります。
14_1280
暫くは雪も殆どなく順調に進みます。ただ最近全然運動していないのでみんなのペースに合わせて登るのが辛かったけど。
01_1280
3合目を越えた辺りから徐々に雪深くなり石段では要注意です!
20_1280
ホントに良い天気で珍しく空気も澄んでいて眺望も素晴らしい♪
19_1280
百段がんぎ辺りからは更に雪深くなり滑らないように中止ながら登ります。
25_1280
百段がんぎを登りきったところでアイゼン着用。但し、さんちゃんときりさんは出発後に「アイゼン必要かも?」情報が入ったらしくアイゼンなし。って言っても持ってないらしいから早めに分かってても結局一緒だったようだけど(笑)
22_1280
中宮跡では、膝下程度に積もったフカフカの雪があり、五十路のお兄様が嬉しそうに埋もれておりました(笑)
47_1280
埋もれた後の人拓。
42_1280
枝に積もった雪も綺麗♪
04_1280
10_1280
途中から滑りやすくなり大変ではあったけど無事に山頂に到着!
12_1280
それぞれ撮影を済ませたら、この日の目的「山頂でカップ麺」を決行。ワタクシは当然ながらビールも持参していつものようにビールとカップ麺。
06_1280
昼食を終えたら早速下山。来た道は石段で滑りやすいかもってことで帰りはうさぎ道ルートを進むことに。
51_1280
山頂下の岩には氷柱もできてました。
30_1280
縦走路は予想通りに真っ白で気持ちよし♪
49_1280
少し下ると雪も融け始めてベチョベチョでしたが、それほど滑ることもなく何とか下山できました。 ただトレランシューズにアイゼン無しの約二名は途中で山慣れしたおじさんに「山をナメとるなぁ〜」って注意を受けていましたが(A^^;)

しかし怪我はおろか転倒もなく無事に竃門神社まで戻ってきた後は、太宰府のグランディアに移動して温泉で温まり、そのまま西鉄電車で移動して中洲にて忘年会。
山登り組の5名を含む総勢11名(だったかな?)で、またまた楽しい時間を過ごしたのでした。
忘年会の写真は放送禁止的なものもあるので割愛って事で(A^^;)

ちなみにこの前日の土曜日は、自転車仲間の北九州部会の忘年会にも参加してたわけですが、やはり同じ趣味をもった面々とのお酒は楽しいですね!
来年になっても暫くは忙しいような気がするけど、もう少しモチベーションあげて、自転車もランも楽しめればイイなぁ〜

二〇一三年霜月廿五日

国東紅葉ライド2013

1476504_465997843520293_2132571779_n


今年も秋の恒例行事「国東紅葉ライド」へと行ってきました。

週後半からの晴天のせいか、朝の冷え込み厳しい6時過ぎに出発。 Johさんをピックアップして高速で杵築を目指します。
22
鳥栖JC付近では綺麗な朝日も登って楽しい1日になりそうな予感がひしひし! ただ、この後天ヶ瀬付近では真っ白な霧に包まれて「途中で高速下ろそられるのでは?」と不安を抱きながらも無事に到着。
P1040722_1280
集合場所は以前のTD国東スタート地点の杵築市文化体育館側の駐車場。 大分、北九、福岡から総勢15名が集まり、自己紹介と主催者karapapaさんのブリーフィングが終わったら早速出発です。

P1040723_1280
コースは、TD国東のCコースにアレンジを加えた約75キロ。出発早々上りが始まり息が上がりそうですが、この日は皆さん紳士で約束通りのマッタリペースだったので助かりました。
P1040728_1280
まずは毎年恒例、名も無き神社(ホントは立派な名前があるのでしょうが)で小休止兼ねた紅葉狩り。 今年は11月に入っても暖かい日が続いていたためか、まだ若干緑の葉も残っていて少し早い感じでした。
P1040729_1280
奥の方まで歩いたのは初めてだったけど、ちょっとフクヨカな仁王様の姿も。
P1040735_1280
ここから暫くなだらかな上りを各々のペースで登って両子寺へ。 まずは仁王様にご挨拶。
P1040738_1280
少しは標高が高いので(って言っても350m程だが)多少は色づきがいいかな?
P1040740_1280
全飲揃ったところで暫し紅葉狩りタイム!
P1040742_1280
いい感じで色づいた紅葉もあれば、、、
P1040749_1280
ちょっと早いかな?ってのもありました。
P1040754_1280
この辺りも微妙かな?

って感じで、やはり冷え込み始めたのが遅かったからか全般的に若干遅い気が… まぁコレばかりはタイミングなので仕方ないですね。

両子寺の次は一気に下って昼食!の前に行入ダムと泉福寺に少し寄り道。

P1040758_1280
こちらも立派な仁王様の祀られたお寺でしたが、拝観客はいなくて静かでした。

P1040769_1280
そろそろお腹も減ってきたので昼食会場へと出発。下りきった後、一部向かい風区間もあったりしたけど、ほぼ予定通りの時間に「若竹」さんに到着。
P1040770_1280
名幹事karapapaさんが人数分の予約を入れておいてくれたので、既に概ね準備済み!
46
特別に準備して頂いたとり天メインのスペシャルランチ。我慢しきれずに食べちゃったので画像はないけど、あとコレに茶碗蒸しとお味噌汁までついてました。
昨年の富貴寺側の精進料理は腹六分目で(笑)、一部から昼食直後に「腹減った」の声が上がっていましたが、今回は大丈夫でした!(若干一名は除く?w)
12
昼食後は、少し海岸沿いのサイクリングロードを走って、その後は大分空港を横目にTD国東のコースを走ります。食事後も各々のペースで走り、途中で休憩を挟んで合流後に最終目的地の杵築城へ。
P1040778_1280
幾度と無く遠くより眺めていた杵築城ですが初めて間近で見ました。有料だったので流石にお城の中までは入りませんでしたが。

お城見学が終わったら、あと少しだけ走って無事にゴール。 
ほぼ予定通りの時間に到着。 さすがの名幹事ぶりでございました♪

その後も暫く談笑してから、またの再開を誓ってNKGWへと向けて出発。 途中日田付近での事故渋滞と小郡〜鳥栖間での渋滞にあいましたが、休日のお約束なのでいつも通りに東脊振IC〜東脊振トンネル経由で無事に帰宅したのでした。

ご一緒の皆様のお陰で楽しい一日を過ごすことができて感謝です!
来年もまた楽しい紅葉狩りに行けることを楽しみにしています!!
でもその前にツール・ド・国東かな???

03



二〇一三年神無月廿八日

北Qライド

IMG_3150_1280


昨日の日曜日は、久しぶりにチーム北Qの皆さんと走ってきました。

当初は、久しぶりに天気も良さそうだし、終日フリーだし、築城で航空ショーやってるし、おまけに車も使えたので、小倉に車止めてからミニベロで築城まで行こうと思っていたわけですが、良い駐車場がないか北九州の亀仙人さんに質問したら、亀仙人さんたちも築城の少し先まで蕎麦を食べに予定になっていたらしく便乗させてもらいました。

小倉東IC近くの公園に朝8時集合。予定通りリュックにデジイチ入れてミニベロ積んできたものの、よくよく考えたらどれくらいの距離を走るのかも聞いていません(A^^;) 既に到着していた亀仙人さんに挨拶して聞いてみたら築城を越えて豊前市まで片道約50キロほど走るらしい… でも女性もいて「超ユックリ」なので全く問題ないですとの事。多少疑わしくもありますが(笑)、時既に遅し、、、ワタシを含め総勢8名揃ったので出発です。

コースに関しては、車の少ない裏道を駆使して走ったので全くどこなのか分からず(A^^;) 詳しいコースはヒデさんのブログをご覧ください。
最初に言われたとおりマッタリなペースに安堵しつつ、裏道を走ること1時間半ほどで築城に到着。 わざわざカメラを持参していたワタシのために少し長めの休憩を取ってくれました。
IMG_3183
IMG_3201_1280
IMG_3233

ちょうどF-4改のフライトがあっていたので、写真を撮ります。とにかく連射しまくって何の写真か分かるものもあったので数枚だけ張っておきます。 周りを見ればバズーカ砲のようなレンズを抱えた方もチラホラ。 やはり本格的に撮るには高倍率で明るいレンズが必要なんでしょうね。

次はF-15のフライト予定でしたが昼食が遅くなるので撮影はせずにフライトを眺めつつ豊前へと向かいます。 lこの先も旧街道らしき裏道を走って豊前市に到着して一旦コンビに休憩。 もうすぐゴールじゃないの?って思ってたら、この先十数キロほど上りなんだとかorz いやいや聞いてないんですけど…って言ったところで後の祭り。 後発のマッタリグループに加わりお店を目指します。 ノンビリペースのために紅一点のツッキーさんに先頭を走ってもらったのですが、想定外にハイペースで走っていきます。 途中真面目に千切れそうになりますが、何とか頑張って必死でついていくと、今度は亀仙人さんが前にでて引っ張り出す始末(笑) 結局ミニベロにはキツイペースで走り続け、気温は涼しいのに汗だくでのゴールでした(A^^;)

全員揃ったところでお昼ご飯♪
37_1280
この日のお店は「山帰来(さんきらい)」という蕎麦屋さん。

35_1280
しかし途中でパン食べ放題とも聞いていたので???でしたが、このお店では焼きたての手作りパンもあるらしく、蕎麦ランチのパンを選ぶとパンは食べ放題との事。

27_1280
蕎麦も手打ちで美味しいく、他に季節のスープや香の物、栗のデザートに飲み物付き。
09_1280
パンは栗餡タップリの揚げパンや胡桃パン、レーズンパン、ブルーベリー(ラズベリー?)パン、黒ゴマパンなど。蕎麦もそれなりの量で、パンも一つ一つのボリュームも結構あるので四つでギブアップでした。

お腹一杯に燃料を詰め込み小倉へ向けて出発!ってところでいきなりイワノビッチさんパンク… 更に豊前市まで下る途中ではツッキーさんもパンクしたらしく、先に下った面々は暫しコンビに休憩。
15_1280
するとちょうど築城方面でフライト中のブルーインパルスのショーがあってました。

パンク修理も無事に終わり全員揃ったところで再出発! 往路で通った裏道を引き返します。ちょうど全てのフライトが終了したの時に築城付近を通ったので若干渋滞にはまりましたが、裏道に抜けてまた快適に…なるはずが突然ヒデさんと亀仙人さんが豹変したように飛ばし始め、必死でついていこうとするも流石に無理でした。
最後に苅田でコンビニ休憩を取った後は、マッタリペースに戻って(笑)無事に公園に到着したのでした。

当初の予定とは目的も距離も大幅に変わりましたが、久々に大勢の方々と走れて楽しい1日でした! 今年は何かとバタバタしていて余り乗れていないけど、季節もよくなったし時間の体力と相談してボチボチ乗っていこうかと思いますデス!!
二〇一三年神無月十五日

撮り鉄

今日も遅めの夏休み(って言うか秋休みだな)です。

朝こそ晴れ間も覗いていたけど、午後からは台風の影響か下り坂の予報だったので家でマッタリと過ごすつもりでしたが、今日はJR九州の豪華寝台列車「ななつ星」の運行開始日で博多出発が13時前との事で雨もギリギリ大丈夫そうだったので、バックパックにカメラ入れてミニベロで撮り鉄しに行ってきました。

原田駅少し手前の場所に行ったのですが、良さそうな場所は既にベテランの方々が陣取っていたので、線路反対側に廻って撮ることに。 流石に人が少ないだけあって撮影はしにくかったけど(笑)、まぁ自分としてはネタ程度に撮れればよかったので問題なし。 とりあえず「ななつ星」がくるまで練習がてら撮影してみました。

IMG_3045_1280
IMG_3089_1280

設定などよく分からないので、シャッター速度優先でAFはAiServoで連射で撮ってみました。 

そしていよいよ「ななつ星」が来たのでカメラを構えてひたすらシャッターを押します。 こんなときデジタルだとフィルムの心配しないでいいから便利ですね。
IMG_3105_1280
IMG_3108_1280
IMG_3126_1280

流石に車両はピカピカでした。

一番高いコースで一人56万(だったかな?)。
う〜ん、、、乗ってみたいけど流石に乗れそうにないですね(A^^;)
いつか乗れるように貯金でもしますかね(笑)

普段は出かけたついでに電車の写真を撮ることはあっても、鉄道写真を撮るために出かけたのは初めてでした。 でも以外に面白いもんですね。 そのうちベテランJoh氏に撮影ポイントに連れて行ってもらって、アングルやら設定やらレクチャーしてもらおうかな?