パイロットパーツ育成、専用化の紹介です。

①パイロットパーツ専用化と育成

パイロットパーツは専用化することでそのユニットのVSモードでの性能を大きく上げることができます。
ただし、専用化したパイロットパーツは、そのユニット専用のものとなり、
他ユニットに装備することが不可能になります。

※取り外しは可能

IMG_4891

②専用化可能パイロットパーツ

パイロットパーツには専用化可能なものと、不可能なものがあり、
パイロットパーツの枠が緑色に光っているものは専用化可能、そうでないものは不可となります。

IMG_4894
△上記画像だと、綾波レイが専用化不可、その他が専用化可能なものとなります。

③専用化ボーナス

パイロットパーツの専用化を行うと、専用化を行ったユニットの能力が大きく向上されます。
向上される能力はユニット、パイロットパーツによって異なり、
元々の能力が低いほど、向上する能力値が大きくなっています。
IMG_4869
IMG_4870

IMG_4868


④パイロットパーツRank

パイロットパーツにはRankがあり、
Rankを上げることによって、Pアビリティコスト上限のアップやVコストの低減の他、
Pアビリティの習得が可能になります。

パイロットパーツRankを上げるには、PRankアップダイヤというアイテムが必要になります。
gyf2BeHZ_30701

Rank1→2で1消費、
Rank2→3で3消費、
Rank3→4で5消費、
Rank4→5で10消費

Rank1→5にするまでに合計19個のダイヤが必要になります。

⑤Pアビリティ

5.1.概要
パイロットパーツの専用化を行ったユニットは、Pアビリティという特殊な能力が付与できるようになります。
機体のステータスをアップさせたり、特殊能力を付与したりと効果は様々です

5.2.Pアビリティの習得
Pアビリティは、PエメラルドというアイテムかΩクリスタルと、資金を消費して習得します。
必要になるエメラルドのレアリティはアビリティによって異なり、
強力なアビリティほどレアリティの高いエメラルドが必要になります。

gyf2BeHZ_30714gyf2BeHZ_30711

初めはRank1で習得可能なものしか装備できませんが、
PRankを上げることによって上位のアビリティが習得できるようになり、
アビリティ自身の能力も高めることができます。

アビリティはツリー方式になっており、下位のアビリティを習得することで、
上位のアビリティを習得することができるようになります。

IMG_4872
△HPアップを習得すると、インファイト、反撃無効攻撃が習得できるようになり、
反撃無効攻撃を習得すると、闘争心が習得できるようになります。
また、インファイト、反撃無効攻撃はPRankが2以上でないと習得できず、
妙撃、闘争心はPRankが3以上でないと習得できません。

5.3.Pアビリティの装備

Pアビリティはアビリティ名の右側にあるボタンをタップすることで装備、解除が可能になります。
習得しただけでは効果がないので注意!
また、Pアビリティにはそれぞれコストが設定されており、
最大4つ、合計コストがPアビリティコスト内に収める必要があります。
IMG_4903
△アビリティ右側、「OFF」というボタンをタップで装備可能。
黄色に光っているのは装備済みのアビリティ。タップすることでアビリティを解除できます。
「COSTOVER」と書かれたアビリティはコスト上限からはみ出すため、装備できないアビリティです。

5.4.Pアビリティの強化

PアビリティはPエメラルドかΩクリスタルと資金使用して強化することができ、
強化することでその能力値を高めることができます。
アビリティLvが上がるほど能力は高くなりますが、強化に必要な素材のレアリティも高くなり、
最大Lvまで強化しようとすると、よりレアリティの高い、Pサファイアが必要になることもあります。
gyf2BeHZ_30702

IMG_4873

IMG_4885
△闘争心をLV9からLv10に上げるにはSSRエメラルド6個とサファイア1個が必要。
ただし、Lv9→Lv10へ強化は能力の上がり幅が大きいというメリットも。

⑥パイロットパーツ育成素材の入手

現状、パイロットパーツ育成に必要なPRankアップダイヤ、Pエメラルド、Pサファイアは
アリーナコイン交換と、Sチップ交換で入手可能です。
PRankアップダイヤとPサファイアはアリーナコイン交換やイベントの報酬、闘滅報酬で手に入ります。
IMG_4865
△アリーナコイン交換

IMG_4899
△Sチップ交換

今後征覇でも入手可能となるとのことですが、
PRankアップダイヤ、Pサファイア、
そしてPエメラルドのR以上は非常に貴重なので、使う時はよく考えて使いましょう。