Ise Jingu, Naiku

最近式年遷宮を終えた伊勢神宮。日本中から集う多くの参拝客でにぎわっていますが、外国人観光客にとってはどのような光景に見えるのでしょうか?

"Ise Shrine (Ise Jingu)"
★★★★☆(平均レビュー 4.5 / 総レビュー数 1,019)
---------------------------------------
★★★☆☆入り混じった雰囲気hiking-har(カリフォルニア)

伊勢神宮は日本人や、神道や宗教一般に興味を持っているような人々にとってはとても重要なのだろう。でも平均的な外国人観光客にとっては、たまたまここにいるというならまだしも、わざわざ来る必要はない。100以上もの神社の集合体が20年ごとに再建されるから、とても古い建築の情緒は感じられない。中にも入れないが、境内自体は外国人にとっては良いものだ。大きな古い木々は確かに見る価値があるし感じ入るものがある。


---------------------------------------
★★☆☆☆それほど見る物はないIvor S(イギリス)

伊勢神宮は日本の神社で最も神聖なところであると言われている。率直に言って境内はとても素晴らしかったが、物凄く混んでいた。20年ごとに古いものを壊して新しいものをまったく同じように再建するという木造の社殿以外は実際のところ見る物がないことに注意。神道に本当に興味があるか、神道の信者で祈りを捧げたいという場合以外には、観光客が来たところで見る物がなく面白くない。その上庭園以外は時間の無駄になる。

---------------------------------------
★★★☆☆伊勢神社内宮GGHolliday(香港)

日本で最も重要な神社だとみなされている。歩道橋に続いて、参道が神宮境内まで続いている。神社の本殿に祈りを捧げる前に、手を清める小川が流れている。
本殿の中では写真撮影は禁じられている。
橋と本殿は20年ごとに再建される。表面仕上げがされていない丸太によって作られた新しいものは、2013年10月に建てられたばかりだ。

アクセス:
・近鉄特急で名古屋から伊勢市、あるいは宇治山田まで85分、2690~2770円。そこからバスで17-20分
・帰りは名古屋まで高速バスが使える。2時間。バス前売券はバス停の向かいの観光案内所で2200円。バスは15:40発の一本だけで、1日本。

伊勢に来た目的はおかげ横丁で、伊勢神宮そのものは日本で行った他の神社と比べても特にどうということはなかった。これを見るためにわざわざ名古屋から出てくるほどではない。


---------------------------------------
★★★★★日本の神髄を見て感じられる場所Traveller540(メルボルン)

素晴らしい英語ガイドさんが、すべての日本人は伊勢に来ると元気が出るので最低でも一生に一度は来ると教えてくれた。私たちのような観光客でも同様だ!まず最初に伊勢美術館(同じ場所ではない)に行った。ここで神道を理解するのに必要な背景を学んだ。2000年もの驚くべき歴史があり、これほどの長い間伝統が変えられずに残っている。バスが何台もやってきて何百人もの参拝者が行き来するのを見た。純粋に美しい。


---------------------------------------
★★★★★とても神秘的で興味深い場所Retired-travelling(スイス)

この驚くべき場所への信者たちの信仰心を見てとても感銘を受けた。静かな環境で、小さな神社が神秘的な木々や茂みの後ろに隠れている。こうした細部を見て、人々と触れ合おう。


---------------------------------------
★★★☆☆とても混雑している場所FoodieGastroGourmet(ロンドン)

平日で、周囲には子どももおらず、外国人観光客も少ししかいないにもかかわらずとても混んでいた。神社の建物の中にはないれない。美しい木々と景色。地元の商店街は散歩や食べ歩き、お土産物を買うのに向いている。


---------------------------------------
★☆☆☆☆物凄くがっかりしたLandStander82(カナダ)

日本を旅行中にたくさんの神社や寺院を見たけれど、今までのところここが最悪。
これが日本で「一番重要な神社」であることに驚いた。

外宮:
境内全体は広いが、きちんと使われていない。たくさんの長い砂利道があるが、賽銭箱のついた小さなお社以外にはどこにも続いていない。
ちょうど20年ごとの社殿の再建が終わったところだが、問題はすっかり新しくなった建物が見られるだけでなんらの歴史的価値がないということだ。
更に悪いことに、社殿の再建には伝統的な方法が用いられていると信じるよう誘導されたが、どう見ても恥ずかしげもなく現代の電動工具が用いられている。パッと見たのはネイルガン、削岩機、チェーンソーだ。仕上げには伝統的な方法が用いられていたのかどうかはっきりとは言えない。
歩ける歩道を全部歩いたところで、内宮の中を見たかったとしても、新しい建物と無数の賽銭箱以外は何も見る物がない。一生懸命歩いたのにこれだ。1時間歩けるか、無意味に20分ほどバスに乗れるかだ。

内宮: 
外宮よりはマシだ。中には入れないが、お祈りにはやはりお金が必要だ。結構なことだ。
言い忘れていたが、外宮の博物館は有料だ。行かなかった。馬を見られるだろう。

結局のところ、この神社ほど感銘を受けなかったところはなかったし、守銭奴みたいだ。
物凄くがっかりした。

------------------------------------------------------------
高評価をつけているのは日本人ですが、外国人観光客からはあまりウケが良くないようです。確かに、日本文化について深い理解を持っていないと行っても面白くないかもしれません。
建物が新しいという点が大ブーイングなのはちょっと面白かったです。 

伊勢うどん8食 (つゆ付)
伊勢鳥羽志摩特産横丁
売り上げランキング: 11,373