爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。



    (出典 pbs.twimg.com)



    お笑いトリオ安田大サーカスクロちゃん(42)が、悩動脈瘤の手術を受け、無事に成功していたことが18日、わかった。21日のTBS系『名医のTHE太鼓判!SP』(19:00~22:00)では、1週間にわたる入院生活に密着した模様が放送される。

    同番組では、これまで麻倉未稀、東てる美ら芸能人の病気を次々と早期発見。その実績が芸能界からも注目され、自ら出演を希望して健康チェックを依頼する“逆オファー”がくることもあるという。そんな中、昨年10月に放送した「芸能人余命宣告!改善して健康を取り戻すぞSP」では、安田大サーカスクロちゃんの脳に直径7mmもの動脈瘤を発見し話題となった。

    そしてこのたび、クロちゃんが動脈瘤の手術に臨み、無事成功。番組では、クロちゃんの入院から手術までに完全密着。その全貌を21日の3時間SPで放送する。

    クロちゃんの脳動脈瘤が見つかったのは、芸能人の健康をさまざまな角度からチェックし、名医たちが余命を割り出して発表する「余命宣告」というコーナークロちゃんを診断した脳神経外科の専門医によると、「脳動脈瘤は、5mmを超えると手術を勧める大きさ。7mmを超えると破裂率が飛躍的に上がり、“くも膜下出血”の危険性が高まる」という大変危険なもの。加えてクロちゃんは、慢性腎臓病、肝機能障害などの生活習慣病も抱えており、さらに暴飲暴食を繰り返したことなどから2型糖尿病と診断され、食事や運動を学ぶ教育入院を余儀なくされた過去もある。それら全てのリスクから割り出された余命はなんと「3年」だった。

    「死にたくない!」と涙ながらに訴えるクロちゃんに、医師団は早急な手術を勧めたが、クロちゃんは手術を嫌がり投薬での治療を希望。収録後も「高血糖、高血圧がある人は非常に危険。明日、あさってに突然死してもおかしくない」と、一刻も早く手術をするよう説得するが、クロちゃんは決心がつけられず・・・。その後、安田大サーカスメンバーの2人に病気を報告したクロちゃんは、2年前に脳出血を患ったHIRO(41)の後押しもあり、ようやく手術を決意したのだった。

    クロちゃんが受けるのは「カテーテル手術」という、細い管を足の付け根から挿入し、血管内を通して動脈瘤がある脳まで運び、動脈瘤を切り離すもの。年明け早々、1週間にわたる入院生活を送るクロちゃんに番組が密着。病気と真剣に向き合うクロちゃんの素顔や、緊張の入院生活を送る息子を心配し、故郷・広島から駆けつけた両親の様子を届ける。

    クロちゃんは「入院して多くの人に迷惑をかけてしまったし、助けられて、本当に健康を維持しなきゃいけないと思いました! これからは、健康といえばクロちゃんといわれるようになりたい。この気持ちは嘘じゃないしん!!」とコメントしている。

    (C)TBS

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【クロちゃん】クロちゃん、悩動脈瘤の手術に成功 余命3年宣告を受けていた】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/15(火) 12:50:02.01 ID:SUijIQTb9.net

    1月9日に放送された『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)の新春SPに、人気漫画『ONE PIECE』作者の尾田栄一郎氏が出演。
    MCの明石家さんまからさまざまな質問を投げ掛けられたが、その内容が「ワンピース」ファンの間で物議を醸してしまった。

    この日の放送では、さんまをはじめとする出演者一同が尾田氏の自宅兼アトリエを訪問。顔出しこそNGだったものの、作品について自身の声で語る貴重な回となった。

    「ONE PIECE」の大ファンを自負しているさんまは、尾田氏に対して「もともと100巻で終わる言うてたやんか?」
    「“ワンピース”の正体って“絆”やと思うてんねんけど」など、作品にまつわるウワサや疑問をぶつけることに。
    しかし、尾田氏は「言ってないことがいっぱい世の中に出回っていますね」「絶対そういうゴールは迎えない」と、どちらの説も明確に否定し、
    「自分が思い描いているストーリーでも、ウワサされていると分かったら変えたくなる」など、“読者に予想された展開”は描かないというポリシーを明かした。

    さんまの質問で“復活ナシ”が確定に!?
    その後、さんまは作中で死亡した人気キャラクター・エースについての自説を展開。「エースを生き返らせるんやないかと思ってるんやけど」との直球質問をぶつけたが、
    尾田氏はこれに対しても「違います」とあっさり否定してしまった。

    するとネット上では、作品内のエースファンから、

    《エースの復活がないって明言されちゃった》
    《エースが復活する展開が完全になくなった》
    《もう出てこないこと確定したじゃん》
    《聞きたくない言質を得た…》

    などといった悲しみの声が。さらに、番組内での尾田氏が“読者に予想された展開は描かない”ことを語っていたため、

    《さんまがエースについて聞いた時点で復活は途絶えた》
    《おい、さんま余計なこと聞くなよ! エース死亡確定したやろ!》
    《さんまさんが言ったからこそエース絶対生き返らないやないか…》

    などと、怒りや悲しみをあらわにするファンも目立った。

    元から復活させる気がなかったのか、さんまの発言を受けて展開を変えたのかは、尾田氏のみぞ知るところ。
    しかし、期待していたファンからすれば、よりによって最悪な形での“ネタバレ”となってしまったようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1652641/
    2019.01.15 07:30 まいじつ


    【【芸人】明石家さんまに『ワンピース』ファン激怒!衝撃の“ネタバレ”が判明】の続きを読む



    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/11(金) 21:05:15.68 ID:KyCotlQu9.net

    10日に放送されたフジテレビ系『VS嵐』に出演した千原兄弟の千原ジュニアが過去に恐れていた人物について明かした。

    番組では、関ジャニ∞の錦戸亮が主演を務めるドラマ『トレース~科捜研の男~』の出演者チームと嵐チームに分かれ、様々なゲームで対決した。
    その中で、嵐チームとして出演したFUJIWARA・藤本敏史が、
    「ジュニアのことがほんま怖かったのよ。目もめちゃめちゃつり上がってたし」「『触るものみな傷つけたろかい』みたいな感じで」とドラマチームとして参加していた千原の25年程前の様子について話した。

    これに嵐の松本潤が「その頃、『怖かった』って周りが思ってる自覚はあるんですか?」と質問すると、
    千原は「まぁね」と肯定するも「でもそれ以上に俺が『怖いな』と思ってたのは原西やから」とFUJIWARA・原西孝幸の名前をあげた。

    続けて「みんなで楽しく飲んでたら、怒りだして『この中にな、俺のことバカにしてるやつが1人おんねん!』って」と飲み会の場での原西の言葉を振り返り、
    「『お前やー!』って俺指さされて」「『俺は今からお前を*!』って言い出して」と当時を明かした。

    そして「(周りが)『ほんまにジュニアが*だらどう思うねん』って言ったら、起伏がムチャクチャだから号泣しだして『*だら嫌やー!』」と原西が泣きながら叫んだとして、
    これに原西本人も「ジュニア*んといてくれー!」と当時の様子を再現し、スタジオは大いに盛り上がった。

    千原は、1月14日よりスタートするフジテレビ系『トレース~科捜研の男~』に出演。
    科学捜査研究所(科捜研)を舞台に実際に起きた事件や経験をベースにリアリティーたっぷりに描く本格科捜研サスペンスとなっている。

    https://news.nifty.com/article/entame/12252/12252-163812/
    2019年01月11日 20時30分 E-TALENTBANK


    【【芸人】千原ジュニア、“とがっていた”時代に恐れていた人物「指さされて」】の続きを読む

    このページのトップヘ