爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。



    (出典 futaba05.com)



     お笑いコンビ「マテンロウ」の大トニー(旧芸名:大野大介)が、バラエティ番組で我を忘れて怒鳴りまくる失態を犯した。5月30日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)では、自分の身代わりを見つけると鉄格子の檻から脱出できるという監禁ドッキリ企画を放送。ここでパンサーの菅良太郎に電話で呼び出された大トニーは、自分が鉄格子に閉じ込められたことを理解するやいなや、「何がおもしれえんだよ、若手芸人使ってよ」「おーい、偉れぇヤツよ、出てきて説明しろよ!」「おメーらがやってることなんかお笑いじゃねーかんな!」と吠えまくったのである。

    「大トニーは午前2時半過ぎに東京都中野区で飲んでいたところを呼び出されたようです。監禁場所は神奈川県東神奈川で、すでに電車もない時間ですから、1万4000円ほどをかけてタクシーで移動したはず。パンサー菅からは『財布を忘れて飲み代が払えない』との理由で呼び出され、ピュアな善意で駆け付けたところをいきなり檻に監禁されたのですから、我を忘れて怒りまくったのも無理もないところでしょう」(お笑い系のライター)

     そんな大トニーの激怒ぶりに視聴者からは「あれはブチ切れるのも無理はない」と同情の声も寄せられていた。当の大トニーは番組の放送後に「お見苦しいとこをお見せしてしまい申し訳ありませんでした」とツイート。さらにリプの中で〈ダメなとこがでてしまいました〉〈誰がお笑い語ってんだって自分で思いました〉と反省しきりだったようだ。だが、そんな大トニーに対して心ない声が浴びせられているという。

    「大トニーが激怒した姿はネットニュースでも取り上げられました。すると『水曜日のダウンタウン』を観たことのない層から《大トニーって誰?》《知らない芸人が怒鳴りまくっていて草》などと、知名度の低さを小ばかにする批判が寄せられたのです。確かに大トニーは相方のアントニーに比べて知名度が格段に低く、典型的な“じゃないほう芸人”の一人。ただ、『水曜日のダウンタウン』ではその格差をイジられる機会が多く、本名の大野大介から“大トニー”に改名したのも同番組での格差調査がきっかけで、名付け親は松本人志なのです」(前出・お笑い系ライター)

     みずからも失態と反省する姿を見せてしまった大トニー。しかし今回の一件で少しだけ知名度を上げることができたのかもしれない。

    (金田麻有/写真:パシャ)

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】松本人志命名「大トニー」が“監禁ドッキリ”に激怒も世間から心ない声浴びる!】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



     お笑い芸人の千原ジュニアさんが左手で描いたイラストを投稿しているInstagramが、「センスの塊」とジワジワ注目を集めています。意外とうまい。

    【画像:千原さんが描いたイラスト(2枚)】

     6月4日に、「左手でInstagramはじめました」と左手で描いたと思われるふにゃふにゃの字体でInstagramの開設を報告していた千原さん。その後、いびつな形をした伊右衛門やセブン-イレブンのサンドイッチ、イチゴオーレなど、不慣れな左手でバーコードや商品名など細かなところまで描写したイラストを投稿。「左手にしては上出来」「才能溢れてますね」「独特な世界観」と徐々に注目を集め、いいね数も倍以上に伸びています。“左手アート”でも知られている片岡鶴太郎さんに影響されたのかな?

     どこか味わい深いタッチが目を引く千原さんの美的センスは、毎日放送制作のバラエティー番組「プレバト!!」でも高評価。絵手紙や俳句、消しゴムはんこなど発想豊かな作品を作り上げ、多彩な才能を見せつけていました。

     これには、個性的なアート作品を生み出していることでも知られているくっきーさんも反応。「#見たら」「#気持ちわりぃー」「#インスタだったわよっ」と千原さんの“左手インスタ”をイジりながらも、しっかりフォローするなどリスペクトを示していました。

    初投稿(画像は千原ジュニア公式Instagramから)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】千原ジュニア、個性爆発の“左手インスタ”が「独特な世界観」とジワジワ人気に!】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)



    お笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二と西村瑞樹が6月9日、SHIBUYA 109イベントスクエアで開催された「〜アクロボールで願いが叶いますように〜 PILOTアクロボール Star Festival」に登壇。同じくゲストとして登壇した「冷やし中華、始めました」ネタでお馴染みのAMEMIYAに「尿検査」を迫る一幕があった。


    9日と10日の2日間、SHIBUYA 109イベントスクエアで開催される同イベントは、パイロットコーポレーションの油性ボールペン「アクロボール」のなめらかな書き味を多くの人に体験してもらうためのサンプリングイベント。イベント初日の9日には、バイきんぐの2人が織姫と彦星の衣装を身にまとってステージに登壇し、来場した一般客と七夕の願い事に関するほんわかトークを繰り広げて会場を盛り上げた。



    たが、途中からピン芸人のAMEMIYAとコウメ太夫がサプライズゲストとして現れると、小峠の“ツッコミ魂”が炸裂。中でもワールドカップを目前に控えたサッカー日本代表へのアドバイスを求められた際には、コウメが商品の「アクロボール」の書き味にちなみ、「なめらかにシュートしてほしいです」と言えば、「無理やり“なめらか”をねじ込まなくていい」「なんだよ、なめらかなシュートって。そんなシュート入らねぇだろ。ワールドカップだろ。鋭いシュートしか入らないだろ」「サッカーを冒涜しているとしか思えない」などと容赦なし。


    また、AMEMIYAが「(日本代表の)監督が直前で変わったというのがありまして、そこがちょっと皆さんどうなのかなとは思いますけど」と述べた上で、「あの特番ってね。例えば番組が変わるとき、急に番組が変わっちゃったら、やっぱり同じようなメンバーで始まるってよく言いますよね?」と現在の日本代表が置かれている状況をテレビ番組にたとえ始めると、小峠は「何の話だよ!!」と途中で遮り、「これはひどい。まさかのコウメ超えだよ」と再びダメ出し。


    AMEMIYAがめげずに「とにかく何にせよ……」と続けようとしても、「やばいやばい、ちょっと尿検査しましょうよ」「だってこんなことある? サッカーの話していて急に特番の話って」「ホントマジで尿検査しましょう!」とちゃちゃを入れ、AMEMIYAも最後には「(日本代表の)みなさん、変なクスリをせずに頑張っていただきたい!」と完全に飲み込まれてしまったのであった。


    ちなみに、当の小峠のアドバイスは「サッカーボールを僕の頭に見立てて、思いっきり蹴ってもらえたらいいと思います。小峠このやろう!みたいな感じで」と何とも微妙な内容。相方の西村から「小峠さん見てください。コウメ超え出ました」とツッコまれ、「二度とこの4人で呼ばれることはないな」と苦笑していた。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】バイきんぐ小峠、AMEMIYAに尿検査迫る…】の続きを読む

    このページのトップヘ