爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。



    (出典 i.ytimg.com)



    お笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二と西村瑞樹が6月9日、SHIBUYA 109イベントスクエアで開催された「〜アクロボールで願いが叶いますように〜 PILOTアクロボール Star Festival」に登壇。同じくゲストとして登壇した「冷やし中華、始めました」ネタでお馴染みのAMEMIYAに「尿検査」を迫る一幕があった。


    9日と10日の2日間、SHIBUYA 109イベントスクエアで開催される同イベントは、パイロットコーポレーションの油性ボールペン「アクロボール」のなめらかな書き味を多くの人に体験してもらうためのサンプリングイベント。イベント初日の9日には、バイきんぐの2人が織姫と彦星の衣装を身にまとってステージに登壇し、来場した一般客と七夕の願い事に関するほんわかトークを繰り広げて会場を盛り上げた。



    たが、途中からピン芸人のAMEMIYAとコウメ太夫がサプライズゲストとして現れると、小峠の“ツッコミ魂”が炸裂。中でもワールドカップを目前に控えたサッカー日本代表へのアドバイスを求められた際には、コウメが商品の「アクロボール」の書き味にちなみ、「なめらかにシュートしてほしいです」と言えば、「無理やり“なめらか”をねじ込まなくていい」「なんだよ、なめらかなシュートって。そんなシュート入らねぇだろ。ワールドカップだろ。鋭いシュートしか入らないだろ」「サッカーを冒涜しているとしか思えない」などと容赦なし。


    また、AMEMIYAが「(日本代表の)監督が直前で変わったというのがありまして、そこがちょっと皆さんどうなのかなとは思いますけど」と述べた上で、「あの特番ってね。例えば番組が変わるとき、急に番組が変わっちゃったら、やっぱり同じようなメンバーで始まるってよく言いますよね?」と現在の日本代表が置かれている状況をテレビ番組にたとえ始めると、小峠は「何の話だよ!!」と途中で遮り、「これはひどい。まさかのコウメ超えだよ」と再びダメ出し。


    AMEMIYAがめげずに「とにかく何にせよ……」と続けようとしても、「やばいやばい、ちょっと尿検査しましょうよ」「だってこんなことある? サッカーの話していて急に特番の話って」「ホントマジで尿検査しましょう!」とちゃちゃを入れ、AMEMIYAも最後には「(日本代表の)みなさん、変なクスリをせずに頑張っていただきたい!」と完全に飲み込まれてしまったのであった。


    ちなみに、当の小峠のアドバイスは「サッカーボールを僕の頭に見立てて、思いっきり蹴ってもらえたらいいと思います。小峠このやろう!みたいな感じで」と何とも微妙な内容。相方の西村から「小峠さん見てください。コウメ超え出ました」とツッコまれ、「二度とこの4人で呼ばれることはないな」と苦笑していた。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】バイきんぐ小峠、AMEMIYAに尿検査迫る…】の続きを読む



    (出典 qetic.jp)



     この男、やはりただものではない。いまやお笑い芸人よりも「絵本作家」という肩書きのほうがしっくりくるようになったキングコングの西野亮廣が、3億円もの借金を背負ったことを明かした。これは6月4日に行われた仮想ライブ空間「SHOWROOM」の新番組発表会で、西野自身の口から明かされたもの。新番組「猫舌SHOWROOM」に参加する西野は、同番組で「借金3億円を返済するという企画」を行うと宣言。出身地の兵庫県川西市に「えんとつ町のプペル美術館」を建設するために、すでに3億円の借金を背負ったという。そして同日夜には自身のブログにて、建設費を募る募金をスタート。「300万人が100円ずつ募金すればいいのだ」と気勢をあげたのである。

    「西野のプランに対しては『これぞシェアリングエコノミーだ』『西野じゃないとできない壮大なプラン』といった賞賛が寄せられる一方で、『自分の美術館なのに他人から募金集めるのおかしくね?』『詐欺師そのものの怪しい話術』との批判も数多く寄せられています。ともあれ世間にあえて波風を立て、強引にプランを進めていくのは西野流のやり方。募金の成否はともかく『ローラーの滑り台で滑走する超体験型の美術館』とやらは観てみたいとの声も多いようです」(芸能ライター)

     その西野には昨年、クラウドファンディングにて講演会のオファーを受け付け、2288人から約4600万円を集めた実績もある。それゆえ3億円も絵空事ではないと思わせるパワーを秘めているが、実は今回の寄付、3億円ではとても足りないというのだ。週刊誌記者が指摘する。

    「仮に3億円が集まったとしても、西野がその全額を美術館建設に使えるわけではありません。というのは寄付は会計上『贈与』として扱われるため、受取側が個人であれば贈与税が、企業であれば法人税等が発生するからです。美術館建設が西野個人のプロジェクトだった場合、3000万円超の寄付には55%の贈与税がかかるので、3億円を集めたら1億6500万円が贈与税に消える計算。法人であれば税額は減りますが、それでも法人税と地方税の合計で1億円を超えるはずです。だから今回のプロジェクトは税制面から言えば、始まった時点ですでに失敗しているのも同然なのです」

     実際、西野は、6月7日になって自身のブログを更新して、美術館建設で抱えた借金の返済のために寄付を募ったことを謝罪。振り込みの中止を明かした。それは、本人が綴っているように、「3億もの借金が可能とは思えない法人において、すでに借金の契約を結んだとも取れるような表現をして、寄付を募ったことは、誤解を大きく招いてしまい、また寄付をしてくれようとする方も不安に思わせてしまうやり方であったと深く反省しております」という、詐欺ととられかねない手法をとったことが理由だった。返金希望者に向けても迅速に対応することを示すなど、さすがに才人・西野とはいえ、今回は、いささか常識に照らしていろいろと無理をしすぎたようだ。

    (金田麻有)

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】西野亮廣、美術館建設で3億円の寄付を募るもそもそも3億では足りなかった!?】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)



    安田大サーカスのクロちゃんのSM写真のようなものがネット上にアップされており、それに対して炎上しています。

    今回SM写真らしきものがネット上に出回った発端はクロちゃんの自分のツイッターからです。

    6月8日の8時38分にされたもので、写真とともにされたツイートは、「おはウッフーーーン♪」(原文まま)というもの。

    写真としては、クロちゃんのいつもの自撮り画像に編集が施され、SM嬢王様調になっているというもの。

    毎朝にクロちゃんが自撮り写真をアップすることはいつものことだが、今回の写真に対してはフォロワーから非難の声が殺到しています。

    フォロワーからは、

    「朝から不快」

    「変態仮面なのかな?」

    「金曜日で今週もようやく仕事終わりなのに、本当に勘弁」

    などの声が上がっており、炎上状態となっております。

    嘘キャラは最近脱出しつつありますが、シンプルに気持ち悪いというキャラで炎上している最近のクロちゃん。今後も炎上キャラは続きそうですね。

    ●ライター/ぶるーす(芸能ライター)
    クロちゃんのSM写真が流出! ネット上の声は「朝から不快」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】クロちゃんのSM写真が流出! ネット上の声は「朝から不快」】の続きを読む

    このページのトップヘ