爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    HKT48の指原莉乃(25)が21日に自身のインスタを更新。親交が深いフットボールアワーの後藤輝基の写真を投稿し、ファンの間で話題になっている。

    ■おしゃれインスタを浄化…


    「おしゃれインスタを後藤さんで浄化。。」のコメントとともに、後藤の写真をアップ。ハッシュタグには共演中の番組『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)の文字が書かれている。

    紫がかったフィルム調の写真は一見おしゃれなものの、後藤はなぜかカメラ目線のキメ顔。おしゃれ感がいい具合に打ち消されている印象だ。

    ■「親戚のおじさん感」「浄化せんでもいいのに」

    この投稿に対し、ファンからは以下のような声が寄せられることに。

    ・要らん画像や…

    ・後藤さん、なんかいい〜

    ・目の下のクマひどくない?さすが売れっ子芸人さんだね

    ・だいぶ浄化されたなー

    ・浄化せんでもいいのに

    ・インスタ萎え(笑)

    ・たまに会う親戚のおじさん感w

    ■SNSのキラキラ演出、6割が「分からない」

    キラキラ女子SNS性年代別グラフ(©ニュースサイトしらべぇ)

    しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,342名を対象に「SNSでキラキラ演出をしている女性」について調査を行った結果「気持ちがわからない」と回答した人は全体の6割にのぼった。

    そんな中、おしゃれさを投稿から消している指原。アンチキラキラな人々の支持を集められる可能性もありそうだ。

    ・合わせて読みたい→インスタ映えな写真も「ドブ色」 指原莉乃の投稿に爆笑殺到

    (文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
    対象:全国20代~60代の男女1,342名 (有効回答数)

    おしゃれインスタを後藤で「浄化」 指原莉乃のインスタに爆笑殺到


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【話題】おしゃれインスタを後藤で「浄化」 指原莉乃のインスタに爆笑殺到…】の続きを読む



    (出典 mukai16.com)



     バラエティー番組「アイキャラ3」(日本テレビ)から生まれた擬人化キャラクター「ひらがな男子」が劇場版アニメ化されることになり、番組のMCを務めるお笑い芸人のバカリズムさんが脚本を担当することが22日、明らかになった。バカリズムさんが劇場版アニメの脚本を手がけるのは初めて。

     「ひらがな男子」は、平仮名を一文字ずつ擬人化したバカリズムさん原案のキャラクターで、ひらがな男子が登場するゲームアプリ「いつらのこゑ」は、約20万ダウンロードを記録している。文字が失われてしまった時代に現れたひらがな男子たちが、仲間探しの旅に出る……というストーリー。

     劇場版アニメのタイトルは「劇場版 ひらがな男子 ~序~」で、声優として梶裕貴さん、杉田智和さんらが出演。ディレクションズが制作し、「機動戦士ガンダム00」などの水島精二さんがメガホンをとる。挿入歌は、オオカミの覆面をした異色のロックバンド「MAN WITH A MISSION」の「DON’T LOSE YOURSELF」に決定した。劇場版アニメは、観客参加型の応援上映のスタイルになるといい、3月16日にTOHOシネマズ新宿(東京都新宿区)で上映会が行われる。

     ◇キャスト(敬称略)

     「あ」:梶裕貴▽「ぬ」:杉田智和▽「た」:鈴木達央▽「ね」:緒方恵美▽「ば」:下野鉱▽「う」:市川太一▽「の」:矢野奨吾▽農夫:藤原啓治

     ◇スタッフ(敬称略)

     監督:水島精二▽脚本:バカリズム▽キャラクターデザイン:堀口悠紀子▽クリエイティブディレクター:長江努▽演出:古舘勝義▽アニメーション制作:ディレクションズ

    劇場版アニメ化される「ひらがな男子」のビジュアル(左)と脚本を担当するバカリズムさん


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】<バカリズム>劇場版アニメの脚本に初挑戦…】の続きを読む



    (出典 www.tokyo-sports.co.jp)



     2月9日に放送されたバラエティ番組「5時に夢中!」(TOKYO MX)にて、この日の番組アシスタントを務めるミッツ・マングローブが、4月からとんねるず・石橋貴明とフジテレビでスタートする新番組について語った。

    「この日の番組では、9日付の『日刊ゲンダイ』の記事を取り上げ、新番組で石橋とタッグを組むミッツについて『マツコ・デラックスと違って、客が付いているとは思えない。3年前に出した自叙伝も全く売れなかった』という出版関係者のコメントを紹介しました。これに対してミッツは『私も同感です。ビックリしましたもん。この話を頂いた時に“何で私なんだろう”って』と、本人も戸惑ったことを明かしていました」(テレビ誌記者)

     新番組は月曜夜11時からで、1970年代以降のアイドル、野球、歌謡曲などを扱った“大人のノスタルジーを刺激する”トーク番組になる予定だという。その直前の3月末に同局で石橋が相方の木梨憲武とともに長年レギュラーを務める「とんねるずのみなさんのおかげでした」が、終了するわけだが、新番組へ移るにあたり、ギャラは大幅に激減するようだ。

    「2月7日発売の『週刊新潮』によると、『みなおか』のギャラは1人あたり1000万円も支払われており、制作費の大半を占めていたそうです。しかし新番組は深夜帯で規模が縮小されるため、一部報道によると100万円にまで下落すると言われている。3月で唯一のレギュラー番組が終了してしまうわけですから、石橋としては格安でも引き受けることにしたのでしょう」(前出・テレビ誌記者)

     もちろん、石橋の頑張り次第では、ギャラアップも望めるのかもしれないが、4月から始まる新番組は、ミッツとの掛け合いなど内容もさることながら、そのあたりのウラ攻防も気になるところだ。

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】石橋貴明、ギャラが10分の1でも深夜番組のオファー受けた切実事情!】の続きを読む

    このページのトップヘ