爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。



    (出典 boukenka.info)



     将棋好きで知られるお笑いコンビ・フルーツポンチの村上健志が、これまでにない超速将棋の誕生に「見たことがないものが見られそう」と、興味津々な様子を見せた。将棋界初の国民栄誉賞、永世七冠などを達成した羽生善治竜王の着想から生まれた、持ち時間5分、1手につき5秒が加算される「AbemaTVトーナメント Inspired by 羽生善治」が6月17日からスタートする。ひと足先に体験した村上は「秒読みもやったことがなかったので、何がなんだかわかんなかったです」と目を丸くした。

     クロックから発する音が、経験したことのない焦りを招く。芸人の将棋仲間と待ち時間に将棋を指す村上だが、こんなに追い込まれる将棋は指したことがなかった。「盤と時計、両方見ないといけないから、動揺しちゃいますよね」と、終局後もしばらく興奮気味に話し続けた。


     極限に追い込まれた人間のパフォーマンスが、心を打つのを知っている。芸人も同じだ。「芸人が無茶ぶりされた時の顔って笑えるじゃないですか。何もないのに永遠にボケろとか。ギャグよりも追い込まれている状況の方がおもしろいってことが、お笑いの世界にはあるんですよ」と説明した。


     将棋といえば、長い時間じっと手を読むシーンが印象的だ。長時間の対局ともなれば、1時間以上も動かないことが多々ある。それから一転、秒単位で判断し、次の指し手を考える。普段、棋士が見せない表情や、別の能力が発揮されるかもしれない。「壊れ方というか、追い込まれ方というか。何か別のものが見られそうですよね」。対局番組をよく見る村上だけに、放送が今から待ち遠しそうだった。


     ◆AbemaTVトーナメント Inspired by 羽生善治 将棋界で初めて7つのタイトルで永世称号の資格を得る「永世七冠」を達成した羽生善治竜王が着想した、独自のルールで行われる超早指し戦によるトーナメント。持ち時間は各5分で、1手指すごとに5秒が加算される。羽生竜王が趣味とするチェスの「フィッシャールール」がベースになっている。1回の顔合わせで先に2勝した方が勝ち上がる三番勝負。予選は藤井聡太七段が登場するA組からC組まで各4人が参加し、各組2人が決勝トーナメントへ。シードの羽生竜王、久保利明王将を加えた8人で、最速・最強の座を争う。

    (C)AbemaTV

    ▶6/17 20:00~ 第1回AbemaTVトーナメント Inspired by 羽生善治 #1-1




    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】将棋好きフルポン村上 超速将棋に興味津々!】の続きを読む




    (出典 livedoor.blogimg.jp)



     お笑いコンビ・よゐこの濱口優が、5日夜に更新したInstagramとブログで、3兄弟でユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行ってきたことを報告している。

     「#濱口三兄弟」として、3人仲良くピースサインをして写っている写真に、「#次男 #秀二 #俳優 #三男 #善幸 #占い師」と説明を添えた長男の濱口。次男は俳優の濱口秀二で、三男はタロット占い師の濱口善幸。


     ファンからは「優が長男に見えない笑」「長男が次男より若くみえた」「おお!あんまし似てないし長男が三男に見えるし(笑)」「長男が1番童顔ですね(笑)」「マサルさんが長男なんだー。末っ子にみえるわ」など、長男ながら濱口が年下に見えるという声があがったが、3人が並んで乗り物に乗っている写真には、その姿がそっくりという声が続出。


     「3枚目3人ともそっくりです」「そっくりすぎる!笑笑」「3枚目、全員同じ顔に見えます!(笑)」という声とともに、仲良し兄弟について「羨ましい」という声も多数寄せられた。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】よゐこ・濱口、弟2人とUSJへ「長男が1番童顔」「末っ子にみえる」の声…】の続きを読む



    (出典 terracehouse.xblg.net)



     お笑いコンビ・麒麟の川島明が『パラリンアート世界大会2018』のアンバサダーに就任し5日、都内で行われた取材会に出席。一部週刊誌でチャラン・ポ・ランタンのももとの自宅デートが報じられたチュートリアル・徳井義実について「どうなんですかね、あれは。うわさレベルですから僕がとやかく言える問題でもない」としつつ、「前に話題になったとき、顔を真っ赤にして下を向いているだけだった」と様子を明かした。

    【写真】チュート徳井との“交際質問”に無言だったもも

     徳井とは『アメトーーク!』の「結婚したくてたまらない芸人」で共演していたが、川島が先に結婚してしまったため「裏切り者と言われています」と苦笑。「僕にはそういう話をしてくれないのでわからないですが、みんなが幸せになったらいい」と芸人全員の幸せを願った。

     川島は、世界各国の障がいを持つ人からアート作品を募集するコンテスト『パラリンアート世界大会2018』のアンバサダーに就任。パラリンアートとして初の世界規模のコンテストとなり、障がい者の人たちが挑戦、活躍する場をより増やしていくことを目的としている。

     第1回大会の募集テーマは“祭り”で、川島も自身が描いた温かみのある作品を紹介した。取材中に審査員も務めることが伝えられ、「今一気に心臓が小さくなりました。身に余る光栄」と恐縮。「参加する方々と一緒に絵を描きたいし、教えてほしい。現場にいって、描いている空気を肌で感じて伝えたい」と意気込んでいた。
    チュートリアル・徳井義実のデート報道に言及した麒麟・川島明 (C)ORICON NewS inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】麒麟・川島、デート報道の徳井義実は「顔真っ赤にしていた」】の続きを読む

    このページのトップヘ