(出典 pbs.twimg.com)



お笑いトリオ安田大サーカスクロちゃん(42)が、悩動脈瘤の手術を受け、無事に成功していたことが18日、わかった。21日のTBS系『名医のTHE太鼓判!SP』(19:00~22:00)では、1週間にわたる入院生活に密着した模様が放送される。

同番組では、これまで麻倉未稀、東てる美ら芸能人の病気を次々と早期発見。その実績が芸能界からも注目され、自ら出演を希望して健康チェックを依頼する“逆オファー”がくることもあるという。そんな中、昨年10月に放送した「芸能人余命宣告!改善して健康を取り戻すぞSP」では、安田大サーカスクロちゃんの脳に直径7mmもの動脈瘤を発見し話題となった。

そしてこのたび、クロちゃんが動脈瘤の手術に臨み、無事成功。番組では、クロちゃんの入院から手術までに完全密着。その全貌を21日の3時間SPで放送する。

クロちゃんの脳動脈瘤が見つかったのは、芸能人の健康をさまざまな角度からチェックし、名医たちが余命を割り出して発表する「余命宣告」というコーナークロちゃんを診断した脳神経外科の専門医によると、「脳動脈瘤は、5mmを超えると手術を勧める大きさ。7mmを超えると破裂率が飛躍的に上がり、“くも膜下出血”の危険性が高まる」という大変危険なもの。加えてクロちゃんは、慢性腎臓病、肝機能障害などの生活習慣病も抱えており、さらに暴飲暴食を繰り返したことなどから2型糖尿病と診断され、食事や運動を学ぶ教育入院を余儀なくされた過去もある。それら全てのリスクから割り出された余命はなんと「3年」だった。

「死にたくない!」と涙ながらに訴えるクロちゃんに、医師団は早急な手術を勧めたが、クロちゃんは手術を嫌がり投薬での治療を希望。収録後も「高血糖、高血圧がある人は非常に危険。明日、あさってに突然死してもおかしくない」と、一刻も早く手術をするよう説得するが、クロちゃんは決心がつけられず・・・。その後、安田大サーカスメンバーの2人に病気を報告したクロちゃんは、2年前に脳出血を患ったHIRO(41)の後押しもあり、ようやく手術を決意したのだった。

クロちゃんが受けるのは「カテーテル手術」という、細い管を足の付け根から挿入し、血管内を通して動脈瘤がある脳まで運び、動脈瘤を切り離すもの。年明け早々、1週間にわたる入院生活を送るクロちゃんに番組が密着。病気と真剣に向き合うクロちゃんの素顔や、緊張の入院生活を送る息子を心配し、故郷・広島から駆けつけた両親の様子を届ける。

クロちゃんは「入院して多くの人に迷惑をかけてしまったし、助けられて、本当に健康を維持しなきゃいけないと思いました! これからは、健康といえばクロちゃんといわれるようになりたい。この気持ちは嘘じゃないしん!!」とコメントしている。

(C)TBS

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)