爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    2018年02月


    「きのこの山・たけのこの里」総選挙実施 激突前から「たけのこ派」勝利宣言のわけ | ニコニコニュース



    (出典 www.mdn.co.jp)



    大手食品メーカーの明治が販売する「きのこの山」と「たけのこの里」。2つの菓子をめぐる「どちらが美味しいか」論争は、インターネット上での定番の話題だ。

    だが、本家の明治がついに動いた。決着をつけるべく「国民総選挙」を行うというのだ。幾度となく繰り返されてきた勝負を制するのはどちらか――。

    マニフェストも用意

    明治は2018年2月26日~7月31日の期間、「きのこの山・たけのこの里 国民総選挙2018」を実施する。

    「きのこ党」「たけのこ党」に加え、どちらも好きだという「どっちも党」の3派から最も人気の「党」を選ぶ企画で、ハガキや特設サイトで投票を受け付ける。年齢制限はなく、だれでも参加可能だ。

    各党は「公約」も7つずつ掲げている。きのこ党は「映画『きのこの王国』公開」、たけのこ党は「吉田沙保里とつくる『たけのこの里』発売」、どっちも党は「『きのこたけのこMUSEUM』開館」などがある。

    総選挙にかける明治の意気込みは相当のようだが、ネット上では「すでに勝敗は決している」、とする見方が強い。

    あの人が「たけのこの里好きの私」発言

    というのも、「霊長類最強女子」の異名を持つ女子レスリング・吉田沙保里選手(35)が「たけのこ支持」を表明しているためだ。

    吉田選手は17年6月6日、ツイッターに期間限定商品「たけのこの里 あずきミルク」の写真を掲載し、こうつぶやいた。

    「たけのこの里好きの私には、色んな味が出てくれて嬉しい」

    このツイートに対して当時、たけのこ派からは「勝利宣言」が続々と投稿されていた。

    今回の総選挙実施を受け、やはり

    「きのこたけのこ戦争はたけのこ派への吉田沙保里の介入により我々たけのこ派の勝利に終わったはずでは...?」
    「ていうか国民総選挙以前に、吉田沙保里選手がたけのこの里派を公言した時点できのたけ戦争は終わったんだよ明治も潔ぎ悪い」

    といった反応が。きのこ派からも

    「吉田沙保里がたけのこ派閥という時点で、我らきのこ派は勝利はおろか、生存権すら望むべくも無い」

    と弱気な発言が目立つ。

    なお、16年11月27日に放送された「日本国民がガチで投票! お菓子総選挙2016」(テレビ朝日系)では、たけのこの里は8位、きのこの山は30位圏外だった。<J-CASTトレンド>

    吉田沙保里選手(16年12月撮影)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【あなたは?】「きのこの山・たけのこの里」総選挙…】の続きを読む



    (出典 koshirou.jp)




    あるTwitterユーザーが、小学校の懇談会でとりあげられた”公園での飲食”という議題について違和感を示し、ネット上で話題となっている。

    このユーザーによれば、事の発端は小学校の懇談会。「放課後、公園や空き地で座り込んで駄菓子を食べている児童がいる」と切り出した保護者がいたのだという。ユーザーは「いるいるあれ楽しいもんねと思いつつ黙ってた」ところ、保護者が言いたかったのは「不健康で、見ていて気分がいいものではない」ということだった。このときの会の様子として、ユーザーによれば「他の保護者も担任の先生もウンウン頷いて」おり、何か発言できるような雰囲気ではなかったのだという。そして、

    “公園や空き地で小学生が座って駄菓子を食べることの何が問題なのか、わりかし本気でわからないし、どうしてそれを問題視して学校に持ち込み「気分がよくない」みたいなふわっとした理由で妨げようとしているのかもよくわからない。これが駄菓子を食べずに育った人間と駄菓子を食べて育った人間の差か。”

    とツイート。Twitter上では、”公園での駄菓子禁止”との考えには「世知辛い」というような声が多数あがっているところだが、「買い食い」について言及する人たちも多く、

    “こういう話って実は昔からあるものなのか最近のものなのかが気になる。私は公園で友人達と遊びがてら駄菓子を食べて育った方だけれど、学校で「買い食い禁止」みたいな話も確かあった様な記憶もあるし…”
    “私も小学生の頃は買い食い禁止だったな。でも駄菓子屋でお菓子を買って友達とシェアしたりして、それなりに楽しんでいたよ。
    買い食いが禁止されている理由って、色々あるみたいだけど元々は親が子どもの食事コントロール外になりやすいからだったかと。”

    などという指摘や、

    “駄菓子を買い食いして公園で友達と食べる・・・。家の子供にはさせたくないな。
    「友達とお菓子が食べたいなら家で食べなさい」と言ってしまう。
    え?私、過保護なの?”

    という意見が見られる。また、

    “今の親の世代である30-40歳台の人々が自身の親から教わったことを全て正しいと思って子どもや他人に強いることが歪みの生じる理由であると常々思う。
    本人たちは至って真面目なんだよね、悪意もなく。これはこの事例だけで無く、ほんとよく目にする。”(原文ママ)

    と分析する声もあった。

    公園で駄菓子を食べることがNGだとしても、家での教育なのか、学校議論するようなことなのか。意見は分かれそうだ。

    (花賀 太)

    ■関連リンク
    まめそま (@mamesoma) | Twitter
    https://twitter.com/mamesoma

    公園でお菓子を食べるのは"ダメなこと"?(画像はイメージ)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【議論】公園でお菓子を食べるのは禁止すべき?】の続きを読む



    (出典 i2.wp.com)



     稀代のバイプレーヤーとして知られる俳優の大杉漣(本名・大杉孝)さんが21日午前、急性心不全で亡くなった。享年66。突然の訃報に、芸能界には激震が走っている。

     テレビ東京系ドラマ『バイプレイヤーズ』で共演し、大杉さんの最期を看取った遠藤憲一、田口トモロヲ、松重豊、光石研は、番組サイトを通じてコメントを発表。「余りにも突然のことで、メンバー一同、まだ現実を受け入れられないでいます。『バイプレイヤーズ』という実名を晒した上でのドラマで、そのリーダーであり、精神的な支柱でもあった大杉さんが突然いなくなるという喪失感は計り知れません」と、その衝撃の大きさを表した。

     昨年公開の『アウトレイジ 最終章』(北野武監督)で共演した俳優の西田敏行も23日、大阪市内で取材に応じ「急なことで、まだ気持ちの整理がつかない。一緒にやりたいなと思っていた仕事もあったし、なかなか納得できません。もう、こうなったら仕方がないというか、彼の寿命なんだろうと割り切るしかないのかも……」と憔悴しきり。

     大杉さんの交友関係の広さを表すかのように、数え切れないほどの俳優やタレント、お笑い芸人が追悼コメントを寄せているが、その中にあって「あれ?」と思わず首をかしげてしまったのが、ものまねタレントの山本高広だ。

     山本は大杉さんが他界した21日にブログを更新し「とんねるずのみなさんのおかげでした 細かすぎて伝わらないモノマネ選手権 finalで大杉漣さんのモノマネさせて頂きいつかご挨拶させて頂きたかったのですが残念です。お悔やみ申し上げると共にこれからもモノマネさせて頂きます」(原文ママ)と宣言。山本は昨年12月の同番組で「犯人だと疑われ、鳥みたいな動きで動揺する大杉漣」のモノマネを披露し、高評価を得たが、大杉さんとの面識はなかった。

    「“死人に口なし”ではないけど、亡くなったあとに営業許可を取るっていうのもね。大杉さんは寛大な人だから、生きていれば『どんどんやってくれ!』と言うとは思うが、他の共演者のコメントと比べると、軽く感じてしまいますね」とはスポーツ紙記者。

     山本流の弔いなのだろうが、もう少し空気を読んでもよかったかもしれない。

    山本高広 オフィシャルブログより


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】大杉漣さんの急死で、ひとり“浮いていた”山本高広…】の続きを読む



    (出典 contents.magazinesummit.jp)



    1 ばーど ★ :2018/02/28(水) 09:16:48.11 ID:CAP_USER9.net

    昨年の『R-1ぐらんぷり』で優勝すると、さまざまな物議を醸したアキラ100%

    (出典 contents.oricon.co.jp)


    ピン芸人ナンバーワンを決めるお笑いの祭典『R-1ぐらんぷり』(フジテレビ系)のファイナリストが先ごろ発表、決勝戦が3月6日に開催される。近年ピン芸人、とりわけ『R-1』出場者には異色の経歴に報道が集まる傾向にあり、ファイナリストを見てもどこか“正統派”とは異なる印象を持つ視聴者も多いだろう。では、そもそもピン芸人による“正統派”とは果たして何なのか? そこにピン芸人大成の難しさが浮き彫りとなってくる。

    ■ピン芸人の話題は“異色”に偏る傾向に

     “ひとり芸日本一”を決定する『R-1ぐらんぷり2018』のファイナリストが決定。カニササレアヤコ(24)、河邑ミク(23)、霜降り明星・粗品(25

    濱田祐太郎(28)、おいでやす小田(39)、おぐ(41)、ルシファー吉岡(38)、チョコレートプラネット・長田庄平(38)、紺野ぶるま(31)、ゆりやんレトリィバァ(27)の10人がファイナリストとして3月6日に生放送される決勝戦に進出した。『R-1』常連組から新顔までバランスの取れたメンバーとなったが、報道でとりわけ注目を集めたのがカニササレアヤコと濱田祐太郎の2人だ。

     フリーの芸人兼OLのカニササレは、準決勝で「雅楽の演奏家」という設定で、楽器の笙(しょう)を演奏しながらネタを披露。ネタ同様に会社員としての仕事内容も“和風”かと思いきや、人型ロボット「Pepper(ペッパー)」の脳内を操るロボットエンジニアという最新のテクノロジーを使った職業だという。一方、濱田は左目は全く見えず、右目も明るさがわかる程度であるという盲目の漫談家。昨年10月に行われた『平成29年度 NHK新人お笑い大賞』の決勝にも駒を進めるなど、メキメキと頭角を現し自身の経験に基づくネタをテンポよくしゃべり倒してファイナリストの座を勝ち取った。

     また、今回のR-1グランプリの予選段階では、ホリエモンこと堀江貴文がエントリーすることも話題に。ホリエモンは『ドラえもん』の、のび太をイメージしたという衣装で登場し、将来の夢についての作文を読み上げるというネタを行い健闘するも、2回戦で敗退。ホリエモンのニュースも各社が報じ、ひとつの盛り上がりを見せたのだ。こうした異色の経歴や、破天荒な芸について注目が集まる背景には何があるのだろうか。

    ■コンビよりも極端に“武器”が少ない! 実は高度な実力が求められるピン芸

     『R-1ぐらんぷり』過去の優勝者を振り返ってみよう。第1回目のだいたひかるの優勝にはじまり、浅越ゴエ、ほっしゃん(現・星田英利)、博多華丸、なだぎ武、中山功太、あべこうじ、佐久間一行、COWCOW多田、三浦マイルド、やまもとまさみ、じゅんいちダビッドソン、ハリウッドザコシショウ、そして昨年はアキラ100%。だが例えR-1で優勝をしても、その後のブレイクに繋がっているのは一部のみ。その理由に、お笑いとしての“ピン芸の難しさ”が挙げられる。

     コンビ芸ならば、正統派漫才のほか、コントならばさまざまな設定で多彩なシチュエーションを作り出すことが可能だ。さらにボケ、ツッコミ、最近ではWボケやツッコミ合戦、ボケとツッコミのスイッチというような新しいスタイルも見受けられる。一方、ピン芸人は、構成・ボケ・ツッコミといった“役割”を自分1人ですべてこなさなければならず、そのうえで分かりやすく笑えるものに仕上げなくてはならない。非常に高度な構成力が求められるのが“ピン芸”なのだ。

     『R-1ぐらんぷり』は開催当初、サ*イトルに「The Freestyle "WAGEI" Bout」を冠していた。参加者のお笑いへの手法はまさに“フリー”で、芸人たちが“ピン”でできることならなんでもアリの大会だ。異色の経歴や、他者ができないオンリーワンの特技を武器にするのは自然な流れであり、その結果「異色」とも評されるのはある意味仕方ない。ピン芸人の悲しい宿命ともいえるだろう。

    >>2以降に続く

    2018-02-28
    オリコンニュース
    https://www.oricon.co.jp/special/50813/


    【【お笑い芸人】「R-1ぐらんぷり」に見る、ピン芸人成功の難しさ “正統派”とは何か…】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



     おぎやはぎが星野源を「すごいブサイク」と批判、そのファンまで「気持ち悪そう」呼ばわりする悪態を突きまくった。

     これは2月15日放送のラジオ番組「おぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ)での一コマ。前週発表された「雰囲気イケメンランキング」について取り上げたもの。同ランキングは30~49歳の女性200名にアンケート調査。1位綾野剛、2高橋一生、3星野源、4菅田将暉、5斎藤工、6鈴木亮平、7森山未來、8小栗旬、9桐谷健太、10窪田正孝という結果だった。トップの綾野は全体の42.5%を占める得票率で、蛇顔男子の代表格としてもおなじみだ。2人はその綾野はスルーし、俎上に載せたのが3位の星野だった。

    「特に小木博明は舌鋒鋭く星野を攻撃。『まったくのイケメンじゃないよね』『ブサイクだよね、すごい』『ヤバイよ、だって顔を見たら』、『小さくて(身長168センチ)、何かこう雰囲気がいいなんて思ったことないんだけど』と、あげつらった」(芸能ライター)

     小木の相方の矢作兼は、星野の代表作であるドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)を見てないから、とフォローに回るが、小木は新垣結衣はガン見していたものの、「冴えない役でよけいイケメンには見えない」うえに「歌ってるときもそんなにカッコよくないしね。変じゃん、歌ってる時」と俳優、シンガーソングライターとマルチな活躍をする星野をバッサリ切って捨てたのだ。あまりの叩き方にビビった矢作が炎上間違いなしと煽ると、今度は小木が一気にトーンダウン。「ブサイクは一意見で最大のホメ言葉」とし、「言われたらうれしくてしょうがないよ」と続けた。矢作は「いや、うれしくない」とあわてて否定。「星野源はシャレのわかる人だろうから何とも思わない」と穏便に収めようとしたが、小木はついに「星野源のファンって気持ち悪そうだね」と言ってのけた。さすがにその後まずいと気づいたのか、小木は「自分は星野よりブサイクだから下の者が言うのは、全然いいわけ」というとんでも論法でまとめたのだった。

    「知らない相手を言いたい放題してしまうのはよくあるが、他人の容貌をよくここまで悪しざまに言えるもの。まあ、小木は身内でもぶった切る常習犯。リスナーもそれが面白くて聞いているんだが。素顔の星野はネクラだが艶ネタ好きの気さくな男で、スタッフを大事にする性格イケメン。小木とよく似ている。目の敵にしないで先入観なしで話せば、意気投合しそうなのにね」(音楽ライター)

     よもやまさか、お気に入りの新垣結衣と共演したジェラシーだった!?

    (塩勢知央)

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【断言】おぎやはぎ小木「星野源を“すごいブサイク”と言っていい」理由!】の続きを読む

    このページのトップヘ