(出典 daily.c.yimg.jp)



 おぎやはぎの小木博明と矢作兼がMCを務めるトークバラエティ『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#63(毎週月曜よる9時~)が4月16日、AbemaTV(アベマTV)にて放送され、“ブス枠”で出演するホンコン似の芸人・岡本美樹が“詐欺メイク”により変貌を遂げた。

 16日放送回でメイクを手がけたのは、自らの顔を足の裏と称し、人間の顔になるためのメイクを研究しているユーチューバー・足の裏。彼女が投稿した“詐欺メイク”動画は、総視聴回数約5千万回を記録するほどの人気ぶりだという。

 岡本と初対面した足の裏は、「元々が私のすっぴんに近いところがあって、日本人顔」と顔の印象を語り、「少しかけ離れた、ハーフなイメージでやっていこうと思います」とテーマを明かした。

 足の裏によると、ハーフ顔メイクの最大のポイントは、スティックタイプの上からパウダーを重ねるシェーディングテクニックにあるとのこと。メイク崩れを防ぎ、はっきりした印象を長く保つことができるそうだ。


 その後はハイライトで陰影を強調し、つけまつ毛とアイテープで幅広二重を作っていく。メイクは1時間ほどで完成し、足の裏は「限りなくクオーターなアジア系」と出来栄えを表現した。ハーフまでは行かなくとも、クオーターに近づけることは成功したようだ。

 スタジオでメイク後の写真が公開されると「すごい」「きれい」といった声が相次ぎ、小木は「なるほどね、かわいいかも」と称賛。さらに「こんなモデルがいてもいいね」と話し、「木村佳乃さんそっくりじゃない?」と同意を求めたが、矢作に「そっくりじゃねぇだろ」と否定されていた。

 木村佳乃は言い過ぎとの見解を示した矢作も、「確かにハーフ、クオーター系」「ブスではないね」とまずまずの評価を下し、このメイクで合コンへ行くことを提案。しかし、“ブス枠”で出演中の芸人・わたなべるんるんは「私たちが詐欺メイクすると、イジれないブスじゃないですか」と、別の問題を指摘。一見“詐欺メイク”をすればモテるように思えるが、そこには複雑な事情があり、一筋縄ではいかないのが現実のようだ。

 『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#63は Abemaビデオで無料配信中だ。


(c)AbemaTV



(出典 news.nicovideo.jp)



おぎやはぎ小木、“詐欺メイク”で変身したブスを絶賛「木村佳乃さんそっくり」 - AbemaTIMES

おぎやはぎの小木博明と矢作兼がMCを務めるトークバラエティ『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#63(毎週月曜よる9時~)が4月16日、AbemaTV(アベマTV)にて放送され、“ブス枠”で出演するホンコン似の芸人・岡本美樹が“詐欺メイク”により変貌を遂げた。 16日放送回でメイクを手がけたのは、自らの顔を足の裏と称し、人間 ...
(出典:AbemaTIMES)



(出典 www.j-cast.com)