爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    バラエティ



    (出典 owarai-about.com)



    お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史(47歳)が、2月17日に放送されたバラエティ番組「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)で、物議を醸した「嫌なら見るな」発言を謝罪した。


    番組にはこの日、元AKB48の“まゆゆ”こと渡辺麻友(23歳)が、人気コーナー「爆裂お父さん」の最終回に登場。まゆゆは2013年の「FNS27時間テレビ」(同系)内で放送された同コーナーで極楽とんぼの加藤浩次(48歳)に顔面を踏みつけられ、大きな騒動となったが、まゆゆはそれがきっかけでファン層が広がったと、感謝の言葉を口にした。

    一方で岡村は「めちゃイケ的にもターニングポイント。あれぐらいから叩かれだした」と加藤をイジると、加藤も「いや、それお前いいのか? 隆史よ。ラジオでさ『嫌なら見るな』つったよな。何か世の中的にはフジテレビまで見るなみたいになっていって、フジテレビの風向きガーって変わったんだからな!」と応戦。


    最終的には岡村と加藤がそろって「嫌なら見るなっていってすみませんでした」と視聴者へ頭を下げて謝罪した。

    これにTwitterなどネットでは「今さらめちゃイケで謝罪…遅すぎるんじゃないの」「岡村ガチ謝罪だ」「謝罪なんてしなくていいのにー」などの声が上がっている。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】岡村隆史が「嫌なら見るな」発言を謝罪…】の続きを読む



    (出典 xn--nckxaw3lrb7by753hi5c.net)



    お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(54)が、18日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~11:15)で、ネット上で話題になったツイートの真意を説明した。

    松本人志

    松本は、11日夜に自身のTwitterで「たとえばオレの番組にゲストで出たタレントさんが叩かれてたりするとツライです。きっとサービス精神でいろいろ話してくれたのに。ダウンタウンの番組に出て楽しかった!って思って欲しいもんなー」とツイート。先週11日放送で国際政治学者・三浦瑠麗氏の発言内容が物議をかもしていたことから多くの人が三浦氏を擁護しているものだと受け取り、1万以上リツイートされるなど反響を呼んだ。

    また、複数のメディアがそれらを暗に結びつけるような内容で記事にしたことなどでより多くの人に認知され、13日には「たとえばって言ってるしダウンタウンの番組って言ってるんやけど…何やら勘違いされてるようです」と補足。「まっ答え合わせはワイドナショーで」と予告していたことから、18日放送の発言に注目が集まっていた。

    この日の冒頭で「面倒くさいですね。パパっと片付けましょうよ」と切り出し、司会の東野幸治(50)から「具体的なことを書かずにつぶやいたんですけども、この真意は一体何なのか」と指摘されて笑いながら、「Twitterってそういうものでしょ? 何となく普段思っていることをつぶやくじゃないですか」「『三浦瑠麗さんのことですね』といっぱい来て、『えっ? 何が?』って思って。調べたらちょうどこの時、三浦瑠麗さんが大炎上していたんですよね」と説明。

    さらに、「知らんがな。そのことを僕は言ったわけじゃないんですよ。三浦瑠麗さんのフォローをしていると勝手に思われて。俺は瑠麗さんのどんだけ奴隷やねん」と訴え、スタジオ爆笑。「誤解って恐いなぁ。何が悪いかというと、僕の運が一番悪い」と嘆き、13日のツイートに関しては「『ダウンタウンDX』とか『ダウンタウンなう』のことを何となく言っているんですよ。誰とは特定しませんけど、ここ数カ月そういう感じがあったのでつらいなという意味で」とあらためて本来の目的を伝えた。

    これに対して、ゲストの社会学者・古市憲寿氏は「ということは、『ワイドナショー』に出た人は嫌な気持ちで帰っていいということですか?」と問うと、松本は「『ワイドナショー』は自己責任でやってくれ! それは知らんよ!」と返答。「ただ、瑠麗さんを突き放しているつもりはないですよ」に加えて、「ツイートする時っていろいろ調べてからやらんといかんの?」と投げかけていた。

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】松本人志「俺は瑠麗さんのどんだけ奴隷やねん」 擁護ツイート説を否定…】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



    (©ニュースサイトしらべぇ)

    18日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、松本人志がネットカフェ難民について持論を展開。その内容について、賛否両論が巻き起こっている。

    ■ネットカフェ難民の現状を放送

    番組では家を持たず、インターネットカフェで生活する通称「ネットカフェ難民」問題を特集。実際に店舗を訪れ、長期滞在者が集中している様子が放送される。

    そして、家賃が払えないなど、不安定な生活を強いられ、カフェで寝泊まりする人が、都内で1日約4,000人存在することなどを紹介。この問題に詳しい社会学者の古市憲寿氏が、難民の現状について語った。

    ■松本が持論を展開

    話を聞いた松本人志は、「わからんようにちょっとずつ狭くしたらどうですか」と笑いを交えた提案。これにピーコは、

    「松本さんがいうように狭くしていらなくなったら、その人たちが出ていったときに、行かれるようなところを作らないといけないのよ」

    と諭す。これに対し松本は、

    「なんかみんな優しいな、話を聞いてると。俺は若干イライラしている。ちゃんと働いてほしいから」

    と持論を展開。ゲストの指原莉乃やピーコが驚きの声をあげる。

    ■古市憲寿の提案に松本は…

    これを聞いた古市憲寿氏は、

    「松本さん逆に、今からネットカフェなくしますって言ったら、その人たちどこに行っちゃうと思います?」

    と質問。すると松本は、

    「路上でまず始まるんだろうね。路上で始まるほうが俺はチャレンジしている感じがするけどね。路上なら頑張るんじゃないかな。なまじっかこれがあるからさ。

    こんなもんアリ塚みたいなもんやから。アリ塚はアリクイが来るからね。ちょっとみんな甘いな。優しい」

    と苦言を呈した。

    ■古市憲寿氏は行政の責任を指摘

    松本の意見に古市憲寿氏は、

    「ヨーロッパだったら、そもそも人が住むということは権利だから、民間に任せないで行政が責任を持って住む場所を与えてあげますよということをしなければいけないところを日本はやってなくて。

    結果的に多分ネットカフェという場所がそういうふうになっている」

    と指摘。行政が対応せず放置している現状が、ネットカフェ難民を生み出しているという見方を示す。一方、犬塚弁護士は、

    「でも松本さんがおっしゃる通りで、優しくしすぎることが本人のためになるかどうかなんで、福祉の問題はさじ加減が難しいですね」

    と独自の見解を披露。社会問題化しているネットカフェ問題は、スタジオでも意見が分かれた。

    ■ネット民は松本に否定的な意見

    ネットカフェ難民について「叩き出すべき」「路上から這い上がれ」「甘すぎる」と断罪した松本について、ネット民からは否定的な意見が噴出。





    ■理解の声も

    一方で「優しすぎるのもよくないという趣旨の発言だろう」「厳しいところから始めるべき」と理解する声も。





    ■30・40代はネットカフェ宿泊経験者が多い

    様々な意見があるものの、ネットカフェに定住する人が存在する現状が好ましいとはいえないだろう。

    ちなみに、しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,358名を対象に意識調査したところ、30代男性の22.2%が「ネットカフェに宿泊したことがある」と回答している。

    (©ニュースサイトしらべぇ)

    もちろん、このすべてが住居を持たないわけではないのだが、30代から40代は就職氷河期世代で、若い頃「仕事がしたくてもできなかった」人も数多いだけに、定住先がない人も含まれているはず。

    松本人志の「路上からやり直せ」という意見は、現在の社会情勢や30・40代が再就職しづらい現状を考えると、その論理は暴論といわざるをえないのでは。

    やはり古市憲寿氏のいうように、行政が就労支援や住宅斡旋など、なんらかの対策を施すべきなのであるように思えるのだが…。

    ・合わせて読みたい→住居なしは25%! 都内のネットカフェ難民報道にマツコ「なんらかのサポートを」

    (文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年6月24日~2016年6月27日
    対象:全国20代~60代の男女1,376名(有効回答数)

    「ネットカフェ難民は路上から始めろ」 松本人志の持論に賛否両論


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】松本人志「ネットカフェ難民は路上から始めろ」】の続きを読む



    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)



     お笑いコンビ・平成ノブシコブシの吉村崇が、2月10日に放送されたトークバラエティ番組「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)に出演。共演者のデヴィ夫人が“美と健康の秘訣”について語るのを受けて、なんと吉村は“永久脱毛”した事実を明らかにした。

    「吉村は、元々ものすごくヒゲが濃く、かつては20分ほどかけて頬から顎まで生えていたヒゲを剃り、時にはシェーバーのバッテリーも切れるほどだったとか。そこでひげを剃る時間を短縮するために、永久脱毛する決心をしたと話していました」(テレビ誌ライター)

     だが、ヒゲの永久脱毛で目覚めた吉村は「もっともっと脱毛したい」という欲求に駆られ、胸毛から下腹部の毛まで脱毛したことを告白。これにはスタジオも騒然となり、司会の久本雅美は「おかしくない!? ここに(毛が)ないの気持ち悪いんだけど」と絶句。デヴィ夫人も「そこだけ5~6歳の坊や」とコメントして笑いを誘った。

    「吉村が通っている脱毛サロンは、東京・渋谷にある『表参道スキンクリニック』という医療機関。一般のエステでは行えない医療用レーザー脱毛を専門医が行っており、芸能人御用達。吉村の他に、若槻千夏やダレノガレ明美も常連のようです」(美容ライター)

     実際、先月25日に更新された同クリニックのInstagramには、「[平成ノブシコブシ 吉村崇様]いつもご来院ありがとうございます 今回も脱毛でお越しくださいました」と、クリニックの前でピースサインをする吉村の写真がアップされている。ちなみに吉村によると、下腹部脱毛の際は手際がよく「物扱いどころじゃないですよ、車のレバーシフトのようだった」とか。

     女性の美容整形同様、男性も一度美意識に目覚めると止まらなくなるのだろうか?

    (窪田史郎)

    アサジョ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】ノブコブ吉村が明かした下腹部の永久脱毛…】の続きを読む



    (出典 www.sanspo.com)



     とんねるずの唯一のレギュラー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)が今年3月で終了。しかし4月からは石橋貴明と、タレントのミッツ・マングローブによる新番組がスタートする。長年の功績を称え、石橋には“救済措置”が取られた形になったが、現状では木梨の春からのレギュラー番組は決まっていない。2人の明暗を分けたのは、何だったのか。

     2月7日に発売された「週刊新潮」によると、とんねるずはフジテレビ相談役の日枝久氏のお気に入りで、特に石橋はプライベートでも日枝氏と親しいという。フジテレビの宮内正喜社長は日枝氏の思いを忖度し、石橋に新番組のポストを用意したと報じている。

    「とんねるずのギャラは高額のため、木梨の分の予算まで計上できなかったのでしょう。無理して2人分の予算を捻出しても、それに見合う視聴率が取れるとは限りません。局としても無理はしたくないはずです」(テレビ誌記者)

     では春以降、木梨は何をメインとして活動するのだろうか。そのヒントは、18年1月13日に配信された「東スポWeb」にあった。なんと、木梨が俳優業へのシフトを考えているという。記事によると、木梨は長年、俳優の水谷豊を慕い、水谷の主演ドラマシリーズ「相棒」(テレビ朝日系)の“相棒役”の目もあるというのだ。

     一方で、木梨自身はこんな身の振り方を披露していた。

    「17年12月26日放送のラジオ番組『のりたけやま』(TBSラジオ)で、木梨はとんねるずを続けながら、家業の自転車屋を継ぐことを明かしています。また、木梨はアーティストとしての評価が高く、絵画展はどこも大入り。海外を含め2020年まで個展のスケジュールが詰まっており、今後は余裕のある時間を使って制作活動にも力を入れていくはずです」(芸能ライター)

     コンビとしての活動はもう見られないのか?

    (石田英明)

    アサジョ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】とんねるず石橋貴明の新番組決定、いっぽう木梨憲武は?】の続きを読む

    このページのトップヘ