爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    とんねるず



    (出典 storage.mantan-web.jp)



     長きに渡り続いたバラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)が3月で終了。4月からスタートした新番組「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)も、視聴率が振るわず、大苦戦中のとんねるずの石橋貴明。毎週ゲストを呼び、トークを展開する同番組だが、初回視聴率は3.9%。第2回放送も2.9%と数字を落としている。一部では石橋とともにMCを務めるミッツ・マングローブが戦犯とも言われているが、最近放送されたある番組がきっかけで、石橋自体がオワコン(終わったコンテンツ)と断定される声も見受けられるようになっている。

    「明石家さんまが、大久保佳代子、ブルゾンちえみら総勢17名の女芸人たちと箱根旅行。本音を語るという内容のバラエティ特番『さんま&女芸人お泊り会~人生向上の旅~』(フジテレビ系)が5月26日に放送されました。女芸人たちに囲まれた芸人人生向上の秘策を伝授したりしていましたが、この番組内容が『みなおか』で、石橋が温泉で女芸人の悩み相談をする『石橋温泉』という企画に非常に似ていました。そこで憶測が飛び交ったんです。さんまのポジションは石橋でも成立していたはずだから、状況的にも情けをかけて石橋に振ってあげてもよさそうなのに、局側は単純に『さんまのほうが数字が取れる』と判断したのではないか、と」(エンタメ誌ライター)

     この見慣れたような内容に視聴者から「あれ、この企画って石橋のじゃないの?」「そりゃ、さんまの方が数字取れそうだしな」「これは事実上の石橋への戦力外報告だろ」といった声も上がっている。石橋が今回の番組を視聴していたのかは不明だが、いったい、どんな感想を抱いたのか気になるところだ。

    (佐伯シンジ)

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】石橋貴明、さんま特番放送後「この番組が石橋への事実上の戦力外通告」の声!】の続きを読む



    (出典 www.crank-in.net)



     とんねるず・木梨憲武が、バラエティーやイベント出演で暴れまわっている。場の空気を完全無視、共演者に言いたい放題&やりたい放題、さらにはスタジオに一般人を同伴…。その多くが主演映画の宣伝での出演だったが、そんなことはお構いなしと言わんばかりに自由奔放な姿を見せ、日々のネットニュースを騒がせた。その姿は、久しく見なかった若手時代のとんねるずのよう。芸人が誰よりも空気を読むこの時代、木梨にしかできない爪痕を残していく様に、タレントとしての“凄み”が感じられる。

    【貴重写真】若き日の木梨憲武、名物キャラ「飛ぶぞ!」のノリユキ

    ■“ジジイ150人”を招集!“その場のノリ”が結果として愛される稀有な存在

     今年の春は木梨の暴れっぷりが各所で見られた。5月1日、都内で公開中の主演映画『いぬやしき』の60歳以上男性限定のイベント「『いぬやしき』ジジイ選抜上映会 in ギロッポン(ルービー付き)」が行われ、木梨憲武が観客の“ジジイ”約150人と交流。同イベントは、以前に高校生を集めた試写会イベントを行った際に木梨が発した「高校生やるならジジイも集めようよ」というコメントが発端で実現し、完全なる“その場のノリ”の提案で六本木にジジイ150人が集結する運びになった。5月5日は都内の映画館に登場。木梨がまさかのLINE LIVEに初降臨というゲリラ的な生配信を行ったが、その中で共演者の佐藤健や本郷奏多、さらには映画に全く関係のない笑福亭鶴瓶やLiLiCoに次々と生電話。「結婚、おめでとう!」とLiLiCoの旦那の近況を聞く様子に、「これ何の番組?」と思わずツッコミたくなってしまう展開に。

     また、4月18日にTBSラジオ番組『ジェーン・スー 生活は踊る』にゲスト出演した際は、「映画の仕事に興味がある」という22歳の男性リスナーに「才能よりも人との出会いが大事」とアドバイス。「20日に映画の舞台挨拶があるから。そこに(彼を)来させます」と、夢を追いかけるリスナーと映画会社の人間を引き合わせる仲介人的なこともサラリとやってのけた。悪ノリ系から感動系まで一連の木梨の“その場のノリ”がネットニュースを席巻したのだ。

    ■冠番組以外のバラエティーで大暴れ! 久しく見られなかった姿にファン歓喜

     テレビのバラエティー番組でも同様だ。映画の宣伝で、『ノンストップ!』(フジテレビ系)の設楽統、『さまスポ』(テレビ東京系)のさまぁ~ず、『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)のヒロミ、『チマタの噺』(同)の笑福亭鶴瓶、『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』(日本テレビ系)の所ジョージなど、親交のあるタレントの番組に次々とゲスト出演。無関係の話を連発したり、映画ではなく実家の木梨サイクルを宣伝したり、収録スタジオに一般人のカップルと連れてきたり、鶴瓶に無理やりマッサージをして絶叫させたり、ヒロミにピンポン玉マシンガンを至近距離で撃ち込んだり…と、徹底的に暴れまわった。

     4月18日の『スッキリ』(日本テレビ系)のVTR出演では突然映画のパネルに突撃し転げまわり、「どこを強く強打したか」がプチクイズにもなった(答えはヒジ)。4月21日の『おかべろ』(関西テレビ系)では、木梨家の隣人の一般人・林さんを番組に出演させるという離れ業を披露。このように番組の扱いの大小に拘らず、徹底的に予定調和を許さずに全てを“壊す”自由さを見せつけた。この無茶苦茶な木梨のノリに多くの視聴者が「えぇw」「憲さん最高!」「まさにとんねるずって感じの流れだなぁ」「もう毎週やってほしい」と盛り上がりを見せたのだ。

    ■筋書ナシのとんねるず流“破壊衝動”はゲスト出演してこそ映える

     大物タレントとしてのとんねるずは、近年はゲストを迎えるホスト役つまり“受け”がメインだったが、冠番組外のステージでの芸人と絡み、ハチャメチャに暴れる姿はもう何年も見られなくなっていた。そんな中で一連の木梨の活躍は、場や周囲を攪乱する“攻め”の姿勢を見せつけた。過去、とんねるずは新人時代にタモリから「意味なんていらない、そのままでいい」とアドバイスを受けたエピソードが知られているが、近年の番組出演ではまさに筋書やオチがない、元々のとんねるずの“破壊屋”的芸風を存分に発揮していると言える。

     かねてからギャラの高騰でレギュラー出演は難しいと言われていたが、木梨はゲスト出演で“神回”を演出するための実力をいかんなく発揮したのだ。むしろこの姿こそが、木梨憲武本来の“自然体”なのである。往年のファンにとっては「待ってました」「いいぞ木梨もっとやれ!」「やっぱ憲さんにかなう芸人はいない」と若かりし頃のとんねるずを懐かしむように歓喜し、若い層にとっては「こんなに体張れるなんてすごい!」「最近の芸人さんにはこういう場の空気を無視する人っていないよね」と類のないキャラクターが新鮮に映ったことだろう。

    ■天性の“人たらし”がなせる業、愛されるが故に全てを壊しても許される

     かつて、お笑い界について「西のダウンタウン、東のとんねるず」と言われた時代があった。「松本人志のような天才と同じ時代にお笑いをやっているなんて人災だ。でもとんねるずには木梨憲武がいる」と石橋貴明が言ったというエピソードがネットで独り歩きをしているが(実際に発言した記録はなく、雑誌の対談記事の発言に尾ひれがついて広まった)、これは木梨憲武の特異性について表した良い例だ。とんねるずの2人の印象はまったく異なる。その存在感や声・体格から石橋貴明の暴れっぷりが目立ってしまうが、実はメチャクチャやっているのは木梨というケースは多い。アドリブで好き放題に暴れるときの破壊力では、木梨は石橋にも引けを取らない。

     それを支えているのが木梨の人としての魅力だ。木梨憲武は天性の“人たらし”。誰彼構わず、垣根を作らずに懐に飛び込んでいく。先述の“ジジイ150人”招集イベント然り、大物であるにもかかわらず拘らず素人にもどんどん絡んでいく。木梨は器用なタレントで、お笑い、歌、モノマネ、演技、アートなど多彩な活動によりスマートな印象がある。そして、タレントからも「憲さん」と愛されるキャラクターがゆえに仕掛けられた共演者もつい笑って許してしまう。

     これらのエピソードのように、現場でアドリブを発揮し、それを“笑顔で楽しく”やってのけるのが木梨の真骨頂。先述の『1億人の大質問!? 笑ってコラえて!』では視聴者から「永遠の小学生」というイメージがあると言われている場面も紹介された。どんなにメチャクチャやっても成立してしまうのは、木梨自身がその場を心から楽しんでいるのが共演者・視聴者にも伝わるからだろう。まるで子供のように無邪気に振る舞い、それに翻弄される構図は純粋に面白いし、視聴者を引き付ける。いわば、木梨憲武は“笑顔で予定調和を破壊する”一種の天才なのだ。

     ORICON NEWSの木梨本人へのインタビューでは、30年間続けてきた秘訣を聞いたところ、次のように明かした。「つらいことなんてなかったですね! ずっと楽しく続けてきました。つらいことは、前日に飲み過ぎてやばい~!くらいしかない。現場は面白いし、好きな場所なんで、飲みすぎ注意ってことだけですかね」。コンビの冠番組は終わり、ある意味大いなるしがらみから解き放たれた木梨憲武という“天才”は、今が一番面白いのかもしれない。

    (文/Kanako Kondo)
    番組・イベントの出演の様子が話題になった、とんねるず・木梨憲武 撮影/RYUGO SAITO (C)oricon ME inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】木梨憲武に筋書なんていらない、“予定調和を破壊”するタレントとしての凄み!】の続きを読む



    (出典 www.imn.jp)



    木梨憲武が5月1日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた主演作「いぬやしき」(公開中)の上映会に出席した。

    【フォトギャラリー】この日のイベント、その他の写真はこちら

    「ジジイ選抜上映会 in ギロッポン」と銘打たれた同イベントは、木梨自身が映画公開の御礼として、60歳以上の男性、いわゆる"ジジイ"たちを劇場に無料で招待したもの。上映前にはビールが提供されており、場内に集った約150人の"ジジイ"は、既にほろ酔いモード。最高齢は、市川右太衛門主演作「旗本退屈男」が大好きだという85歳の男性。「世間離れというか、ついていけない。びっくりしました。(劇中の木梨は)60代かと思った」と感想を述べていた。

    4月20日に封切られた後、木梨のもとには様々な反応が届いているようだ。「湯河原の知り合いなんですが、お母さん世代の団体が見てくれたそうで『よかったわよー』と言ってくれた」「知り合いで唯一見てくれないのが、中井貴一さん。いまだに"犬の映画"だと勘違いしている。"犬の屋敷の映画"だと思っているみたいで、面倒くさいから『そうです』と言っちゃった(笑)」と告白すると、場内は大爆笑だった。

    質問コーナーでは、映画にちなんだものだけでなく"ジジイらしい内容"であれば可能だったため、「芸能界には定年退職はない。老後の人生設計は?」と問いかけられた木梨。「体が資本。体がぶっ壊れると、大好きな仕事も趣味も鈍くなっていく。祖師ヶ谷大蔵の自転車屋(木梨サイクル)は、長男なので継ぐつもりなんです。ストレッチをして、アミノ酸を飲んで、ケアをしながら前に進んでいければ」と回答した。さらに「夫婦円満の秘訣」を聞かれると「とにかくご指示を頂く」とアンサー。「自分が思ったことも、1度噛み締める。(妻の)ご指示通りに動くことが大切です(笑)」と語っていた。

    フォトセッション時には、握手をがっちり交わして"ジジイ"たちとの交流を楽しんだ木梨。同イベントが、本作のPRの機会として最後の予定だったが、木梨は去り際に「5月5日の『こどもの日』、1人でキャンペーンをやろうと思います」と高らかに宣言。「犬屋敷の扮装をして、どこかに訪れるかも。"ジジイ"、街に出る! こうご期待!」とさらなるPR活動に意欲を示していた。

    第36回ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭インターナショナルコンペディション部門の作品賞グランプリ「ゴールデン・レイヴン賞」を受賞した本作は、奥浩哉氏による人気漫画を実写映画化。機械の体に生まれ変わった初老のサラリーマン・犬屋敷(木梨)と、同じ力を手に入れていた・獅子神(佐藤健)の対決を描く。

    中井貴一はまだ見てくれず…


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】木梨憲武、ほろ酔い“ジジイ”150人と一問一答!】の続きを読む



    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)



     ビートたけしに続けるだろうか?

     とんねるずの木梨憲武が4月21日、ニッポン放送の「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」に出演し、壮大な今後の目標を明かした。

     4月20日に公開された映画「いぬやしき」では、久しぶりの主演を任され、そのプロモーションを兼ねて、様々なテレビやラジオの番組にゲストとして登場している木梨だが、今後、挑戦してみたい事として「映画の監督」と回答。「やってみたいです。2時間のストーリーを自分たちで組み立てるって面白そうだし。助監督にはもれなく(妻で女優の)安田成美をつけますよ」と高らかに語った。

     笑いの世界で成功を収めた芸人が銀幕の世界へと足を踏み入れるのは木梨が初めてではないが、その道がいかに険しいものであるかは多くの先人たちがこれまでに証明している。

    「ビートたけしや松本人志、爆笑問題の太田光、そして最近では品川庄司の品川祐らも映画監督としていくつかの作品に携わってきましたが、興行面や作品としての評価を鑑みれば、真に成功していると言えるのはたけしくらいで、鬼門と言っていい険しい道。松本はデビュー作の『大日本人』こそ、話題性でそこそこのヒットとはなりましたが、その後の作品の評価は散々でしたからね。ネット上でも木梨に対して『簡単に考えすぎ』『映画界を舐めすぎだろ』といった厳しい声が寄せられています」(テレビ誌ライター)

     かつての冠番組「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」の絵画企画を機に始めたというアートでは、才能を見せつけている木梨だが、映画ではどうだろうか?

     アーティスト・木梨憲武の第2の人生に期待したい。

    (木村慎吾)

    アサジョ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】「簡単に考えすぎ!」木梨憲武の第二の人生に灯る“黄信号”】の続きを読む



    (出典 xn--2015-u53c4jh1513dca5n4767c4le.com)



     TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」の公式Instagramで4月21日に公開された、お笑いコンビ「とんねるず」の木梨憲武さんと一般男性の写真が話題になっています。男性は“リバティー”のラジオネームで同番組に悩み相談を送っていた人物。番組内で木梨さんが持ち掛けたとある粋な約束によって、運命的な出会いを果たすことになりました。

    【画像】“リバティー”さんと肩を組む木梨さん

     18日放送の同ラジオ番組内のコーナー「相談は踊る」にゲスト出演した木梨さん。相談メールを投稿したリバティーさんは22歳で、いつか自分に向いている、才能を生かせる仕事に就きたいと思いながらも、就職活動をせずフリーター状態となっていました。「才能ってなんなのか?」と悩むリバティーさんに対し、「どんどん自分で動いちゃうしかない」とアドバイスした木梨さんは、さらに「もう俺、彼の就職先を決めてます」とリバティーさんの人生を左右する約束を発表しました。

     その約束とは、「映画『いぬやしき』のプロデューサー、フジテレビの映画部、映画配給会社の東宝にリバティーさんを会わせる」というもの。木梨さんが直々に就職先を薦めるという突拍子もない提案に、同ラジオ出演者のジェーン・スーさんと長峰アナも「ええー!?」と驚嘆。さらに「20日に(映画の)舞台あいさつがあるから。そこにまず来させます」と現実味のある取り決めをしてしまいました。とんねるずっぽい展開だ!

     リバティーさんは実際に舞台あいさつ後の打ち上げに参加したらしく、同ラジオ番組のInstagramや、映画「いぬやしき」に出演している伊勢谷友介さんのInstagramなどに姿を見せています。この夢のような展開に、写真を見た人からは、「驚いた! 相談者の方と本当にお会いしたのですね!」「憲武さん、男前だな」「この幸運無駄にしないでほしい!」「リバティー、メールを出した勇気が素晴らしいチャンスになったね」「ラジオの奇跡だね。いや、奇跡のラジオだったのかも」と驚きと応援のメッセージが殺到しています。相談してみるもんだなあ。

    左から長峰アナ、木梨さん、ジェーン・スーさん(画像はTBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」公式Instagramから)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】とんねるずっぽい展開! 木梨憲武の神対応が話題!!】の続きを読む

    このページのトップヘ