爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    有吉弘行



    (出典 e-talentbank.co.jp)



    3年半ぶりのニューシングルで、グループ史上初のユーロビート楽曲に挑戦した「U.S.A.」を6月6日にリリースしたDA PUMP。ジャケットの公開から始まり、ミュージックビデオの発表と共に“このダサさはどうしたのか?”“本気なのか?”“計算なのか?”と発売前からSNSで物議を醸し、“なぜか頭から離れない”“中毒性がある”“ダサくてやばい”から“ダサかっこいい!”に変わり、各著名人の間でも話題に。直近ではお笑い芸人の有吉弘行のTwitterで、「DA PUMPの狩野英孝感最高。」「新曲、馬鹿で良いですね。ついつい鼻歌でヌァメリィカァ♫と歌ってしまい頬を赤らめましたよ。。。」と各方面で称賛を得ている。



    またリリースされてから1週間だが「U.S.A.」が各デジタルチャートを席巻中の状況が続いている。そして、ミュージックビデオのYouTubeでの再生回数も順調に伸びており、5月16日の公開から3日間で視聴回数100万回を突破、6月12日の時点では、713万回以上が再生されている。

    「リリースイベントがあまりにも楽しい!」とSNSで話題になっている中、7月と8月に東京、大阪、長崎、三重の4都市で行われるイベント「a-nation 2018」で、8月18、19日に大阪・ヤンマースタジアム長居にて行われる出演アーティスト第2弾として18日の公演にDA PUMPの出演が発表された。

    老若男女、ファン層の壁をも超えて楽しめるDA PUMPのパフォーマンスとファンとの一体感は“あまりにも楽しすぎる!”と、SNSで話題沸騰の中、「話題のダンスを一緒に踊れるU.S.A.ダンスミラーVer.」のダンス振り付け動画が公開された。

    ぜひ、振り付け動画を見て“イイね!ダンス”を一緒に踊って楽しんでみてはいかが?
    関連画像キャプション


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】有吉「DA PUMPの狩野英孝感最高」と絶賛 ダンス動画公開…】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    ゲストの3人が、自由気ままにトークする「ボクらの時代」(フジテレビ系)。5月27日の放送回には、ダチョウ倶楽部の肥後克広、上島竜兵、そして土田晃之が登場。20年来の付き合いについて語った。

    【写真を見る】土田晃之は「(肥後克広が)一時期有吉を養子にしようとしていた」と暴露!

    土田がまだ若かった当時の思い出として「有吉(弘行)があの時めっちゃヒマだったから、一番多い時で15日間連続でたぶん2人(肥後と有吉)で飲んでた。そんで暇過ぎるから、暇だと海外ロケが入るんですよね。

    肥後さんが『ちょっと有吉、飲み行こうよ』って言ったら、『いや、ちょっと明日海外に…』」と有吉に断られていたエピソードを語る。

    さらに土田は「『(肥後が)え?なんでだよ。その海外ロケいくらもらえるんだよ。それよりもっと出すから一緒に飲んでくれよ』って言って、一時期有吉を養子にしようとしていた」と、肥後の有吉へのでき愛ぶりを明かした

    また、上島は「こっちが仕事終わって1時2時になって、もう夜中の。呼び出したらきてたもんね。もうみんな売れちゃったけど。最初はうれしかったよ。でもこんなに売れるとは思ってないからね。

    しかもこんなに腕があるんだって。腕があるなとは思ってたよ。こいつら絶対にある程度は売れると。え、でもこんなに売れるの?」と、今や多数のレギュラー番組を抱え、当時からは考えられないほどの人気芸人となった後輩の成長に驚く。

    続けて上島は「リーダー(肥後)がいい例えしてた。子猫だと思って拾って(有吉を)育ててたら虎になったって。虎だったって」とコメントすると、土田は両手をたたいて大笑い。

    これに肥後も「ずっと猫缶あげてたらアレ?って」とその成長ぶりに驚くと、土田が「猫缶食べてる割には大きくなりましたね。本当にすごいですよね」とコメントし、3人とも大笑い。

    今や超人気芸人となった当時の竜兵会メンバーの活躍を喜んでいた。

    次回「ボクらの時代」は6月3日(日)朝7時より放送予定。安藤忠雄、モーリー・ロバートソン、ディーン・フジオカの3人が、ディーン自身の尊敬する2人についてトークを展開する。(ザテレビジョン)

    ダチョウ倶楽部・肥後克広が「ボクらの時代」に登場した


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】ダチョウ倶楽部・肥後、有吉弘行の活躍ぶりに「猫缶あげてたら虎だった」】の続きを読む



    (出典 www.j-cast.com)



     お笑い芸人の有吉弘行が自身のツイッターでバトルを展開している。そもそもの発端は、去る4月30日に更新された藤田ニコルのツイッター。「また食べてきたよ。放送お楽しみに」というつぶやきとともに、おすまし顔の口に芋虫をイラストで描いた写真をアップした。有吉はこれに反応。5月1日、「負けたくない。俺だっていっぱい虫を喰えると、しらしめたい!負けたくない!」と応戦。すると藤田は「私は切実にまたロケ一緒に行くのが目標ですよ」とクールに返した。すると有吉はすぐさま、「やりましょう。虫喰いたい!藤田さんに負けたくない!喰って吐いて、飲み込んで、やっぱりすごいなおじさんは、と尊敬されたい!」と受けて立つことを表明した。

     この熱いバトル、いったい何なのか?テレビ誌記者が答える。

    「有吉は冠バラエティー番組『有吉のダレトク!』(フジテレビ系)でMCを務めてます。藤田は、番組でゲテモノ料理にチャレンジする『キモうまグルメ』リポーターとして出演中ですが、好奇心旺盛で、人生やったもん勝ちをモットーにしており、どんな仕事も引き受けると決めていることから、大抵のものは平気な顔で口にしています。見た目のキモいものは一瞬イヤがる素振りを見せるものの、一口食べておいしかったものは、ニコニコ顔でパクつく食べっぷりの良さが好評なんです。4月10日放送回では栗農園に出かけ、シロスジカミキリの幼虫を生で爆食い。“昆虫界の大トロ”の異名を持つ珍味を大絶賛、完食していました。有吉も捨て身で笑いを取りに行く藤田に芸人魂を大いに刺激されたのかもしれません」

     有吉のつぶやきには、290件のリツイートと4948件のいいね!がついた。が、寄せられた意見は真っ二つ。「またお願いします!めちゃくちゃ笑いました」や「そうだそうだ!!有吉さんもにこるんのとなりで笑顔で虫食べてほしい」といった、有吉参加を期待する声の一方で、「やめとこうよ~もうしなくてもいいでしょ」「テレ朝のナスDのイモ虫の食べっぷりみたあとは、オッサンが食べても、インパクト薄いな~」と、引き留める意見も続出したのだ。

     一方、有吉と藤田の共演には「有吉さんとにこるんのコラボ大好き!」「わー!ふたりのロケみたい。一緒に行ってほしい」「2人大好きだよ!!久々の絡み」といったように、賛成が圧倒的だった。昨年7月の放送回で、有吉はアンガールズ・田中と沖縄ロケに出かけ、「キモうまグルメ」コーナーに出演。臭さ満点のナナホシカメムシを食べていた。藤田の放送回は5月8日以降になる。有吉、はたして参戦なるか?

    (塩勢知央)

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】有吉弘行が藤田ニコルに闘争心ムキ出しで“宣戦布告”した案件とは?】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 Egg ★ :2018/05/15(火) 19:21:19.32 ID:CAP_USER9.net

    軍団を率いる殿も、美女を追いかけるバカ殿もお疲れモード!? 新時代の“殿”は辣腕か中堅か若手か?

    「十数年後、2018年は“お笑い界の歴史の大きな分岐点だった”と位置づけられているかもしれません」(芸能プロ幹部)

     フジテレビが大ナタを振るった――この春、3月いっぱいで、『とんねるずのみなさんのおかげでした』『めちゃ×2イケてるッ!』(ともにフジテレビ系)が終了。それぞれ30年、22年の長い歴史に幕を閉じ、ゴールデンタイムは変革必至の様相だ。

    ■ビートたけしの『オフィス北野』独立騒動

    「さらに、3月中旬から、ビートたけしさん(71)の『オフィス北野』独立騒動が世間を賑わせています。たけしさんは新会社『T.Nゴン』へ移籍。レギュラー番組もそのまま存続しており、特にテレビ界に影響はないように見えますが、このお家騒動によるたけしさんへのダメージは決して浅くありません」(前同)

     現在は小康状態を保っているが、突如の分裂劇に、日本中が注目した。「たけし本人や、たけし軍団が問題視している『オフィス北野』森昌行社長による“裏切り”も、互いにすれ違いがありそうで、業界的には森社長への同情論も聞こえてきます。森社長は、たけしの映画を、ポンピドーセンターやカルティエ財団などに売り込み、芸術家として“世界のキタノ”を作り上げた功労者。二人三脚が解消され、“たけしブランド”への影響が懸念されています」(制作会社スタッフ)

     とはいえ現在、6本のレギュラー番組を抱えるたけし。安泰に思えるが、「番組の視聴率の割にギャラが高く、コストパフォーマンスの面で敬遠されがちです。民放各局は構造的な不況の中にあり、たけしの番組の中には、打ち切り候補に挙がるものもあるようです」(同前)

    ■志村けんもリストラ!?

     さらに、あの大物も、首筋に冷たいものを感じ始めているという。「志村けん(68)です。フジテレビで『志村けんのバカ殿様』『志村けんのだいじょうぶだぁ』が不定期特番として存続していますが、どちらも莫大なセット費がかかるわりに低調。レギュラーの『志村の夜』に至っては、1%台も珍しくない。視聴率の悪かった『みなおか』『めちゃイケ』が終了し、志村の番組がどちらも残るというのは、いかにもバランスが悪い。近く、リストラが断行される可能性が高まっています」(フジテレビ関係者)

    ■明石家さんまには引退説

     他方、今も最前線をひた走る明石家さんま(62)には、3年前にも報じられた“引退説”が再浮上。「さんまは、後進のために60歳で引退し、あとは気の合う仲間と、舞台で地方を回るという計画を立てていました。とはいえ、爆笑問題の太田光などの説得を受け、これを撤回。ならば……と、2011年に芸能界を引退した盟友・島田紳助が戻ってくる場所を守ろうと、テレビの仕事を続けてきました。だが、紳助には復帰の意思がないと分かり、ヤル気が失われているようです」(前同)

     お笑い界の“ボス”たちが続々と窮地に立たされ、加えて、安室奈美恵、小室哲哉、堀北真希……と、世は引退ブーム。また、いつ“引退”を言い出すか分からないさんまへは、新番組のオファーもしづらい状況だという。「さらに、元フジテレビのフリーアナ・加藤綾子が、ドラマ『ブラックペアン』(TBS系)で女優デビューし、NHK朝ドラマ『半分、青い。』にも出演が決定。産休入りした仲間由紀恵の代役で『ミュージックフェア』(フジテレビ系)のMCを務めることも決まるなど、なりふり構わぬ活動が目立つのは、加藤がレギュラー出演する、さんまの『ホンマでっか!?TV』の終了が内定しているからという話です」(テレビ誌記者)

    つづく

    日刊大衆2018年5月14日20時00分
    https://news.infoseek.co.jp/article/taishu_59232/


    【【芸人】<松本人志、有吉弘行、サンドウイッチマン…お笑い戦国時代>「次のボスは誰だ?」】の続きを読む



    (出典 e-talentbank.co.jp)



     ご意見番ポジションにはもう飽きた?

     4月29日に放送されたラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(JFN系)で、有吉弘行が、体を張ることのなくなった現状を嘆いている。

    「GW中の放送ですが、旅行などをしてアクティブに過ごすのではなく、自堕落な生活を送っている人たちが番組のリスナー層としてとらえているようで『(聞いている人は)ダラダラしてるんでしょうね』と毒づきつつ、自身についても『かくいう私も、ぬるま湯に浸かってますよ』と切り出して『びっちりローションを浴びたり、プロレスラーに追いかけ回されたり、熱湯入ったり、海水飲んでビシビシいかないと…』と、司会業が多くなって体を張ったリアクションなどを求められていないことに、芸人としての不甲斐なさを感じているようでした」(エンタメ誌ライター)

     いわゆる“上がった”状態を嘆く有吉だが、それ以上に、リアクション芸は、もはや出川哲朗とダチョウ倶楽部による寡占状態にあり、若手ですら簡単には入り込めない域に達していると言えよう。

    「有吉は以前、この番組内で『昔は本当にスカイダイビングとかも平気だった。とんねるずさんの番組で、飛びながら“白い雲のように”を歌うってのを3回くらいやらされた。今じゃ考えられない』と振り返ったこともありましたが、もともとは、同じ事務所のダチョウ倶楽部・上島竜兵を慕う、リアクション芸を愛する芸人なんです。そんな上島の背中を見て、仕事観を顧みたくなっているのかもしれません。何しろ、有吉本人が『ぬるいラジオでおしゃべりしてる場合じゃない』とラジオで言っていましたから」(前出・エンタメ誌ライター)

     毒舌でのし上がった有吉だが、芸人としての矜持は意外にも“体を張る”ことにあったようだ。

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】「ローションを浴びたい」有吉弘行がマンネリ化した司会稼業を嘆きまくった!】の続きを読む

    このページのトップヘ