爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    くりぃむしちゅー



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    5月29日に放送された「有田哲平の夢なら醒めないで」(TBS系)に、松竹芸能所属の芸人・餅田コシヒカリがゲスト出演。アルバイトで生計を立てている現状を明かした。

    この日のテーマは「ナゼかバイトから抜け出せない芸能人SP」。“元フジテレビアナウンサー加藤綾子似”としても話題の餅田は、88kgから18kgのダイエットに成功すると、雑誌の表紙やグラビアを飾るなど、おデブ界期待の星としても注目を集めている。

    そんな餅田は家賃5万8千円のアパート暮らし。現在は大手居酒屋チェーン店のホールスタッフとして週3日勤務、時給は1000円という。

    ジョッキ12個を軽々運んだり、大皿5枚を一度で届けたり、また客に“顔バレ”しても笑顔で対応したりと餅田の評判は上々。餅田は「ここ(店)での自分が輝いている」と明かす。

    役職が“店長代理”という餅田は、「バイトだと(周りを)仕切れるから、みんな私のいうことを聞いてくれる。その環境で輝ける自分最高みたいな」とバイト生活から抜け出せない現状を語った。

    MCの有田哲平からは「それを本業にしなさいよ」と“先輩芸人”としてのツッコミが飛んできた。

    餅田は“カトパン似”と言われることに対して「直接はお会いしてなくて」と実は面識がないことを今年4月のDVD発売イベントで明かしていた。

    また「失礼ながらカトパンさんのおかげでここ2年間、ここまでこられたとその限りでございます」と恐縮しながらも、機会があれば会いたいと伝えている。

    次回の「有田哲平の夢なら醒めないで」は6月5日放送、「ここが変だよ!東京の女SP」をオンエア予定。(ザテレビジョン)

    有田哲平が後輩芸人アドバイス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】有田哲平“カトパン似芸人”に助言「それを本業にしなさいよ」】の続きを読む



    (出典 meigen.keiziban-jp.com)



     今でこそ真人間にも見えるが、若かりし頃はとてつもなくヤンチャだったようだ。

     4月22日に放送されたバラエティ番組「口をそろえて!アノ人もアノ人もアノ人も言ってました!」(日本テレビ系)で、“芸能界一イイ匂い”がする人物に、くりぃむしちゅーの上田晋也の名前が挙がっていた。この情報については同局のスポーツ番組「Going!」で共演する同局の後藤晴菜アナは、「毎週、上田さんとご一緒してるんですけど、上田さんが来たら、タレントクローク、『あ、上田さん入ったな』ってわかるくらい、ほんのりと」と説明。同じく同局の徳島えりかアナも「『お疲れ様です』ってすれ違うときに、(振り返って)『いい匂い』ってなります」とコメントしている。

     さらに、番組MCのオードリーの若林正恭も「匂いするんすよ。1回、個室で2人だけでご飯食べさせてもらったことあるんすけど、抱かれるのかな? って思った」と証言するなど、同性でも認めるほど、上田はいい匂いを放っているようだ。

    「売れ出してからの上田しか知らない若者たちは不思議に思うかもしれませんが、若い頃の上田はかなりイケイケでした。過去には相方の有田哲平が、上田がお笑いを始めたての頃、3股をしていたエピソードをバラエティ番組で明かしています。何でも、その時の上田は3人の女性に、他に彼女がいることを正直に打ち明けていたといいますが、『オレは(1人に)選べねえ!みんなマジだから!』『誰か“別れる”って言ってくれたら、残ったヤツと付き合えばいい』などと話すなど、モテキャラを全開にしていたようですね」(エンタメ誌ライター)

     いい匂いなのもモテモテだった当時の名残が残っているのだろう。

    (権田力也)

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】“芸能界一イイ匂い”も納得!? くりぃむ上田の謎めいたモテ武勇伝…】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



     繊細な神経を持つ俳優やミュージシャンが、バラエティ番組でお笑い芸人と共演し、そのズバッとしたトークにトラウマを持ってしまうことは多い。

     2018年4月1日放送のトーク番組『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に俳優の吉沢亮が出演。その際に、司会のくりぃむしちゅー・上田晋也から受けた言葉のトラウマをカミングアウトしている。

     吉沢はかつて『世界一受けたい授業』(日本テレビ系)にゲスト出演した際、進行を担当していた上田から「最近悩みある?」と聞かれ、正直に「台本を覚えるのが、すごい大変で、どうすればいいのかわからない」と答えた。すると「じゃあ、役者辞めちまえ!」と言われたという。性格が暗くてネガティブだという吉沢は大いに傷ついてしまい、その言葉をいまだに引きずっていると語った。

     この言葉を聞いた上田は、大慌てで謝罪。吉沢が辞めることは芸能界の損失だとし、土下座しながら「辞めないでもらえるか? もう本当に申しわけない」と、平身低頭で謝っている。

    「上田さんはゲストとの距離を縮めるため、わざと乱暴な言葉を使う時があります。たいがいのタレントはシャレなことはわかっているので笑って受け流すのですが、真面目な吉沢さんにしてみたら、かなり衝撃的な言葉だったんでしょうね」(テレビ局勤務)

     上田よりも切れ味の鋭いツッコミでゲストを震え上がらせている司会者といえば、明石家さんま。そんなさんまの言葉にトラウマがあると公言しているのはウエンツ瑛士だ。

     ウエンツは2017年5月8日放送の『深イイしゃべくり毒舌合体SP』(日本テレビ系)にて、さんまにまつわるトラウマを暴露。ウエンツは9歳の時に『あっぱれさんま大先生』(フジテレビ系)のオーディションに参加。審査するさんまを目の前に、印象を良くしようと聞かれた質問に真面目に答えるなど、しっかりしたところをアピール。しかし、さんまの反応は薄く、ウエンツの答えに「そうかぁ」とだけ答えたという。ウエンツはその時のことについて「その『そうかぁ』の声と顔が、いまだに忘れられない」と告白。その「そうかぁ」があまりにも興味がなさそうで、子どもながら「落ちる」ということがハッキリ予想できたという。ウエンツは大人となり売れっ子になった今でもテレビでさんまの「そうかぁ」を聞くたびにビクッとしてしまうと語っている。

     また、ウエンツと同じく、さんまに子ども時代にトラウマを植え付けられているのが歌手の三浦大知。三浦は2017年6月26日放送の『第2回 明石家紅白!』(NHK総合)にて、さんま本人に向かってそのトラウマを報告。それによると三浦は子ども時代に『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演、その際に番組で良かれと思いさんま相手にツッコミを連発。さんまに「今お前、それ流れ違うから」と注意。その上、楽屋にあいさつに行った時、自身の音楽CDを渡そうとすると「あ、ごめん! 俺時間ないねん」とすげなく断られたとも語っている。

    「さんまさんは子ども相手でもダメなことには容赦がない。2人とも、小さい頃に厳しい目に遭って勉強になったとは思いますが、文句の1つも言いたいところではあるでしょうね」(放送作家)

     トラウマ克服のためには、売れっ子になって発言者を見返すしかない!?

    くりぃむしちゅー公式ホームページより


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】明石家さんまと上田晋也が怖すぎる!? 子役にも容赦なし…】の続きを読む



    (出典 i1.wp.com)



    俳優の吉沢亮(24歳)が、4月1日に放送されたトーク番組「おしゃれイズム」(日本テレビ系)に出演。MCのくりぃむしちゅー・上田晋也(47歳)から「役者やめちまえ」と言われたことがトラウマになっていると明かした。


    性格は暗いほうで人見知り、ネガティブだと自己分析する吉沢は、基本的には最悪な状況を想像しながら現場にいるという。バラエティ番組も何か気の利いたこと言わなきゃいけないのかなと変なスイッチが入ってしまい緊張するとのこと。

    そして、かつて「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)に出演した時に、進行を務めていた上田から「何か最近悩みある?」と聞かれたので、「台本覚えるのがすごい大変で、どうすればいいのか分からない」と答えたところ、「じゃあ役者やめちまえ!」と言われたことを未だに引きずっていると告白した。


    その発言を聞いた上田は床に座って「吉沢くん、君やめてもらうと日本芸能界の大きな損失だから頼む! ホントに申し訳なかった。やめないでもらえるか? もうホントに、ホントに申し訳ない」と平謝りしていた。

    Twitterなどのネットでは「上田さんが土下座にw」「あの上田が土下座wwwwww」「上田が土下座してるww」「吉沢亮、上田さんいじってるとき楽しそう」「そんなこといわれたらトラウマになるよー」といった反応が寄せられている。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】くりぃむ上田、「役者やめちまえ」発言で土下座…】の続きを読む



    (出典 geitopi.com)



     3月22日、バラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)が、約30年の歴史に幕を下ろした。最後はとんねるずが、自身のヒット曲の替え歌を披露したという。

    「エンディングでは、とんねるずの2人が1991年にリリースしたヒット曲『情けねぇ』を熱唱しました。その中で『この国を 滅ぼすなよ』という元の歌詞を『バラエティを 滅ぼすなよ』、そして『この国を おちょくるなよ』は、『フジテレビを おちょくるなよ』と替えて歌ったことで、ネットでは『視聴者へのメッセージか?』と話題を集めました」(テレビ誌記者)

     そして同番組と同じく3月末をもって終了するのが、バラエティ番組「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)であるが、フジの黄金期を支えてきた看板番組が消えることで、一部視聴者の間では寂しさの声も広がっている。

     そんな中、バラエティ番組ファンの間で、唯一支持されているフジの番組があるという。

    「今、フジでもっとも人気のバラエティ番組といえば、くりぃむしちゅー・有田哲平がMCを務める『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系)でしょう。同番組は、ニュースを様々な有識者が解説するという内容なのですが、それがいつも無関係な話題へと脱線していき、毎回ゲストのお笑い芸人がツッコミを入れていくというスタイルです。そしてスタジオでのやり取りやVTRには、毎週趣向を凝らしたアイデアが盛り込まれ、バカバカしいことを淡々と進行していくシュールな展開が、バラエティファンにウケているのです」(前出・テレビ誌記者)

    「みなおか」や「めちゃイケ」が終了することで、ネットでは「もうフジだと『脱力タイムズ』しか見るものがない」という声も多く上がっている。この数少ない人気番組が、終わることにならなければいいのだが。

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【注目】「みなおか」「めちゃイケ」終了のフジで唯一視聴者が支持するバラエティとは!?】の続きを読む

    このページのトップヘ