爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    チュートリアル



    (出典 terracehouse.xblg.net)



     お笑いコンビ・麒麟の川島明が『パラリンアート世界大会2018』のアンバサダーに就任し5日、都内で行われた取材会に出席。一部週刊誌でチャラン・ポ・ランタンのももとの自宅デートが報じられたチュートリアル・徳井義実について「どうなんですかね、あれは。うわさレベルですから僕がとやかく言える問題でもない」としつつ、「前に話題になったとき、顔を真っ赤にして下を向いているだけだった」と様子を明かした。

    【写真】チュート徳井との“交際質問”に無言だったもも

     徳井とは『アメトーーク!』の「結婚したくてたまらない芸人」で共演していたが、川島が先に結婚してしまったため「裏切り者と言われています」と苦笑。「僕にはそういう話をしてくれないのでわからないですが、みんなが幸せになったらいい」と芸人全員の幸せを願った。

     川島は、世界各国の障がいを持つ人からアート作品を募集するコンテスト『パラリンアート世界大会2018』のアンバサダーに就任。パラリンアートとして初の世界規模のコンテストとなり、障がい者の人たちが挑戦、活躍する場をより増やしていくことを目的としている。

     第1回大会の募集テーマは“祭り”で、川島も自身が描いた温かみのある作品を紹介した。取材中に審査員も務めることが伝えられ、「今一気に心臓が小さくなりました。身に余る光栄」と恐縮。「参加する方々と一緒に絵を描きたいし、教えてほしい。現場にいって、描いている空気を肌で感じて伝えたい」と意気込んでいた。
    チュートリアル・徳井義実のデート報道に言及した麒麟・川島明 (C)ORICON NewS inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】麒麟・川島、デート報道の徳井義実は「顔真っ赤にしていた」】の続きを読む



    (出典 img.sirabee.com)



     お笑いタレント・今田耕司が23日、都内で行われたAmazonプライム・ビデオの恋愛リアリティー番組『バチェラー・ジャパン』のシーズン2の配信記念記者発表会に出席。深夜デート報道(のちに否定)後初の公の場で、独身芸人による「アローン会」の継続を高らかに宣言した。

    【動画】女性にフラれぼやきが止まらない今田耕司

     今田は『女性セブン』で深夜デートが報じられて以降、初の公の場。同番組のシーズン1でさまざまなシチュエーションを見ていながら、美女とのデートを実らせることができず「さんざん見たのにも関わらず朝の4時に女性に帰られた。ステキなバーに連れて行ったんですよ! バチェラーのテクを使ったのに」とぼやき。それでも「朝4時まで引っ張れたのはバチェラー効果。バーを3軒目まで行った。いいバー3軒なんて若手ではできない」と、なぜかフラれたにも関わらず自信を深めていた。

     また、今田が会長を務める独身の男性芸人で結成された『アローン会』部員のチュートリアル・徳井義実が、音楽ユニット・チャラン・ポ・ランタンのももとの自宅デートがスクープされ、脱退することに。会のルールとしてLINEグループから「彼女が出来たら何も言わずグループから退会する」との取り決めを持っているそうだが、今回は騒動の責任をとっての脱退という。

     退場時に話題を振られた今田はうれしそうに立ち止まり「アローン会ですか。みなさん、やはりアローン会が気になるようですね。解散はしませんよ。アローン会は続いています」と会の解散を否定し、継続を高らかに宣言。徳井へのひと言を求められると「徳井くん、君の席はまだ空けてます。岡村(隆史)部長が、ぜひ戻って来てくれと言っていた」と呼びかけた。最後は「みなさん、アローン会フルメンバー4人での会見をご期待ください」と今後の活動を示唆し、会場を後にした。

     今田のあまりの堂々とした立ち振舞いに、同席した藤森慎吾(オリエンタルラジオ)は「会見終わってますよ。だいたい、そこで立ち止まらないでしょ」と苦笑いだった。

     アローン会は、名誉会長の坂田利夫を筆頭に、顧問の明石家さんま、会長の今田、部長のナインティナインの岡村隆史、部員の徳井、ピースの又吉直樹というメンバー構成となっている。

     同シリーズは、結婚を目的に真の愛を見つけ出そうと願う、一人の成功した独身男性=「バチェラー(Bachelor)」と、彼の心を勝ち取るために集結した20人の女性がゴージャスな共同生活を行う中で、ドラマチックで情熱にあふれた婚活サバイバルを繰り広げる恋愛リアリティー番組。25日から配信スタートとなる。今田は「シーズン2は全てにおいてパワーアップしている」と魅力を熱弁した。

     会見にはHKT48の指原莉乃、CMに出演するゆりやんレトリィバァも参加した。

    「アローン会」継続を宣言した今田耕司 (C)ORICON NewS inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】今田耕司「アローン会」継続を高らかに宣言 脱退の徳井へ「君の席は空けてます」】の続きを読む



    (出典 grapee.jp)



     DT(童貞)にスポットを当てた青春バラエティ番組『DTテレビ』#28 (毎週金曜23時~)が5月18日、AbemaTV(アベマTV)にて放送。セクシー女優・みゆき菜々子をゲストに迎えた企画の中で、遠慮がちな態度をとるDT芸人に、番組MCのチュートリアル・徳井義実が喝を入れる一幕があった。

     18日放送回では「DTときめきボーダーライン」と題し、DTがときめくさまざまな境界線を検証する企画が行われた。このコーナーが始まるや否や、徳井は「どうしようもないコーナー」と酷評。“DTブラザーズ”のメンバーにルール説明をする際も、気乗りしない様子だった。

     最初にテーマに挙がったのは「スカートの長さ」。みゆきが徐々にスカートをたくし上げていき、DTがときめいたポイントでボタンを押し、理想の長さを決定した。すると、DT芸人のヒロムは、まだ膝も見えていない段階でボタンを押してしまい、批判が殺到。徳井は先ほどの態度とは打って変わり、「早いやろ! パンツ見してもろたらええやろ。何してんねんお前!」と叱責した。

     アシスタントMCを務める朝日が「さっきまであれほどどうしようもないって言ってたのに、一番楽しんでいる」とツッコむと、徳井は「こんなにエンタメ性の高い上げ方とは思わなかった」と予想外の展開を喜び、その後は終始ノリノリの様子。「胸の谷間」の深さに続き、理想の「開脚の角度」を決める場面では、DTたちに混ざってみゆきの前を陣取り、率先して検証に参加した。

     ぽっちゃりDTの鈴木翔真は、ギリギリまでボタンを押さず粘り、DTがときめく開脚角度は100度に決定。検証を終え、“DTブラザーズ”のメンバーから「AV2本見た感じ」と声が上がった。

     最後は、体のどの部分を触られるとDTはときめくのか、性感帯を検証。DTギタリスト・クロサワの前にみゆきがしゃがみ込むと、徳井は「ありがてぇ~」と感謝の言葉を連発。「ここんところ仕事忙しかったから、ありがてぇ~。リセットできる~」と心底ありがたがり、スタジオの笑いを誘っていた。


    (C)AbemaTV



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】チュート徳井、遠慮がちな童貞たちに喝「パンツ見してもらえばええやろ」】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)



     DT(童貞)にスポットを当てた青春バラエティ番組『DTテレビ』#28 (毎週金曜23時~)が5月18日、AbemaTV(アベマTV)にて放送され、番組MCを務めるチュートリアル・徳井義実が、関係を持つ女性の見極めに絶対の自信を見せた。

     同番組のオープニングは、“DTブラザーズ”のメンバーが「俺たち、DT!」と声を合わせ、団結力をアピールするのが恒例。メンバーの1人である、DT芸人のひろがかけ声を先導するのだが、毎週その台詞が異なる。18日放送回は「コンプライアンス違反は一切なし」という内容だった。

     すると徳井は「コンプライアンス、大丈夫ですか? そこだけはお願いしますよ」と“DTブラザーズ”のメンバーに釘を刺し、「特に若手芸人の皆さん、大丈夫ですか?ファンに手を出すのもいいですけど、ちゃんと大丈夫なファンに(手を)出してください」と意味深発言。

     徳井といえば、これまで数々の女性との熱愛がウワサになってきた、お笑い界きってのモテ男。“DTブラザーズ”のメンバーから「何かありました?」「あったそうなんですけど」と探りを入れられると、徳井は「私は大丈夫です」と断言。「私はその辺の見極めがすごいんです」と自信たっぷりに切り返していた。


    (C)AbemaTV



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】チュートリアル徳井、女性選びに絶対の自信「見極めがすごい」】の続きを読む



    (出典 cdn.amebaowndme.com)



     先日、女性誌に姉妹2人組音楽ユニット、チャラン・ポ・ランタンのももとの熱愛が報じられたお笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実。数々の浮き名を流しまくった男も、今度こそ“18歳差”の女性とゴールインするのか。

     もともと彼女たちの楽曲を自身のイベントで起用したことがきっかけで交流、熱愛へと発展した徳井。過去には女優の夏川結衣、元バドミントン選手の潮田玲子らと交際が報じられるなどモテモテの人生を歩んでいた。

    「元モデルのイケメン芸人。そのギャップで女性を落とすので、芸人の間でも一目置かれていた」(お笑い関係者)

     ただ、近年はその遊びっぷりも鳴りを潜めていたが、ここにきて年下女性との交際がすっぱ抜かれた。

    「ももは音楽シーンにおいて、まだまだ発展途上の身。本業に集中しなければならない時期」(音楽関係者)というが、人気者との交際で「知名度がアップするのは確実。楽曲に触れるファンが増える点を考えればプラスでしょう」(同)と話す。

     また、ももの所属事務所は、大手ながら恋愛に関しては「割と寛大な対応を見せる事務所として知られ、今回も『コメントしない』と静観している」(同)。本人らがその気になれば、一気に結婚まで進むことも事実上可能だ。

    「後は徳井が他の女性に目移りしないか。ももさんも、人気者が彼氏ならそれなりの覚悟はしないといけない。そうしたところを乗り越えられるかがポイント」(芸能関係者)

     お笑い芸人とミュージシャン、異色のカップルに注目だ。

    徳井義実の公式インスタグラム(@tokui_yoshimi)より


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】チュートリアル・徳井義実、今度こそ結婚へ!? 気になる“お相手”の事務所は「恋愛に寛大」で……】の続きを読む

    このページのトップヘ