爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    スギちゃん



    (出典 upload.wikimedia.org)



    お笑い芸人のスギちゃんが、きょう12日に放送されるテレビ朝日の単発バラエティ番組『行けるトコまで接近中』(14:55~16:25 ※関東ローカル)で、フィリピンの刑務所に潜入する。

    同番組は「危険だから」「警備が厳重だから」「恐れ多いから」など、様々な理由で簡単には近寄れない場所や人物に、行ける所まで接近するという内容だ。

    スギちゃんは、殺人事件が年間1万件を超えるフィリピンでも歴史が古く、2,500人以上もの受刑者が暮らしパンク状態の刑務所内部に。受刑者「エイジ スギヤマ」として24時間潜入したスギちゃんは、同じ監房の受刑者たちからは新人を値踏みするような鋭い視線を浴びせられる。「もう無理、ゲロ吐きそう」と嘆くほどの、刑務所の実態を探る。

    また、麒麟の田村裕は、タイの現役マフィアに接近。バンコク市内に存在する危険エリアで30年トップに君臨する現役バリバリのボス、チャット・タオプーン氏に会うことを目指す。しかし危険エリアと言われる場所に足を踏み入れると、すぐさまマフィアと思われる男たちが現れ、元ボクサーや元警察官、元爆弾犯など屈強な部下たちが出迎える。マフィアのボスの口からは衝撃エピソードが語られる。

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】スギちゃん「もう無理、ゲロ吐きそう」刑務所に受刑者として潜入…】の続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)



     ピン芸人のスギちゃんが24日に放送される日本テレビ系ネタ番組『エンタの神様 大爆笑の最強ネタ大大連発SP』(後7:00)に出演。アキラ100%ととにかく明るい安村とともに“スペシャル裸芸コラボ”として、スギちゃんがお盆芸をステージで繰り広げる。前回は小島よしおとともにコラボした本家・アキラは「なんか一発屋再生工場みたいになってますね、ここに来たらテレビ出れるみたいな。『アキラさんにお願いしたらエンタ出れるらしいぞ!』って(笑)」と苦笑しつつ、まんざらでもなさそうにコメントした。

    【写真】15年前のネタをアップデートして披露した陣内智則

     スタジオを大いに沸かせた3人だったがアキラは出番後、「今回のスギちゃんは普段着衣でネタをされる方なので、どうなることかと…」と心配もあったことを明かしつつ、安村は「練習は結構やりましたが、スギちゃんは何回やっても全部出ちゃうんです。そして、出ても平気な顔してるんですよ、女性のスタッフさんもいるのに。練習中は出しながら話を聞いてたり(笑)」と暴露。

     そんなスギちゃんだが肩の荷が下りたのか 「最初は勇気がいりましたけど、やってみると楽しいですね」と大満足。「2人の芸は、テレビで見て羨ましいなと思ってましたよ。『なんで俺服着てたんだろう!?』って(笑)。ただ、お盆芸は自分のものではなくアキラが作り上げたネタなので、絶対失敗しないようにプレッシャーに耐えるのが本当に大変でした」と振り返った。

     また2003年4月の放送開始以来、今回の放送で丸15年を迎えることから常連・陣内智則は、15年前に初登場で披露したネタをバージョンアップ。『笑いの映像クリエイター』と紹介を受けた陣内は「昔は『笑いのニューウェーブ』って言われてましたけど、いつから変わったんですか!? 気に入ってたんですけど」と首をかしげつつ、「ベテランと思われるのは嫌なので、これからまだまだガンガンいかないと。『笑いのニューウェーブ』として(笑)」と気持ちを新たにしていた。
    24日放送の日本テレビ系ネタ番組『エンタの神様』でスギちゃんがお盆芸に挑戦 (C)日本テレビ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】スギちゃん、安村とアキラ100%の裸芸に挑戦…】の続きを読む



    (出典 img.cinematoday.jp)



    (C)まいじつ

    お笑い芸人のスギちゃんが1月18日放送の『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』(テレビ東京系)で現在の月収を告白した。

    【関連】 「アイドル下着盗撮団」が東京都内に出没中!? ほか

    この日放送の番組では『天国から地獄に落ちた芸能人SP』として、「ワイルドだろぉ?」のフレーズで人気になったスギちゃんが登場。スギちゃんは2012年に『R-1ぐらんぷり』で準優勝して知名度を上げ、その年の『新語・流行語大賞』の年間大賞にも選ばれた。

    いまはテレビで姿を見ることがすっかり少なくなったスギちゃんだが、番組では当時の最高月収を「1000万円だぜぇ~」と明かした。最近は「営業が多いですね。結構、回らせてもらっています」と言い、週末のイベントや、地元の愛知県のテレビ局に出演しているという。直近3カ月の月収についても、「180万円」、「150万円」、「80万円」だとし、予想以上に高額な月収だったためスタジオからは拍手が起こった。番組MCの『次長課長』の河本準一も「すごい!」と言って驚いていた。

    インターネット上でも《ブームは去ってもスギちゃんは好感度も知名度も抜群だし、地方回りの営業なんかでも喜ばれるだろうしね》、《やっぱりスギちゃんは稼いでるんだな》、《なんだよ立派なもんじゃん スギちゃん底力あったな》などの投稿があった。

     

    スギちゃん「テレビから消えても月収100万円」の理由

    所属芸能事務所の影響も

    「スギちゃんの所属している芸能事務所のサンミュージックには、『髭男爵』、ダンディ坂野、ゴー☆ジャスなどの“一発屋”の芸人が多数います。しかし、営業担当のマネジャーが優秀なので、売れている芸人のバーターで仕事を取ってきて、うまく営業を回しているのです。いまだと『メイプル超合金』が人気ですから、そのバーターの営業の仕事があるのではないでしょうか」(芸能ライター)

    スギちゃんは2015年に13歳年下の一般女性と結婚し、昨年10月には第1子が誕生。私生活も充実している。

    スギちゃんの場合は、流行語年間大賞を取ったほどの勢いがあったからこそ、現在の状況になっているのかもしれない。しかし、各地のショッピングモールで一発屋芸人たちに遭遇しても、それほど哀れな目で見る必要はなさそうだ。

     




    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【一発屋】スギちゃん「テレビから消えても月収100万円」のワケ…】の続きを読む



    (出典 zatudannetasouko.com)



     2012年の「R-1ぐらんぷり2012」をきっかけにブレイクし、一世を風靡(ふうび)したお笑い芸人のスギちゃんが、18日に放送されたバラエティー番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(テレビ東京)に出演し、今の月収を告白。視聴者からは「全然テレビ出なくなってからもそんなもらえるの」「テレビに出なくなっても月に100万前後は稼いでるのか…」と驚きの声が上がった。

     現在は全国のイベントを回る営業や出身地・愛知のローカル番組をメインに活躍しているというスギちゃん。番組内ではブレイク時のMAXの月収は1,000万円にも上ったと語る一方で、現在の収入についてもコメント。先々月の月収が180万円、先月が150万円、今月が80万円であるとを明かした。スタジオ内でも「お~」という声が上がっていたが、それを見ていたファンも同じ印象を抱いたよう。

     お笑い芸人としての活動以外にも、2016年には俳優として出演した映画『鉄の子』や声優参加した映画『みつばちマーヤの大冒険』が公開され、2017年にはドラマ「ラブホの上野さん」や「ソースさんの恋」などへの出演を果たしていたスギちゃん。私生活も円満のようで、2015年に結婚した13歳年下の一般女性との第1子も2017年10月に誕生。彼のSNSでは、わが子にメロメロになっている姿も披露されている。(濱島裕)

    スギちゃん(画像は2016年イベント時に撮影)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】スギちゃん、ブレイク去っても…今の月収告白に驚きの声!】の続きを読む


    流行語大賞からもう5年…スギちゃんが年末の新橋に!



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    お笑い芸人・スギちゃんを起用した「ガスター10」(第一三共ヘルスケア)の広告ポスターが、サラリーマンの駅・新橋駅にて展開中。(掲載期間は12月10日まで)

    「ワイルドだろぉ?」のフレーズで一世を風靡したスギちゃんが、日々感じている思わず胃が痛くなるようなリアルなエピソードが全10パターン展開される。「流行語大賞からもう5年。」「仕事納めが人より早い。」「年末年始、テレビ観放題。」など、“一発屋芸人”と揶揄されることも少なくないスギちゃんの心情が赤裸々に描かれた切ない内容となっている。



    それぞれのエピソードに合わせた、スギちゃんのワイルドな決めポーズにも注目。

    また、「ガスター10」特設サイトでは、WEB限定ショートムービー「『胃酸、出スギちゃん』のストレスDays」シリーズ30本を順次公開。ポスターと同様に、動画もすべてスギちゃんの「日常で胃が痛くなるリアルエピソード」を切り取ったものとなっている。



    中でも、特に胃が痛くなりそうなエピソードは、「マネージャー篇vol.1ちなみに昨日のスケジュール」。仕事終わりにインタビューを受けるスギちゃんが、「皆様が思っている以上に忙しいですね」と豪語。インタビュアーに前日のスケジュールを聞かれ、「4つか……」とマネージャーにウソをつくよう働きかけるも、「ゼロです」と虚しく返されてしまうという、なんとも哀愁漂う内容に。
    “一発屋芸人”スギちゃんの悲哀が凝縮された動画の数々は、「要チェックだぜぇ」。
    関連画像キャプション


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【流行語大賞からもう5年…スギちゃんが年末の新橋に!】の続きを読む

    このページのトップヘ