爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    とろサーモン



    (出典 nicolive.cdn.nimg.jp)



    (C)まいじつ

    昨年末に放送された『M‐1グランプリ2017』(テレビ朝日系)で優勝したお笑いコンビ『とろサーモン』の久保田かずのぶのツイッターが注目を集めている。

    【関連】 M-1決勝最下位「マヂカルラブリー」になぜか仕事殺到 ほか

    この投稿は、とあるネットメディアの投稿を引用していて、記事の内容は『KinKi Kids』の堂本剛が自らのラジオ番組でリスナーからM‐1グランプリの感想について聞かれたときの反応が書かれている。

    《「拝見させていただきました。オンタイムでは見てませんけど。ボクの印象ですけど、ああいうタイプの種類のネタで、『M-1』って感じが、なんかないんですよね。もちろんおもしろかったですけど」》

    このように発言したといい、聞き方によっては批判しているように取れる内容だった。この記事に久保田が乗っかった格好だ。その久保田の投稿には多くの返信が投稿された。

    《君ら確かにM-1ぽくないわ。続行!とか言うからK-1ぽいな。》
    《こういういろんな方々が見てるところで他から見たら叩いてるようにも見えるような内容をあげるのはいかがなものかと 絡めてるのだろうと思いますが、少なくとも剛くんのファンはあまりいい気分ではありませんよ。》
    《直接ラジオ聞いてたなら、批判していない事がわかったはず。他の人が手を加えた文章で判断しない方がいいですよ~。》

    このように久保田に反論するようなコメントが散見される。

    また、インターネットの掲示板では久保田に批判的な内容の投稿が目立った。

    《器ちっちゃ》
    《あっ 消される》
    《なぜスルー出来ないのか》
    《正直痛い》
    《もう村本枠は村本で満席やぞ》

     

    とろサーモン・久保田かずのぶ「上手い返し」のはずが誤解生む

    ファンからは 「嫌味な感じになっちゃってるのが残念」

    だが、とろサーモンと堂本剛はテレビ番組で共演した経験があり、堂本剛はとろサーモンのネタで爆笑したこともあった。それ以来、交流関係にあるそうだ。そして、堂本剛は以前『堂本剛の正直しんどい』というテレビ番組をにレギュラー出演していて、久保田はその番組タイトルに引っ掛けた返しをしただけだったようだ。

    これに気付いたファンからは、次のような投稿があった。

    《おいおいおいw 久保田のいい返しに気づいてない奴おるやんけw勘弁してくれよ》
    《「正直しんどい」にかけたのは分かるけど、それでも嫌味な感じになっちゃってるのが残念です。顔が見えてニュアンスが伝わる状態で言うならいいと思うけど、ツイッターでこんなふうに書いちゃうとキツく感じるから、久保田さんが無駄に嫌われそうでイヤだな。》
    《正直しんどいを出してくれるのは嬉しいですが、ネット記事のせいで言葉の意味が誤って伝わることが悲しいです。「君のお笑い出来ますよ感も正直しんどい」剛くんが久保田さんを応援していても、久保田さんは剛くんをそう思ってる。たとえこの言葉に愛があったとしてもそれは伝わらないですね。》
    《「正直しんどい」にかけてくれるのはとても有難いことだと思います ですが、そのような言い方だとアンチされますよ〜》
    《『正直しんどい』を知らない世代も多いんだろうなぁと思う。》

    うまい返しをしても伝わらないのは、芸人としては悲しいところだろう。

     




    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】とろサーモン・久保田かずのぶ「上手い返し」のはずが誤解生む…】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



    毎週ゲストと酒を酌み交わしながら本音でトークする「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)の企画「本音でハシゴ酒」。1月19日の放送にとろサーモンが出演、久保田かずのぶのクズっぷりが明らかになった。

    【写真を見る】久保田かずのぶのクズっぷりに鼻をグーで殴ったこともあるという相方・村田秀亮

    とろサーモンは、昨年2017年のM-1グランプリで優勝、一躍売れっ子芸人となったが、実力があったにもかかわらず、苦節15年なぜ売れなかったのか? その原因は、久保田のクズっぷりにあるらしい。

    とろサーモンは、2011年に東京進出するも大失敗となったが、本来ならば2009年に東京に進出するはずだったそう。2年遅れた理由は、久保田が「ちょっと待て! まだ早い!!」と言ったからだが、本当の理由は久保田が関西に愛人がいたかららしい。

    一方、奥さんには、お金がないからガールズバーで働かせていたという。それに対し久保田は「いやいや、ガールズバーで働かなあかんなって自分で言って働き始めたんですよ」と否定するも、最終的には嫁に殺されそうに。

    「寝てる時に燻煙式殺虫剤をたかれて、目を開けたら真っ白になっていて『うわっ、火事や!』と歩こうとしたらクラクラしてるんですよ。そんなまだ吸ってないのに。ドア開けたら膝から崩れ落ちて、前見たら嫁が立っていて『死んだらよかったのに』」と壮絶な体験談を語った。

    次回は1月26日(金)からの放送、ゲストには松坂桃李、永島昭浩&永島優美アナ親子が出演予定。(ザテレビジョン)

    とろサーモンが「ダウンタウンなう」に登場


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】とろサーモン、長年売れなかったのは久保田のクズっぷりが原因…】の続きを読む



    (出典 media.image.infoseek.co.jp)



    1 muffin ★ :2017/12/04(月) 20:13:36.09 ID:CAP_USER9.net

    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/12/04/0010788764.shtml
    2017.12.04

     漫才日本一決定戦「M-1グランプリ 2017」の審査員を務めた春風亭小朝が4日、ブログを更新。
    テレビには映らなかったとろサーモンの“ちょっといい話”を披露した。

     小朝は「本番直前の顔合わせで審査員の皆さんがこれほど緊張していたのは初めてです」「M1は人生を変えますからね」と、出場者のみならず、審査員も相当な緊張感で審査に挑んだと振り返った。

     決勝に残った3組以外では「ジャルジャルさんは、クジ運が悪くてちょっと気の毒でしたね」と同情。
    優勝候補のミキと和牛が続いた後にCMが入り、客席の温度が下がり緊張感が緩んだといい「そこからまた盛り上げるのってひと苦労なんです」と解説した。

     最後に「おしまいに、ここだけの話をひとつ」と切り出すと、決勝戦後、審査員が投票を済ませた後のCM中の会場の様子を報告。

     決勝の3組と司会の今田耕司がステージにそろい、今田が観客に向かって「長時間お付き合い下さってありがとうございました」とお礼を述べた際、「その時、一人だけ深々と頭を下げた人がおりました」という。

     また今田が「今日はいいお客さんにも助けられました」と言うと、「その人が何度も大きく頷いたんですよね」とつづった。

     「この部分はOAされていませんので、M1に出られたことや、やりやすくしてくれたお客さんに対して本当に感謝していたんだと思います。
    実は僕、その姿を見た時に気持ちが伝わってジーンとしちゃったんですよ」と、その芸人の姿に胸を打たれたという。

     「それがとろサーモンの久保田さんでした」と最後に種明かし。
    そんなとろサーモンが優勝したことが嬉しくて仕方ないようで「とろサーモンの今後の活躍に期待しましょう」ともつづっていた。


    【【M-1グランプリ】とろサーモンのちょっといい話 CM中の久保田の行為に審査員・春風亭小朝「ジーンとしちゃった」】の続きを読む



    (出典 kotocollege.jp)



    1 ストラト ★ :2017/12/06(水) 20:59:31.79 ID:CAP_USER9.net

    とんでもなくハイレベルの戦いだった。
    3日行われた漫才の日本一を決める「M-1グランプリ2017」の決勝大会は知名度は低いが、実力派がそろい、予想通りの激戦に。
    そんな中、王者となったのは芸歴15年目のとろサーモンだったが、3位になったミキは王者より輝く可能性をみせた。

    今年は、オーソドックスなスタイルがそろったが、敗者復活を含む決勝進出者10組のうち、6組が決勝初出場という新鮮な顔ぶれ。
    キングオブコント王者のかまいたちや、前回3位のスーパーマラドーナも沈む中、ファイナルステージの3組に進んだのはとろサーモン、ミキ、和牛だった。

    演芸評論家の高山和久氏は「3年連続決勝進出の和牛とキングオブコントとの2冠を狙うかまいたちの対決が評判だったが、若手の台頭が目立つ大会だった。ミキだけでなく、5年目のゆにばーすや4年目コンビのさや香らが斬新なネタで笑いを取っていた」とレベルの高さを指摘する。

    それを象徴するのが、初代王者、中川家以来の兄弟コンビとなったミキだろう。
    兄の昴生(こうせい、31)と弟の亜生(あせい、29)のコンビは結成5年目。

    中田ダイマル・ラケットや夢路いとし・喜味こいしといった昭和の漫才師の影響を感じるしゃべくり漫才だが、スピード感は若手ならでは。
    さらに昴生の絶叫に近いつっこみが強烈なインパクトを持っている。

    「関西ではすでにかなりの人気を得ているが、今回の大会でかなり強い記憶を残したのでは。かわいいキャラの弟とひねくれキャラの兄はバラエティーでも使いやすく、王者となったとろサーモンよりもブレークする可能性を秘めている」とは放送関係者。

    誰が抜けて出るか。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13986244/

    ミキ

    (出典 image.news.livedoor.com)


    ★1=2017/12/06(水) 13:39:27.67
    前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1512535167/


    【【M1グランプリ】「M-1」3位・ミキが魅せた衝撃度 斬新なネタと絶叫つっこみ 王者・とろサーモンよりブレークの可能性!!】の続きを読む



    (出典 cdn2.natalie.mu)



    1 風吹けば名無し :2017/12/07(木) 20:13:47.18 ID:N1Z+oh1p0.net

    なんj民か


    【ワイ、とろサーモンは宮崎出身なのに関西弁で漫才をしてることに気付く。】の続きを読む

    このページのトップヘ