爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    おぎやはぎ



    (出典 image.news.livedoor.com)



    ©AbemaTV

    恋人を寝取られた、ありえない告白をされたなど、非常識な「ブス」たちによって迷惑をこうむった人は少なくない。

    16日放送の『おぎやはぎの「ブス」テレビ』(AbemaTV)で語られた、恐怖体験が話題を呼んでいる。

    ■「復縁してくれなかったら絶対に死ぬ」

    番組では「本当にあったブスの怖い話」について、街頭インタビューを実施。

    ・中学の頃、ブスが自宅に電話をかけてきて、いきなり「あなたのことが好きです」と言ってきた。「他に好きな人がいるから」と断ったが、数ヶ月後に「好きな人がいなかったら私と付き合ってくれたの?」と再度電話が。さらに、LINEのトップ画が僕の写真になっていて、「○○好き」とイニシャルで僕の名前が書かれてあった

    ・中学のとき、グレムリンのような魔族みたいなブスがいた。女らしさを好きな男の子にアピールするため「私、これから生理用品を取り替えに行くから」と言っていた。正気の沙汰じゃないと思った

    ・大学の頃にブスと付き合っていた。「もう別れよう」と言ったら、目の前で「死ぬ。復縁してくれなかったら絶対に死ぬ」と言ってきた。友達に助けてもらってなんとか別れることができたが、その後ウソの別れ話を学校中に広められて、周りから「クズ男」「女たらし」と言われた

    ■元カレの実家へ…

    「ブスの怖い話」について、スタジオからもさまざまなエピソードが寄せられた。

    芸人の女性からは、SNSの恐怖話が。ある女性が好きだった男性に告白したところ、「君の友達が好きなんだ」とフラレてしまう。するとその女性は、友人女性を逆恨み。友人女性の写真を勝手に利用して、なりすましでSNSを始める。そして、友人女性が言わないような罵詈雑言を書き込んでいたという。

    やがて周りの人たちにバレたのだが、「私じゃない!」と怒り狂い、暴れはじめてしまったとのこと。

    また、販売員の女性からは別れた女性のストーカー話も。はじめは新しい彼女のSNSを監視する程度だったが、そのうちリアルでもストーカーへと変貌していく。新しい彼女の過去の恋愛遍歴を調べ上げ、元カレの実家へと赴き、両親や兄弟に過去の恋愛について暴露し、家族を味方につけて別れさせようとしていたという。

    これらの話を受け、MCのおぎやはぎ・矢作兼は「すごいね…。怖いね」とドン引き。相方の小木博明も「ブスは追い詰めないほうがいいんだね」と感想を漏らした。

    ■ストーカーをした経験は…

    しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,378名に「ストーカー」について調査したところ、1割が「ストーカーと思われてもおかしくない行為をしたことがある」と回答した。

    (©ニュースサイトしらべぇ)

    男女別で比較すると、男性のほうが4ポイントほど多い結果となった。

    痴情のもつれや、愛する気持ちはときに一線を越えてしまうようだ。くれぐれも、自分本位な恋愛はしないよう心がけたい。

    ・合わせて読みたい→「ブスと揉めた話」におぎやはぎ大爆笑 美人とブスでは行くカラオケが違う?

    (文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年5月20日~2016年5月23日
    対象:全国20代~60代の男女1,378名 (有効回答数)

    おぎやはぎもドン引き! 「本当にあったブスの怖い話」がリアルすぎる…


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃】おぎやはぎもドン引き! 「本当にあったブスの怖い話」がリアルすぎる…】の続きを読む



    (出典 daily.c.yimg.jp)



     おぎやはぎの小木博明と矢作兼がMCを務めるトークバラエティ『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#63(毎週月曜よる9時~)が4月16日、AbemaTV(アベマTV)にて放送され、“ブス枠”で出演するホンコン似の芸人・岡本美樹が“詐欺メイク”により変貌を遂げた。

     16日放送回でメイクを手がけたのは、自らの顔を足の裏と称し、人間の顔になるためのメイクを研究しているユーチューバー・足の裏。彼女が投稿した“詐欺メイク”動画は、総視聴回数約5千万回を記録するほどの人気ぶりだという。

     岡本と初対面した足の裏は、「元々が私のすっぴんに近いところがあって、日本人顔」と顔の印象を語り、「少しかけ離れた、ハーフなイメージでやっていこうと思います」とテーマを明かした。

     足の裏によると、ハーフ顔メイクの最大のポイントは、スティックタイプの上からパウダーを重ねるシェーディングテクニックにあるとのこと。メイク崩れを防ぎ、はっきりした印象を長く保つことができるそうだ。


     その後はハイライトで陰影を強調し、つけまつ毛とアイテープで幅広二重を作っていく。メイクは1時間ほどで完成し、足の裏は「限りなくクオーターなアジア系」と出来栄えを表現した。ハーフまでは行かなくとも、クオーターに近づけることは成功したようだ。

     スタジオでメイク後の写真が公開されると「すごい」「きれい」といった声が相次ぎ、小木は「なるほどね、かわいいかも」と称賛。さらに「こんなモデルがいてもいいね」と話し、「木村佳乃さんそっくりじゃない?」と同意を求めたが、矢作に「そっくりじゃねぇだろ」と否定されていた。

     木村佳乃は言い過ぎとの見解を示した矢作も、「確かにハーフ、クオーター系」「ブスではないね」とまずまずの評価を下し、このメイクで合コンへ行くことを提案。しかし、“ブス枠”で出演中の芸人・わたなべるんるんは「私たちが詐欺メイクすると、イジれないブスじゃないですか」と、別の問題を指摘。一見“詐欺メイク”をすればモテるように思えるが、そこには複雑な事情があり、一筋縄ではいかないのが現実のようだ。

     『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#63は Abemaビデオで無料配信中だ。


    (c)AbemaTV



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃】おぎやはぎ小木、“詐欺メイク”で変身したブスを絶賛「木村佳乃さんそっくり」】の続きを読む



    (出典 img.dmenumedia.jp)



     おぎやはぎの小木博明と矢作兼がMCを務めるトークバラエティ『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#63(毎週月曜よる9時~)が4月16日、AbemaTV(アベマTV)にて放送され、“ブス枠”出演者の芸人・関谷友美が女性用風俗の実態を語った。

     男性のエッチな視線を感じたエピソードを“ブス枠”出演者が披露するコーナーの中で、「女性用風俗の萬天堂っていうところがあるんですけど」と切り出した関谷。女性用風俗を利用した話を芸人仲間の男性にした際、グイグイ食いついてくる人は「完全に私のことエッチな目で見ています」と断言した。ちなみに、同じ事務所の先輩にあたる有吉弘行も「めちゃめちゃ食いついていた」と言い、「有吉さんもエッチな目で見ています」と自信たっぷりにうなずいた。


     女性用風俗の話に、おぎやはぎの2人も興味津々。決して「いやらしい気持ちではない」と前置きした上で、「どういうことなの?」と尋ねた。関谷が利用した女性用風俗店は「本番以外はOKの性感マッサージ」を行う店で価格は「90分1万3000円」とのこと。ホテルや駅で待ち合わせをする、デリバリータイプだという。マッサージを行う男性は出勤表から選ぶシステムで、顔は公表されておらず、年齢や体型、得意技などが書かれているそうだ。

     小木が「いい男は現れるの?」と聞くと、「高橋由伸みたいな人とか、仲村トオルみたいな人とか。本当にかっこ良くて」と関谷。ルックスのレベルも高いようだ。関谷はさらに「そういう人が、乳首吸ってくれるんですよ」と大絶賛。「最初は普通のマッサージなんですけど、パウダーをかけられて、そのパウダーを吸っていくんですよ。飴を探すみたいな」と詳細を説明すると、おぎやはぎの2人は「おもしれー!」と声を上げ、爆笑した。

     その後、“美人枠”ゲストとして出演したグラビアアイドルの岸明日香に、矢作が「岸さん、そういうの行ってみたい?」と質問すると、岸は「さすがに行けないですけど、そんなんあるんやと思ってびっくりしちゃいました」と恥ずかしそうに返答。


     「行けない」と首を振る岸に、矢作が「パウダーでされて、ちゃんと乳首を当ててくれる」と魅力を訴えると、岸は「探されても困る」と困ったように笑い、タジタジの様子だった。


     『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#63は Abemaビデオで無料配信中だ。


    (c)AbemaTV



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃】女性用風俗の実態を利用者が赤裸々に告白「パウダーをかけられて…」】の続きを読む



    (出典 data.smart-flash.jp)



     4月5日放送のラジオ番組「おぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ系)で、お笑いコンビ・おぎやはぎが、半年後に迫った今年度の「日本メガネベストドレッサー賞」を受賞させてほしいと猛烈アピールしまくった。

     2人そろって眼鏡をかけ、レギュラー番組のタイトルに「メガネびいき」と命名、同番組が放送10周年を達成した際に出版した公式本には、そのものズバリの「めがね」とつけるほどめがね愛が半端ではない。だが、「メガネの最も似合う人」を選び続けて30年の歴史を誇る「日本メガネベストドレッサー賞」からは一度もお呼びがかからずじまい。

     番組では、矢作兼が「メガネが似合う芸能人みたいなランキングでは、上位の方によく出させてもらってる」と自慢し、小木博明が「そろそろだよ。いただきたいね」と期待を口にする。

    「矢作が出演している『バイキング』(フジテレビ系)で、MCの坂上忍が『なんでおぎやはぎがとれてないんだ?』と疑問を呈したことがあったそうです。そこで番組がメガネベストドレッサー協会に『何でおぎやはぎがとれないのか?』と問い合わせたところ、『メガネをかけてることをもうちょっとアピールした方がいい』と、驚きの答えが返ってきたとか。小木は『(賞を)とってる人なんて、アピールしてないの多いよ。かけてないようなヤツがとってるんだから』とボヤキまくっていました」(芸能ライター)

     受賞者の選考については、日本のメガネ業界関係者からの投票結果をもとに主催者が決定する。昨年の受賞者は、脚本家の宮藤官九郎、スポーツ界から吉田沙保里、芸能女性部門に土屋太鳳、芸能男性部門に高橋一生、サングラス部門に森星が選ばれた。確かにそんなにかけているイメージがない人ばかりとさえ言っていいような顔ぶれだ。

    「結局、その時の旬の人を選んでいるところに、おぎやはぎがとれない理由がハッキリ見えてきますね。つまりメガネをいつもかけているから、とれるわけではないということです。2015年にカンニング竹山が同様に受賞願望を口にし、熱烈アピールしたものの、スルーされたのと同じ理由でしょう。この先、おぎやはぎに逆転Vがあるとするなら、仕事そっちのけで、ことあるごとにメガネのPRを続けていくぐらいしかありません」(スポーツ紙記者)

     まず、好感度アップから始めてみる?

    (塩勢知央)

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】おぎやはぎ、「メガネベストドレッサー賞」熱烈アピールも受賞できないワケ…】の続きを読む



    (出典 cdnx.natalie.mu)



     千鳥、三四郎、おぎやはぎ、バカリズム、NGT48の中井りかが、新番組『青春高校3年C組』(テレビ東京/月曜~金曜17時30分)の記者会見に出席。初回のみMCが決まっていないと聞いたおぎやはぎが、「夕方の帯(番組)だし、とんねるずがいいと思う」と提案する場面があった。

    【写真】『青春高校3年C組』記者会見に登場した豪華MC陣

     誰もが何となく想像する「理想のクラス」を作るべく、いろいろなキャラがそろった『青春高校3年C組』を目指して生徒を募集、さまざまな企画で毎週1人ずつ生徒を決定していく生放送の帯番組。

     テレビ東京と秋元康がタッグを組んだこの番組でMCを務めるのは、月曜がメイプル超合金、火曜が小峠英二(バイきんぐ)と千鳥の隔週交代、水曜が三四郎、木曜がおぎやはぎとバカリズムの隔週交代、金曜が日村勇紀(バナナマン)。プロデューサーの佐久間宣行が“頑張りすぎた”ために実現した豪華なキャスティングで、NGT48の中井がC組副担任としてサブMCを務める。

     火曜に隔週出演する千鳥・ノブは「10代の子たちとテレビ東京の夕方にワチャワチャ楽しくやってくださいって言われて引き受けたんですけど、他のメンバー見てみたらゴリゴリのお笑いの方たちで。急にその緊張感が出てきまして…負けてられないですね」と気合。一方の大悟は「テレビ東京さんで『キングちゃん』という番組をやらせていただいたんですけど、それが始まる時の記者会見が4人。内、よしもとの雑誌社が2名」と今回の盛況ぶりと比較して笑いを取っていた。

     また、初回に限って月曜担当メイプル超合金のスケジュールが押さえられず、MCが未定であることも発表された。おぎやはぎ・小木博明は「秋元さんだしさ、夕方の帯っていうのでさ、とんねるずいいと思う。とんねるず、絶対空いてるから! 今!」と、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ)の放送を終えたばかりの名コンビの起用を進言し、三四郎やバカリズムを笑わせていた。

     会見には、教育実習生の座を勝ち取った若手芸人・ノブナガ(岩永達彦/信太優人)も出席。10代の生徒と共演することにちなみ、登壇者が10代の頃の写真を披露するひと幕もあった。

     新番組『青春高校3年C組』は、テレビ東京にて4月2日より月曜~金曜17時30分放送。
    テレビ東京『青春高校3年C組』記者会見にて、左から千鳥、三四郎、おぎやはぎ、バカリズム、NGT48・中井りか、ノブナガ クランクイン!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】「とんねるずは今絶対空いてる」テレ東夕方の新番組MCにおぎやはぎが推薦…】の続きを読む

    このページのトップヘ