爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    爆笑問題



    (出典 geitopi.com)



     これも一種の母校愛なのか。爆笑問題・太田光の発言を巡って賛否両論が巻き起こっているという。太田は5月27日放送のラジオ番組「爆笑問題の日曜サンデー」にて、日大アメフト部の内田正人前監督が出席した記者会見で繰り広げられた問答について言及した。

    同会見では日大側の司会者が記者からの質問を途中で打ち切ろうとしたことで、記者から「あなたの発言で日大のブランドが落ちますよ!」との批判が。それに対して司会者が「落ちません!」と反論したことが話題になっていた。このやり取りについて太田は「日大にブランドなんかねぇやって思って」と激白したのである。

    「太田は日本大学芸術学部を中退しており、いわゆる『日芸』の出身。その日芸には日大の学生との認識を持つ者もいれば、『日芸は日大とは違う』というプライドを抱いている者もいます。太田がどちらの立場かは明言されていませんが、前者であれば日大そのものにブランドを感じていないことになり、後者であれば『日芸は別』という上から目線の発言ということになりますね」(芸能ライター)

     いずれにせよ日大関係者にしてみれば、太田の発言は気持ちのいいものではなさそうだが、意外にも太田に対する反論は少ないというのだ。まさか日大関係者自身が日大にブランドを感じていないのだろうか?

    「太田は先ほどの発言に続けて『あそこで別に“日大ブランド”上げ下げの問題じゃねぇだろって思うんだけど』と指摘。つまり日大にブランド力があるかどうかではなく、あの記者会見の場で『ブランド』の話を持ち出すことが不適当だと指摘していたのです。日大の同級生である相方の田中裕二も、会見の目的は事実を明らかにすることであり、『ブランドどうこうは確かに違う』と太田に同調していました。多くの日大関係者も、何より日大アメフト部の中で何が起こっているのかを知りたがっており、日大ブランドの話には興味がないようです」(週刊誌記者)

     仮に日大のブランドが損なわれるとしたら、それは司会者の対応が原因ではなく、危険なタックルを指示した指導者の行為にこそ問題があるはず。多くの日大関係者はそう実感しているに違いなさそうだ。

    (金田麻有)

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】日本大学中退の太田光が「日大にブランドなんかねぇ」と激白した理由とは?】の続きを読む



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    お笑いコンビ・爆笑問題の田中裕二と太田光が5月12日、東京・池袋のサンシャインシティで行われた「ウルトラマンフェスティバル2018」記者発表会に登場した。


    今回、「ウルトラマンフェスティバル2018」の公式サポーターに就任した爆笑問題の2人は、科学特捜隊の隊員に扮して登場。司会を務めた元TBSの安東弘樹アナが呼び込むと、太田は勢いよくステージに飛び出して関係者席にダイブ。いきなり田中に怒られ、会場騒然の雰囲気でトークセッションがスタートした。


    その後も、太田は衣装について話している最中に「おっぱい触っていい?」とセクハラ報道を受けて辞任した福田淳一前財務省事務次官のセリフを織り交ぜたり、麻生財務大臣の発言をマネしたり、親子連れを前にしても爆笑問題らしい風刺トークが全開。安東アナも「世の中、怪獣だらけですから」とフォローするのが精一杯で、田中からは「すみませんが、なんでコイツ(太田を公式サポーターに)にしたの?」と苦笑いしていた。



    その後、「ウルトラマン」シリーズが大好きだという2人は、ステージ上で「ウルトラマンごっこ」を生披露。しかし、田中が「ウルトラマン」の主人公・ハヤタ隊員が、ウルトラマンに変身しようとしてスプーンを掲げてしまう名シーンを演じようとしたところに、人気怪獣レッドキングを演じる太田はすぐさま攻撃を開始。田中は「レッドキングとハヤタ隊員じゃ大きさが全然違うでしょ!」と悲鳴を上げ、終始ドタバタな「ウルトラマンごっこ」に会場は爆笑に包まれた。






    「ウルトラマンフェスティバル2018」は7月20日から8月27日まで、東京池袋のサンシャインシティ文化会館で開催。今年のテーマは「ウルトラ兄弟の絆」で、ウルトラ兄弟と怪獣・星人軍団1587体とのバトルシーンを再現した巨大フォトスポットや、ウルトラヒーローが怪獣たちとバトルシーンを繰り広げるライブステージなどが展開される。




    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】爆笑問題、親子連れの前でも風刺トーク全開…】の続きを読む



    (出典 trendy.nikkeibp.co.jp)



     お笑いコンビ「爆笑問題」が12日、東京・池袋のサンシャインシティで開かれた夏休みイベント「ウルトラマンフェスティバル」の発表会に出席した。同イベントの公式サポーターとして、ウルトラマンの科学特捜隊のコスプレ姿で登場した2人。田中裕二さんは、「初代ウルトラマンからずっと見ていた世代ですから」「いまだにウルトラマンのフィギュアを買っちゃう」と“ウルトラマン愛”を告白し、太田光さんは「(好きな怪獣は)ゼットン。ウルトラマンが初めて倒されて、(当時は)ショックで立ち直れなかった」と思い出を語った。

     イベントの最後にウルトラ6兄弟とステージに立つと、田中さんは「兄弟とステージにいるだけで心臓バクバクします。50年前の自分に教えたい。ひっくり返っちゃう」と笑っていた。

     「ウルトラマンフェスティバル」は今回で28回目を迎える恒例イベント。今年のテーマは「ウルトラ兄弟の絆」で、第1部は7月20日~8月6日、第2部は8月8~27日に開催される。

    「ウルトラマンフェスティバル」の発表会に登場した「爆笑問題」の田中裕二さん(左)と太田光さん


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】爆笑問題:ウルトラマン愛語る 科学特捜隊のコスプレ姿で登場】の続きを読む



    (出典 geitopi.com)



     爆笑問題の太田光(52)が、6年ぶりとなる語りおろし本『違和感』(扶桑社)を20日に発売する。今年でコンビ結成30周年を迎えた太田が、今の世の中で起きているさまざまな事柄に鋭く斬り込んでいく。

    【画像】爆笑問題30周年記念単独ライブのタイトルが『O2-T1』に決定

     同書ではテレビ、笑い、人間関係、戦争、憲法九条など「そういうもんだろう」と受け流していた世間の論調に対して、太田が“常識”をひっくり返し、新たな見方を提示。さらに、尊敬するビートたけし、立川談志さんと太田の3人が上野うなぎ屋で語り合った抱腹絶倒の芸能ウラ話なども収録されている。

     元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾ら「新しい地図」のメンバーが主演を務めたオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』では、草なぎが出演する『光へ、航る』でメガホンを取り、8月31日と9月1日に行われる単独ライブ『O2-T1』ではコントを披露。メモリアルイヤーにふさわしく、新たなチャレンジを続けている太田の頭の中が、同書を通してのぞきこむことができそうだ。
    爆笑問題の太田光が6年ぶりとなる語りおろし本『違和感』(扶桑社)を出版


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】太田光、新刊本で“テレビ”と“笑い”に斬り込む 談志さん&たけしとの“鼎談”秘話も…】の続きを読む



    (出典 www.houyhnhnm.jp)



    4月からテレビ朝日系でスタートした「爆問ファンド!マネーの成功グラフ¥」は、お金を稼ぐヒントや発想を楽しく学んでいく“お金もうけクイズバラエティー”。毎回、画期的なアイデアや成功の秘訣を、クイズやトークを織り交ぜながら分かりやすく紹介していく。出演者である爆笑問題に番組の魅力や見どころについてインタビュー。また、今年芸能生活30周年を迎えた現在の心境も語ってもらった。

    【写真を見る】爆笑問題の新番組「爆問ファンド!マネーの成功グラフ¥」が放送中!

    ――新番組「爆問ファンド!マネーの成功グラフ¥」が始まりましたね。

    田中:僕らの場合、30分番組でも2時間ぐらい収録したりして、いつも長くなってしまうんですよ。でも、この番組はサクサク進んでいきます(笑)。

    太田:完全に大木(優紀アナ)さんが、仕切っていますからね。

    田中:そうなんです。だから、収録が早い。でも、内容は充実していますし、スタジオのトークもVTRも面白いから楽しんでいます。

    ――番組の魅力はどんなところですか?

    太田:お金に関して分かったり、分からなかったりするところですかね。

    田中:漠然としすぎだろ! たぶん、太田さんは何も覚えていないんですよ(笑)。

    お金にまつわる話なんですけど、毎回クイズが出題されるんです。例えば、何が理由で売上げが伸びたのかとか、人気が出た秘密についてだったりするんですけど、一つひとつの工夫や発見、アイデアのひらめきについては「なるほど」と感じるものばかり。きっとタメになると思います。

    太田:だから、答えを当てるとうれしいんですよ。結局、ヒット商品を生み出したり、企業が成長した理由がクイズの答えになっているので。それを考え付いたときの気持ち良さはありますね。

    田中:クイズといっても一問ずつですから。ほぼ、トーク番組に近い感じ。この番組では、僕も太田さんも解答者側なんです。大木さんと経済学の専門家である岸博幸さんが進行役。

    太田:俺と田中の2チームに分かれているんです。

    田中:今のところ、僕の方は女性チーム。太田さんは芸人チームみたいな分け方。どこか昔の「ぴったしカン・カン」みたいなフォーマットになっています。それが何だか新鮮ですね。

    太田:そうだよ。何かに似ていると思ってたんだよなぁ。

    田中:みんなもクイズに答えようとするんだけど、どんなに脱線してもOK。太田さんなんて、当てる気がなかったりしますから。相手チームのみ答えを知っているという設定もあって、罠をかけたり、妙にリアクションが下手な人がいたりして、どんどん展開していくトークにも注目してほしいですね。

    太田:昔、よくライブで顔を合わせたけど、テレビで共演することが少なくなってきた芸人たちと一緒にやれるのは単純にうれしいですし、楽しいですよね。

    田中:それに加えて、経済学の専門家である岸さんが分かりやすく解説してくれますからね。とても贅沢な感じがします。

    太田:俺らはクイズに答えればいいから、あとは岸さんが頑張るだけ。

    田中:プレッシャーをかけるんじゃないよ(笑)。

    太田:まだ、岸さんには照れがあるんですよ。

    田中:照れって何だよ! ただ、岸さんも「森友問題」で大変だって言ってましたけどね(笑)。

    ――番組の中では右肩上がりの企業の話題も登場しますが、お二人にとって右肩上がりだった時期はいつですか?

    太田:ないですね。ずっと横ばい。しかも、下の方で…。死にかけている人の心電図みたいなもんですよ

    田中:そこまで言わなくてもいいだろ! せっかく新番組の宣伝をしてくれようとしているのに。そういえば、僕らテレビジョンさんの表紙になったことってありましたっけ?

    ――テレビ朝日さんの55周年の時に、ほかのタレントさんと一緒に登場していただきました。

    太田:あぁ、あったね。

    田中:その時が一番の右肩上がりだと思います(笑)。

    ――お二人は今年芸能生活30周年を迎えましたが、率直な感想は?

    田中:僕らがコンビを組んだのは、昭和の最後の年。すぐ平成になりましたからね。そして、平成も終わることが決まって。まさか、3つの時代にわたって活動するとは思っていなかったです。僕らが子どもの頃には、明治・大正・昭和なんていう言い方がありましたから。それを考えると結構時間が経っているんだなと思います。

    芸能生活何十年なんて言ったら、昔は演歌の大御所のイメージでしたからね(笑)。僕らの30年はあっという間だったし、正直なところ実感はないです。

    太田:普段から30周年を認識したり、意識することはないですね。昔、サザンの20周年ライブ「渚園」に出させていただいたことがあるんです。そのサザンも今年で40周年ですから。振り返ってみて、サザンの30周年と今の俺らの30周年を比べると全然レベルが違うなと思いますね。

    田中:何でそこを比較するんだよ。

    太田:サザンはいつまでもすごいですよ。俺らは何年経とうが相変わらずフワフワしていて…。しょうがないですね。

    ――30年の中で転機だと思う出来事は?

    田中:皆さんもご承知の通り、僕は“玉”を取ったんです。それが、もう17年前。いまだにネタにして、それがウケてしまう(笑)。仮定の話になってしまうんですけど、もし玉を取っていなかったら僕の芸能生活は変わっていたのかなと。自分の気持ちも、視聴者の見方も結構違っていたような気がします。そういう意味では、結果的に玉を取ってよかったですね。今では困った時の“玉頼み”になっています(笑)。

    太田:転機といえば、独立とか事務所の立ち上げとかいろいろあるんでしょうけど、(抑え気味の声で)すべての日々が今につながる…。

    田中:何、小さい声でかっこいいこと言おうとしてるんだよ。

    太田 ローマは一日にして成らず。

    田中:そんなかっこいいもんじゃないだろ。

    太田:僕の前に道はない。

    田中:そういうのはいいから。

    太田:我は行く…。

    田中:それは、谷村新司さんね(笑)。(ザテレビジョン・取材・文=小池貴之)

    芸能生活30周年を迎える爆笑問題を直撃!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【爆笑問題】30周年!爆笑問題の“右肩上がり”だった時期とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ