爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    ANZEN漫才



    (出典 eiga.k-img.com)



     今年は例年以上に批判は多め?

     8月25~26日に放送される日本テレビの夏の名物番組「24時間テレビ」で、恒例のチャリティーランナーを「ANZEN漫才」のみやぞんが務めることが6月3日放送の同局の人気バラエティ番組「世界の果てまでイッテQ!」で、発表された。

    今回はマラソンに加え、水泳と自転車も加わった番組史上初にして最も過酷な「トライアスロン形式」が導入されるという。

     高校時代は野球部に所属し、エースで4番を張るなど驚異の身体能力を持つことで知られるみやぞんだが、このランナー抜擢の報告を受けた際には「本当に(水泳、自転車、マラソンの)3つやるのか、やる気はあるんですけど、不安もあります」と、なかなかイメージが沸かないトライアスロン形式に戸惑いがあることを明かしている。最終的には「どんなことがあったとしても明るく楽しく、苦しいとは思いますけど、やれるだけやってみようと思います!」と、やる気を見せている。

     史上初のトライアスロン形式の詳細なルールも気になるところだが、みやぞんも覚悟しているように過酷なチャレンジになることは間違いなし。そのため、ネット上では「いやいや、トライアスロンとか無理させ過ぎじゃない」「何でトライアスロンやらされるのか意味わからん」「本人が望んだならわかるけど、これは強制することか?」「みやぞんが可哀想」「去年のブルゾンといい、芸人を何だと思ってるの?」「立場の弱い若手芸人へのパワハラじゃないのか」など、いきなり新企画をぶつけられてしまったみやぞんを気の毒に思う意見も上がっている。

    「昨年の同番組では当日に出演者の中からマラソンランナーが発表されるという初の試みがありましたが、結果的にランナーに指名されたのは人気が加速中であったブルゾンちえみでした。ブルゾンは学生時代に陸上部に所属し、長距離選手として活躍していたわけですから、通常通りあらかじめマラソンランナーに指名していては難なくクリアできてしまうでしょうから、こういった当日発表という異例のシステムをとったのでしょう。それでも現役時代でも当日になって、いきなり『24時間マラソンを走れ』と言われることはないでしょうし、やはり心の準備はブルゾンにだって必要。それを番組側の事情だけで押し付けられてしまったブルゾンが気の毒ですし、今回のみやぞんも似たような経緯でトライアスロン形式に挑戦となったのでしょうから、世間から心配の声が上がるのも無理はないでしょう」(エンタメ誌ライター)

     しかし、昨年も批判こそ多かったものの、平均視聴率は18.6%と歴代2位の高視聴率を記録している。そのため、日テレサイドとしても、とりあえず反響の中身がどうあれ、話題になればなるだけOKというスタンスなはず。みやぞんの頑張りを世間が認め、彼の好感度は上がることは間違いないだろうが、今回の無理難題押し付けで同番組のイメージがさらに悪化したことも揺るぎない事実だろう。

    (権田力也)

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】パワハラ指摘も!みやぞん、「24時間テレビ」でトライアスロン挑戦も憐みの声…】の続きを読む



    (出典 japarazzi.jp)




    本日日本テレビ世界の果てまでイッテQ!にてなんと、24時間テレビのチャリティーマラソンランナーが発表されることになりました。昨年はブルゾンちえみがギリギリまで発表されないという異例の事態ではありましたが、今回は従来どおり事前に発表されるということとなりました。事前の人気調査では「みやぞん」が最も多かったようですがどうやら事前にリークしておりました。
    ーマラソンランナーは・・・みやぞん!?

    事前の予測では「ウッチャン」「みやぞん」などが人気ではありました。ちなみに以前のチャリティーランナーは以下でした。芸人が続く年というのは今までは31回のエド・はるみ→32回イモトアヤコでした。
    第25回(2002年) 西村知美 31歳第26回(2003年) 山田花子 28歳第27回(2004年) 杉田かおる 39歳第28回(2005年) 丸山和也 59歳第29回(2006年) アンガールズ第30回(2007年) 萩本欽一 66歳第31回(2008年) エド・はるみ 非公表第32回(2009年) イモトアヤコ 23歳第33回(2010年) はるな愛 38歳第34回(2011年) 徳光和夫 70歳第35回(2012年) 佐々木健介&北斗晶ファミリー第36回(2013年) 大島美幸第37回(2014年) TOKIO・城島茂第38回(2015年) DAIGO第39回(2016年) 林家たい平第40回(2017年) ブルゾンちえみ

    ただ今年は事前に情報がリークしているというこれまた異例の事態も起きておりました。通常ならば番組内で発表しその後、スポーツ紙などが報じるというのがセオリー。しかし今回は発表前に東スポなどが報じておりました。

    一体24時間テレビの運営に何があったというのでしょうか。

    ちなみに番組内では今回は「トライアスロン形式」ということです。みやぞんの身体能力を考慮していつもよりも過酷なチャリティーになるということです。

    24時間マラソン今年はみやぞん!
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1027438/


    参照:24時間テレビ
    http://www.24hourtv.or.jp/

    (秒刊サンデー:たまちゃん

    画像が見られない場合はこちら
    24時間テレビマラソンランナーは「みやぞん」!事前にリークか。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】24時間テレビマラソンランナーは「みやぞん」!事前にリークか。】の続きを読む



    (出典 diamond168.net)



     ANZEN漫才・みやぞんが、5月3日に放送された「損する人得する人」(日本テレビ系)で、転居した新居を初公開した。場所は都内の高級住宅街、4階建マンションの最上階で2LDKの豪華な部屋だという。

    「この最上階には彼の部屋しかないそうで、リビングは15畳、他にほりごたつなどもあるなど、ダイドードリンコや丸美屋、よみうりランドなどCM6本を稼ぐ売れっ子ならではの部屋になっていました」(芸能ライター)

     だがそんな彼、天然ゆえの悲劇を起こしていた。なんと多忙なあまり、これまで一度も室内を内見できず、間取り図だけ見てこの新居を決めたという。番組では、確認不足のため「収納がない」ことに気づいたみやぞんが番組に依頼。スーツケースなどをリメイクして収納ボックスにしていた。

    「番組では“収納”がないことを『思わぬ落とし穴』と紹介していましたが、実はテレビ業界で今、言われている彼の落とし穴は、自身のキャラクターにあるともっぱらの評判です」(テレビ関係者)

     どういうことなのか?

    「彼の人気の秘密である『天然ぶり』は、どんな相手と絡んでもペースを崩さず、また相手の言っていることをすぐ理解できないことによる『会話不能』にあると言われていますが、それは、これまでのお笑い芸人がテンポある会話で笑いを作ってきたことに対するカウンターパンチでした。しかし、もはや、みやぞんの“笑い”もお腹いっぱいになってきました。まったく進歩しないどころか“ただの無礼なヤツ”と疑問視する者も多い。起用する側も『また、みやぞんか…』と辟易するようになってきたのです」

     みやぞんは、新居に引っ越したことを後悔する日が来るのかもしれない。

    (魚住新司)

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】高級住宅街に引っ越し!「人気絶頂」みやぞんに囁かれる“もうお腹いっぱい”】の続きを読む



    (出典 data.smart-flash.jp)



    4月27日(金)に放送される「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に、ANZEN漫才の2人が登場。ビールが大好きだというみやぞんと全くお酒が飲めないというあらぽんのコンビが、ダウンタウン、坂上忍とトークを展開する。

    【写真を見る】渡辺麻友は松本人志と向き合い意外な展開に…?

    開始早々みやぞんの不思議トークが止まらない今回。幼なじみの相方・あらぽんの口から語られる衝撃エピソードで、みやぞんの意外な秘密が明らかに。

    みやぞんの貧乏過ぎる子供時代の誕生日会エピソードには一同が絶句し、続く姉のエピソードには思わず浜田雅功も「やばいやん…」とつぶやくほど。

    しかし、現在のリアルなお金事情について後輩芸人からのタレコミによってあらぽんとの違いを指摘され、みやぞんがどんどんピンチに陥る。

    学生時代のエピソードから「女性と飲みに行くのが怖い」という悲惨な恋愛話、意外な好みのタイプまで、これでもかというほどダウンタウンらに掘り下げられ、いじられキャラのみやぞんの知られざる“昔の顔”が明らかになる。

    ほか、2017年にAKB48を卒業し、“アイドルサイボーグ”との異名を持つほど正統派アイドルを貫いてきた渡辺麻友が、アイドル時代には封印していた“裏の顔”を初解禁。

    また、1980年代に一世を風靡(ふうび)した、コント赤信号が登場。“今だから話せる”とても自由だった昭和の芸能界の裏側を語る。(ザテレビジョン)

    ANZEN漫才が「ダウンタウンなう」で大暴れ!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】浜田雅功「やばいやん…」ANZEN漫才・みやぞんの衝撃エピソードに絶句…】の続きを読む



    (出典 cdnx.natalie.mu)



     「これまでのしんちゃん映画の良いところが全部入っています。“ラーメン全部乗せ”です」と、『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』の魅力を熱くアピールしたANZEN漫才のみやぞんとあらぽん。彼ら2人が自身らの見た目とそっくりなキャラクターで映画クレヨンしんちゃん最新作となる同作でアニメ声優に初挑戦。芸歴が長い“先輩”しんちゃんとの共演についてみやぞんとあらぽんに話を聞いた。

    【写真】ANZEN漫才(みやぞん・あらぽん)インタビューギャラリー

     本作は、シリーズ26作目となる映画クレヨンしんちゃんの最新作。舞台は春日部にある中華街アイヤータウン。しんちゃんたちカスカベ防衛隊は、伝説のカンフー“ぷにぷに拳”の修行に励んでいた。そんな中、アイヤータウンでは“ブラックパンダラーメン”が大流行。だがそのラーメンは、食べた人を凶暴化させてしまう危険なラーメンだった。アイヤータウンだけでなく春日部をものみこもうとするラーメンパニックに、カスカベ防衛隊が挑む。
     
     本作でANZEN漫才の2人が演じるのは、悪の組織・ブラックパンダラーメンの刺客“ミヤ・ゾン”をみやぞんが、ブラックパンダラーメンを食べ凶暴化してしまう客をあらぽんが演じる。

     ANZEN漫才の2人は1985年生まれの32歳。1992年にTVアニメ放送がスタートし、今年26周年を迎える同作にとってはいわゆる“しんちゃん世代”。ゆえにみやぞんは「信じられない気持ちでいっぱいでした」と出演が決まった当初を振り返り、「うぇぇぇえええ!?って感じでした」と、あらぽんと2人で驚愕したと明かした。

     互いに「ソックリでびっくりした」と口を揃えるのが、それぞれが演じるミヤ・ゾンと凶暴化してしまう客のビジュアル。「ギターも持っていましたので、本当にありがたい」と話すみやぞんと、「歴史に残る」と満面の笑みを浮かべたあらぽん。「お笑い芸人になろうと決めた時の夢が、“(自分たちが)知っているアニメに出る”」ことだったという2人にとって、同作への出演は夢の1つが叶った出来事となったようだ。

     本作がアニメ声優初挑戦となったみやぞんとあらぽん。みやぞんは芝居のオーダーが自分自身ということもあり「普段の自分のように演じました」と言い、「最初は緊張して、『こんなにしゃべれません』と伝えたのですが、やっていくうちに楽しくなってきて、『もっと(セリフを)ください』ってなりました」とニンマリ。一方、あらぽんは、あえて“ズレ”を意識する漫才の間合いなどに慣れていたこともあり「新鮮でしたが、ズレられないことが難しかったです」と少し苦戦した様子だ。

     順調にアフレコを行ったと思われたみやぞんだが、アフレコブースに落とし穴が見つかる。「シーンとした雰囲気が嫌で、その雰囲気に笑いたくなってしまうんです。『はい、OKです』と冷静に言われたときは、ツボに入りそうになりました」と、顔を歪める。ツボに入ってしまうと、周囲も驚くほど笑い上戸になるというみやぞん。だが、そのみやぞんの笑いが好きだからこそ“より笑いを誘発させる”ようにするのがあらぽん。「あらぽんはわざとそう仕向けるんですよ~」と口を尖らせたみやぞん。ネタ作りなどは、2人の会話を元にあらぽんが作っていくそうで、「みやぞんの芸は、あらぽんのさじ加減で決まるので、幼なじみだからこそできる技なのです!」と、なぜかみやぞん(!?)が胸を張った。(取材・文・写真:ほりかごさおり)

     みやぞん、あらぽんの“そのまま”の姿で活躍する、『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』は4月13日より公開。
    『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』ANZEN漫才(みやぞん・あらぽん)インタビュー クランクイン!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】みやぞんの“良さ”は相方がいるから「幼なじみだからこそ」のさじ加減…】の続きを読む

    このページのトップヘ