爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    ピース



    (出典 kimublog.net)



     お笑いコンビ「千鳥」が1日、東京都内で行われた「ハレウッド俳優オーディション2018」記者発表会に出席。岡山県のPR動画の出演者を決めるオーディションの発表会で、どういう人に応募してほしいかと聞かれた大悟さんは「僕らは芸人仲間もいっぱいいるんですが、ハレウッドではなく、ハリウッドに挑戦している人がいましてね。ぜひ綾部に」と米ニューヨークを拠点に活動中のお笑いコンビ「ピース」の綾部祐二さんの名前を挙げた。

     イベント後の会見で、綾部さんについて聞かれると、ノブさんは「あいつ何しているか訳分からないんですよ。インスタだけ見てたら、こないだは『音楽プロデューサーとしてやっています』とか投稿していて、若手のミュージシャンにヘッドホンして指導している写真を載せていた」と明かし、「『すぐヘッドホンはずせえ!』って思いましたね。何しに行ったんだ」とチクリ。大悟さんは「(ハリウッドは)ちょっと早かったですね。まずこっち(ハレウッド)だったんじゃないですかね」と語り、「レッドカーペット歩くって言っていたはずなんですが。目的が分からなくなっているのかもしれない」と話していた。

     この日の発表会には、伊原木隆太・岡山県知事も出席。「ハレウッド」とは、ハリウッドと「晴れの国おかやま」を掛け合わせた造語で、おかやま晴れの国大使を務めている千鳥の2人が応募を呼びかけた。

    「ハレウッド俳優オーディション2018」記者発表会に登場した(左から)大悟さん、伊原木隆太・岡山県知事、ノブさん


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】千鳥:ピース綾部にチクリ 「何しに行ったんだ」】の続きを読む



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2018/04/23(月) 14:16:37.95 ID:CAP_USER9.net

    綾部祐二、“インスタ映え”な「オシャレ風写真」連発にファン困惑!
    アサ芸プラス2018年4月23日09時58分
    https://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_102909/

    (出典 media.image.infoseek.co.jp)

    何をしにアメリカに行ったの?

     お笑いコンビ・ピースの綾部祐二が4月14日、インスタグラムに多くの“オシャレ風写真”を掲載し、アメリカ・ニューヨークでの日々をファンへ届けている。

    「A beautiful day in NYC」とキザにつづり、実に8枚もの写真を並べた綾部はサングラスをかけ、上下は真っ黒のスーツというダンディーな出で立ち。
    またカルバン・クラインの高級感漂う革靴をアップで写すなど、インスタ映えはバッチリの全身のオシャレコーデには端から端まで抜かりがない。
    しかし、例によってファンの反応は「お笑いやめたの?」「何がしたいんじゃー!」「何しにニューヨーク行ったの?」など、やや風当たりの強いものも。

    「突然、ニューヨーク行きを宣言したにもかかわらず、しばらくは日本に留まり、ようやく現地へ行ったかと思えば無言のオシャレアピールといった謎の行動は理解が難しい。
    また、彼のオシャレ風インスタを批判したくても、ハンサムな綾部が掲載する写真はなかなかに様になっており、中途半端なプチ炎上にとどまるというのが現状です。
    もちろん“カッコイイ!”と応援する綾部のファンも多く、はたから見れば叩かれているのか応援されているのかわかりづらい宙ぶらりんな状態です。
    これが、綾部なりの“ハリウッドスター”への道のりなんでしょうか。疑問が尽きません」(テレビ誌ライター)

     本人が幸せだと言うなら、本来は何も言うことはない。しかし、会見を開いて渡米宣言した以上、アメリカでの活動の質を問う声は上がって当然。一日も早い“万人を納得させる成果”を待ちたい。

    (木村慎吾)


    【【お笑い】綾部祐二、“インスタ映え”な「オシャレ風写真」連発にファン困惑!】の続きを読む



    (出典 cdn.mainichi.jp)



    櫻井・有吉THE夜会 ‏  公式Twitter

    (画像は『櫻井・有吉THE夜会』公式Twitterのスクリーンショット)

    15日に放送された『櫻井・有吉 THE夜会』(TBSテレビ系)で、芥川賞作家でもあるお笑い芸人ピース・又吉直樹が、牛丼チェーン店の松屋に週3回も通っていると披露。その庶民的な食事に、驚きの声が上がっている。

    ■芥川賞作家も舌は庶民的

    又吉といえば、2015年に小説『火花』を出版し、お笑い芸人として初の芥川賞を受賞。すでにドラマ化・映画化された『火花』は、今年3月から舞台化も決まっている。

    昨年には新作小説『劇場』を発表するなど、お笑いだけでなく作家活動も順調だ。

    番組ではそんな又吉の日常を『芥川賞作家、又吉直樹のどんよりライフ』と紹介する。その中で明かされたのは、週に3回も通うほどの「松屋への愛」。

    又吉は「また来たと思われるのは恥ずかしいから、店を微妙に変えている」と、繊細な一面を見せる。しかし芥川賞作家の庶民的な食事に、共演者は驚きを隠せない。

    ■週3ってすげえな

    番組を見た視聴者からも、驚きの声が。




    中には「家の一番近くの牛丼屋さんが松屋で嬉しい」と、親近感を抱く人も。松屋で牛丼を食べる又吉…一度は遭遇してみたい。

    ■さすがに1年間食べ続けるのは…

    しらべぇ編集部では全国の20~60代の男女1,332人に『いくらもらえたら一年間牛丼を食べ続けられる?』を調査。

    牛丼チャレンジ(©ニュースサイトしらべぇ)

    その結果、がっつり食べそうな「肉食系」でも、「タダでもやる」人は12.6%と低い結果に。反対に「いくらもらってもイヤ」な人は、12ポイント多い25.4%。

    草食系では、32.9%と3人に1人が「お金をもらっても、毎日牛丼はさすがに無理!」と思っている。

    松屋に週3回も通っているとは驚きだが、又吉の好みが庶民的で喜んでいるファンは少なくないはず。数ある牛丼チェーン店の中で、なぜ「松屋」に通い続けているのかも、気になるところだ。

    ・合わせて読みたい→ピース又吉、岡井千聖の呼び捨てにドキドキ? 「意外な女性の好み」が発覚

    (文/しらべぇ編集部・KiiDA

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2015年12月22日~2015年12月24日
    対象:全国20代~60代の男女1,332名

    「また来たと思われるのは…」 芥川賞作家・ピース又吉が週3で通う店とは…


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】「また来たと思われるのは…」 芥川賞作家・ピース又吉が週3で通う店とは…】の続きを読む



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    tvkでは、開局45周年記念特別番組「ことば~あなたの愛する日本語は何ですか?~」を3月16日(金)夜8時から放送する。

    【写真を見る】ファッションモデル・女優で国連WFP日本大使も務める知花くららが出演

    同番組は、「ラグビーワールドカップ2019」や「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」など、訪日外国人が増えることが見込まれる中、日本の文化、芸術、文学、日本語の素晴らしさを、日本人自身が再認識し、訪日外国人に対して胸を張って語るきっかけになる番組。

    日本文学研究者で国文学研究資料館長のロバートキャンベル、「第153回芥川龍之介賞」受賞の又吉直樹(ピース)、ファッションモデル・女優で国連WFP日本大使も務める知花くららが、日本語について座談する他、浅野温子が古くから語り継がれてきた日本独自の物語を情感を込めて語り上げる一人語りの舞台「よみ語り」や、若者カルチャーの中での日本語など、あらゆる切り口から日本語に迫る。

    さまざまな人たちの“愛する日本語”を紹介することで、「自分が愛する日本語は何か? その理由は?」と思いをはせ、日本語や日本の文化の魅力や現状を再認識する。(ザテレビジョン)

    又吉直樹が「自分が愛する日本語は何か?」を考える


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】又吉直樹、知花くらららの“愛する日本語”とは?】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)



    1 Egg ★ :2018/03/15(木) 19:19:24.95 ID:CAP_USER9.net

     「アメリカでビッグになる」と息巻いて渡米したお笑いコンビ『ピース』の綾部祐二(40)が、“ニューヨークでブレークの兆し”と一部マスコミで報じられているが、現実はそう甘くはないようだ。

     綾部は一昨年10月、活動の拠点をニューヨークへ移してコメディアンとして修業後、ハリウッドデビューを目指すと発表。しかし、就労ビザの取得が遅れ、昨年の10月になってようやく渡米した。
     「ニューヨークにプチ留学の経験がある、同じ吉本興業の渡辺直美が12月に現地で再会し、インスタグラムで綾部について『誰よりもニューヨーカーだった』と書き込んでいましたが、ファッションだけで英語は2カ月足らずなので日常会話がやっとだと思いますよ」(芸能関係者)

     しかし、今年2月上旬には一部メディアで、綾部は*気で英語を勉強し、今では日常会話もバッチリと報じられ、その甲斐あってか同月にハワイ州ホノルルで開催されたサッカー大会『パシフィックリムカップ』のチャリティーアンバサダーに選抜されたという。
     「他にもメールで出演依頼が殺到しているという話ですが、仕事は日本人向けかネイティブな英語を必要としないものばかり。吉本の力を借りれば、この程度の仕事はありますよ」
     とは、お笑い関係者。

     吉本興業は大手タレントエージェンシーや『ネットフリックス』、『アマゾン』など米国大手企業と組み、映画製作やドラマ作りに乗り出している。そのため、それほど努力はせずとも仕事は舞い込んでくるということだ。
     「日本人が米国で役者を目指す場合、ネイティブな英語ができれば、毎日のようにテレビやCMのオーディションを受けることができる。しかし、多くは日本人同士でつるんでしまって、なかなか英語がマスターできずに、そのまま帰国するケースが多いんです」(ニューヨークへの留学経験がある俳優)

     事務所に甘えすぎて、英語さえマスターできずに帰国…なんてこともあるかもしれない。

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    2018年3月15日 15時0分 週刊実話
    http://news.livedoor.com/article/detail/14436782/


    【【芸人】<ピース・綾部> 吉本興業におんぶに抱っこで帰国間近?】の続きを読む

    このページのトップヘ