爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    陣内智則



    (出典 img.cinematoday.jp)



     4月19日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)で、お笑いタレントの陣内智則が元妻である藤原紀香と偶然再会したというトークを披露した。

     司会の浜田雅功に「会ったんやろ?」と促されると陣内は「はい。前にです。新幹線で通路を挟んで隣だったんです」と紀香と再会した場面を振り返った。続けて「前の奥さんも気づいているけど何をしゃべっていいかわからん」と特に会話を交わすことはなかったと明かした。「切符を拝見しに来た人が(まず藤原の切符を確認して)、次にボクの顔を見て『エッ!』となった」と話すとスタジオは大爆笑。みごとに大ウケしたのだった。

     自虐エピソードを笑いにかえた陣内の芸人魂に賞賛の声が上がっているが、一方で鉄道ファンからは批判の声が上がっている。何でも「陣内は“盛り過ぎ”」だと言うのだ。

    「お2人が乗っていたのは仕事の関係などから考えておそらく東海道新幹線のグリーン車でしょう。東海道新幹線は2016年3月のダイヤ改正から、グリーン車と指定席の検札を取りやめています。となるとこの話は少なくとも2年は前のことになる。陣内さんは『前にです』とエクスキューズしているとはいえ、そんな昔の話をなぜ今頃持ち出してきたのか疑問は残ります」(鉄道ファンの芸能ライター)

     さらに席の配置についても脚色しているのでないかという疑惑が出ている。

    「陣内さんと藤原紀香さんが離婚された09年から16年の間に東海道新幹線で運用されていた車両は500系、700系、N700系、N700Aですが、どれもグリーン車は横2列+2列の4列シートです。陣内さんの話だと『通路を挟んで隣だった』ということですから、B席とC席に座ったことになる。座席は窓側が人気で、通常はA席かD席から埋まっていくので、芸能人であるお2人がどちらもそろって通路側に座るというのは考えにくい。もしマネジャーと一緒であれば、タレントを窓際にするのが普通です。それを考えても2人が通路側は無理がある。実際はA席とD席にそれぞれ座っていたのに、話をおもしろくするため通路側にしたと考えることができます」(前出・芸能ライター)

     芸人が話を盛るのはいつものこと。おもしろくなるなら多少の脚色は問題ないような気もするが、鉄道ファンはこの程度すら許せないようだ。

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】陣内智則、元妻・藤原紀香と「新幹線で偶然再会」】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



     お笑いコンビ・天津の木村卓寛が、5日に更新した自身のブログで、4お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之の誕生日を祝ったことを報告した。

    木村卓寛公式ブログより


     3月31日に48歳の誕生日を迎えた宮迫。後輩たちが誕生会を4日に開き、木村も参加したという。木村はその時の写真をブログで複数公開しているが、写真に写った宮迫はどれも深刻な真顔を浮かべており、これに対して木村も「ぜんっぜん笑ってないなー。」とツッコミを入れている。


     この誕生日会の様子は、ほかの芸人たちもそれぞれのSNSで公開。お笑い芸人の陣内智則は自身のツイッターで、宮迫の隣に陣取っている写真を公開しているが、やはり宮迫は真顔。お笑いコンビ・スピードワゴンの小沢一敬がツイッターで「20年以上お世話になってるお兄さん。後200年はお世話になるつもりです」というコメントとともに公開した写真にも、宮迫は真顔で写っている。


     さらに祝われた本人である宮迫もツイッターを更新。「後輩たちが誕生日を祝ってくれた。後輩たちありがとう。後輩たち今後ともよろしく。あー楽しかったな~~後輩たち。」と“後輩”を強調しながら感謝の言葉を述べ、自身の顔が印刷された大きいケーキの写真を公開しているが、そのケーキの顔は“真顔”だ。


     これらに対してファンからは、「宮迫さん、お誕生日おめでとう」など祝福の言葉のほか、「宮迫さん、笑って~」「真顔...」とやはり宮迫の真顔が気になる様子のコメントも寄せられている。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】宮迫博之、48歳誕生日を陣内智則&スピワゴ小沢らから祝福され真顔…】の続きを読む



    (出典 img.cinematoday.jp)



    お笑い芸人の陣内智則が、きょう24日(19:00~20:54)に放送される日本テレビ系バラエティ特番『エンタの神様 大爆笑の最強ネタ大大連発SP』に出演。15年前に初登場した時のネタをバージョンアップして披露する。

    同番組は、今回で放送丸15年ということで、初期から出演している陣内は、15年前の初登場時に披露した「視力検査」を披露。当時のことを「最初は僕のことを誰も知らなかったので、(MCの)福澤(朗)さんが『続いては、陣内智則さんです』って言っても、会場がシーンってなったんです。もう全く反応がなく…そこから徐々に出るたびに反応があるようになってきて」と振り返る。

    かつてのキャッチコピーは「笑いのニューウェーブ」で、陣内は気に入っていたそう。「当時はまだ大阪から通っていて毎週のように出るようになって、そこからみんなが僕を知ってくれたんですよ。街を歩いたら子どもが名前を言ってくれるようになったり。エンタは僕にとって本当に思い入れの深い番組です」と、思いを語った。

    15年の中で最も印象に残っているのは、番組を生放送した時。「たくさんの芸人が同じ部屋でメイクとかするんですけど、僕が別の仕事で遅く日テレについて急いでメイクしてたら、間違えてコウメ太夫のメイクを使ってて、真っ白な顔で『チクショー!』って叫んだことを覚えてます(笑)」とエピソードを明かした。

    そんな陣内は、今年の『R-1ぐらんぷり』で審査員を担当。「悩んだんですけど」と本音を吐露しながら、「僕も現役としてやってるから…今度エンタに来た時に『あいつ審査員やってたな』ってなると、変なネタできないじゃないですか。そういう意味で、自分のためにもやろうかなというのもあって」と承諾した背景を話している。

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】陣内智則、誤ってコウメ太夫メイク「チクショー!って叫んだ」】の続きを読む



    (出典 inumagazine.com)



     お笑い芸人の陣内智則が実行委員長を務めるカンテレ深夜特番『芸人トライアスロン』4日(深1:00)に放送される。『M-1グランプリ』決勝進出者・スーパーマラドーナから、結成3年余りの若手・紅しょうがまで11組が、今後売れるための“芸人力”をトライアスロンさながら3つの種目で競う…という内容。陣内は「久しぶりに、“ド”・バラエティーという感じで、懐かしい感じの深夜番組だなと思いました!」と感想を明かし、「最近ではあんまりないタイプの番組なので、僕はすごく新鮮で、またやりたいですね。何も考えずにばかばかしく見てもらえたらいいなと思います」と手応えをにじませた。

    【写真】芸人の母&嫁ら家族も出演

     番組では各競技の結果をポイント化、さらに陣内が芸人たちの番組収録中の働きを評価してポイントを追加し、総合1位が決定する。参加芸人は先述の2組に加え、アインシュタイン、霜降り明星、クロスバー直撃、見取り図、THIS IS 岡下、中山女子短期大学、守谷日和、内海崇(ミルクボーイ)、ぢゃいこら。テレビに出演する際、“キャラクターの濃い家族”がいることは、番組オファーも増え芸人にとって大きな強みとなることから“家族力”、露出を増やすために必要なスキルを競う“グルメロケ力”、インテリ芸人が幅を利かせる今の芸能界において、活躍のきっかけとなりうるクイズ力を磨く“クイズ力”でしのぎを削る。

     “家族力”ではスーパーマラドーナ・田中の結婚2年目となる妻、ピン芸人の中山女子短期大学と見取り図・盛山が実母と共に勝負に。夫や息子の“先月のギャラ”“嫌いな芸能人”など、きわどい問題が出題される。“クイズ力”では、さまざまな難易度のお題に対し、その回答が“面白いかどうか”でポイントが決まり、“面白くない”と判定されると、ベルトコンベヤーに載せられた“芸人の命”ネタ帳が燃えさかる炎へと近づいていく…。

     そんな精神的に過酷な罰ゲームに「あれはちょっと酷ですけどね(笑)。もうやらないと仕方がないので、心を鬼にして進行しました。確かにあれはなかなか芸人からしたら大変なことだと思いますね」と陣内もハラハラ。実行委員長として大会の行方を見守る立場だが、自身にとっての“芸人力”を問われると「“バランス”ではないですかね? バランスがいい人は、すごいなって思いますね。キャラクターもよくて、トークもロケもできて…と、オールマイティーにできる人が一番“芸人力”があると思いますね」と考えを明かしていた。
    4日放送のカンテレ深夜特番『芸人トライアスロン』(深夜1:00) (C)カンテレ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】陣内智則、“芸人力”とは「バランス」!!】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 Egg ★ :2018/01/13(土) 10:23:46.76 ID:CAP_USER9.net

    番組を見ていて、

    「そこはスルーなのかい!」と思わずツッコミを入れたくなった人は多いだろう。

     7日に放送された『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)のゲストは陣内智則。

     今や人気ピン芸人となった陣内にまつわる爆笑面白エピソードが次々と披露され、タイトルどおり、笑いにあふれた番組内容だった。しかし何かが足りない……。

    「画面の上部に

    でているテロップでは『元お寿司屋さんの正社員?「ドヤ街で謎バイト」→「美女局アナ婚」逆転人生』となっていました。

     スタジオに用意された経歴を書いたボードにも《2007年 33歳 エンタで調子に乗る》の次が《2017年 43歳 ハワイで挙式》となっていて、あの女優との結婚・離婚に関しては一切触れられることはなかったですね」(スポーツ紙記者)

     陣内にとっては消してしまいたい過去なのか、また藤原紀香にとっても触れられたくない過去なのか、それともテレビ局サイドの忖度か。

    「番組のコンセプトから考えて、失敗や苦労などネガティブな話があって、それからの“爆笑”なんですが、あの話はタブーなんです。それに最終的に笑いに持っていけないからなんですね。

     ふたりが離婚して9年が経とうとしていますが、人前で笑い話にするほどまでにはなっていないということなんでしょう。

     ひょっとしたら生きているあいだは難しいかもしれません。それにそれぞれ新しい伴侶がいますから、その人たちのことも考えると触れにくいのだと思います。さんまさんと大竹しのぶさんのようにはいきません」(テレビ局関係者)

     ただ、ほかのバラエティー番組では紀香の名前は出なくとも、結婚・離婚・当時の浮気などがいじられることはたびたびあり、今回の番組でまったく触れられていないのは違和感が残る。

    「今の視聴者はテレビ局の“大人の事情”についてよくわかっています。

     それでも、この番組はゲストの半生を面白おかしく紹介する番組なので、視聴者はそこのところを期待していたと思いますよ」(前出・スポーツ紙記者)

     陣内が笑ってネタにできる日はいつになるのか?

    週刊女性PRIME / 2018年1月10日 16時0分
    https://news.infoseek.co.jp/article/jprime_11428/

    写真

    (出典 media.image.infoseek.co.jp)


    【【芸人】<陣内智則>9年経ってもいまだに笑ってネタにできない藤原紀香との離婚・・・ネタにできる日はいつになるのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ