爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    FUJIWARA



    (出典 cdn.narinari.com)



    5月23日、AbemaTVで『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』#79が放送された。
    同番組は、現在各局の番組にひっぱりダコのお笑いコンビFUJIWARAの藤本敏史が、万が一明日芸能界から干され、多くのファンや芸人仲間が悲しみに包まれる前に、「フジモンとやり残したくない」10コくらいのことを、ゲストと共に一つ一つ実施していく、とにかくゲストと藤本が楽しむ番組。

    この日の放送回では、MCをお笑いコンビ・プラス・マイナスの岩橋良昌、兼光タカシ、アシスタントをタレントの緑川静香が務め、ゲストにお笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二、西村瑞樹を迎えて、藤本と様々なやりたいことに挑戦した。

    オープニングでは、MCの岩橋が「ものすごく稼いでいるという噂をちらほら耳にします」と、バイきんぐの西村について触れたところ、藤本も「俺も、びっくりした!『水曜日のダウンタウン』を観ていて。そこで西村が(月収)170万と言った」と明かし、これに西村は「(月収)170万入りました。たまたまですよ。アベレージではない」と答えたが、そのやりとりを冷静に見つめる小峠に、今度は藤本が「給料の話になって、小峠が我関せずみたいなのがすごく嫌。“俺には振るな”みたいな感じ」とツッコミを入れ、慌てる小峠の様子に、スタジオで笑いが起こった。その後も藤本は「西村が(月収)170万あるなら、小峠はいくらあるねん! って話だけど、これは聞きたくない。へこむし、やる気が出なくなる」とコメントした。



    約1年前に番組に出演予定だったバイきんぐの2人、西村が結膜炎になってしまい、コンビでの出演が叶わず、今回はその1年前に行ったアンケート結果から、藤本とやりたいことを視聴者の投票で決めていった。藤本とやりたいこと1つ目は、小峠が「ゴム跳び」、西村が「珍しい魚の試食」とあり、「生放送でどっちが観たい?」と視聴者にアンケートを取ったところ、西村の「珍しい魚の試食」という結果に。



    そこでスタジオには、見た目がまるでエイリアンのような珍魚『ワラスボ』が運ばれてきた。そのグロテスクな姿に、出演者たちは「うわ! 何これ!?」、「気持ち悪い!」という声が次々と上がり、『ワラスボ』の刺身や干物が並ぶ中、誰から食べるか揉め始めたところ、西村が「俺、食べたい! だって、やりたいことだから」と自ら進んで、『ワラスボ』の刺身を口に運んだ。その様子を出演者が不安な表情で見守る中、西村は「これ美味いわ! 噛めば噛むほど味が出る」と絶賛していた。

    ©AbemaTV
    関連画像キャプション


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】フジモン、バイきんぐ小峠の月収「凹むし聞きたくない」】の続きを読む



    (出典 storage.mantan-web.jp)



    お笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二と西村瑞樹が、23日に生配信されたインターネットテレビ局・AbemaTVの番組『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』(毎週水曜23:00~)に出演し、2人の収入の話題で盛り上がった。

    同番組は、お笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史が、もし明日芸能界から干されてしまったら…と想定し、「フジモンとやり残したくない」10コくらいのことをゲストと共に一つ一つ実施していくという内容。今回、MCをプラス・マイナスの岩橋良昌、兼光タカシ、アシスタントをタレントの緑川静香が務め、ゲストにバイきんぐの小峠英二、西村瑞樹を迎えた。

    オープニングで、MCの岩橋が「ものすごく稼いでいるという噂をちらほら耳にします」と、西村の収入事情に切り込むと、藤本も「俺も、びっくりした!『水曜日のダウンタウン』を観ていて。そこで西村が(月収)170万と言った」と興味津々。これに西村は「(月収)170万入りました。たまたまですよ。アベレージではない」と説明した。

    小峠はそのやりとりを冷静に見つめ、藤本が「給料の話になって、小峠が我関せずみたいなのがすごく嫌。“俺には振るな”みたいな感じ」とツッコむと大慌て。その様子にスタジオから笑いが起こった。さらに藤本は「西村が170万あるなら、小峠はいくらあるねん!って話だけど、これは聞きたくない。へこむし、やる気が出なくなる」とぼやいた。

    (C)AbemaTV

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】バイきんぐ西村の月収にフジモン驚き「西村が170万あるなら小峠は…」】の続きを読む



    (出典 matsui-pharm.com)



     3月15日(水)にAbemaTV(アベマTV)にて放送された、お笑いコンビ・FUJIWARA藤本敏史(以下、フジモン)の冠番組『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』にて、フジモンがFUJIWARAの改名を発表する一幕があった。

     同番組は万が一、フジモンが芸能界から干されても後悔しないようにゲストがフジモンとやりたい10のことをリクエストし叶えていくというバラエティで、ゲストで登場したお笑いコンビ・ニッチェが「フジモンと占いを楽しみたい」というお題をリクエストした。

     ニッチェの2人が気になっていることを、事前に占い師から鑑定してもらっており、1つ目のテーマとして、「江上敬子に子供が生まれた時につけるといい名前」を占ってもらうと、「千尋」「潤」「慧」という名が挙げられた。ちなみに、江上は女の子ならば「橙子」、男の子ならば「福人」という名を考えているそうだ。


     さらに、「ニッチェが冠番組を持つためにはどうしたらいいのか」というテーマで占ってもらったところ、コンビ名の画数から「ニッチェプラス」か「ニッチェパワー」にするといいというアドバイスをもらった。フジモンから「ニッチェプラスがええんちゃう」と後押しされるも、江上敬子は「持ち帰ります! この番組で名前を変えるのがイヤだ」と訴えた。

     続けてFUJIWARAがどんな名前に改名するといいかという話題に。占い師によると、FUJIをカタカナにして、WARAを漢字にする「フジ笑」、もしくは一部を小文字にする「FUJIwara」という名前が提案された。

     フジモンは「おっしゃ~! じゃあ、一番上(フジ笑)に変えま~す! 頭打ちしてるところあったので、なにか突き抜けたいなと思ったから。原西見てる~? こっちに変えたよ~。見てる~? こっちに変えたよ~! 女性経験2人しかいない原西~! るみちゃんと今の嫁しかいない原西~」とテレビの向こうの相方の原西孝幸に呼びかけた。


    (C)AbemaTV



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃】フジモン、FUJIWARAを「フジ笑」に改名!?「なにか突き抜けたいなと思ったから」】の続きを読む



    (出典 cdn.mdpr.jp)



     3月14日(水)にAbemaTV(アベマTV)にて放送された、お笑いコンビ・FUJIWARA藤本敏史(以下、フジモン)の冠番組『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』にて、フジモンが妻でモデルの木下優樹菜とのバレンタインデー事情を告白した。

     この日MCを務めていたお笑いコンビ・ばーんの高田千尋から「フジモンさん、今日が何の日かご存知ですか?」と問われると「あ、今日あれやね。ホワイトデーか。忘れてた」とフジモン。ゲスト出演していたニッチェの江上敬子から「奥さんにあげたんですか?」という質問を受けると「いや、あげてない」と即答した。

     世間からはラブラブの夫婦として知られるフジモンと木下。意外な回答に出演者たちはいっせいに「え!」と驚きの声をあげた。江上が「バレンタインにはもらった?」とさらに質問を続けると「もらってない」とフジモン。


     理由について「そういうのがわずらわしいみたいな感じになってきてる」と説明。「結婚してから7年目、付き合ってからは9年とかいってるから」と冷静に分析すると、江上は「寂しいな」とぼそりとつぶやいた。

     ちなみに江上は「バレンタインデーに、朝オムライスを作ってケチャップにハートを書いて、あげましたよ」と告白した。


    (C)AbemaTV



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能夫婦】フジモン、木下優樹菜からバレンタインはもらってないと告白「もうそういうのはわずらわしい」】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



    お笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史が、女優の中谷美紀が主演を務める4月13日スタートのTBS系金曜ドラマ『あなたには帰る家がある』(毎週金曜22:00~)に出演することがこのほど、明らかになった。初の連続ドラマレギュラー出演となる。

    藤本敏史

    このドラマは、直木賞作家・山本文緒が1994年に発表した同名の長編小説を原作に、"落ちてはいけない禁断の恋"によって2組の夫婦が翻弄されていく姿を描く。中谷が演じる主人公は、結婚13年目の主婦・佐藤真弓。その夫・佐藤秀明を玉木宏が演じる。もう1組の夫婦役にはユースケ・サンタマリアと木村多江。木村演じる茄子田綾子は、秀明と出会い強く惹かれていく。

    秀明の上司だが空気が読めないクセモノ・竹田邦彦を演じる藤本は、「僕にこんな連続ドラマのオファーが来るわけないと思って、正直ドッキリだと思いました! なぜ僕にオファーをしようと思ったのか、逆に知りたいです。現場の空気を明るくするのは得意なので、そこを買われたのかな?(笑)」とオファーを受けたときの心境を告白。

    そして、「意気込みはすごくありますが、先日、顔合わせに生まれてはじめて参加したときは、すごく緊張しました。ある意味カルチャーショックで・・・!! 玉木宏さんが素敵で、こんな顔に生まれてたら人生違ったのにな、と。そのとき着ていた洋服が同じような色だったんですが、違いが明白で・・・全部負けてました(笑)」と顔合わせ時に感じた衝撃を明かした。

    また、「役柄はイヤミな感じの上司ですが、本来の僕はすっごく優しい気のいい芸人です!」と自身の性格をアピールし、「明るく楽しい僕ですが、俳優として、違う人間になれるというところはとても楽しみにしています。連続ドラマにレギュラー出演するのは初めてなので、プレミアものですよ! ぜひご覧ください!!」と呼びかけている。

    藤本のほか、主人公・真弓(中谷)が高校時代に所属していた陸上部の後輩で、真弓の夫・秀明(玉木)の大学時代の同級生でもある三浦圭介役に駿河太郎、真弓に職場復帰を勧め、真弓の上司となる独身の"デキル"女・愛川由紀役に笛木優子、秀明が勤務する住宅メーカーの後輩で秀明に密かな憧れを抱く小悪魔女子・森永桃役に高橋メアリージュン、職場復帰によって“浦島太郎状態”の真弓を煙たがる年下の教育係・小島希望役にトリンドル玲奈が決定した。

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】フジモン、連ドラ初レギュラー「ドッキリだと思った」】の続きを読む

    このページのトップヘ