爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    古坂大魔王



    (出典 i1.wp.com)



     アンジャッシュ・児嶋一哉は2011年に坪井志津香さんとおよそ15年の交際を経てゴールインした。だが、今は夜の営みがないことを公言しており、子どもはいない。芸人の妻には一般的に苦労が付き物だといわれているが、坪井さんは強靭なハートの持ち主だと言われている。「ノーボトム!」というテクノユニットのボーカリストとして、相当な苦労を重ねてきたからだとエンタメ誌の編集者は言う。

    「『ノーボトム!』とは『ボキャブラ天国』(フジテレビ系)シリーズで人気を得た『底ぬけAIR-LINE』が中心となって活動した音楽ユニットです。お笑いと音楽を融合させたステージを行っていました。何度かメンバーチェンジを経験しながらもシングル5枚、アルバムを5枚もリリースしています。ライブ活動に力を入れていたため、コアなファンがいました。この初代ボーカルが坪井さん。当時は、SIZUKAを名乗っていました」

     底ぬけAIR-LINEは古坂和仁と小島忍のコンビ。古坂とはすなわち古坂大魔王、ピコ太郎だ。つまり、児嶋の嫁は、世界を股にかけて活動するピコ太郎の元相棒だったというわけだ。

    「結成した翌年の04年には、音楽イベントや対バンに参加しまくって、知名度を高めようと必死だったといいます。マネージャーの車1台にメンバーが相乗りして、北は青森から南は九州まで周ったそうです。おもにライブハウスだったため、収益は微々たるもの。観客よりスタッフのほうが多かったなんてこともあったといいます。当然、赤字続きだったとか」(前出・エンタメ誌編集者)

     アンジャッシュ結成後、坪井さんと児嶋が20代だった頃は食うに困り、くりぃむしちゅー(当時は海砂利水魚)・上田晋也の家で居候している。児嶋は上田に助けられ、嫁はピコ太郎と苦楽をともにした。お笑い界ではある意味“最強の夫婦”と言えるかも!?

    (北村ともこ)

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃】アンジャ児嶋一哉の妻はピコ太郎の元相棒!お笑い界の「意外な人間関係」】の続きを読む



    (出典 cdn.clipkit.co)



    27日に放送された日本テレビ系『幸せ!ボンビーガール』に古坂大魔王が出演し、下積み時代の苦労について明かす場面があった。

    番組内では、古坂の貧乏だった時のエピソードとして、先輩芸人の「布団ってさ、食べられるの知ってた?」という冗談を信じてしまったことがあるというエピソードを再現VTRで紹介。

    これに当時の古坂は「いい情報もらった、布団が食べられるなんて知らなかった」と、実家から持ってきた座布団の中綿を千切って丸め、唐揚げ粉をまぶして揚げて食べたという。

    この味は、古坂曰く「結構いけてた」とのことだったが、3日後に激しい腹痛に襲われ、救急病院に行く騒ぎに。レントゲンを撮ったところ、大腸に綿が詰まっており、下剤を飲んで医師からお尻から綿を引っ張り出してもらったのだと振り返っていた。

    この放送にTwitterでは「綿食べたのか!?」「座布団食べちゃ駄目でしょうww」「綿を食ってたんか」「古坂大魔王座布団食うなよーw」と、驚いた様子のコメントが寄せられていた。

    腹痛を伴う体調不良について語ったのは岡本真夜もいる。岡本は自身のブログで「実はわたしも 3年前にチョコレート嚢腫で手術しました」「お腹の下あたりが痛くなり 家に帰って動けないくらいになって。」と綴り、激痛で通院したとその日に緊急手術を行ったを明かしていたことがあった。

    古坂大魔王、貧乏時代に食べた”あるもの”にネット衝撃


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃】古坂大魔王、貧乏時代に食べた”あるもの”…】の続きを読む



    (出典 obs.line-scdn.net)



    1 豆次郎 ★ :2017/12/23(土) 16:47:57.26 ID:CAP_USER9.net

    12/23(土) 15:20配信
    ピコ太郎、今度は天皇誕生日レセプション出席 トランプ大統領に続き超VIPからの招き

     「PPAP」で2016年に世界的大ブームを巻き起こしたピコ太郎さん。先月にはドナルド・トランプ米大統領と面会したが、今度は天皇誕生日のレセプションパーティーに出席した。

     国内外のVIPから次々と声が掛かるその「大物」ぶりに、インターネット上では驚きの声があがっている。

    ■古坂大魔王はひとこと「うおお!」

     ピコ太郎さんは2017年12月22日夜、ツイッターで、

      「飯倉公館にて...天皇誕生日レセプションパーティーに参加してきましたピ!! 」

    と報告した。河野太郎外相から招かれたという。

     掲載された写真には、いつも通りのヒョウ柄ファッションのピコ太郎さんの姿が。背後に写る人たちは皆、スーツにネクタイのフォーマルな格好のため、ピコ太郎さんのド派手ファッションはひときわ目立っている。河野外相夫妻や、漫画「ゴルゴ13」作者のさいとう・たかをさんとの記念写真も公開した。

     ツイッターユーザーも「ドギモ」を抜かれたようだ。リプライ(返信)欄には、

      「天皇誕生日レセプションパーティー!? 」
      「すごすぎてよくわからん」
      「トランプさん、安倍さんの次は天皇って...」

    などと驚きの声が寄せられている。

     ピコ太郎さんは11月6日、安倍晋三首相が主催する晩餐会に出席し、トランプ大統領との面会を果たしている。「ピコちゃんは一体何者なんでしょ?」とのコメントもみられる。また、ピコ太郎のプロデュースを手掛けるお笑い芸人の古坂大魔王さんは22日、ピコ太郎さんの投稿をリツイートし、「うおお!」とびっくりしたような書き込みをしていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171223-00000004-jct-soci


    【【芸人】≪ピコ太郎≫今度は天皇誕生日レセプション出席 トランプ大統領に続き超VIPからの招き!】の続きを読む



    (出典 media.image.infoseek.co.jp)



    1 きゅう ★ :2017/12/06(水) 01:47:55.27 ID:CAP_USER9.net

     12月2日に放送された『俺の持論』(テレビ朝日系)に古坂大魔王が出演し、人を簡単に笑わせるためのテクニックを語った。

     まず、今年の7月にニューヨークの国連総本部で開催された、貧困の撲滅や教育の確保を目指す「持続可能な開発目標(SDGs)」のレセプションパーティに出席した時のことを語り始めた古坂。その席で各国の政界人のスピーチを聞いていると、「スピーチは必ず『ギャグ』から入る」という共通点を見つけた。

    「国連の現場でも各国、いろいろプレゼンする場合、必ず面白いギャグが入ってくる。政治の中でも笑いってすごく影響している、世界的には」と、“笑い”の重要性をピコ太郎の活動から体感したらしい。

     それから古坂は、「実は笑いを取る簡単な方法があります」「大丈夫、(ボケやツッコミは)一個もいりません」と、「笑いなんて簡単に取れないだろ…」と会場内に溢れる、不安を取り除くテクニックを提案。

     まず、古坂が挙げたテクニックは、「声のボリュームを一つあげる」ことだ。これに対して、聞き手のハライチ・澤部佑も「この間、萩本欽一さんと一緒で、『結局大きい声だ』って言ってましたもん」と、お笑い界のレジェンドも声の大きさと笑いには関係性があると話していた。

     次に挙げたのが、「キーを2音上げる」ことだ。「人間は興奮していると声のキーが上がるんです」とキーを上げることで、周囲を興奮状態にさせ、心を緩和させることができるらしい。

     さらに、「『パピプペポ』は面白さ満載なんですよ」と語る古坂。「これ世界的にそうらしいんですけども、『パ、ピ、ポ』って破裂音なんですけども、なんか面白いらしいんですよね」と、人間は感覚的にパ行を面白いと考えてしまうようだ。

     最後に語ったテクニックが、「裏打ちのリズムで話す」。「世界的にそうで、なんか『んあんあんあ』って言ってると、なんかウケてる」と、話し方のリズムを少し裏打ちにすることで、楽しい気持ちにさせることができると説明した。

    「声のボリュームを1つ上げる」「キーを2つ上げる」「パ行の言葉を使う」「話のリズムに裏打ちを入れる」。これらを意識すれば、話し下手な人でも、知らない人と簡単に打ち解けられるかもしれない。

    http://wjn.jp/article/detail/3528705/

    (出典 images.wjn.jp)


    【【芸人】古坂大魔王が簡単に人を笑わせるテクニックを披露!!】の続きを読む

    このページのトップヘ