爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    志村けん



    (出典 image.news.livedoor.com)



     後輩たちが慕うのも無理はなし?

     ダチョウ倶楽部の上島竜兵が5月11日に関西ローカルで放送されたバラエティ番組「快傑 えみちゃんねる」(カンテレ)に出演。師匠と慕う志村けんに今まで奢ってもらった金額について言及している。

     上島は志村に高級クラブに連れて行ってもらった際、志村が寝てしまったため、20万円もの会計を上島が支払ったというエピソードを紹介。

     しかし、起きた時に志村が「会計は?」と訊ねたのに対し、お店の女性は「いただきました」とだけ答えたため、志村は自分で支払ったものと勘違い。上島は志村に自身が支払ったという事実を知ってほしかったため、「『上島さんにいただきました』と言ってほしかった」と、オチをつけていた。

     ただ、上島は普段は志村に奢ってもらっていることを説明し、「もう、何千万か、ものすごい奢ってもらってますからね。億いくかもわからない。タクシー代までもらっていたこともあるし」と、志村から億単位でおごってもらっていたかのように明かしている。

    「志村は、妹の病気の治療のために300万円が必要と泣きついてきた若手芸人に1000万円をポンと出したという男気伝説すら伝わっています。しかも、その若手芸人の妹が病気というのがウソだったことが後に判明しますが、志村は『何だ、妹さん無事なの? 良かったなぁ、ホッとした…。貸した金?どうでもいいよ。金は天下の回り物だ』と、その若手芸人をいっさい責めなかったというから驚きです。そんな志村ですから、上島に限らず、千鳥の大悟など可愛がっている後輩たちにはなかなかの金額を奢っていることでしょうね」(エンタメ誌ライター)

     また、上島も後輩芸人たちを集め、ほとんどの会計が自分持ちの『竜兵会』と呼ばれる飲み会を開いたりというのも、志村からたくさん愛情を注がれてきたということも深く関係していることだろう。

    (田中康)

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃】億いってるかも…ダチョウ上島が志村けんに奢ってもらった金額の「総額」!】の続きを読む



    (出典 dot.asahi.com)



    “殿”の事務所独立騒動が話題となっているが、もうひとりの芸能界の殿、それも“バカ殿”といえば、志村けんだ。“お笑い界のレジェンド”ともいわれる志村。1970年代からドリフターズの一員として活躍。『8時だョ!全員集合』(TBS系)や『ドリフ大爆笑』(フジテレビ系)などの“お化け番組”で、当時日本中の子どもたちを虜にした。

     そんな志村が人気者になって早や40年。現在も『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)などテレビの第一線で活躍する志村だが、ここ最近はネガティヴな報道が相次いでいる。

    「レギュラー番組『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ系)や深夜番組『志村の夜』(同)の打ち切り説が流れています。志村のレギュラー番組ですが、ここ最近はフジの不振もあり、何年も前から終了する可能性があるといわれ続けています。『バカ殿』は製作費もかかるし、何より時代にそぐわないイメージのため、スポンサー受けが良くない。深夜番組の『志村の夜』のほうは志村の所属事務所が持っている“枠”なので、残ると思いますが……」(テレビ局関係者)

     そんな先細る仕事の一方で相変わらずお盛んなのが、豪華タレントたちが毎年出席する「志村けん誕生日会」だ。こちらは、もっぱらその年の志村の“側室”が誰なのかがわかるイベントとして、毎年大きく報道されている。

    「長年『バカ殿』でコンビを組み、一時は結婚も噂されてきた優香をはじめ、みひろ、小林恵美、磯山さやかなどのグラビアアイドルなど、志村の好みのタイプのタレントが大挙して押し寄せます。毎年中山秀征が幹事として仕切っており、女性タレントからお笑い、ジャニーズ系まで参加します。ここ数年の“オキニ”は多岐川裕美の娘の華子ですね」(芸能事務所関係者)

     ここまで豪華にタレントたちが集う誕生日会は、芸能界を見渡してもなかなかなく、「さすが、志村!」といったところだが、同関係者はこう明かす。

    「世間的には、志村を慕っているタレントが多いから、あれだけ集まるんだ、と思われているかもしれませんが、幹事の中山ヒデさんの力が大きい。実はお笑い界で志村を慕っている人は意外と少ない。有名なところではダチョウ倶楽部の肥後克広と上島竜兵ですが、2人は飲み友達という感じ。なぜかといえば、志村は美女にはとってもやさしいんですが、お笑いの人間を冷たく邪険に扱うことも多い。もちろん気に入られる人間もいますが、志村の飲み会には“一回行っただけで、二度と行かない”というお笑い芸人も多いんですよ。ビートたけしには慕っている弟子がたくさんいますが、志村は良くも悪くも“孤高の人”なんでしょうね」

     芸能界における志村の意外な立ち位置がうかがえる。
    (文=編集部)

    「Gettyimages」より


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】志村けん、お誕生日会でタレント「大量動員」の実態…お笑い界で人望がない理由!】の続きを読む



    (出典 xn--50-hi4azc9fsf5155c.com)



     3月31日に放送されるバラエティ番組「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)最終回が、5時間10分の特番で放送されることが発表された。同番組は、視聴率が低迷する可能性があるという。

    「『めちゃイケ』は、番組の打ち切りが発表されてからでも視聴率が伸びておらず、裏のバラエティ番組『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』(テレビ東京系)にも何度か敗北を喫しています。フジの長寿番組フィナーレといえば、『笑っていいとも!』が28.1%、『SMAP×SMAP』が23.1%(第3部 22時~23時18分)と、いずれも高視聴率を記録していますが、今の『めちゃイケ』だと、そのレベルの数字は難しいでしょう」(テレビ誌記者)

     フジはこの春、「めちゃイケ」以外にも「とんねるずのみなさんのおかげでした」など数々の長寿番組を終了させる。そんな中、次は30年以上続くバラエティ番組が打ち切られるという噂があるといるという。

    「3月6日発売の『サンデー毎日』が、フジのバラエティスタッフの証言を掲載しています。同誌の取材によると、『志村けんのバカ殿様』や、深夜に放送されているコント番組『志村の夜』(いずれもフジテレビ系)は、高額な製作費に対して視聴率が芳しくないため、局内から『志村の番組も打ち切りにしろ』という声が出ているのだとか。フジは現在、出演者の高額なギャラなどを理由に、多くの長寿番組を打ち切っていますから、次に大ナタを振るわれるとすれば、志村の可能性は高いでしょう」(前出・テレビ誌記者)

     志村といえば毎年、共演した美人タレントばかりを集めた誕生日会の様子が話題となるが、ついに志村ガールズも解散となってしまうのだろうか。

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃】「めちゃイケ」「みなおか」に続き、志村けんの「バカ殿」まで打ち切りに!?】の続きを読む



    (出典 dot.asahi.com)



     お笑い界のドン、志村けんの超酒豪ライフを、お笑いコンビ千鳥がぶっちゃけた。これは3月3日放送の「土曜ワイドラジオTOKYOナイツのちゃきちゃき大放送」(TBSラジオ)でのこと。

    「志村といえば、無類の酒好きで知られており、数々の武勇伝を持っています。これまでは『バカ殿』シリーズで共演したダチョウ倶楽部の上島竜兵が酒席にお供してきたんですが、泥酔から寝落ち、そして早帰りの連続で飲み友はお役御免に。入れ替わったのが、千鳥の大悟。彼は自他ともに認める酒が好きすぎる芸人で、志村とは番組共演がきっかけで意気投合。週4で志村の飲み友をおおせつかる側近となったんです」(スポーツ紙記者)

     飲みの誘いは志村からのメール。その夜の予定が合えば、飲み会決定。参加者は、大悟のみ。話題はお笑いについてで、大悟は聞き役に徹する。飲んでいる間、志村のスタッフは、バスのように巨大なロールスロイスでひたすら待機しているのだという。

    「大悟が言うには、志村はとにかく酒が強くて、いくら飲んでも変わらない。夕方6時から朝6時まで平気で12時間ぶっ続けで飲みあかすそうです。大学生の行くような大衆居酒屋が実は好きで、高級クラブよりおいしくて落ち着くと打ち明けそうだ。『安い場所でごめんね』なんて大悟に気を使っていたそうですよ」(芸能ライター)

     千鳥のノブによると、先日の鎌倉ロケの仕事は、すごかったらしい。

    「日帰りで終わる仕事をわざわざ1泊2日にした、まさに飲み会のための仕事だったそうです。夕方5時に仕事を切り上げると、夜中まで居酒屋2軒をハシゴ。翌日は2日酔いを抱えたまま仕事を始め、夕方になった途端、仕事中にもかかわらず飲み始める。ロケ終了後は麻布へ繰り出すことに決定すると、そこへ向かうロケバスの中から飲み会なんだそうです。麻布では志村と千鳥の3人で大いに盛り上がったそうだ」(前出・芸能ライター)

     志村も千鳥も「大丈夫だぁ~」かな?

    (塩勢知央)

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】千鳥が明かした志村けん「爆笑酒ライフ」】の続きを読む



    (出典 articleimage.nicoblomaga.jp)



     2月17日夜、東京・六本木のイタリアンレストランで、志村けんの68歳の誕生日パーティが開催された。

    「幹事は中山秀征さんで、会場には30名以上の芸能人が馳せ参じました」(芸能事務所関係者)

     翌々日のブログで志村本人が載せた写真には、マツコ・デラックス、タカアンドトシ、島崎和歌子、さらには麻美ゆまや池田夏希ら“志村ガールズ”の面々が写っているが――。

    「そんな中で、“志村さんの隣の席にどの女性が座るのか”が例年注目されています。かつては優香やみひろ、板野友美らが“側室の座”をキープしてきました。昨年までは連続で参加し、大本命と見られていた橋本マナミは、今年は欠席でした」(芸能記者)

     果たして志村の隣に座り、新たに“側室の座”についたのは誰だったのか。

    「女優の多岐川裕美の娘の華子(29)だったようです。12年に俳優の仁科克基とスピード離婚して以来、志村の誕生日パーティには毎年参加。今年も、参加者が大集合した写真で志村のすぐ横にいました」(前出・芸能事務所関係者)

    “最後の独身大物芸能人”の誕生日パーティの詳細は、2月22日(木)発売の「週刊文春」で報じている。

    (「週刊文春」編集部)

    ©文藝春秋


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】志村けん68歳誕生会で隣に座った“側室”は誰だ?】の続きを読む

    このページのトップヘ