爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    女優



    (出典 www.1242.com)



     明石家さんまが、26日放送の『さんま&女芸人お泊り会~人生向上の旅~ 』(フジテレビ系)に出演。前妻・大竹しのぶとの知られざる恋について語った。

     大竹の最初の夫はTBSディレクターの服部晴治さん。だが結婚2年目の時、服部さんに末期がんに侵されていることが発覚。その頃、さんまは大竹とドラマ『男女7人夏物語』(TBS系)で共演。大竹からの悩み相談の電話を受けるため、さんまは早めに帰宅しては相談に乗ってあげていたといい、「頼るところが俺しかいない」と思っていたという。

     一方で、さんまは服部さんとも交流があったという。服部さんは1987年に他界したが、亡くなる前、彼から「頼むね、しのぶを…」とお願いされたと明かし、「『結婚せえ』という意味じゃないから分からないけど」と振り返った。それでもさんまは、大竹のことを「勝手に助けてあげなあかんと思った。責任感じて」と回顧。亡き親友の妻だった大竹との恋について「禁断…」という言葉も口にしていた。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】さんま、大竹しのぶとの恋愛秘話明かす!亡き親友から「頼むね、しのぶを」】の続きを読む



    (出典 cdn.narinari.com)



     お笑い芸人のブルゾンちえみが5月6日、インスタグラムに自撮り写真を掲載し、ファンから「広瀬すず」にソックリだと激賞されている。

    「剥き女B」との文言を綴ったブルゾンは、皮の剥けた状態のフルーツがのった皿を目元に被せて撮影した自撮り写真を掲載すると、すっぴんと思われるナチュラルな肌の質感や、ややホッソリとした頬のラインにファンも「素っぴん? 可愛すぎるんだけど」「広瀬すずな雰囲気だね」「広瀬すずっぽい!」「結婚したいくらいやわ!」「美人さんですね」などとその美しさに感動。

    「ブルゾンは先月にも緑のジャケットとパンツのセットアップ姿の写真を掲載し、そのスタイルの良さから『ダイエットに成功したのか?』という反応が続出していました。また、体型だけでなく容姿に対する評価も急上昇しており、『もはや面白いことを言わなくても良い』『笑いが取れなくなっても応援し続けます!』『芸人やめてモデル転身は?』などといった男性票も得ている状態。最近はドラマや映画の吹き替えなどマルチに活動している彼女だけに、大幅な路線変更も十分あり得る話でしょう」(テレビ誌ライター)

     最近では“ダメウーマンネタ”でバックパフォーマンスを務める後輩コンビ・ブリリアンも徐々に知名度を高めながら独り立ちの準備を進めており、「35億!」の決め台詞で一世を風靡したブルゾンにとって、そろそろキャリアの“第二章”へと突入するタイミングが近づいているのかもしれない。

     少なくとも彼女のインスタグラムのコメント欄には多くの支持者による熱烈なリアクションで溢れかえっているのが現状だ。

    (木村慎吾)

    アサジョ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【女芸人】ブルゾンちえみ、広瀬すず“激似”の自撮りを公開しファン騒然!】の続きを読む



    (出典 img.cinematoday.jp)



     4月19日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)で、お笑いタレントの陣内智則が元妻である藤原紀香と偶然再会したというトークを披露した。

     司会の浜田雅功に「会ったんやろ?」と促されると陣内は「はい。前にです。新幹線で通路を挟んで隣だったんです」と紀香と再会した場面を振り返った。続けて「前の奥さんも気づいているけど何をしゃべっていいかわからん」と特に会話を交わすことはなかったと明かした。「切符を拝見しに来た人が(まず藤原の切符を確認して)、次にボクの顔を見て『エッ!』となった」と話すとスタジオは大爆笑。みごとに大ウケしたのだった。

     自虐エピソードを笑いにかえた陣内の芸人魂に賞賛の声が上がっているが、一方で鉄道ファンからは批判の声が上がっている。何でも「陣内は“盛り過ぎ”」だと言うのだ。

    「お2人が乗っていたのは仕事の関係などから考えておそらく東海道新幹線のグリーン車でしょう。東海道新幹線は2016年3月のダイヤ改正から、グリーン車と指定席の検札を取りやめています。となるとこの話は少なくとも2年は前のことになる。陣内さんは『前にです』とエクスキューズしているとはいえ、そんな昔の話をなぜ今頃持ち出してきたのか疑問は残ります」(鉄道ファンの芸能ライター)

     さらに席の配置についても脚色しているのでないかという疑惑が出ている。

    「陣内さんと藤原紀香さんが離婚された09年から16年の間に東海道新幹線で運用されていた車両は500系、700系、N700系、N700Aですが、どれもグリーン車は横2列+2列の4列シートです。陣内さんの話だと『通路を挟んで隣だった』ということですから、B席とC席に座ったことになる。座席は窓側が人気で、通常はA席かD席から埋まっていくので、芸能人であるお2人がどちらもそろって通路側に座るというのは考えにくい。もしマネジャーと一緒であれば、タレントを窓際にするのが普通です。それを考えても2人が通路側は無理がある。実際はA席とD席にそれぞれ座っていたのに、話をおもしろくするため通路側にしたと考えることができます」(前出・芸能ライター)

     芸人が話を盛るのはいつものこと。おもしろくなるなら多少の脚色は問題ないような気もするが、鉄道ファンはこの程度すら許せないようだ。

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】陣内智則、元妻・藤原紀香と「新幹線で偶然再会」】の続きを読む



    (出典 static.tbsradio.jp)



    “珍獣ハンター”イモトアヤコが、あまりにも美しすぎる珍獣を捕らえた?

     4月17日のインスタグラムに「#ばったり遭遇」「#結子をハント」「#珍獣ハンター」「#なんだかソワソワするね」と綴ったイモトは、竹内結子と笑顔で並んだ贅沢な写真を投稿。以前より親交の深いことで知られる2人だが、ファンは竹内結子を“珍獣”扱いしているイモトに驚き、「竹内結子さんが珍獣!?」「世界屈指の美珍獣!!」「竹内さんは珍獣じゃないですよー」といった反応が寄せられた。

    「芸人らしからぬ豪華な人脈を築くイモトですが、竹内結子との仲の良さは有名。それゆえ、竹内結子を“珍獣”と呼べるわけですからね」(エンタメ誌ライター)

     そして、その並び写真が示した“ある事実”にファンは驚いているようだ。

    「美人度こそ、竹内結子の圧勝かも知れませんが、『竹内結子よりもイモトの方が顔小さいぞ』という指摘もあります。確かに、イモトのほうがひと回り小さい印象です。いまや“美人指標”の重要な要素である小顔で、人気女優を上回ったわけですから大したものです」(前出・エンタメ誌ライター)

     イモトの知られざる過去といえば、かつて「東京ホルモン娘」というコンビ名で、フォーリンラブ結成前のバービーと活動していたこと。

    「当時、売れない時代に寝食を共にしたであろう相方は、まさに巨顔の“珍獣”だったわけですが、いまや、同じマンションを購入したと報じられるほど仲のいい竹内結子と、プライベートではまるで相方のような付き合いをしているのだから、文字通り“大物をハント”したと言っていいでしょうね」(前出・エンタメ誌ライター)

     ハンターとしての腕前を見せつけたようだ。

    アサジョ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【女芸人】イモトアヤコ、竹内結子と並んでも負けなかった「女子力パーツ」とは…】の続きを読む



    (出典 geinou-japan777.com)



    木村和久の「オヤ充のススメ」その203 ―

     最近、有名女優がシロウトの実業家オヤジと居酒屋で知り合い、不倫騒動となっています。家庭崩壊など大変そうですが、でもオヤジからして見れば、夢のような出来事じゃないですか。ふらりと行きつけの屋台に行ってみたら、満島ひかりが一人でおでんをつまんでいた。ラッキー! って。それはビール会社のCM撮影ですから、ロケの邪魔しちゃいけませんよ。

     過去にとんでもない格上女性に対し、ナンパを実行した男がいたのでここに報告しておきます。世紀の美女と言われた女優イングリッド・バーグマンをホテルでナンパしたのが戦場カメラマンのロバート・キャパでした。キャパも有名でしたが、バーグマンのほうが数段格上です。どうやったのか? 当時、バーグマンは私生活での悩みもあり、ホテルに籠り気味でした。

     キャパは世界的に有名な女優が偶然同じホテルに泊っているなんて、こんなチャンスは滅多にないと仲間連中と作戦を練り、手紙を書くことにしました。

    「親愛なるイングリッド・バーグマン様。部屋で食事をとっているようですが、たまには気晴らしに、わいわい食事会をしませんか。我々はバーグマンさんの熱烈なファンです。励ます会を開くので、どうぞいらして下さい」とこんな感じの手紙を部屋に出したら、なんと奇跡が起きてバーグマンがレストランにやって来たのです。その後、2人は恋仲になるのですが、結婚することはありませんでした。

     キャパは1954年、日本を訪ねた後、フランス領インドシナ(今のベトナム)に行き、地雷を踏んで亡くなっているのです。

     この話から学ぶことはたくさんありますが、女優などのセレブに対しては相手を相当持ち上げないといけません。

     基本的に男性側の選択権、拒否権はありません。こちらが一生懸命ちやほやして、相手が気に入るまでお預けです。多くの場合は待っているだけで終わることもあり、なかなか一歩先に踏み込めないのが現実です。

     芸能界にははっきりとしたヒエラルキーがあって、売れている女性の方が偉いのです。しかも美しい存在ですから「お姫様扱い」をしないと。

     最近、モデル系女優とグルメ系お笑い芸人が結婚しましたが、男性側は「自分にはもったいない存在です」とコメントを出していました。

     昔、有名お笑い芸人が女優にプロポーズしたときは「こちらからは言えないです。格が違うから、相手に決めてもらうしかないです」と言っていました。
     だから女優のほうから「プロポーズしていいよ」という言葉や合図で、ぎこちない男性側のプロポーズが始まるって、なんやねん。

     明らかに格差交際ですが、男性側から見たら何がいいのでしょうか。表立っての行動は結構シビアです。一般民間人とのくるま移動は、目につくから女性を後部座席に乗せて、付き人と行動をしている風に見せていた。そんな方もいました。そのとき、運転手は白い手袋装着がお約束ですね。

     そうやって付き人扱いで交際しつつも、逆転するのが夜の部です。お姫様キャラの女優ほどベッドでは「ドM」になる傾向が強いのです。

     これは1977年に芥川賞を受賞した「僕って何」(三田誠広)に詳しく書かれています。早稲田の女性活動家と付き合い始めたボクは、昼間はほとんど「しもべ」扱いだけど、夜はその女王様が滅茶苦茶甘えて来る子猫ちゃんに豹変するという。それで双方バランスを保っているのだと。

     つまり「お前、昼間はよくも、犬みたいに扱いやがって~」「ごめんなさい~、ホントは凄く甘えたかったの~我慢してたら辛く当たってしまったの~」と、まあこんな感じですかね。

     無理めの女性は世間に向かって絶えず戦っておりますから、夜の部でそれを優しくいたわってあげる、これがよろしいかと思います。

     そもそも、一般民間人がどうやって女優と知り合うか? グルメ番組やネット情報で芸能人の行きつけの店を探し、店に通って店主と仲良くなる。それからたまたまやって来た、お目当て女優を、店主から紹介してもらう。これがまっとうです。

     現実的には難しいですが、それを言ったら話が始まらないので、ニュース報道のように偶然、有名女優と知り合ったとしましょう。

     まずは「取り巻き」や「親衛隊」扱いで、「お近づきになれただけで幸せ」となります。

     そこからワガママ女優は突然深夜に「ちょっとドンキに行きたいんだけど」みたいなリクエストをしてきます。あなたはJAFの夜間勤務隊員のように常時スタンバイをして、緊急出動に備えます。そこで「なかなか使えるやつ」という評価を得ると「アッシー」から「メッシー」へ昇格します。女優が、たまたま一人メシをせざるを得ないときなど「30分以内に、西麻布のレストランに来て」と、無茶ぶりをさせられます。すかさずゴールドカードを持って、スクランブル発進です。

     もちろん、こちらから会員制のレストランや一見さんお断りの老舗割烹、VIPルームのあるクラブなどセレブ感漂う場所に顔が利けばなおさらです。

     つまり一般民間人側も、何かしらコネがないと、その先が続かないのです。

     最終的には、有名女優の「サイフ」として、常に高級でハイソなお店に連れて行くポジションが一番、長くつきあえます。しかし、男女の関係となると、これまた長い待機時間が必要となります。

     それは警察犬訓練センターに入所したシェパードのように、長時間の「待て」と「おあずけ」に耐えなければならないのです。

     たまに有名女優も悲しいときや落ち込んだときがあるでしょう。それが千載一遇のチャンス。決め台詞は「ずっと、あなたが好きでした。デビューしたときから20年思い続けておりました」と、セリフを暗記して臨みましょう。

     有名芸能人との逢瀬や密会なんて、多くの方は一生に1回もないです。もはや妄想だけでも、充分興奮できます。あれはいったい何だったんだろう。

     「すべて春の夜の夢の如し」かもしれませんね。

    ■木村和久(きむらかずひさ)■
    トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦。著書に『50歳からのかろやか人生



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃】お姫キャラほど夜はドM…素人が女優とつきあう夢の口説き術…】の続きを読む

    このページのトップヘ