爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    メイプル超合金



    (出典 www.asagei.com)



    5月16日、AbemaTVで『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』#73が放送された。
    同番組は、現在各局の番組にひっぱりダコのお笑いコンビFUJIWARAの藤本敏史が、万が一明日芸能界から干され、多くのファンや芸人仲間が悲しみに包まれる前に、「フジモンとやり残したくない」10コくらいのことを、ゲストと共に一つ一つ実施していく、とにかくゲストと藤本が楽しむ番組。

    この日の放送回では、MCをお笑いトリオ・パンサーの向井慧、アシスタントを元AKB48の大和田南那が務め、ゲストにお笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザーを迎えて、藤本さんと様々なやりたいことに挑戦した。



    オープニングでは、藤本が「カズレーザーがゲストの時は、MCは向井と決まっている。こっちはゲストを迎え入れる側ですから、楽しんで帰ってもらいたい。MCが向井だと、カズレーザーのモチベーションが違う。過剰なサービスをしてあげないと」と話し、これにカズレーザーは、「(向井さんを)指名させてもらいました」と満面の笑みでコメントし、慌ててしまう向井の様子から、スタジオに笑いが起こった。

    そんな中、始まった藤本とやりたいこと1つ目は、「フジモンと謝罪会見がしてみたい」とあり、カズレーザーは「今、空前の謝罪会見ブームじゃないですか? だから、上手な会見を今のうちに練習しておきたい。(藤本さんも)何かやりそうじゃないですか?」と、やりたい理由を説明したが、藤本は「(不倫は)しない! 夫婦でのお仕事をいっぱい頂いているから、それを考えると絶対に無いです」と、真面目な顔で答える一幕も。

    スタジオに設けられた会見場で、実際に記者会見をやってみることになり、そこで、質問する芸能リポーター役に、お笑いコンビ・女と男の市川が登場。市川は「このためだけに、大阪から3時間位かけて来ました」と、芸能リポーターの井上公造のモノマネをしながら発言し、笑いを誘った。



    向井が「生放送中にボロが出る可能性もあります。質問のNGもなしで、藤本さんとカズレーザーさんには誠心誠意答えてもらいます」と説明し、早速会見がスタート。記者会見に挑戦した藤本に、カズレーザーと、市川は「(木下優樹菜さんに)一度振られたのに、何でまた行ったんですか?」と質問を投げかけ、これに藤本は「それは…。やっぱり抑えられなかった」と答え、恥ずかしそうな藤本の様子に、スタジオは大爆笑。



    その他、「どうやって心変わりをさせたんですか?」、「最近キスしてないんですか?」などの質問に、困りながらも、藤本は誠心誠意答えていた。

    ©AbemaTV
    関連画像キャプション


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】パンサー向井、カズレーザーに狙われる!?「指名した」】の続きを読む



    (出典 ure.pia.co.jp)



    17日に放送された「アメトーーク!」に出演したメイプル超合金の安藤なつが、楽屋でのエピソードを披露した。

    【写真】メイプル超合金・安藤なつ、でんぱ組.inc脱退の最上もがと廊下で手つなぎショット公開

    番組には、男女コンビ芸人が出演しトークを展開した。

    楽屋での着替えについて質問された安藤は「別に普通に一緒に」と相方のカズレーザーがいてもその場て着替えると話した。

    しかし、安藤は「でもちょっとショックなことありましたよ」と切り出し、「自分よりセクシーな下着を履いてた時は」とカズレーザーの下着を見てショックを受けたと振り返った。

    これにカズレーザーは「俺、細い下着が好きなんすよね」とコメントし、紐のような下着を履いていると明かした。

    カズレーザーは、自身がバイセクシャルだと公表しており、以前テレビ番組に出演した際には嵐・櫻井翔を「好みのタイプ」と発言し、「今日は勝負パンツ履いてるんですよ」と話していた。

    メイプル超合金・安藤なつ、楽屋での様子明かす


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】メイプル超合金・安藤なつ 着替え中に見た相方の下着にショック…】の続きを読む



    (出典 laughbeauty.com)



    きょう22日深夜に放送されるテレビ朝日系バラエティ番組『EXD44』(毎週日曜24:55~25:25)では、元警察関係者による危険過ぎる裏話連発の座談会が開催される。

    "EXD44"と命名されたテレ朝の若手ディレクターが、映像コンテンツを制作していく同番組。

    今回は「実録! 真夜中の裏話」と題して、薬物、少年犯罪、窃盗、機動捜査隊、殺人、科捜研などに携わった経歴を持つ元警察関係者が集結。「ごっくん検査」「ビリビリ100V」など、気になるテーマの中から、メイプル超合金のカズレーザーが厳選し、裏話と本音を聞き出していく。

    放送では、有名事件を担当した元警察官が話すエピソードや、芸能人の薬物問題、「これは昼間じゃ言えない話」という猟奇的な事件などが次々と明かされ、カズレーザーも「無限に聞きたい」と興味津々の様子だった。

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】カズレーザー、芸能人の薬物問題など警察裏話「無限に聞きたい」】の続きを読む



    (出典 wadainohunter.up.n.seesaa.net)



    4月22日(日)放送の「EXD44」では、カズレーザーがお堅い職業のスペシャリストから“超危険な本音と裏話”を聞きだす『元警察官が集結!~実録!真夜中の裏話~』を送る。

    【写真を見る】「ごっくん検査」「ビリビリ100V」元警察関係者が語る裏話にカズレーザー大興奮!

    同番組は、テレ朝(=EX)のバラエティー番組の未来を担う若手ディレクター(=D)から、秋元康が選抜した11人のメンバー「EXD44」がお題に沿って映像コンテンツを制作。メンバー同士が批評し合うのはもちろん、放送終了後には視聴者が一番面白かった映像コンテンツに投票し、その結果も包み隠さず公表するなど、厳しい環境の下でEXD44が切磋琢磨(せっさたくま)していくバラエティー。

    今回は、薬物、少年犯罪、窃盗、機動捜査隊、殺人、科捜研など元警察関係のスペシャリストが大集結し、昼間では言えないような話を語り尽くす。

    「ごっくん検査」「ビリビリ100V」など、気になるテーマの中からカズレーザーが厳選し、選りすぐりの裏話を紹介。

    また、あの有名事件を担当した元警察官が話す裏話や、芸能人の薬物問題、流行している薬物の驚きの密輸方法など、元警察官系のスーパースペシャリストでしか知り得ない情報が続々と登場。「これは昼間じゃ言えない話です」と語る猟奇的すぎる事件内容とは!?

    カズレーザーも「無限に聞きたい!」とコメントを残した“超危険な本音と裏話”をこっそりのぞいてみよう。(ザテレビジョン)

    元警察関係のスペシャルコメンテーターが危ない本音を暴露!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃】「ごっくん検査」とは!? カズレーザーが元警察関係者の“超危険な本音”を暴く!】の続きを読む



    (出典 grapee.jp)



    一線で活躍する有名人が「尊敬し愛してやまない『マイ神』の魅力を伝える」プレゼンバラエティー『オー!! マイ神様!!』(TBS系)が26日深夜、レギュラー放送最終回を迎えた。

    最終回では、司会を務めた爆笑問題・田中裕二(53)とメイプル超合金・カズレーザー(33)が「マイ神」を発表し、大きな反響が起きている。

    カズレーザー,田中裕二

    (画像はTBS『オー!!マイ神様!!』公式Twitterからのスクリーンショット)

    ■爆笑・田中のマイ神は

    田中が、「一番影響を受けているかもしれない」と語るのは作曲家・筒美京平氏。

    日本レコード大賞では作曲賞など何度も受賞。『サザエさん』のオープニングテーマをはじめとした2800曲以上を手掛け、シングル総売り上げは日本歴代1位・7560万枚を超えるなど、その偉業は枚挙にいとまがない。

    J-POP、昭和のアイドル好きを公言する田中は、その筒美の名曲の数々に感銘を受けてきたようだ。

    ■カズレーザーの「憧れの男性像」

    「憧れの男性像。僕の中でずっと神様は上岡龍太郎さんなんです」、カズレーザーは語る。

    90年代、知性的な語り口と毒舌で人気を博した上岡。「物心ついたころから、インテリジェンス、モノを知っているってことを、はじめて面白くしたのが上岡さんだった」と当時を振り返った。

    ■上岡の芸能界引退理由にも感銘

    「ボクの芸は20世紀で終わり。21世紀には新しい人生を歩みたい」、上岡は2000年に芸能界を引退しているが、その引退理由もカズレーザーを虜にする一因だ。

    「奥さんに『僕の芸のレベルが下がったらいつでも言って』と尋ねたら、『最近レベル落ちてるで』と指摘され、全盛期での引退を決断した」と上岡の引退理由を解説。

    「生きざまがカッコいい。ああいう芸人さんはもう出てこない」と絶賛した。

    ■視聴者は驚き

    カズレーザーが「上岡龍太郎に憧れていた」と知った視聴者からは驚きの声が上がっている。







    ■とんねるず・石橋に引退して欲しい?

    しらべぇ編集部で「独自に選んだ11名の芸人」の中から「最も引退してほしい重鎮芸人」を調査。全国20~60代の男女1,342名の回答によると、とんねるず・石橋貴明(56)が1位という結果になった。

    (©ニュースサイトしらべぇ)

    芸能界は引退があってないようなもの。その中で全盛期に引退を宣言し、表舞台からスッパリと姿を消した上岡はあまりにも「カッコいい引き際」と言えるのではなかろうか。

    憧れからか、上岡にどこか芸風が似ているカズレーザー。言われて納得した視聴者も多いだろう。

    ・合わせて読みたい→カズレーザー、尊敬する「藤岡弘、」との初対面に歓喜 破天荒な生きざまに大興奮

    (文/しらべぇ編集部・サバマサシ

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
    対象:全国20代~60代の男女1,342名(有効回答数)

    カズレーザー「憧れの男性像」はあの大御所芸人 その理由に視聴者納得


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】カズレーザー「憧れの男性像」はあの大御所芸人 その理由に視聴者納得…】の続きを読む

    このページのトップヘ