爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    さらば青春の光



    (出典 cdn.narinari.com)



     まず、お笑いコンビ「さらば青春の光」の森田哲矢とは、かつて、事務所の先輩芸人の妻と不貞行為を働いてクビになった原因の東ブクロ(東口宜隆)“じゃない方”である。

     3月11日に放送された「俺の持論」(テレビ朝日系)に森田が出演。独自のモテ持論を語り、ネットで猛批判を浴びている。

    「森田は、アメリカの動物学者・ドガトキン氏が行った実験結果を参考に“モテる男がモテる”と題した、モテる状態がさらなるモテを呼ぶという理屈の持論を展開しました。その根拠として、何度アプローチしても振り向いてくれなかった女性に対し、森田の後輩がジョークで森田はグラドルの中村静香と付き合っている、と告げると、その日についに“お持ち帰り”できたというのです。そのカラクリは『ボクに抱かれると中村静香と同じランクになれる。女子はそういう生き物なんですよね』と大見得を切ったのです」(テレビ誌ライター)

     森田が口説いた女性はそうだったかも知れないが、この例を持って「女子はそういう生き物」とはいささか乱暴だったかも知れない。前出・テレビ誌ライターが続ける。

    「さらに、森田は『一度、アパレル店で“可愛くない”と判断して見送ったコートも、雑誌で自分が好きなモデルが着ているのを見たら“欲しいな”ってなりません?そのダサいコートがボクです』と、例え話で妙に説得力を持たせ、スタジオ内を納得させていましたが、ネット上では“女性は抱く対象”だという偏った見識に対し、『クソ気持ち悪い』『女性に対して失礼すぎる。女性をけなしてるとしか言いようがない』『ワンナイト目当てより真剣に彼女や好きな人を見つけようとした方がいいと思う』といった批判の声が相次ぎました。まあ、当然でしょう」

     ちなみに、前出のドガトキン氏が行った実験によれば〈女性は優秀な遺伝子を残すため、人気のある男性に惹かれる傾向がある〉ということが証明されており、森田の言う「モテる男がモテる」という考えは、的を射ているとも言える。しかし、問題はそこではなく、森田の女性に対する“蔑視的”な見方。

    「さらば青春の光が、賞レースで結果を残し続けていてもイマイチ売れないのは、こういったゲスな部分がにじみ出てしまうからなのでしょう」(前出・テレビ誌ライター)

     実力は折り紙付きの「さらば」に必要なのは“ネタの向上”ではなく、“好感度の向上”なのかも知れない。

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】さらば青春の光・森田が語る独自の“ゲス理論”に世の女性が猛反発した理由…】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



     3月4日にAbemaTVで放送された「デスゲーム」に、お笑いコンビ「さらば青春の光」が出演。銀しゃりとのゲーム対決に敗れたさらば・森田哲矢は、母親に持ちネタの「電マ」を披露するという罰ゲームを受けた。デスゲームは「過去に因縁のある芸人が拳の代わりにゲームで決着をつける」をコンセプトにした番組。敗者には勝者から突きつけられる非情な罰ゲームが即執行される。

     さらばの「電マ」ネタは、AVの撮影現場に乗り込んだ電気マッサージ器の開発者が使用意図に抗議し、本来の使い方をしてくれと懇願するというもの。過去に民放の生放送で披露しようとしたところプロデューサーからストップをかけられたという“曰くつき”のネタだ。

     プレイステーション「実況パワフルプロ野球'98開幕版」でのホームラン競争に敗れた森田は、母親に電話をかけると、相方の東ブクロとともに電話口でこのネタを披露したうえで「どう思う?」と意見・感想を求めた。困惑する母親に、森田は電マについて懇切丁寧に説明したうえで、あろうことか「使ったことあるん?」「使ってみたくない?」という質問まで放った。母親は呆れた様子で「肩こりもないわ」と返答した。

     「今日は身を削ったで」番組終了時、森田は疲れた表情でつぶやき、さらにこう続けた。「オカンに『ヴィーン』って言ったのが、いちばんイヤでしたね……」。このコメントには東ブクロも、銀しゃりも大笑いしていた。

    (C)AbemaTV


    ▶デスゲーム#4(見逃し視聴)

    デスゲーム#5(視聴予約)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】さらば・森田哲矢、まさかの暴挙 オカンに「電マ」下ネタを電話相談…】の続きを読む



    (出典 im3-a.mbokimg.dena.ne.jp)



    お笑いコンビ・さらば青春の光の森田哲矢(36歳)が、1月21日に放送されたバラエティ番組「聞いてくれ!オレのやれたかも話」(AbemaTV)に出演。女優でタレントの中村静香(29歳)と“やれたかも”なエピソードを披露した。


    同番組は、1月27日スタートの実写ドラマ「やれたかも委員会」(AbemaTV/ロバート・秋山竜次主演)のスピンオフ企画。お笑いコンビ・NON STYLEの石田明と井上裕介がMCを務め、“あのとき、もしかしたら、あの子とやれていたかもしれない…”エピソードを抱えた芸人たちが実際の経験を披露していく。

    森田が話す順番になると、MCの井上は「今から話す女性は芸能人でいうと、誰に似ていますか?」と質問。すると、「似ているというか、ガチの芸能人です。ドラマにも出ている有名なグラビアアイドルの方です。イニシャルは苗字がNです」と回答し、スタジオをざわつかせた。


    それはタレントの坂上忍がMCを務めるインターネット番組で海外ロケに行った際のこと。Nさんは共演者だったが、「お酒をかなり飲むロケで、(森田は)お酒が全然飲めないんですけど、マッコリをひたすら飲んだら潰れてしまい、ロケバスの中で寝てしまった。すると、Nさんが一人でバスに乗り込んできて、(森田の)顔を手でいじくり回してきた」と当時を再現しながら説明した。


    Nさんの顔も胸も目の前にある状況を1ミリの理性で食い止めたと話す森田は、ロケが終わり、ホテルでエレベーターを待っていると、Nさんとマネージャーに遭遇。隣にマネージャーがいるにも関わらず、森田の腕を引っ張りながら「これからどうするんですか〜? 飲みます〜?」と誘われるも、連絡先も知らないし、マネージャーもいるとのことで、断ってしまったと話した。

    当時を振り返り、「マネージャーがいなかったら絶対やれたなと思うんですよね」と話す森田だったが、やはり相手が芸能人ということもあり、話を聞いていた女性陣5人の飯店は「やれたとは言えない」が3票で「やれた」とは認定されず。

    エピソード披露後、Nさんが中村静香だということが明かされ、ロケの翌日には「昨日のことは覚えていなくてマネージャーさんに聞きました。すいませんでした」と言われたと後日談も語っていた。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】中村静香と“やれたかも”経験告白!!】の続きを読む

    このページのトップヘ