爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    レイザーラモン



    (出典 cdn.mdpr.jp)



    SNSやケータイの発展によってすっかり身近になった「写真撮影」。一方でデータのままケータイ内に残しっぱなしにしている人も多いはず。「プリントの楽しみ方を感じてもらえれば」。そんな願いからエプソンは3月1日~4日に開催される、カメラと写真映像の情報発信イベント「CP+(シーピープラス)2018」に出展。プリントすることによる遊び方に一石を投じている。

    ブースのステージでは、さまざまなイベントを実施。3月1日にはスペシャルゲストとして、お笑いコンビ・COWCOWの善しとレイザーラモンHG、RGの3人が登壇し、「よしもと芸人プリント流行らせ隊決起集会」と題したステージを盛り上げた。

    善しとRGは「よしもと写真部」に所属、RGは絵画に取り組むなど、お笑いだけでなくアートの世界でも活躍する3人。善しは「近頃は写真をパソコンのハードディスクに入れてそのままにしがち。写真をプリントして手にとる楽しみを見直したい」と、この取り組みへの意欲を見せた。



    イベントではそれぞれ3人が、プリントアウトした作品を発表した。善しの作品はおなじみのフリップネタで、写真がしりとり形式につながっていくというもの。「すし」→「塩」→「オクラ」と続き、最後は「ライオン」。雪のなか、半裸のライオンの仮装で映る善しの姿に笑いが起きた。続くRGの作品は、歌手・細川たかしさんが公認するキャラクター「こぶしたかし」に関するグッズたちだ。ポスターをはじめ、CDジャケット、フライヤーまで凝りに凝った内容に、HGも「コンサート会場で売ってるみたい」と笑った。ちなみに「細川たかしさんとの関係は良好です」とのことだ。



    HGは、自身が得意とする絵画と写真を組み合わせたハイブリッドな芸術作を見せた。自らの肉体美をさらした写真に、アクリルでピエロのような姿をのせている。HGによると、作品名は「ワンヒッターズ」。日本語に訳すと”一発屋”で、HGが思う一発屋芸人の要素が絵に盛り込まれているとか。デニムジャケットはスギちゃん、目の星マークはゴー☆ジャス、ヒゲはムーディ勝山など……。”風刺”の効いた作品に会場には笑いが起きた。「厳選メンバーで。HGは帽子です」と自身を含めることも忘れない。

    制作期間に、善しは1週間、HGは4時間を要したという。RGはポスターの写真のみ3時間かかったそうで、理由は「カメラマンがノリノリになったから。被写体がよかった」と自画自賛していた。



    イベントの最後にはRGが「エプソンのプリンターあるある」ネタを披露。“恒例”の引っ張りに引っ張った後、展示するプリンターの前に駆け寄り「ケガしないように角が丸い!」とオチをつけ、会場に爆笑を起こしていた。
    関連画像キャプション


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【レイザーラモンHG 一発屋らの絵を発表「厳選メンバー」】の続きを読む



    (出典 cdn.amebaowndme.com)



    スニーカーベストドレッサー賞の授賞式・記者発表会が2月22日に都内で開催された。スニーカーにゆかりのある人物を表彰し、スニーカースタイルの普及を目指すというもの。

    【大きい画像を見る】スニーカーベストドレッサー賞の授賞式・記者発表会


    体に負担をかけない、歩きやすいスニーカーで通勤することを提唱している一般社団法人ウェルネスウェンズデー協会らが主催している。





    大のスニーカー好きでも知られるレイザーラモンRGさんらが受賞した。毎月4、5足ものスニーカーを購入し、総額4~500万は使ってきたというRGさん。「スニーカーを見れば俺がわかります、スニーカーは俺、というか」といった名言を残した。

    RGさんは自身のスニーカーを選ぶ基準について、「僕は前日、どんなスニーカーを履くか考えています。天気や気温も考えます。もしかしたら雨が降るかもしれない。あと、舗装された道路を通るかどうか。もしかして汚れるところがあるかもしれない、ある意味、漁師と同じような気持ちでスニーカーを選んでいます」と明かした。



    また、「芸人」という職業ゆえの「『今日の現場はドッキリかもしれない』という恐れもあるので、高価なものを履かない日もあります」という悩みも吐露。「日々変化するスニーカー環境に合わせてスニーカーを履いています。いつもリュックの中には2足スニーカーを入れています。もはやスニーカーに履かれている」と語り、会場の笑いを誘った。

    ちなみに今日のRGさんのスニーカーは「最先端のアシックス」。コーディネイトのテーマについては「ジャスティンビーバーを意識しました。ジャスティンビーバーのパーカーを着て、スニーカーの紐も緩めにして、細川たかし師匠にもらったジャケットを合わせています」と説明した。

    レイザーラモンRGさん、スニーカーベストドレッサー賞に登壇 pic.twitter.com/4fWXwmfxVK— CYCLE-やわらかスポーツ (@cyclestyle_net) 2018年2月22日 【ほかの画像を見る】スニーカーベストドレッサー賞の授賞式・記者発表会
    スニーカーベストドレッサー賞の授賞式・記者発表会


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】レイザーラモンRG=スニーカーwww】の続きを読む



    (出典 imgcp.aacdn.jp)



    細川たかしのモノマネや、あるあるネタなどを披露する日本のお笑いタレント・レイザーラモンRG(43歳)。

    そんな、レイザーラモンRG(@rgizubuchi)さんがTwitterに投稿した女優・石田ゆり子のモノマネが話題になっています。

    早速気になるツイートを見てみましょう!




    まさか石田ゆり子さんのモノマネをする人が現れるとは!

    毎回新しい面白いネタを披露してくれるレイザーラモンRG。

    何やらこのバスツアー、 福島県と吉本興業が行っている奥会津魅力満載キャンペーンらしい!

    芸人と一緒に奥会津を満載出来るなんて、楽しそうな企画ですね。

    そんなバスツアーでは、様々な人に変身したようなので、その一部を紹介します。








    このキャンペーンは、福島県×吉本興業「絶景列車只見線 奥会津満載キャンペーン」です。

    案内してくれる芸人さんは毎回変わるらしいので、気になる方はぜひ参加してみてください!

    ※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

    レイザーラモンRG「石田ゆり子」のモノマネなど、芸人バスツアーが楽しそう!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】レイザーラモンRG「石田ゆり子」のモノマネwww】の続きを読む



    (出典 navivi.site)



    (C)まいじつ

    お笑いタレントのレイザーラモンHGの妻で元ミニスカポリスの住谷杏奈が、2月1日の深夜に放送された『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』(テレビ東京系)に出演し、女性器を洗う石鹸などをヒット商品にしていることを明かした。

    【関連】 スギちゃん「テレビから消えても月収100万円」の理由 ほか

    住谷杏奈はかつて、『鈴木杏奈』という芸名でグラビアアイドルとして活動し、12代目のミニスカポリスとして活躍したが、2006年にレイザーラモンHG(住谷正樹)と結婚し、芸能界を引退した。現在は年商6億円を稼ぐ女性実業家に転身している。

    この日の番組では『アノ業界で今儲かってる人SP』が放送され、住谷はゲストとして登場。実業家に転身したきっかけは、新婚当初に夫のHGがプロレスで大怪我をして、1年8カ月の入院生活を余儀なくされたことがきっかけだという。HGの月収が月に1200万から7000円になってしまい、その際にHGとの入院奮闘記をブログに綴ったところ、閲覧者が急増した。そんなときに自らがプロデュースした商品をブログで紹介したところ、大ヒットにつながったという。

     

    レイザーラモンHG嫁「売上7億円ヒット商品」を生む実業家に

    夫の入院というアクシデントを飛躍に繋げる

    住谷はそのときの商品について「食べられる原料で作ったトマト石鹸とかぼちゃ石鹸っていうのがあって、《主人が骨折して大変》っていうのもブログに書いていて、《何とかしなきゃ》っていうのもブログに書いていて…。それを応援してくれたのか、ブログで石鹸を出しますって言ったら即日完売になった」と話した。このとき、1個2000円の石鹸が1日で6000個も売れ、売り上げ金額は1200万円に達したという。

    しかし、現在はもっとすごい。「いまは(女性の)あそこを洗う石鹸がヒットしています。10万本は売れています。1個7000円です」と、7億円を売り上げていると明かした。住谷には10~15%のプロデュース料が入ってくるそうだ。

    そして次のビジネスプランもあるといい、「黒汁です。いまチャコール(炭)ダイエットとかが流行ってる」、「すごいおいしい味にして」と商魂たくましくヒット狙っていた。

    レイザーラモンHGの“HG”は“ハードゲイ”の意味なのだが、なんといい嫁をもらったことだろうか。

     




    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】レイザーラモンHG嫁「売上7億円ヒット商品」を生む実業家に…】の続きを読む



    (出典 cdn2.natalie.mu)



    お笑い芸人のレイザーラモンRG(43歳)が1月23日、自身のInstagramで、女優・石田ゆり子(48歳)のモノマネを披露している。


    スティーブ・ジョブズ、市川海老蔵、トランプ大統領、細川たかしなど、これまでさまざまなモノマネを披露してきたRG。今回は「あなたがいなかったら 私たちの街は もっとパニックになってました あなたなしで 雪の虹の橋を渡ろうとした者もいたとか…スタッドレスタイヤさん いつもありがとう おつかれさま ゆり子」と、22日の降雪について触れる形で、石田が出演する缶コーヒー「キリン ファイア」(キリンビバレッジ)のCMパロディを披露した。


    これにファンからは「ひどい笑笑笑」「大分かけ離れてる(笑) 面白いっす!」「どことなく似てるのがくやしい」「そこかー」などの声が寄せられている。


    なお、RGは2週間前にも、「RGの新年会 inロフトプラスワン来てくれて いつもありがとう おつかれさま 石田ゆり子です」と、Instagramにモノマネの写真を投稿していた。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】レイザーラモンRG、“石田ゆり子”になるwww】の続きを読む

    このページのトップヘ