爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    ビジネス



    (出典 sukoshiten.com)




    就職活動や転職活動を経て、新たな仕事に就いたはいいものの、もしもそこが理想とかけ離れた職場だったとしたら……?

    今年2月、ガールズちゃんねるに「最短何日で仕事辞めた事ありますか?」というトピックが立てられた。トピ主は、

    「私は恥ずかしながら2時間です…。食品工場でのライン作業だったのですが、甘ったるい臭いで気分が悪くなり小休憩で早退しそのまま退職しました」

    とわずか2時間で仕事を辞めたことを告白していた。


    「憧れと現実の差にがっくり」 衝撃退職エピソードの数々


    職場からわずか2時間で逃亡

    いきなり「2時間」という驚異的な記録を打ち立てたことを告白したトピ主に対し、トピック内では、「すごい」「主は強者」「1に優勝者がいるから終わった」といった称賛のコメントが寄せられていた。

    一方で、「流石にそれは社会人としてどうなの…信じられないわ」「体調が悪くなったのはしかたないけど、バイト1人雇うのだって、面接して、タイムカード作ったり、制服用意したり、事務手続きやいろいろな用意をしているんだよ。 反省して欲しい。」と、トピ主に苦言を呈するユーザーもいた。

    またトピック内には、トピ主と同様に短期間で仕事を辞めた経験がある人々からも多くのコメントが寄せられていた。

    「パン屋さん」の仕事に憧れを持っていたというあるユーザーは、実際に働き始めると「憧れと現実の差にがっくり」してしまい、「給料も貰わず」にわずか1日で仕事を辞めてしまったという。

    同じく1日で仕事を辞めたという別のユーザーは、

    「退勤のタイムカードを押した後に掃除をさせられる所でした。初出勤の日に水分も食事も摂れないまま9時から18時まで。その日の仕事が終わった時に今日で辞めますって言ってきました」

    という体験談を投稿していた。


    「ブラック企業すぎて社員派遣バイトのバックれが多い」 

    さらに、新卒採用で入社した会社をすぐに辞めてしまったと告白する人もいた。

    「新卒で就職した会社を1週間で辞めました」というユーザーは、その後再就職した会社で14年間働き続けているといい、「やっぱり合わない仕事はあると思います」とコメントしていた。

    トピック内には、あまりにも早く会社を辞めてしまう人がいるのは、会社側に問題があるからだと指摘する声も多く、

    「ブラック企業すぎて社員派遣バイトがバックれ多くて、バックれに対する社員の対応も慣れたもん」
    「人が続かないところは新しい人入れても『この人もどうせすぐやめる』って認識されるから まともに仕事教えてくれないとこ多い」

    など、退職者が続出する会社への苦言も散見された。

    入社早々に会社を辞めるのはリスクが高いとはいえ、「この会社は合わない」と感じたら、すぐに行動を起こしたほうがいいのかもしれない。




    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃】「水も食事もとれない職場を1日で辞めた」 最短何日で仕事を辞めた?わずか2時間という人も…】の続きを読む



    (出典 mv-burusoku-vip.up.n.seesaa.net)



    厚切りジェイソンの仕事術! 効率化の第一歩は「なんでもやってあげる」の精神から卒業すること

    大学生が抱えるキャンパスライフや将来についての悩みを、著名人が一刀両断する本企画。今回は、芸人だけでなくIT会社の会社役員も務める厚切りジェイソンさんを招き、現役大学生から編集部に寄せられた質問について独自の視点でアドバイスをいただきました!

    Q. 効率よく仕事をこなすコツは?

    厚切りジェイソンさんは優秀なオフィスワーカーとしても有名ですが、どうしたら効率よく仕事をこなすことができますか? また、ご自身で心掛けていることなどはありますか? 効率の良い行動や仕事ができることは、社会人になれば求められることですし、そのような人になりたいと思っていますが、具体的にどうすればよいのかわかりません。

    文学部/女性/20歳(大学2年生)/東京都


    A.「なんでもやってあげる」の精神から卒業するべき!


    とにかく「無駄なことをしない」

    厚切りジェイソンが「将来が不安」な学生に贈る言葉。「〇〇されない人生」は生きる価値がない?

    効率よく仕事をするには「無駄なことをしないようにすればいい」だけです。本当に必要なことだけをやれば、効率が上がりますよ。

    例えば、頼まれた仕事でも無駄なことは引き受けない、とかですね。「万が一に備えて資料を作ってください」と頼まれても僕は引き受けないです。それは時間の無駄になりますから。日本人は断りにくいみたいですけど、「なんでもやってあげる」という気持ちから卒業しましょう。

    限られた時間で、なにができるか考えよう

    仕事をする上では無駄な時間をなくすだけでなく、ちょっとした空き時間を有効に使うことも大事ですね。僕も移動中の電車内で仕事をしたりしますけど、そうした移動時間や待ち時間など、隙間の時間になにかをするといいと思います。勉強をするか本を読むか、なにをやるかはその人次第ですが、その限られた時間でなにができるか考えておくといいですよ。時間を無駄に使うことだけはやめたほうがいいですね。

    無駄な仕事は勇気を持って断ろう。移動時間や待ち時間を有効活用できるよう、空き時間でできることを想定しておこう。

    効率よく仕事をこなすコツについては、「無駄なことをしないのが大事」とのことでした。ただ、厚切りジェイソンさんも話しているように、日本人は頼まれるとなかなか断れなかったりします。本当は嫌なのに引き受けるのはストレスになりますから、勇気を持って断ることも重要といえます。

    また厚切りジェイソンさんは「他人に流されて物事を決めることは、なにも考えていないのと同じ」と指摘されています。効率的に仕事をするために断るにしろ、自分の時間を削ってまで引き受けるにしろ、自分の決断に責任を持つべきということですね。

    文・取材/中田ボンベ@dcp
    撮影/中邨誠
    編集/学生の窓口編集部



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】厚切りジェイソンの仕事術!←必見】の続きを読む



    (出典 burabura117.dip.jp)




    十分な貯蓄ができたら、定年を待たずに会社を退職し、悠々自適な毎日を送ってみたい……。そんな"リタイア生活"を夢見たことのある社会人は多いだろう。

    今年2月、はてな匿名ダイアリーに「40手前で5000万貯まった」という記事が投稿された。投稿者は独身で、「もう引退したい。何もしたくない。会社勤めたくない」とつづっており、

    「できれば起業して一日4時間ぐらいで働きたい」

    と所望している。(文:城ヶ崎ゼウス)


    貯蓄5000万だとリタイアには足りない? 「5倍は必要」の声


    引退して南の島で悠々自適

    この記事に対し、はてなユーザーからは「すごい」「羨ましい」といったコメントがあった一方で、

    「その少ない金額で引退できるの?」「5000万じゃ足りない」
    「30代でアーリーリタイアならこの5倍は必要」

    など、リタイアするには貯蓄額が不足しているという意見が多かった。

    たしかに残りの人生が40年だと仮定すると、5000万円の貯蓄のうち1年間に使える金額は125万円、1ヶ月に約10万円という計算になる。年金が貰えることを考慮しても、貯蓄のみで生活していくにはやや心もとない金額だ。

    しかし、「それくらいの額でもアーリーリタイアしてる人結構いるよ」という声もあり、

    「一人暮らしなら週3日で1日4時間とかの最低賃金のパートしながら半リタイアできる程度の額ではある」
    「養う家族がおらず予定もなく、本人も低コスト体質ならセミリタイアくらいならできるんじゃないか」

    など、セミリタイアなら十分に可能であるという意見も少なからず見受けられた。


    「起業すると今より働くことになるので、アルバイトの方がいい」

    また、投稿者の「起業したい」というコメントについて、

    「起業したら逆に軌道に乗るまでクソ忙しい」「起業して4時間は14時間の間違いになる」

    など、結果的には会社勤めをするより多忙になってしまうのではないかと懸念する声もあった。

    記事の中に書かれている通り、投稿者が「何もしたくない」と感じているのであれば、起業するよりも短時間のアルバイトをした方がいいと勧めるユーザーもおり、

    「起業してうまく行っちゃうと今よりもっと働くことになるので、むしろパートやアルバイトの方がいいのでは?」
    「一日4時間のバイトでも深夜なら5~6千円稼げる」

    といったアドバイスが寄せられていた。

    年齢が40歳手前、貯蓄額が5000万円という状況でリタイアを選択することは現実的に難しいのかもしれないが、投稿者のように自分に合った働き方を模索することは、キャリアプランを構築する上で重要なこと。仕事漬けの毎日に疲れてしまった人は、これから自分がどのようなキャリアを送りたいのか、一度ゆっくり考えてみても良いのかもしれない。




    (出典 news.nicovideo.jp)

    【30代の独身男性、「もう引退したい。会社勤めたくない」 貯蓄5000万円で早期リタイアは可能?】の続きを読む



    (出典 ienomikata.com)




    「自爆営業」という言葉を耳にしたことがある人は多いだろう。有名なところでは、日本郵便の社員が、年賀状やふるさと小包便の販売ノルマを達成するために、自腹を切って購入している、と報じられたことがあった。コンビニのアルバイト店員が恵方巻やクリスマスケーキの販売目標達成のために自爆営業をしている、という話も絶えない。

    年間数十万単位で出費がかさみ、生活が切迫してしまうケースも少なくない。企業口コミサイト「キャリコネ」に寄せられた投稿を見ると、さらにブラックな自腹の実態が見えてきた。(※参照元 キャリコネ 「自腹」


    ノルマが年に20万円?!売れなければ自腹



    給与も低くて自腹も切る、となったらもうやっていられない

    「売り上げが予算に達成しないと、部門リーダーが自腹で商品を購入しており、それに対して周りもとくに驚いた様子がない事にドン引きし、絶対この会社をやめようと決意しました」(ホールスタッフ 20代後半 男性 契約社員)
    「物販が年に5.6回有り。ノルマが決められており年に20万円ほどはある。売れない場合は自腹を切らされる」(物流サービス 30代後半 男性 正社員)
    「一般職は給料が低く、昇給もほんの僅か。数字が達成出来なければ支社から呼び出し。それを防ぐために、社員が自腹を切ることもあります。他社で通用するスキルも身に付かないため、転職を決意」(カウンターセールス 20代前半 女性 正社員)

    会社のノルマを達成するために身銭を切る人は多い。社内で異議を唱える人が出てこないほど、自爆営業が当たり前になっている企業もあるようだ。こうした劣悪な条件に耐え切れず、転職や退職など素早い決断をする人も多いようだ。


    終電後のタクシー代、資格取得の研修…隠れ自腹に注意!

    「休日出勤は当たり前のように行われていた。休日出勤に対する代休の取得は出来なかった。残業は多い。ホテルに泊まることもしばしばあった。ホテル代が自腹なのでお給料貰ってもホテル代に消費された」(アートディレクター 30代後半 男性 正社員)
    「資格取得は自腹で半強制的に有給扱いにされ研修に行きます。研修費用と宿泊費で簡単に1.5ヶ月分の給料が消えます」(電気・通信設備施工管理 20代後半 男性 正社員)
    「新卒入社時には、給与の高さにひかれて入ったが、実際に働くと、終電後のタクシー代金などは基本的に自腹ですし、スーツや交際費の出費もかさみ、給与面での満足度は低いです」(システムコンサルタント 20代後半 男性 正社員)

    問題はノルマを達成するための"自腹購入"だけにとどまらない。終電後のタクシー代やホテル代。定期的に開催されるイベントや飲み会。資格取得のための研修。勤務外での出費を強要される局面もある。

    このような出費は、「付き合い」や「スキルアップ」の名のもとにあいまいにされやすく、結果的に「隠れ自腹」になってしまう。自腹が横行している会社はまだまだ多い。企業側は従業員の給与や勤務形態をきちんと把握し、無理な出費を強要せず、必要経費のサポートを行うべきだ。

    また、働く側も事前に口コミなどをチェックし、可能な限り実態を把握することが必要だろう。




    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ノルマ未達成なら自爆営業 働く人の生活を困窮させる「ブラックな自腹の実態」】の続きを読む



    (出典 prt.iza.ne.jp)



    3月2日、AbemaTVで『エゴサーチTV』が放送された。
    “エゴサーチ”とはインターネット上で、自身の名前などを検索して自分自身の評価を確認する行為のこと。本番組は、“エゴサーチ”が得意なお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣がMCを務め、毎週迎えるゲストと一緒に、ゲストに関する“エゴサーチ”をしながらインターネットで出てきた情報や噂などについて、嘘か本当かジャッジし、訂正していく1時間のトークバラエティ番組。

    この日は、お笑い芸人のたむらけんじがゲストに登場。番組冒頭、MCの西野は「仮想通貨がらみで、コインチェックの次に叩かれているこの人です」と笑いを誘い、たむらを呼び込んだ。

    たむらは、「ほんまやで! なんで俺がコインチェックばりに叩かれなあかんの?」と語りスタジオに登場。“たむらけんじは3500万円の儲け「芸人の仮想通貨事情」が明かされ視聴者衝撃”という記事についても、「これもホンマちゃうねん、アホやな~」と話し、「これもちゃんと俺は説明してるんだけど、3500万円の儲けじゃなくて株と一緒だから売った瞬間に“損得”なの。俺はまだ仮想通貨は仕込みの段階だから持ったままで、あくまでも含み益が3500万ですよ。その含み益は今日の時点でもう1000万円きってます」と、この記事に書いてある“3500万円の儲け”について、真実を明らかにした。

    また、「なんの勉強もしてないやつが批判してくることが1番苦痛」と話すたむらは、自分が推している仮想通貨を後輩芸人に奨めて、値段がつり上がったタイミングで売りぬいていると言われたことを挙げ、「その書き込みをした瞬間に、投資もしたことないし、仕組みもわかってない、ただアホをさらけ出してる」と語り、「仮想通貨の相場が動くって…何百億いる思ってんねん。藤崎マーケットのトキがちょっとやったくらいでピクリともするか」と、笑いを誘った。

    今回の件で様々な批判を受けたたむらは、「ありがたい話にさ、1個も悪いことしてないのに勝手に炎上して、東京で仕事なんかなかったのに仮想通貨がらみの仕事がバンバン入ってくる。本当にね、炎上させてくれてありがとうございます」と深々と頭を下げ、「俺からしてみたらざまあみろやね」と語った。



    話題はたむらが手がける様々な事業に移り、西野が「いくつ事業やってるんですか?」と質問すると、たむらは「もうわからんようになってきた、でも全然金残ってないで」と答え、ひと昔前に、自身が経営する焼き肉屋1店舗の年商が3億6千万だったことを明かし、西野を驚かせた。

    しかし、「そのお金1円も残ってない、何に使ったかもわからない」と話すたむらは、「その時は自分で経営やってるつもりだったけど、“ごっこ”だった」と語り、さらに西野を驚かせた。

    そこから経営を勉強をしたたむらは、共に働く仲間も増え、現在は焼き肉店、車屋、最近はチーズケーキの販売なども行っている事を説明。新しい事業を始めるきっかけとして“面白い”を軸に考えるたむらは「面白ければお金はついてくる、仕事でもなんでも好きでないと続かない」と、独自の経営学を語った。



    番組の最後、“大阪市長選や参議院選挙に出馬か?”という記事を見た西野が単刀直入に「出るんですか?」と質問すると、たむらは「いや、もう出えへん」という意味深な返答が。その理由を聞くと、たむらは「1回出ようと思った」と続け、「震災の時に、何かできることをしたいと思ったけど、芸人として吉本興業のタレントとして色々制約があった。それはもちろん仕方ないけれど、芸人であることで何もできないのであれば何か権力を持ちたいと思って政治家になろうと思った」とその経緯を語った。

    さらに、たむらは橋下徹氏に会いに行き、政界進出への思いを伝えたものの、橋下さんからは「この仕事って本当に地味で、たむらさんみたいな華やかな世界にいる人がいきなり入ったらビックリする、なので1回地方の議員さんとか市議とかを経験して、それでも政治家をやりたければ僕はいくらでも協力する」と言われたことを明かし、スタジオを驚かせた。

    ©AbemaTV
    関連画像キャプション


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】仮想通貨で炎上「ざまあみろやね」たむけん喜びの声…】の続きを読む

    このページのトップヘ