爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    CM



    (出典 i1.wp.com)



    ●スタッフへの愛で特番が作れてしまう
    ついに、きょう22日(21:00~)に最終回を迎えるフジテレビ系バラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』。30年以上続く長寿シリーズが幕を下ろすことになるが、3月21日にはその歴史が詰まったDVD『とんねるずのみなさんのおかげでBOX』が発売され、4月16日からは新番組『石橋貴明のたいむとんねる』がスタートする。

    そこで、『―みなさんのおかげでした』に関わってきた2人の歴代プロデューサーに、番組の裏話やとんねるずとのエピソードをインタビュー。現チーフプロデューサーでフジテレビの太田一平氏には最終回を迎えるにあたっての心境、元プロデューサーで共同テレビの関卓也氏にはDVDと新番組の見どころも伺った――。

    ○お祝いしたはずの石田弘EPがブチギレ

    ――『とんねるずのみなさんのおかげでした』の担当はどれくらいの期間になるのですか?

    太田:僕は関さんがプロデューサーの時代にディレクターで入りました。当時は「ネタラロワイヤル」をやってた頃で、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」が始まった直後だと思います。大変ありがたいことにあっという間に15 年近く担当させていただいております。

    関:僕は2000年から2006年まで。最初の1年はディレクターをやっていました。

    ――特に思い出に残ってるエピソードはなんですか?

    太田:今日一緒ということで、関さんとという意味で一番の思い出は、関さんと一緒に西麻布で深夜に悲嘆に暮れたときですね…。エグゼクティブプロデューサーの石田弘さんがフジテレビを定年になるというタイミングで『とんねるずの石田さんのおかげでした』というタイトルで、特番をやらせていただいたことがありました。僕が番組に来て初めてとんねるずのお2人と密にやらせていただいた企画で、お2人もリスペクトする石田さんに愛を届けようと、まさに全員一丸となって関プロデューサーのもと練り上げた企画でした。

    ――最後に石田さんの前のケーキが爆発して、石田さんがケーキまみれになってしまった回ですね(笑)

    エグゼクティブプロデューサーの石田弘氏

    太田:実は、あの後にオチがありまして…。石田さんはむちゃくちゃダンディでファッションにもこだわりがあるんですが、当然生クリームでその服もベタベタになるじゃないですか。だからADから美術スタッフ、技術さん、僕らまでみんなにカンパを募って超高級なスーツを買って、「石田さん、おめでとうございます!」ってプレゼントする用意をしてたんですよ。ただ、その収録のとき、石田さんは別の場所で近しい人とお誕生日会をやってる設定で、お酒も結構入っていたので、スタジオに来てケーキが爆発したら気が動転しちゃったみたいで、結論から言うと、怒って帰っちゃったんですよ。「関も一平も絶対許さねぇからな!」って捨てゼリフを残して(笑)。僕らとしては愛を届けたくてやったのが全く本末転倒な展開になってしまって、「どうしよう…」っていう話を関さんと夜中に西麻布でしたんです。その時に関さんが「俺たちは少なくとも邪な気持ちでやったわけじゃないんだから、最後までやり切ろう」って言ってくれたのを、すごく覚えてます(笑)

    関:いやぁ、僕もよく覚えてますね。石田さんは2~3カ月、口を聞いてくれなかったですから。直筆の手紙を書いて、ご自宅の前まで行っても出てくれなくて…。そんなことやってましたね(笑)
    ○木梨憲武の粋な計らい

    ――どういうタイミングでお許しが出たんですか?

    太田:きっかけは木梨さんが石田さんを呼んで、みんなでそのOAを見ようっていう会を開いてくださったんですよ。勝俣(州和)さんとかホリケン(堀内健)さんとか近しい方もお声掛けしていただいて、そこに関さんも僕も呼んでいただき、みんなで一緒に見終わった後に、「石田さんおめでとう」って花束を渡してくださったんですよね。それでちょっと"アリ"になったような気がします。

    関:でも、僕はその後も口を聞いてくれなくて…。しばらくたって、石田さんが「あのスーツをプレゼントしてくれたのはいいんだけどよ、シャツも汚れちゃったからな。7万くらいするんだよな」って言われたのが、許してもらったときですかね(笑)

    太田:それは大事ですね(笑)。僕は番組に入ってすぐの頃で関係性は薄かったので、関さんに対する怒りのほうが大きかったんじゃないですかね。でも、あらためて番組スタッフへの愛で特番が作れてしまうくらい関係性が深い、すごい番組だなというのを感じましたね。

    関:あのケーキのサプライズは1カ月前からテストしていて、あるとき石橋さんが「これって顔からが外れちゃった時にどうするの?」って。それで2発大砲を仕込んでましたからね(笑)

    太田:石橋さんと美術チームと本当に綿密に何度もリハしましたよね(笑)

    ――放送上は円満に終わってましたけど、裏ではそんなことがあったんですね(笑)

    関:円満に編集しましたね。

    太田:そこは全力を注ぎました。

    ●震災直後、同じ思いを打ち明けたとんねるず

    ○打ち合わせをしても無駄(笑)

    ――とんねるずさんとの印象に残っているエピソードはありますか?

    関:とんねるずのお2人は、打ち合わせをしても無駄なんだっていうことを学びました(笑)。楽屋で直前に起きていることが一番の新鮮な話題なので、打ち合わせとかもあんまりされないんですよ。そういった瞬発力は、本当に勉強になりました。

    太田:僕が印象深かったのは、2011年に東日本大震災が起こった時、翌日のお昼すぎくらいに石橋さんから電話がかかってきて、「俺たちになにかできることはないかな」とお話しされたんです。その時におっしゃっていたのは、昔、とんねるずさんが関西テレビでやってらした『ハンマープライス』みたいな形で、何か力になれないかと。そしたら、その30分後くらいに、木梨さんからも全く同じ内容の電話をいただいたんです。これは絶対にお2人の思いを何としても届けなればと思いました。すごく印象に残っています。

    ――『ハンマープライス』はオークションの収益金を阪神・淡路大震災のために寄付していましたよね。番組ではいろんな企画やコーナーがありましたが、思い入れのあるものは何ですか?

    関卓也1967年生まれ、東京都出身、慶應義塾大学卒業後、91年にフジテレビジョン入社。スポーツ、ドラマ、バラエティを担当し、『とんねるずのみなさんのおかげでした』は00年から06年まで担当。15年から共同テレビジョンに出向し、18年4月から『石橋貴明のたいむとんねる』を担当。

    関:脳カベは相当ヒットしましたよね。あと、『細かすぎて―』が始まった時、僕はここまですごいキラーコンテンツになるなんて思ってもいなかったんですけど、最初の収録が終わった時に、木梨さんがカツラを外しながら「これ、面白い」とおっしゃっていたのをすごく覚えています。

    ――『細かすぎて―』はどのように誕生したんですか?

    関:あれは、放送作家の小川浩之さんのアイデアですね。

    ――最初の頃って、コージー冨田さんとか、"細かすぎても伝わった人"は穴に落ちないこともありましたよね。

    太田:長くやっていると、コーナーがバージョンアップしていくんですよね。「モジモジくん」も、オールドスタイルの黒の全身タイツが「―HYPER」になって一時期シルバーに変わったり。1人のディレクターがずっと作ってるわけではないので、最初の理念を踏襲しながら、グレードアップさせていくことも、長く番組を続けていく中での面白いところだなと思います。「食わず嫌い王決定戦」も、セットを季節ごとにリニューアルしてますからね。
    ○ヤンチャな企画で怒られたことは…

    ――『みなさん』と言えば、ヤンチャな企画が多いですよね。「きたなトラン」なんて、お店の人から怒られることもあったんじゃないですか?

    太田一平1971年生まれ、長崎県出身。早稲田大学卒業後、95年にフジテレビジョン入社。営業局をへてバラエティ制作に異動後、『ミュージックフェア』やTOKIO、V6の番組などをへて03年から『とんねるずのみなさんのおかげでした』にディレクターで入り、プロデューサー、チーフプロデューサー。

    太田:実は、あのコーナーでお店と揉めたことはほぼ皆無なんですよ。制作マンとしては「汚い店」という体で紹介しなければいけないので、お店との交渉は一番困難な仕事。ご協力いただいたお店に対してウソはつけないので、「そこか面白いんです」って納得していただけるお店じゃないとご紹介できないですからね。だから、10軒、20軒回って、やっと1軒OKが出るレベルなので、あれは本当にADさんの足の賜物なんです。一時期どんどんADが太っていくということがあって、自転車を買ってあげてもすぐ壊れたり(笑)。ゲストの方も面白がってくれて、ありがたいことにあのコーナーに出たいという方が結構いらっしゃって、ロケに行ける店のスタンバイが追いつかないくらいの状況だったので、もう関東では行ってないお店がないくらいでしたね。

    関:共同テレビの『孤独のグルメ』のプロデューサーが、この店は良さそうだなってところに入ると、必ず先に「きたなトラン」で紹介されてるって言ってました(笑)

    ――「買う」シリーズは、芸人さんたちも相当こたえてたんですか?

    太田:旅先で欲しいものを見つけて、多少値がはっても周囲の友達からの「いいじゃんいいじゃん、買っちゃいなよ!」みたいなノリってあるじゃないですか。基本的にはあれなんですよ。事前にリサーチして、車を買おうと思ってる人がいるとなったら、形式はドッキリですけど、それを買ってもらおうという感じですね。一部例外はありますけど(笑)。実は、スタッフも買うことがあるんですよ。ロケがうまく行って、テンション上がって買う予定がなかった腕時計を購入してたり(笑)

    ――「買う」のオープニングタイトルで、太田さんは毎回ナレーションで「一平が~」とイジられていましたよね。

    太田:あれは、僕らの会議の空気で、ディレクターのマッコイ斎藤氏にイジってもらってた感じですね。僕は立場上、VTRをチェックしなきゃいけないんですけど、あの部分だけはチェックしなかったです(笑)。で、1回放送倫理上マズいことを言ってて、怒られたこともありました(笑)。会議の空気と言えば、長い間部屋にこもって甘いものが欲しくなった時に、買いに行く人をジャンケンで決めようってなったんですけど、「みんな番組が好きだから、勝った人が買うのがいいじゃないか」という話をしてジャンケンをしたら面白かったんですよ。それが「男気ジャンケン」の始まりです。

    ●30年分の名場面はDVDに入り切らない!

    ○石橋貴明のアイデアで盛り込まれたもの

    ――番組は終了しますが、30年の歴史が凝縮されたDVD-BOX『とんねるずのみなさんのおかげでBOX』が発売されました。こちらは関さんが担当されているんですね。

    関:『みなさん』レギュラー化の前の、86年の『火曜ワイドスペシャル』で、最初にとんねるずが登場するシーンが入っていますが、あらためて見ると、すごいシズル感だしフレッシュだし、カッコいい。こんな2人がもし今お笑い界に出てきたら、またあっという間に人気者になるだろうなと思いました。とんねるずは、コントだけじゃなくて、歌も歌えば俳優もやる。お笑い芸人というよりはクレイジーキャッツやドリフターズ、堺正章さんといった方々のようなマルチなエンターテイナーではないかと思っています。そういう要素が、このDVDにも詰まっています。歌と言えば、石橋さんのアイデアで番組オープニングタイトルも盛り込まれています。

    ――オープニングの「ガラガラヘビがやってくる」や「がじゃいも」のクレイアニメ、めちゃくちゃ凝ってましたよね! DVDに登場するゲストも、宮沢りえさん、観月ありささん、中森明菜さん、荻野目洋子さん、野茂英雄さん、矢沢永吉さんと、ものすごい豪華です。

    関:総集編でたびたび見たハイライトシーンでも、フル尺で見られるのはDVDの良さだと思います。ただ、3枚組で5時間13分あるんですけど、30年分の名場面はそれでも全然入り切らないんですよ(笑)。ファンの方から見たら、まだまだ見たいシーンがあると思うので、第2弾も出せたらとは個人的に思うのですが。

    ○最終回がレギュラー放送の理由

    ――いよいよ最終回です。ラストは「ほんとのうたばん」名場面、「コント・名曲集」「野猿の軌跡」といった、番組の歌の歴史の特集ですね。

    太田:実は、番組から送り出した歌って、ものすごくあるんですよ。今まで歌に特化して放送したことはなかったので、1時間まるまるお届けします。野猿や矢島美容室、こんな人が出てたんだという驚きもあると思いますし、最後にはとんねるずのお2人が歌います。やっぱり、歌ってる時のお2人は、立ち姿が本当にかっこいいんです。普段はバラエティの顔を見ているので、そういう姿を見るとあらためてスターだなあって思いますね。ぜひ、お楽しみください。

    ――対比するのはあれですが、『めちゃイケ』の最終回が5時間超スペシャルなのに対し、『みなさん』がレギュラー放送で終了するというのは意外でした。

    太田:これは番組の終了が決まったタイミングで、そうしようと決めていました。いつもどおりの平常心で終わるというのが、僕らのスタイルということです。

    ――3月8日放送の全編コント回のエンディングで、石橋さんが「最後と思ってないから。俺、いつか帰ってくるから」とおっしゃっていたのが、とても印象的でした。

    太田:僕らとしても間違いなく大好きな番組ですし、やらせてもらってうれしかったですし、何より本当に楽しかったので、また機会を与えていただけるんだったら、もちろんぜひご一緒させていただきたいですね。

    ――『細かすぎて―』ファイナルの時に、石橋さんが「この企画だけを持って、日テレに行きます」なんておっしゃっていましたが、特番としてまた見たいです。

    太田:最終回に対する「なんで1時間しかやらないんですか」という声も含めて、番組が終わることを悲しんでくださる方々、心から番組を愛してくださる方々がいっぱいいるんだなっていうのを、あらためてすごく痛感させていただいているんですよね。だから、愛を注いでくださった皆さんからのリクエストがあれば、ぜひお応えできるように頑張りたいなとは思っています。
    ○貴明×ミッツ、食事会で6時間盛り上がる

    ――『みなさん』は終了しますが、4月16日から関さんがプロデューサーを担当される石橋さんの新番組『石橋貴明のたいむとんねる』(4月16日スタート、毎週月曜23:00~)が始まりますね。

    『石橋貴明のたいむとんねる』で共演する石橋貴明(左)とミッツ・マングローブ

    関:石橋さんのスポーツやテレビ番組、料理などに対する造詣の深さにたびたび舌を巻くんです。物事を瞬間的に捉えた時の記憶力がすごくて。そういう部分って昔、古舘伊知郎さんとご共演されていた『第四学区』(2000年4~9月)などで拝見できたのですが、最近そんな石橋さんの番組がたまたま無かったので、そんな魅力満載の番組になったら良いなと願っています。

    ――タッグを組むミッツ・マングローブさんとの相性はいかがですか?

    関:石橋さんとミッツさんが2人で番組をやるというのは初めてなので、先日、食事会をしたのですが、そこで6時間にわたり盛り上がり、早速意気投合されていました(笑)

    ――もう、さながら番組の本番のような感じですね。

    関:そうですね。良い形でハモってらしたので、それがこのまま番組にうまく反映されていくことを願っています。

    (C)2018 フジテレビジョン
    (中島優)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【バラエティ】『みなさんのおかげでした』歴代Pが明かすとんねるずとの秘話…】の続きを読む



    (出典 grapee.jp)



    1 豆次郎 ★ :2018/03/15(木) 05:51:31.97 ID:CAP_USER9.net

    3/15(木) 5:43配信
    たけし出演のCM企業各社 新会社を窓口に契約継続へ

     ◇ビートたけし「オフィス北野」退社、独立へ

     たけしが出演中のCM企業各社は、新会社が窓口になっても契約継続の意向を示した。缶コーヒー「WONDA」のCMに出演しているアサヒ飲料は「今後も契約は継続したいと思っています」(アサヒグループホールディングス広報)とした。

     愛知県に本社がありパチンコ・アミューズメント施設を展開する「ZENT」は「会社が変更になるという話が来ている段階です。会社が変わってもこちらとしては続けていただきたい」とした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180315-00000011-spnannex-ent


    【【芸人】たけし出演のCM企業各社 新会社を窓口に契約継続へ】の続きを読む



    (出典 arajin.paneranj.com)



    炭酸水ブランド「ソーダストリーム」の魅力を伝えるアンバサダーに、お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建さんが就任した。

    2018年3月1日から、渡部さん出演のコミカルなテレビCMが放送されている。

    炭酸の強度を自由自在に調節

    ソーダストリームは世界45か国7万店を超える店舗で販売され、世界中の家庭に約9億リットルの炭酸水を提供している、世界最大級の炭酸水ブランドだ。1903年に家庭で簡単に炭酸飲料をつくることができる革新的なソーダメーカーを開発。以降市場をリードし、多くの人々に愛用されている。中でも炭酸の強さが自分で調節できる点が高く評価されている。

    そのソーダストリームのブランドアンバサダーに、年間500軒の飲食店を巡るなど、「芸能界のグルメ王」と呼ばれている渡部さんが就任した。渡部さんは10本以上のレギュラー番組を持ち、17年4月には女優の佐々木希さんとの結婚を発表、18年秋頃には第1子が誕生する予定と、仕事もプライベートも充実している。

    渡部さんはソーダストリームの愛用者で、7年ほど前から使っているという。

    「家では蒸留酒派なので、焼酎かウイスキーを飲むんですが、炭酸の強度も自由自在なので、ソーダストリームをずっと使っているんですよ」

    CMの見どころは、今ノリにノっている渡部さんが、過去の自分と「共演」するシーン。余裕のある立ち振る舞いでソーダストリームの商品をスマートに使いこなす今の渡部さんと、将来の自分の姿にびっくりしている昔の渡部さんの掛け合いがコミカルに展開される。

    全4パターンで、ラストに衝撃の告白をする「こだわり渡部の炭酸水篇」(15秒)、自分好みのハイボールをつくる「思い通りに強炭酸ハイボール篇」(15秒)、ご飯の炊き方へのこだわりを見せる「驚きの事実!ご飯篇」(15秒)、すべての要素を集約した「こだわり渡部の総合30秒篇」がある。 <J-CASTトレンド>

    「アンジャッシュ」の渡部建さんが「ソーダストリーム」のアンバサダーに就任


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CM】アンジャッシュ渡部が衝撃の告白!?】の続きを読む



    (出典 yorozu-tsu-ch.com)



    1 もぐもぐ ★ :2018/03/03(土) 21:07:47.47 ID:CAP_USER9.net

     「とんねるず」の石橋貴明が1日深夜に放送されたニッポン放送「岡村隆史のオールナイトニッポン」にゲスト出演。とんねるずを敬愛するナインティナイン・岡村隆史と、プレミアムなトークを繰り広げた。

     石橋は、高校卒業後の18歳の時から「12、3年契約いただいた」森永への感謝の思いも伝えた。

     森永とは、1980年、高校卒業後、まだ「とんねるず」とも名乗っておらず、事務所にも所属していなかった時代に、2人の才能にいち早く目をつけた同社が『年間契約』を結んだ。石橋は「(ぼくら)素人ですよ。事務所にもまだ入ってない。18歳6カ月ぐらいじゃないですか」と当時を振り返る。

     初めてのCMはコーンフレークをチョコレートでドーナツ型に固めたお菓子「ドーナッチョ」。CMでは「なんで~なんで~どーなっちょ」と、「タカアキ&ノリタケ」が天使に扮し、コミカルにPRするものだった。

     事務所がなかったため、石橋の兄が窓口になり、契約を結んだという。石橋は「1年間の契約で。“年契”ですよ」とまだ駆け出しの素人にもかかわらず、大企業が、信頼の証拠(あかし)でもある『年間契約』を結んでくれたことに驚きを隠せなかったことを告白。CM出演料は「税込みで1人30万円。税金引かれて27万円いただきました」と明かした。

     森永ととんねるずはその後、「おっとっと」など時代を代表するCMを次々発表。石橋は「それから12、3年、契約いただいて。森永さんには本当に…」と言葉では言い表せない感謝の思いを伝えていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180303-00000145-dal-ent


    【【衝撃】とんねるず 初CMギャラは30万だった 石橋が明かす…森永への感謝】の続きを読む

    このページのトップヘ